2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■振飛車総合定跡書の本  
トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > 振飛車総合定跡書


このページ内は[Ctrl+F]で検索すると便利です。

※穴熊に特化した本は別ページ「 穴熊 」にまとめてあります。
※角交換振飛車に特化した本は別ページ「
ユニーク戦法 」にまとめてあります。

◆サイト内検索
by Google

書名 著者 発行 備考
知られざる振り飛車の秘法 真・石田伝説(マイナビ将棋文庫) 週刊将棋 '16.10 1992年,2004年の合本文庫化
久保&菅井の振り飛車研究 久保利明
菅井竜也
'15.1 ゴキ中、石田流、角道OP四間、向飛車、
▲中飛車、相振飛車、四間飛車
振り飛車定跡 基本のキ 藤倉勇樹 '14.5 四間飛車、角交換四間、相振飛車
長岡研究ノート 振り飛車編 長岡裕也 '13.7 ゴキ中、矢倉流、角交換四間、三間、石田流
将棋の教科書 現代振り飛車 鈴木大介 '13.2 石田流、▲中飛車、角交換振飛車
菅井ノート 先手編 菅井竜也 '13.1 石田流、中飛車、相振飛車
将棋の教科書 振り飛車持久戦 鈴木大介 '12.11 四間、三間
将棋の教科書 対振り急戦 阿久津主税 '12.11 四間、三間
将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編 上野裕和 '12.10 中飛車、石田流、角交換振飛車
菅井ノート 後手編 菅井竜也 '12.9 中飛車、その他
将棋の教科書 振り飛車急戦 鈴木大介 '12.9 四間、三間
最新振り飛車破り〈下〉 屋敷伸之 '12.9 四間、三間、向飛車、中飛車
初めてでも指せる!戸辺流振り飛車で攻め勝つ 戸辺誠 '12.6  
最新振り飛車破り〈上〉 屋敷伸之 '12.3 中飛車、石田流、角交換振飛車
久保利明の最強振り飛車戦略 久保利明 '11.12 中飛車、石田流、向飛車
最新の振り飛車対策 深浦康市 '11.10  
速攻振り飛車大全 鈴木大介 '11.9 居玉速攻
よくわかる角交換振り飛車 横山泰明 '11.8 角交換振飛車
戸辺流現代振り飛車手筋集 戸辺誠 '11.6 中飛車・石田流
先崎学のすぐわかる現代将棋 先崎学,北尾まどか '10.7  
羽生の頭脳(2) 振り飛車破り(将棋連盟文庫) 羽生善治 '10.5 合本文庫版
佐藤康光の力戦振り飛車 佐藤康光 '10.1 角交換振飛車
書名 著者 発行 備考
振り飛車の極意 鈴木大介 '09.5  
杉本昌隆の振り飛車ナビゲーション 杉本昌隆 '09.1 四間飛車・相振り飛車
楽しく勝つ!! 力戦振り飛車 戸辺誠 '08.8 中飛車・石田流
渡辺明の居飛車対振り飛車T
〜中飛車・三間飛車・向かい飛車編〜
渡辺明 '08.2 中飛車・三間飛車・向飛車
杉本昌隆の振り飛車破り 杉本昌隆 '07.2 四間飛車・三間飛車
振り飛車基本戦法 高橋道雄 '06.5  
将棋定跡最先端 振り飛車編 所司和晴 '06.3  
新・振り飛車党宣言!(2) 千葉・横山・佐藤和 '05.12 四間飛車・中飛車・三間飛車
久保利明のさばきの極意 久保利明 '05.9  
角交換振り飛車 畠山成幸 '05.7 角交換振飛車
加藤の振り飛車破り 決定版 加藤一二三 '05.3 四間飛車・中飛車
振り飛車破りユニーク戦法 田丸昇 '05.2 四間飛車・三間飛車
振り飛車ワールド'04 第四巻 MYCOM/編 '04.7  
振り飛車ワールド'04 第三巻 MYCOM/編 '04.5  
振り飛車破り超急戦ガイド 深浦康市 '04.3 四間飛車・中飛車・三間飛車
振り飛車ワールド'04 第二巻 MYCOM/編 '04.3  
最強力戦振り飛車マニュアル 鈴木大介 '04.2  
振り飛車ワールド'04 第一巻 MYCOM/編 '04.1  
振り飛車ワールド 第六巻 MYCOM/編 '03.11  
加藤流振り飛車撃破 加藤一二三 '03.9 四間飛車・中飛車・向飛車
振り飛車ワールド 第五巻 MYCOM/編 '03.9  
振り飛車ワールド 第四巻 MYCOM/編 '03.7  
振り飛車ワールド 第三巻 MYCOM/編 '03.5  
振り飛車ワールド 第二巻 MYCOM/編 '03.3  
真・石田伝説 MYCOM/編 '03.2 1992年の文庫版、追加ページあり
ホントに勝てる穴熊 先崎学 '03.2 穴熊
ホントに勝てる振り飛車 先崎学 '03.1 中飛車・三間飛車・向飛車
振り飛車ワールド 第一巻 MYCOM/編 '03.1  
島ノート 振り飛車編 島朗 '02.12  
定跡外伝 MYCOM/編 '02.12 1993年の文庫版
振り飛車穴熊戦法 福崎文吾 '02.11 穴熊
粉砕振り飛車破り 井上慶太 '01.7  
スーパー穴熊 完結編 小林健二 '00.3 穴熊
書名 著者 発行 備考
自然流中原誠の振飛車破り 中原誠 '99.6 中飛車・四間飛車・石田流
快勝!スーパー穴熊 小林健二 '98.2 穴熊
力戦!スーパー振り飛車 小林健二 '97.8 石田流・立石流・阪田流・右四間
将棋基本戦法 振り飛車編 森下卓 '97.7  
中原流振り飛車破り 中原誠 '94.11  
定跡外伝 週刊将棋/編 '93.12  
振飛車破り 米長邦雄 '93.8 1974年の再・新装版
羽生の頭脳 4 羽生善治 '92.10 穴熊
真・石田伝説 週刊将棋/編 '92.7  
急戦!振り飛車破り(4) 徹底4五歩早仕掛け 所司和晴 '92.5  
穴熊戦法 大内延介 '90.1 穴熊


知られざる振り飛車の秘法 真・石田伝説(マイナビ将棋文庫)
zoom
マイナビ将棋文庫
知られざる振り飛車の秘法
真・石田伝説
個別ページへ
週刊将棋
マイナビ出版
ISBN:978-4-8399-6102-2
2016年10月
\1,339
448p/15cm
   
第1部 真・石田伝説
第1章 升田式石田流    
第2章 立石式石田流    
第3章 楠本式石田流    
第4章 中飛車型石田流    
第5章 急攻石田流    
第6章 21世紀の升田式    

第2部 役に立つ将棋の格言99

第1章 振り飛車の格言    
第2章 対振りの格言    
第3章 相居飛車の格言    

◆内容紹介
江戸時代の盲人棋士石田検校が生み出し、升田幸三実力制第四代名人によって奇襲からプロでも通用する戦法に変貌をとげた石田流。

本書第1部「真・石田伝説」では升田が編み出した升田式石田流に始まり、その他アマチュアによって独自のアレンジが加わった立石式石田流、楠本式石田流などを解説しています。大駒を大胆に使い積極的に勝ちにいく、攻め好きな振り飛車党の方にお勧めです。
第2部「役に立つ将棋の格言99」では古くから伝わる将棋の勝ち方を言い表した格言を例題とともに解説しています。
本書でライバルの知らない戦法や考え方を身につけ、棋力アップを成し遂げてください。

下記2冊を合本し、文庫化したもの。『役に立つ 将棋の格言99』はレビュー済みです。(※2016Nov05: 『真・石田伝説』もレビュー済み)

2004-07 役に立つ 将棋の格言99,週刊将棋編,MYCOM
1992-07 真・石田伝説,週刊将棋編,MYCOM

なお、『真・石田伝説』は一度文庫化されています。文庫本では第6章が追加されており、本書でも反映されています。

2003-02 真・石田伝説(MYCOM将棋文庫),MYCOM編,MYCOM

ただし、プロでの石田流が流行した2004年以降の知見や考え方は、本書には含まれていません。


久保&菅井の振り飛車研究
zoom
マイナビ将棋BOOKS
久保&菅井の振り飛車研究
個別ページへ
久保利明
菅井竜也

マイナビ
ISBN:978-4-8399-5436-9
2015年1月
\1,663
240p/19cm
   
Chapter 1 ゴキゲン中飛車 菅井新手△2四歩
▲4六銀△4四銀対抗形
超急戦、稲葉新手▲3三香
 
Chapter 2 石田流 菅井流4手目△3二飛
後手石田流
先手石田流VS後手銀冠
 
Chapter 3 角道オープン四間飛車 ▲2四歩△2二歩型
△4五歩反発型
向かい飛車+筋違い角
 
Chapter 4 向かい飛車 ダイレクト向かい飛車▲6五角型
菅井流2手損居飛車
久保流急戦向かい飛車
 
Chapter 5 先手中飛車 久保流5筋7筋位取り中飛車
第3回電王戦第1局 菅井竜也五段VS習甦
▲6六銀△6四銀対抗形
 
Chapter 6 相振り飛車 西川流▲8五歩型四間飛車
先後同形、相金無双
後手△4四角型向かい飛車
 
Chapter 7 昭和の定跡 山田定跡
鷺宮定跡
▲4五歩早仕掛け
棒銀戦法
 

◆内容紹介
本書は2人のカリスマ棋士、
久保利明九段と菅井竜也五段が22の振り飛車のテーマ局面について意見を述べ合い、互いの見解について語り合ったものです。

菅井五段は序盤の知識は豊富だし研究熱心。彼との対戦は、私にとってもメリットが多かった。」(久保利明)
以前から憧れて目標にしていた久保利明九段と一緒に本を出すことができて、感激しています」(菅井竜也)

互いの実力を認め合う二人の見解はときに同調し、ときに対立します。久保九段が「考え方の微妙な食い違いが面白いと思うのでその辺りを読んでほしい」(まえがきより)というように、相手を信頼しているからこそ飛び出す率直な意見のぶつかり合いは読んでいて面白く、もちろん将棋の研究としての興味深さも一級品です。

本書ではゴキゲン中飛車、石田流、角道オープン四間飛車、向かい飛車、先手中飛車、相振り飛車、昭和の定跡と7つの章に分けて、それぞれの戦型のテーマ局面を研究しています。
ゴキゲン中飛車における菅井新手△2四歩から始まり、久保流急戦向かい飛車、第3回電王戦第1局菅井竜也五段VS習甦、西川流▲8五歩型四間飛車などなど、まさに振り飛車最前線の話が満載です。
ゴキゲン中飛車の章では以下のような印象的なフレーズも。

(菅井五段)「みんなが超速をやってくれるのなら、自分は毎回ゴキゲン中飛車をやってもいいです
(久保九段、超急戦について)「居飛車を持ったら▲5八金右とは上がりたくないね。将棋を指したいから

最後の昭和の定跡では山田定跡について久保九段が菅井五段に定跡講座をする場面もあり、微笑ましいながらも久保九段の知識の豊富さや菅井五段の指摘の鋭さに驚かされます。

とにかく最初から最後までどこを取っても面白く、目の離せない一冊です。振り飛車党だけでなく、すべての将棋ファンの皆さまに読んでいただければ幸いです。

 


振り飛車定跡 基本のキ
zoom
マイナビ将棋BOOKS
振り飛車定跡 基本のキ
個別ページへ
藤倉勇樹
マイナビ
ISBN:978-4-8399-5138-2
2014年5月
\1,663
224p/19cm
   
・さばきについて
・基本のキ 大切な十箇条
第1章 ノーマル四間飛車編 第1節 居玉からの棒銀対策
第2節 棒銀対策▲7八銀型
第3節 棒銀対策▲6七銀型
 
第2章 角交換四間飛車編 第1節 後手の飛先交換への対策
第2節 対△8五歩型
第3節 対△8五歩保留型
 
第3章 相振り飛車編 第1節 相振り飛車の戦い方・金無双
第2節 相振り飛車の戦い方・美濃囲い
 
第4章 次の一手問題集 ・ノーマル四間飛車編
・角交換四間飛車編
・相振り飛車編
 

・【コラム】 (1)将棋との出会い (2)大会の心得について

◆内容紹介
長年の将棋教室の経験でアマチュアが陥りやすい間違いを熟知している藤倉勇樹五段が贈る、振り飛車の基本戦術書です。
基本となる角道を止めるタイプの四間飛車からスタートし、現在流行の角道オープン四間飛車、さらに相手も振り飛車党だった場合に備えての相振り飛車まで、この一冊で振り飛車が一通り指せる内容となっています。
始めに振り飛車を指す上での大切な十箇条を述べたり、解説文中の重要な部分を太字にする、最後におさらいとして次の一手問題を収録するなど、分かりやすくするための藤倉五段の工夫が随所にあふれています。

振り飛車を指したい方も、すでに振り飛車を指しているものの、いまいちコツがつかめない方も、ぜひ本書で藤倉先生に学んでください。

 


長岡研究ノート 振り飛車編
zoom
マイナビ将棋BOOKS
長岡研究ノート 振り飛車編
個別ページへ
長岡裕也
マイナビ
ISBN:978-4-8399-4786-6
2013年7月
\1,575(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
第1章 ゴキゲン中飛車 対
超速二枚銀急戦
第1節 対美濃・後手の守勢
第2節 対△7二金型の戦い
第3節 対穴熊の戦い
50p
第2章 矢倉流中飛車 第1節 後手の急戦
第2節 相穴熊の戦い
第3節 ▲5八金右からの指し方
44p
第3章 角交換四間飛車 第1節 講座編 ▲2五歩型の対策
第2節 実戦編 本家との戦い
38p
第4章 三間飛車対策 第1節 対△4三銀型
第2節 対△5三銀型
第3節 △5四銀型穴熊
36p
第5章 石田流対策 第1節 角交換型▲8八同飛
第2節 角交換型▲8八同銀
第3節 流行の△1四歩型
48p

・【コラム】(1)ニコニコ生放送 (2)研究会 (3)記録係 (4)師弟

◆内容紹介
「長岡五段は若手の中でも有数の研究家として知られています。この1冊から将棋の面白さを多くの人に知ってもらいたいと思い、強くお薦めします」(羽生善治 推薦の言葉より)

本書は、研究パートナーとして羽生三冠からも全幅の信頼を置かれる長岡五段が、その研究手順を惜しみなく披露した一冊。
振り飛車党から居飛車党に転向した長岡五段だからこそ書ける、振り飛車対策の決定版といえる内容となっています。石田流も中飛車も角交換振り飛車もこの一冊で十分!

本書を熟読してプロの振り飛車対策をマスターしてください。

定跡最前線の解説書。

表紙のオビで羽生善治が「長岡五段は頼れる研究パートナーです」と書いている通り、長岡は羽生の「VS」(1対1の練習将棋)パートナーとして知られる。順位戦ではあまりふるわないものの、竜王戦では4組に昇級している。

もともとは振飛車党で、『新鋭振り飛車実戦集』(戸辺誠,遠山雄亮,長岡裕也,高ア一生,MYCOM,2008)にも名を連ねているが、現在は居飛車党である。つまり、振飛車側が「こう指したい」とか「こうされたら嫌だ」という気持ち・感覚まで理解しているのである。

本書は、振飛車に対して長岡が現時点で最有力と考えている作戦を解説したプロ最前線の定跡書である。


各章の内容を、チャートを添えながら紹介していこう。……レビューの続きを読む(2013Aug26)


将棋の教科書 現代振り飛車
zoom
将棋の教科書 現代振り飛車
個別ページへ
鈴木大介
日本将棋連盟/発行
マイナビ/販売
ISBN:978-4-8399-4638-8
2013年3月
\1,575(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★
   〜★★★☆

図面:見開き3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:
中級〜上級向き
第1章 序盤編 第1節 石田流三間飛車の序盤
第2節 先手中飛車の序盤
第3節 角交換振り飛車の序盤
78p
第2章 中盤編 第1節 石田流三間飛車の中盤
第2節 先手中飛車の中盤
第3節 角交換振り飛車の中盤
60p
第3章 終盤編 第1節 石田流三間飛車の終盤
第2節 先手中飛車の終盤
77p

・【コラム】(1)対局の必需品<扇子> (2)我が家の愛犬 (3)揮毫する言葉

◆内容紹介
日本将棋連盟が初段までの道のりを強力にサポートする「
将棋の教科書シリーズ」の第4弾!!今回は現代振り飛車を扱います。現代振り飛車とは今、まさに定跡が形作られようとしている流行形、具体的には石田流、中飛車、角交換四間飛車を指します。
本書では、それらの戦型の駒組みから終盤のコツまでを鈴木大介八段が丁寧に解説しています。流行形を指してはみたいもののなかなか自信が出ない方、あるいは指してはいるものの今いち急所がつかめていない方などにとってはまさに必読の一冊といえるでしょう。

鈴木八段の振り飛車の教科書最終巻、ぜひ手にとって読んでみてください。

角交換系振り飛車の戦い方を解説した本。

角道を止める「ノーマル振飛車」は、振飛車の基本ではあるが、最近あまり人気がない。やはり、居飛車穴熊に対して勝ちにくいのが原因である。そこで、居飛車穴熊に組みにくくさせるため、いつでも角交換がある振飛車を採用するのが主流になっていて、「角交換OKの振飛車」を総称して“現代振飛車”と呼ぶ。

現代振飛車党は、先手番のとき、2手目△3四歩なら石田流、2手目△8四歩なら先手中飛車が主軸となる。後手番ではゴキゲン中飛車が基本だが、最近は2手目△3二飛や角交換四間飛車なども選択肢に挙がっている。

本書は、そういった現代振飛車の中でも、比較的分かりやすくて主導権をとりやすい3つの戦法(石田流、先手中飛車、角交換四間飛車)を解説した本である。……レビューの続きを読む(2013Jun25)


菅井ノート 先手編
zoom
マイナビ将棋BOOKS
菅井ノート 先手編
個別ページへ
菅井竜也
マイナビ
ISBN:978-4-8399-4575-6
2013年1月
\1,890(5%税込)
288p/19cm

[総合評価]
S

難易度:★★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)S
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:B
有段向き
第1章 石田流急戦 ・はじめに
(1)▲7四歩急戦型
(2)▲4八玉型
(3)▲7六飛早浮き型
60p
第2章 石田流持久戦 (1)△3一玉型
(2)▲7七角型
42p
第3章 石田流VS角交換型 (1)後手角交換型
(2)振り飛車の修正策
32p
第4章 石田流VS1四歩型 (1)最新の△1四歩型
(2)△1四歩の対抗策
16p
第5章 先手中飛車VS△6四銀 (1)中飛車-△6四銀対抗型-△2二玉型
(2)△6四銀対抗型-△3二玉型
58p
第6章 中飛車VS持久戦 ・中飛車対△5四歩型持久戦 26p
第7章 中飛車VS一直線穴熊 ・中飛車対一直線穴熊 18p
第8章 相振り飛車 (1)定跡編
(2)実戦編
28p

・【コラム】(1)対局前の過ごし方 (2)「竜棋会」 (3)地元の大名人 (4)井上一門

◆内容紹介
旬の棋士が贈る若手精鋭シリーズ第4弾は「菅井ノート 先手編」!!

棋界のニュースター菅井竜也五段がそのあまりにも深い研究を披露し、大きな反響を呼んだ『
菅井ノート 後手編』(2012.09)に続く一冊。今回は石田流、先手中飛車、相振り飛車を中心に先手振り飛車の指し方について解説します。

久保利明九段、戸辺誠六段、永瀬拓矢五段らとともに、振り飛車の最先端の研究を牽引する菅井五段。先手振り飛車でも多くの「菅井流」を生み出しています。

本書は全国の振り飛車党にとって、必携の書であり、『
菅井ノート 後手編』と併せて振り飛車のバイブルとなるに違いありません。

▲石田流と▲中飛車を解説した戦術書。

菅井は関西の有望若手棋士で、本書出版時点で弱冠20歳である。石田流・ゴキゲン中飛車など「角道を止めない振り飛車」を得意とする、現代振り飛車の申し子でもある。斬新な発想も多く、いろいろな戦型で「菅井流」と呼ばれる形がある。

前作『菅井ノート 後手編』(2012.09)では、△ゴキゲン中飛車・菅井流を中心に、大量の研究を披露していた。

そして本作は、先手番の角交換系振飛車について、最新状況と、菅井のオススメの手順を記した本である。先手番の角交換系振飛車とは、「▲石田流」(正確には▲7六歩△3四歩▲7五歩の出だし全般)と「▲中飛車」(▲7六歩△8四歩▲5六歩の出だし)のことを指す。


各章の内容を、チャートを添えて紹介していこう。……レビューの続きを読む(2013Apr17)


将棋の教科書 振り飛車持久戦
zoom
将棋の教科書 振り飛車持久戦
個別ページへ
鈴木大介
日本将棋連盟/発行
マイナビ/販売
ISBN:978-4-8399-4545-9
2012年12月
\1,575(5%税込)
224p/19cm
   
第1章 序盤編 第1節 四間飛車の序盤
第2節 三間飛車の序盤
 
第2章 中盤編 第1節 四間飛車対居飛車穴熊
第2節 四間飛車対左美濃
第3節 四間飛車対玉頭位取り
第4節 三間飛車真部流
第5節 三間飛車石田流
 
第3章 終盤編 第1節 四間飛車の終盤
第2節 三間飛車の終盤
 

◆内容紹介
日本将棋連盟が初段までの道のりを強力サポートする「将棋の教科書」シリーズ第3弾!!今回は振り飛車持久戦を扱います。現在居飛車対振り飛車の将棋でもっともよく現れる居飛車穴熊を相手に四間飛車、三間飛車での指し方を解説しています。本書のテーマは「堂々と組ませて堂々と勝つ!!」です。居飛車穴熊に存分に組ませても美濃囲いで十分に戦えることを、ポイントとなる考え方を教えつつ、実証していきます。こちらの駒組みは簡単で、穴熊の弱点を的確に突いて堅い囲いを打ち破ります。
まさに振り飛車持久戦の教科書と呼ぶにふさわしい内容で、すでに振り飛車党の方も、これから振り飛車党を目指す方も必読の一冊です。

 


将棋の教科書 対振り急戦
zoom
将棋の教科書 対振り急戦
個別ページへ
阿久津主税
日本将棋連盟/発行
マイナビ/販売
ISBN:978-4-8399-4466-7
2012年11月
\1,575(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★
   〜★★★☆

図面:見開き3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初級〜上級向き
第1章 序盤編 第1節 対四間飛車の序盤
第2節 対三間飛車の序盤
28p
第2章 中盤編 第1節 対四間飛車・斜め棒銀
第2節 対四間飛車・棒銀
第3節 対三間飛車△4二銀型
第4節 対三間飛車△5三銀型
134p
第3章 終盤編 第1節 対四間飛車の終盤
第2節 対三間飛車の終盤
20p

・【コラム】(1)反則について (2)居飛車急戦の魅力 (3)将棋上達の方法

◆内容紹介
日本将棋連盟が初段までの道のりを強力サポートとする
「将棋の教科書」シリーズ第2弾!!今回は多くの棋戦で活躍中の阿久津主税七段による「対振り急戦」がテーマです。

「振り飛車に対して居飛車急戦で勝つ快感は、何物にも代えがたい」と阿久津七段は言います。
振り飛車に対する急戦の定跡は駒組みが簡単で、自分で好きな攻撃の形を選べるので、特に初心者の方にはうってつけの戦法です。また、古くから築きあげられてきた定跡手順は美しく、他の戦法にも応用できる手筋が詰まっています。
飛車側でリードを奪い、美濃囲いの横から、あるいは端から攻めつぶし、勝ち切る。そうやって勝ったときの快感はまるでスリリングな映画を観たときのよう。

初段を目指すうえで大切なのは、まず得意戦法を持つこと。すぐ戦いになる、派手な将棋が好きな方は特に、本書を読んで居飛車急戦を得意戦法にしてください。そして気持ち良く振り飛車を破る快感を味わってください。

四間飛車と三間飛車に対する居飛車急戦の戦い方を解説した本。

角道クローズのノーマル振飛車に対する居飛車の戦法は、現在では居飛車穴熊が全盛である。居飛車急戦も以前は多く指され、山田道美や青野照市らにより優れた定跡書も多く遺されている。

急戦は玉が薄くて実戦的な勝ちづらさがあるものの、作戦自体は成立しているし、非常に多くの手筋を学べたり、勉強した局面が実戦に出やすいなど、アマにとって有利な側面も多い。「穴熊もいいけど、まず急戦を覚えた方がよい」といわれる所以である。

本書は、初段を目指す級位者を対象に、▲居飛車急戦vs△ノーマル振飛車の勝ち方を指南する本である。……レビューの続きを読む(2013Mar04)


将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編
zoom
マイナビ将棋BOOKS
将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編
個別ページへ
上野裕和
マイナビ
ISBN:978-4-8399-4465-0
2012年10月
\1,470(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
S

難易度:★★
   〜★★★

図面:見開きMax4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:S
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き
(有段者までOK)
第1部 序盤の基礎知識 第1章 序盤初めて講座
第2章 振り飛車の戦い方、囲い一覧
第3章 居飛車の戦い方
 
第2部 歴史を振り返る 第1章 振り飛車対居飛車の歴史
第2章 棋士の意識の変化
第3章 外部環境の変化
 
第3部 現代振り飛車の
主流戦法の紹介
第1章 ゴキゲン中飛車 ― 現代振り飛車のスタンダード
第2章 石田流 ― 華麗なるさばきの世界
第3章 先手中飛車 ― 石田流と対になる先手番の裏エース
第4章 角交換四間飛車 ― 手損を気にしない型破りの新作戦
 

【ブレイクタイム(コラム)】(1)勝った直後の棋士はなぜ笑わないか (2)VSという研究方式が浸透した理由 (3)一門のつながりって? (4)記録係が待った? (5)記録係駒忘れ事件 (6)クリスマスイブの惨事 (7)駒操作、今昔 (8)研究会ができるまで

◆内容紹介
序盤の研究で知られる上野裕和五段によるプロ将棋の序盤完全ガイドが完成!

ゴキゲン中飛車、石田流、角交換振り飛車・・・、なぜ今これらの戦法が流行っているのか、知りたくありませんか??

最新の序盤手順を解説した本は数多くありますが、本書は「なぜ現在その形が流行しているか」を戦法の歴史からさかのぼって解説した棋界初の画期的一冊。将棋を指す方はもちろん、自分ではあまり指さないという方でも十分理解できるように、図面に矢印等の記号をふんだんに使い、直感的にも分かりやすくなっています。

基本用語の解説から、プロの最新局面の解説までが一気に理解できるはずです。将棋戦法の変遷は読むだけで面白く、将棋を指す上でも観戦する上でも、大いに役立つ内容となっています。

現代振り飛車の歴史や背景を解説した本。

プロの将棋は難しい。特に最近は、角が向かい合ったまま駒組みをすることも多く、「ここで角交換されて、こう打たれたらどうなるの?」という展開をよく見かける。観戦記では、序盤の難所はサラッと流してあることが大半で、「プロの序盤は何をやっているのか分からない」というファンも多いだろう。(本書とは直接関係ないが、わたしも子どものころにヒネリ飛車の序盤を見て、何をやっているのかサッパリ分からなかった。)

また、有段者でも、プロの序盤の意味を訊かれて答えられない人も多いと思う。

本書は、現代将棋のプロの序盤(振飛車限定)の意味を、級位者でも分かるように解説した本である。


本書では、「見る将棋ファン」がプロの指し手を分かるように書かれており、基本的な対象棋力は5〜10級。10級以下でも何とか読める。また、上級者や有段者でも目からウロコの内容が満載である。

また、読者が読みやすいように、下記のようなさまざまな工夫がされている。一つ一つは小さな工夫だが、効果は大きく、非常に読みやすかった。……レビューの続きを読む(2012Oct29)


菅井ノート 後手編
zoom
マイナビ将棋BOOKS
菅井ノート 後手編
個別ページへ
菅井竜也
マイナビ
ISBN:978-4-8399-4453-7
2012年9月
\1,890(5%税込)
288p/19cm

[総合評価]
S

難易度:★★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)S
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:B
有段向き
第1章 超速▲3七銀VS菅井新手 第1節 対▲4六銀型
第2節 対▲7八銀型
58p
第2章 超速▲3七銀VS△3二金型 第1節 対▲7七銀型
第2節 対▲5八金右型
第3節 対▲9六歩型
102p
第3章 超速▲3七銀VS△3二銀型 第1節 △5一飛型
第2節 △5二飛型
20p
第4章 超速▲3七銀VS△4四銀型 第1節 対▲7七銀型
第2節 対居飛車穴熊
70p
第5章 ゴキゲン対一直線穴熊   12p
第6章 その他の振り飛車 第1節 △4二飛戦法
第2節 菅井流超急戦
18p

・【コラム】(1)大和証券杯で優勝 (2)菅井ノート

◆内容紹介
棋界のニュースター、若手振り飛車党の旗手、菅井竜也が放つ渾身の戦術書がついに完成!!

2011年度大和証券杯で優勝、将来のタイトル候補と期待される、菅井五段がその最新研究を披露しています。
現在窮地に立たされている振り飛車党。ゴキゲン中飛車の天敵、超速▲3七銀戦法に対して菅井五段が真っ向勝負を挑みます。さらにその研究は超速以外の居飛車戦法、ゴキゲン以外の振り飛車作戦に及びます。

研究の深さではタイトルホルダーにも決してひけをとることはない菅井五段。その深い研究を基に「菅井流」と呼ばれる新しい指し方を複数世に出しています。

名著の誉れ高い島朗九段の『
島ノート 振り飛車編』(島朗,講談社,2002.12)に比肩し得る、質、量ともに最高レベルの戦術書の誕生です。本書を読まずして、振り飛車は語れません。

ゴキゲン中飛車と一部の角交換系振り飛車を解説した戦術書。

菅井は関西の有望若手棋士で、本書出版時点で弱冠20歳である。石田流・ゴキゲン中飛車など「角道を止めない振り飛車」を得意とする、現代振り飛車の申し子でもある。斬新な発想も多く、いろいろな戦型で「菅井流」と呼ばれる形がある。トップ棋士もその優秀性を認め、本書のメインとなっている「ゴキゲン中飛車・菅井流」は、登場後3ヶ月でタイトル戦で採用された。

本書は、「菅井流」の本家がその源流と現状を明かすとともに、「ゴキゲン中飛車vs超速」と一部の変則作戦を披露した本である。


各章の内容を、チャートを添えて紹介していこう。……レビューの続きを読む(2012Oct16)


将棋の教科書 振り飛車急戦
zoom
将棋の教科書 振り飛車急戦
個別ページへ
鈴木大介
日本将棋連盟/発行
マイナビ/販売
ISBN:978-4-8399-4454-4
年月
\1,575(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★
   〜★★★

図面:見開き3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き
第1章 序盤編 第1節 四間飛車の序盤
第2節 三間飛車の序盤
30p
第2章 中盤編 第1節 四間飛車玉頭銀
第2節 四間飛車対ナナメ棒銀
第3節 四間飛車対棒銀
第4節 三間飛車対超急戦
第5節 三間飛車対早仕掛け
110p
第3章 終盤編 第1節 四間飛車の終盤(1)
第2節 四間飛車の終盤(2)
第3節 三間飛車の終盤
74p

・【コラム】(1)将棋との出会い (2)私の好きな手 (3)振り飛車の魅力

◆内容紹介
日本将棋連盟が初段までの道のりを強力にサポートする「将棋の教科書シリーズ」の第1弾!!
振り飛車党のトッププロ鈴木大介八段が「振り飛車VS居飛車急戦」について序盤から終盤まで、振り飛車側の指し方、考え方をイラスト入りで丁寧に解説しています。

【序盤】どのように駒組みすればいいか
【中盤】どのような方針で指していけばいいか
【終盤】どうやって囲いを崩すか、どう受けるか

本書は、複雑になってしまった最新戦法や定跡手順を詳細に解説するものではありません。定跡書に載っていない局面が現れた場合でも柔軟に対応できるように、
「考え方」「指し方のコツ」を伝授することを主眼としています。
特に将棋の基礎は覚えたものの、実際どのように指し進めていけばいいのか分からない、という方にお勧めです。第一線で活躍する鈴木大介八段執筆なので、安心して取り組めることと思います。
本書で振り飛車急戦の指し方、考え方をマスターして、堅い美濃囲いで駒をさばき、圧倒的な優位に立つ振り飛車の快感をぜひ味わってください。

四間飛車と三間飛車の対急戦の戦い方を解説した本。

現在のプロ界では、角道オープン系振飛車が大流行中である。ただ、振飛車の基本はやはり、角道クローズのノーマル振飛車。その中でも、堅い「本美濃囲い(金銀3枚)」で戦う四間飛車と三間飛車がノーマル振飛車の王道である。角道オープン系を指すにしても、まずは基本としてノーマル振飛車を覚えた方がよいだろう。

本書は、級位者向けに、四間飛車と三間飛車での勝ち方を指南する本である。……レビューの続きを読む(2012Oct25)


最新振り飛車破り〈下〉
zoom
将棋最強ブックス
最新振り飛車破り〈下〉
四間飛車破り・三間飛車破り・向かい飛車破り・中飛車破り
個別ページへ
屋敷伸之
創元社
ISBN:978-4-422-75138-2
2012年9月
\1,365(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
D

難易度:★★★
   〜★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜上級向き
第1章 四間飛車破り A:1筋を受ける
B:1筋を受けない
・覚えておきたい復習問題=8問
84p
第2章 三間飛車破り A:△4五歩の反発
B:△6四歩の待機策
C:△1二香の待機策
D:△5一角の待機策
E:△5三金と備える
・覚えておきたい復習問題=8問
38p
第3章 向かい飛車破り A:1筋を受ける
B:1筋を受けない
・覚えておきたい復習問題=8問
44p
第4章 中飛車破り A:△8二玉から片美濃へ
B:△6二銀からツノ銀風
・覚えておきたい復習問題=8問
52p

◆内容紹介
どの振り飛車に対しても
▲3七桂〜▲4六銀〜▲2六飛と浮き、▲3五歩から角頭を仕掛けるパターンが基本。歩を巧みにあやつり、大駒と銀桂を駆使したダイナミックな指し方は急戦の魅力たっぷりで、なおかつ覚えやすい。速い攻めで角道を止める振り飛車・美濃囲いを撃破しよう。『最新振り飛車破り〈上〉(ゴキゲン中飛車破り・角交換四間飛車破り・石田流破り)』と併せて読めば、振り飛車対策は万全だ。

振飛車破りの戦術書。どの振飛車に対しても「舟囲い+▲4六銀-3七桂-2六飛」型で仕掛けるのが特徴。

本書の「▲4六銀-3七桂-2六飛」は、〔右図〕のような攻撃形を採る。「▲5七銀左戦法」が研究されるよりも前の1960年代〜1970年代の指し方で、ハッキリ言って「最新」ではなく、現代では廃れた形である。

似た形は『森下の四間飛車破り』(森下卓,MYCOM,1996)で何局か見かけたことがあるにはあるが、「出戻り銀への対抗策」として出現した形だった。四間側△4三銀に対し、▲4六銀急戦を見せたところ、△3二銀と戻ったので、▲4六銀-3七桂-2六飛型に組む、というものだ。

最近の本では『振り飛車破りユニーク戦法』(田丸昇,創元社,2005)の第2章「クラシック戦法」で見たのが最後だと思う。田丸本では、「ポンポン桂」と「4六銀-3七桂-2六飛」の両対応の戦法だった。

この戦法の長所としては、「攻めは飛角銀桂」の格言に沿っており、厚い攻めが期待できるところ(対振飛車急戦では「飛角銀」か「飛角桂」の攻めになりやすい)。短所としては、仕掛けの形を作るまでに手数がかかるのでスピード感に欠け、振飛車側に存分に組まれてしまうところ。なお、現代の振飛車使いがあまり見慣れていないので対応されにくい、という実戦的な利点はあるだろう。


各章の内容をチャートを添えて紹介していこう。……レビューの続きを読む(2012Sep25)


初めてでも指せる!戸辺流振り飛車で攻め勝つ
zoom
NHK将棋シリーズ
初めてでも指せる!
戸辺流振り飛車で攻め勝つ
個別ページへ
戸辺誠
NHK出版
ISBN:978-4-14-016205-7
2012年6月
\1,260(5%税込)
256p/19cm
   
◆内容紹介
初めての振り飛車をこの一冊で得意戦法に!

2011年10月〜2012年3月放送の講座『戸辺流振り飛車で目指せ!初段』の単行本化。
戦法の根本の考え方が分かる「イントロダクション」と、方針の分岐点が分かる「フローチャート」を加筆し、初めて振り飛車を指す人にも理解しやすいよう再構成。
 


最新振り飛車破り〈上〉
zoom
将棋最強ブックス
最新振り飛車破り〈上〉
ゴキゲン中飛車破り
角交換振り飛車破り
石田流破り
個別ページへ
屋敷伸之
創元社
ISBN:978-4-422-75137-5
2012年3月
\1,365(5%税込)
214p/19cm

[総合評価]
C

難易度:★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜上級向き
第1章 ゴキゲン中飛車破り
(超速)
A:対△4二銀型
A':対△4二銀型(△6二玉保留)
B:対△3二金型
C:対△3二銀型
D:対△3二金・△4二銀型
・覚えておきたい復習問題=16問
104p
第2章 角交換四間飛車破り A:△2二飛と転回する
B:後手は四間飛車のまま戦う
・覚えておきたい復習問題=8問
54p
第3章 石田流破り A:△6二玉(▲4八玉)から囲いを急ぐ
B:△3四飛(▲7六飛)から石田流を急ぐ
・覚えておきたい復習問題=8問
52p

◆内容紹介
プロアマ問わず猛威を振るっているゴキゲン中飛車、角交換振り飛車、石田流。本書は各戦法の弱点を見抜き、
コンパクトな囲いと素早い動きで相手を撃破する、振り飛車破りの解説書。スピード感あふれる細心かつ大胆な攻めが、やみつきになること間違いなし。攻め駒を巧みに操り、振り飛車陣をどんどん揺さぶって、一気に勝ちに持ち込む醍醐味が味わうことができる。最新の振り飛車に苦しんでいる人におすすめの一冊。

角道オープン型振飛車の対策本。

角交換を歓迎する振飛車はこの10年間で非常に多く指されるようになった。いつでも角交換があるので、駒組みには慎重さが求められ、従来の「角道クローズ型振飛車」に対する仕掛けはあまり通用しない。

プロでは持久戦になることも多いが、アマでは速攻したい人も多いはず。そこで本書では、ゴキゲン中飛車・角交換四間飛車・石田流という3種類の振飛車に対し、できるだけ簡素な囲いで速攻を仕掛ける作戦を提案している。

各章の内容を、チャートを添えながら紹介していこう。……レビューの続きを読む(2012Mar19)


久保利明の最強振り飛車戦略
zoom
久保利明の最強振り飛車戦略
角交換振り飛車の久保システム
個別ページへ
久保利明
木本書店
ISBN:978-4-904808-03-0
2011年12月
\2,730(5%税込)
299p/21cm/H.C.

[総合評価]
A

難易度:★★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
第1章 ゴキゲン中飛車
第2章 新・石田流
第3章 その他の角交換振り飛車

◆内容紹介
軽快な振り飛車を得意とし、「捌きのアーティスト」と称される久保利明九段が、公式戦で多用している角交換型の中飛車と三間飛車を中心に解説。参考棋譜も収録。
角交換系振飛車の定跡書。メインはゴキゲン中飛車と石田流。

久保は「捌きのアーティスト」の異名を持ち、説明するまでもなく、現代振飛車の第一人者である。そのメインウェポンは、先手番では石田流、後手番ではゴキゲン中飛車。以前は四間飛車も使っていたが(定跡書も出している)、現在のスタイルになってからのほうが持ち味が出ているように思う。

本書は、角交換形の振飛車について、比較的俯瞰的に書かれた定跡書である。……レビューの続きを読む(2012Jan30)


最新の振り飛車対策
zoom
プロ最前線シリーズ
最新の振り飛車対策
個別ページへ
深浦康市
日本将棋連盟/発行
マイナビ/販売
ISBN:978-4-8399-3986-1
2011年10月
\1,575(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
序章 ゴキゲン中飛車の出だし 6p
第1章 対ゴキゲン中飛車▲7八金型 26p
第2章 対ゴキゲン中飛車▲5八金右超急戦 26p
第3章 対ゴキゲン中飛車二枚銀 26p
第4章 対ゴキゲン中飛車丸山ワクチン 12p
第5章 対ゴキゲン中飛車超速▲3七銀 42p
第6章 2手目△3二飛対策 18p
第7章 4手目△4二飛対策 8p
第8章 実戦編 44p
  参考棋譜 11p

◆内容紹介
「プロ最前線シリーズ」の第4弾です。
本書では流行の力戦振り飛車への戦い方を、幅広く解説しています。第1章から第5章までは様々なゴキゲン中飛車対策を、第6章と第7章では2手目△3二飛戦法、4手目△4二飛戦法への対策をそれぞれ解説しています。
緩急様々な対策を深浦九段の考えをまじえながら解説していますので、ご自身にあった作戦を見つけ出してください。

角交換系振飛車の定跡書。

本書の内容は、8割が△ゴキゲン中飛車で、残りが2手目△3二飛と4手目△4二飛。基本的には、深浦が有力だと考えている変化に絞られている。そのため、網羅型ではないが、考え方や著者の見解がしっかり述べられている。

各章の内容を、チャートを添えながら紹介していこう。本書に限った話ではないが、対中飛車戦の原則がいくつかある。

・「△5五歩と△3三角の2手を指させてはいけない」(p11) → 5筋位取り中飛車にされて、先手の主張点がなくなる
・中飛車側に角交換と5筋歩交換の両方を許さない → 中飛車の攻撃力が上がる
⇒∴何かを譲歩したら、別の何かで主張点が必要


中飛車の定跡書では、これらの点に注意して読んでいきたい。……レビューの続きを読む(2011Oct30)


速攻振り飛車大全
zoom
将棋最強ブックス
速攻振り飛車大全
個別ページへ
鈴木大介
創元社
ISBN:978-4-422-75135-1
2011年9月
\1,365(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
第1章 速攻向かい飛車 A:馬作りを目指す▲2二角成
B:自然な▲6八銀
・復習問題=8問
62p
第2章 速攻三間飛車 A:穴熊を急ぐ△2二玉
B:△5三銀型を急ぐ△5四歩
・復習問題=8問
54p
第3章 速攻四間飛車 A:飛車先交換を急ぐ△8五歩
B:囲いを急ぐ△5四歩
・復習問題=8問
70p
第4章 速攻中飛車 A:飛車交換に応じる▲4二同飛成
B:飛車交換を避ける▲4三歩
・復習問題=8問
32p

◆内容紹介
従来「待ち」の戦法と思われていた振り飛車で、積極的に攻めたてて勝つという新しいタイプの振り飛車戦法書。居玉で決戦に持ち込み、猛攻によってそのまま一気に勝ちきる策を伝授する。角筋を止めた振り飛車あり、止めない振り飛車ありで戦法のレパートリーが広がり、攻めて勝つ醍醐味が堪能できる。構成は、向かい飛車、三間飛車、四間飛車、中飛車の4章立て。すべての振り飛車で速攻できる戦い方を解説した。

自分から速攻できる振飛車の解説書。

従来、振飛車は「待ち」が基本のカウンター戦法だった。しかし、藤井システムから角交換系の振飛車など、最近では振飛車が自分から攻めることが多くなっている。

本書では、居玉や簡素な囲いで速攻する振飛車の作戦を4つ解説。場合によっては途中から囲いに入ったり、居飛車が最善の形で待った場合は駒組みでの作戦勝ちを狙うものもあるが、いずれも序盤で一気に優位に立てる可能性のある作戦である。

目次はどれも「速攻○○」となっていて、どんな戦法か分からない(笑)ので、各章の内容と戦法の特徴をチャートを沿えて紹介していこう。……レビューの続きを読む(2011Sep30)


戸辺流現代振り飛車手筋集
zoom
マイコミ将棋BOOKS
戸辺流現代振り飛車手筋集
個別ページへ
戸辺誠
毎日コミュニケーションズ
ISBN:978-4-8399-3919-9
2011年6月
\1,470(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★☆
   〜★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A-
解説:A
読みやすさ:A-
上級〜有段向き
【協力】 君島俊介
第1章 序盤編
〈流行形の駒組み〉
・升田式石田流
・石田流対左美濃
・先手中飛車対居飛車穴熊
・先手中飛車・角交換型
・ゴキゲン中飛車対超速▲3七銀
・ゴキゲン中飛車対▲4七銀急戦
・ゴキゲン中飛車対居飛車穴熊
102p
第2章 中盤編
〈戦い方のテクニック〉
・飛車の揺さぶりから手を作れ
・攻めの基本は銀交換から
・離れ駒に気をつけろ
・大駒はダイナミックにさばけ
・絶品の銀引きに気を付けろ
・左桂を忘れるな
・攻めるチャンスを逃すな
・動いたところにカウンター
・厳しいコビン攻め
・苦しいときは戦線拡大
・厚みが大事な玉頭戦
・玉頭攻めには要注意
54p
第3章 終盤編
〈戸辺流の勝ちパターン〉
・負けても指してはいけない手
・と金の遅早
・実戦的な戦い方とは?
・終盤は駒の損得よりもスピード
・効率を考えた攻め
・捨て駒で手を稼げ
・穴熊戦は先に食いつけ
・5三のと金に負けなし?
・終盤は後手を引くな
・敵玉は下段へ
・玉の安定度を保て
・スピードと確実さの選択
60p

・【コラム】ハチワンダイバーと私

◆内容紹介
柴田ヨクサル氏推薦! 大流行の「強すぎる振り飛車」 戸辺六段はこの“振り飛車維新”の志士である!!
本書は若手振り飛車党の戸辺誠六段が、中飛車と石田流の指し方について解説した本です。全編読みやすい対話形式で、序盤編は最新の研究テーマにおける注意すべきポイントを。中・終盤編では指し手だけでなく、「考え方」から詳しく解説しています。
戸辺流振り飛車には楽しく勝てるエッセンスが満載です。ぜひその勝ちパターンをマスターして、実戦に役立ててください。

石田流、▲中飛車、△ゴキゲン中飛車の解説書。

現代の振飛車党は、先手で▲7六歩△3四歩なら▲石田流、先手で▲7六歩△8四歩なら▲中飛車、後手なら△ゴキゲン中飛車というパターンが非常に多い。そのパターンを持った振飛車党を「現代振飛車党」と呼ぶとすれば、戸辺は若手の現代振飛車党のトップランナーである。惜しくも挑戦には到らなかったが、王位戦リーグでの活躍は記憶に新しい。

本書は、現代振飛車の指し方の急所を序盤・中盤・終盤に分けて解説した本である。

構成は、どの章も「対談形式」を採っている。インタビューア(おそらく君島)が質問し、戸辺が回答・解説していくのが基本線。戸辺が逆に質問(というより問いかけ)をすることもあり、インタビューアは読者の目線で答える。

各章の内容を説明していこう。……レビューの続きを読む(2011Jul10)


先崎学のすぐわかる現代将棋
zoom
NHK将棋シリーズ
先崎学のすぐわかる現代将棋
個別ページへ
先崎学
北尾まどか

日本放送出版協会
ISBN:978-4-14-016184-5
2010年7月
\1,050(5%税込)
222p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★
   〜★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き
第1章 進化するゴキゲン中飛車 ・ゴキゲン中飛車の誕生
・5筋位取り中飛車の攻防
・居飛車党の意地▲7八金
・常識を超えた▲2二角成
・ゴキゲン中飛車vs居飛車穴熊
68p
第2章 よみがえる石田流三間飛車 ・石田流の基本と現代流▲7七銀
・石田流対策の△7二飛と棒金
・超急戦!早石田と新戦法
・△3二飛戦法、新たな可能性
68p
第3章 なんでもあり角交換振り飛車 ・角交換振り飛車の基本と狙い
・単純明快!一手損向かい飛車
・△3三角戦法と最新の対策
64p

・【コラム】対イビアナ!振り飛車反撃のドラマ/三間飛車はこれからの成長産業/楽しく攻めて勝ちましょう
・【スペシャル対談】羽海野チカ×先崎学=16p

◆内容紹介
「現代将棋」の中でも人気の高い、ゴキゲン中飛車、石田流三間飛車、角交換振り飛車、の最先端の傾向と対策がバッチリわかる。

角交換系の振飛車の解説書。2009年度後期に放送された同名の講座から、角交換系の振飛車に関する内容を撰集して単行本化したもの。

「角交換を厭わない振飛車」が流行している。ゴキゲン中飛車は居飛車党も積極的に採用している。石田流は昔からあり、アマでは愛好者が多かったが、プロではあまり使われていなかった。しかし、棒金対策が整ったこと、超序盤に新しい指し方がいくつも見つかったこと、升田式石田流が新しい仕掛け筋の発見で手詰まりになりにくくなったこと、2手目△3二飛の発見で後手でも石田流を指せるようになったことなど、いくつもの発見があったことで、スペシャリストを中心に流行している。そして、手損をものともしない角交換振飛車が市民権を得て、4手目△3三角戦法の登場に至り、現在ではほぼ全ての戦法を巻き込んだ流行となっている。

逆に、ここ数年の急激な変化についていけてない人も多いと思う。さらに、角交換系の振飛車は序盤の落とし穴や激しい変化が非常に多く(それが魅力の一つでもあるが)、指しこなすにはある程度の基礎知識が必要となる。

本書は、そのような近年流行している角交換系の振飛車の狙いや思想・考え方、序盤の基礎知識を初段前後の人にもわかりやすく解説した本である。

本書の場合、解説の難易度を下げるためにココセを指させるという手法は採っていない。プロも指している内容を、考え方を中心に上手く言語化している。難しい変化は「難しい」と言い切って、基本的な方針を示すにとどめている。

このやり方は成功していると思う。10年前なら考えられなかった「変な序盤」について、現在のプロがどういう思想で指しているのかすごく分かりやすい。イメージとしては、『最新戦法の話』(勝又清和,浅川書房,2007)と似た本だと思ってよいだろう。『最新戦法の話』よりは、(1)約3年分最新で、(2)やや対象棋力を下げてあり、(3)角交換系の振飛車に絞っている、という感じである。

本書の内容をザッと書き出しておこう。……レビューの続きを読む(2010Jul26)


羽生の頭脳(2) 振り飛車破り
zoom
将棋連盟文庫
羽生の頭脳(2) 振り飛車破り
個別ページへ
羽生善治
毎日コミュニケーションズ
ISBN:978-4-8399-3553-5
2010年5月
\1,155(5%税込)
448p/16cm

[総合評価]
B

難易度:★★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
<単行本版第3巻目次>
第1章 急戦・三間飛車破り ☆羽生の結論 急戦・三間飛車破り ▲3七桂早仕掛け
☆羽生の結論 急戦・三間飛車破り ▲3五歩早仕掛け
第1部 ▲3七桂早仕掛け
第2部 ▲3五歩早仕掛け
54p
第2章 急戦・先手三間飛車破り ☆羽生の結論 急戦・先手三間飛車破り
第1部 先手三間飛車VS△7三桂早仕掛け
第2部 先手三間飛車VS△7五歩早仕掛け
第3部 先手三間飛車VS△9五歩突き越し戦法
30p
第3章 急戦・中飛車破り ☆羽生の結論 急戦・中飛車破りその1
☆羽生の結論 急戦・中飛車破りその2
第1部 ▲3八飛戦法
 (1)中飛車側の対策その1 ▲3八飛に△4五歩
 (2)中飛車側の対策その2 ▲3八飛に△3一金
 (3)中飛車側の対策その3 ▲3八飛に△6四歩
第2部 ▲4六金戦法
第3部 先手中飛車に対する急戦
80p
第4章 実戦編 第1局 三間飛車破り ▲3七桂早仕掛け(対中田功四段戦)
第2局 三間飛車破り ▲3五歩早仕掛け(対安西勝一四段戦)
第3局 中飛車破り ▲3八飛戦法(対加藤一二三九段戦)
32p
<単行本版第4巻目次>
第1章 居飛車穴熊VS三間飛車 ☆羽生の選択 居飛車穴熊VS三間飛車
第1部 居飛車穴熊VS石田流
第2部 居飛車穴熊VS▲4五歩位取り
第3部 居飛車穴熊VS▲6七銀型
42p
第2章 居飛車穴熊VS四間飛車 ☆羽生の選択 居飛車穴熊VS四間飛車
第1部 居飛車穴熊VS▲5六銀型四間飛車
第2部 居飛車穴熊VS▲5六歩型四間飛車
第3部 居飛車穴熊VS四間飛車の△4五歩挑戦型
42p
第3章 居飛車穴熊VS中飛車 ☆羽生の選択 居飛車穴熊VS中飛車
第1部 居飛車穴熊VS▲4六銀型中飛車
第2部 居飛車穴熊VS風車戦法
18p
第4章 居飛車穴熊VS向い飛車 ☆羽生の選択 居飛車穴熊VS向い飛車
第1部 穴熊に組む展開
第2部 穴熊を捨てる展開
22p
第5章 左美濃VS三間飛車 ☆羽生の選択 左美濃VS三間飛車
第1部 △7三銀型左美濃VS先手三間飛車
第2部 四枚美濃VS先手三間飛車
20p
第6章 左美濃VS四間飛車 ☆羽生の選択 左美濃VS四間飛車
第1部 左美濃・▲4六銀戦法
第2部 四枚美濃VS先手四間飛車
32p
第7章 居飛車穴熊と左美濃・実戦編 第1局 居飛車穴熊VS三間飛車(対飯田弘之四段戦)
第2局 居飛車穴熊VS三間飛車(対剱持松二七段戦)
第3局 左美濃VS四間飛車(対谷川浩司王位戦)
第4局 左美濃VS四間飛車(対大山康晴十五世名人戦)
40p

◆内容紹介
将棋連盟文庫第一弾です。
「羽生の頭脳」シリーズは1992年の発売以来、将棋定跡書のバイブルとして版を重ねてきました。今回の文庫化は全10巻を5巻にまとめたもので、第2巻は
急戦三間飛車破り、急戦中飛車破り、左美濃と居飛車穴熊の定跡が収録されています。本シリーズは定跡書でありながら、羽生名人の将棋に対する考え方が分かりやすく書かれており、初級者から有段者まで幅広くお楽しみいただけます。

斜視概念図三間飛車vs急戦、ツノ銀中飛車vs急戦、振飛車vs左美濃・居飛車穴熊の定跡書。

==(以下、しばらく『羽生の頭脳(1) 四間飛車破り(文庫版)』とほぼ同じです==
羽生の頭脳」全10巻(1992〜1994)は、トップ棋士が書いた定跡書シリーズの金字塔である。代表的な戦型を網羅し、都合の良い変化を排除して公平に検討した。そのため、定跡が進化しても「基本は『羽生の頭脳』で覚えられる」とされ、異例のロングセラーを記録している。

本書は、シリーズの第3巻「急戦、中飛車・三間飛車破り」と第4巻「左美濃と居飛車穴熊」を合本し、文庫化したものである。

基本的に内容はオリジナル版とまったく同じ。右図のように前半がオリジナル3巻、後半がオリジナル4巻の内容になっている。2冊をそのまま貼り合せたような構成になっていて、4巻部分の目次は本体の真ん中にある

変化した点はわずかで、以下の2つくらい。
 (1)文庫化に合わせてフォントサイズ、盤面図が小さくなっている
 (2)文庫化用のまえがきの追加
==(ここまで)==

正直いって、この巻の有用性は微妙である。三間飛車vs急戦は使えるが、基本として覚えるには複雑で難しい。ツノ銀中飛車はほぼ絶滅状態。左美濃・居飛車穴熊は、藤井システム以降(1990年代後半以降)は組み方が完全に変わっている。本書をそのまま踏襲すれば、痛い目に遭う可能性が高い。

また、文庫版第1巻は四間飛車vs急戦を先手・後手まとめて一冊に収めているところに価値があったのに対し、本書は特に統一性がなく、やや雑多な感じになっていると思う。

良書は良書だが、オリジナル版も比較的安価で手に入るし、コンプリート目的でなければ無理に揃えなくてもいいかも。(2010Jun15)


振り飛車の極意
zoom
スーパー将棋講座
振り飛車の極意
鈴木流の秘術を身につけ、ライバルに差をつけよう
個別ページへ
鈴木大介
創元社
ISBN:978-4-422-75113-9
2009年5月
\1,260(5%税込)
208p/19cm
   
第1章 定跡編 ・ポイントゲットの角出
・升田流の妙角
・押さえこみをねらう金
・ねらいは端にあり
・リズミカルな突き捨て
ほか
 
第2章 実戦編 ・負担の駒をさばく
・3四の地点をねらえ
・間接的に受けよ
・弱点の桂頭攻め
・金なし将棋に受け手なし
ほか
 

・【付録】第2章実戦編の全棋譜

◆内容紹介
振り飛車をうまく指すには、この戦法ならではの鋭い大局観や柔軟な感覚が必要だ。本書はこの振り飛車に特有の感覚を養い、棋力を向上させる格好の手引き書。第1章「定跡編」、第2章「実戦編」として、基本から応用まで、勝つための手筋を幅広く紹介した。特に実戦を題材とした第2章は、プロの感覚が具体的にわかるのでアマチュアには必見である。それぞれの章ごとに出題した練習問題も充実させた。

 


杉本昌隆の振り飛車ナビゲーション
zoom
NHK将棋シリーズ
杉本昌隆の振り飛車ナビゲーション
個別ページへ
杉本昌隆
日本放送出版協会
ISBN:978-4-14-016170-8
2009年1月
\1,050(5%税込)
222p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★
  〜★★★

図面:見開き3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き
第1章 振り飛車の基本とコツ 基本・ナビ(1)まず、駒組みを覚えよう
基本・ナビ(2)左銀を使おう
コツ・ナビ(1)攻められた筋に飛車を振ろう
コツ・ナビ(2)さばきを覚えよう
コツ・ナビ(3)ためてからさばこう
76p
第2章 振り飛車の応用 ナビ(1)持久戦に対応しよう
ナビ(2)左美濃対策を考える
ナビ(3)居飛車穴熊破りの石田流
ナビ(4)居飛車穴熊破りの持久戦
40p
第3章 振り飛車の終盤 ナビ(1)囲いの弱点を見つけよう
ナビ(2)囲いの崩し方を覚えよう
ナビ(3)詰みの形を覚えよう
ナビ(4)攻防のテクニックで勝とう
54p
第4章 新しい相振り飛車 ナビ(1)相振り飛車を覚えよう
ナビ(2)十字飛車で勝とう
ナビ(3)相振り・対後手三間飛車
46p

・【コラム】序盤の心得/中盤の心得/終盤の心得

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
本書では、四間飛車を中心とした振り飛車の基本的な駒組みから中盤の考え方、終盤の寄せまで、振り飛車のエッセンスすべてを盛り込みました。初級・中級の方はもちろん、上級以上の方にも楽しんでいただける内容だと思います。
(中略)振り飛車の原点は「玉を固めて飛車角をさばく」こと。時代が変わってもこれは同じです。この「さばき」とは、居飛車の攻めを真正面から受け止めず、軽くかわして左辺から飛車角を活用させる感覚のこと。もちろん相手がある以上、簡単に決まるものではありませんが、この「さばき」をイメージしておくだけで、棋力が2段階くらいアップするはずです。

振り飛車のコツや考え方を解説した本。

初心者は最初に覚える戦法として、振り飛車(特に四間飛車)を教えられることが多い。教える側の立場としては、(1)序盤の駒組みが簡単で覚えやすい (2)上達して有段者になってもずっと使える、などの理由で、棒銀と並んで双璧の存在だ。

確かに四間飛車は駒組みは覚えやすい。しかし、基本的に「待ち」の戦法であるため、相手の出方によって対応を変えなければならないので、マスターまでの道のりは結構長い。初級者〜中級者くらいでは、「飛車を振って、美濃に囲って、あとは何となく指している」という方も多いのではないだろうか?

そういう方に「定跡を覚えなさい」というのは簡単だ。四間飛車は定跡がかなり整備されており、参考棋書も多い。暗記が得意な人には覚えやすい環境が整っている。半面、暗記が苦手な方(わたしも相当苦手です(汗))は「もっと覚えることが少なくならないだろうか」と考えるのは自然だろう。

本書は、振り飛車を指す初級者〜中級者を対象に、コツや考え方、方針といったところを中心に、定跡暗記に頼らずに振り飛車を指しこなせるように指南してくれる本である。

本書の内容は以下のとおり。(内容はわたしが適当にタイトル付けしました)……レビューの続きを読む(2009Sep29)


楽しく勝つ!! 力戦振り飛車
zoom
マイコミ将棋ブックス
楽しく勝つ!! 力戦振り飛車
個別ページへ
戸辺誠
毎日コミュニケーションズ
ISBN:978-4-8399-2934-3
2008年8月
\1,470(5%税込)
232p/19cm
   
第1章 気分爽快!! ゴキゲン中飛車 ・基本定跡
 ゴキゲン中飛車VS4八銀型
 ゴキゲン中飛車VS5八金右型
 ゴキゲン中飛車VS丸山ワクチン
 ゴキゲン中飛車VS4七銀型
・実戦編
 対川上猛六段戦(VS3七銀型)
 対田村康介六段戦(VS7八金型)
 対大平武洋五段戦(VS丸山ワクチン)
 対泉正樹七段戦(VS4七銀型)
 
第2章 理想を実現!! 最新の石田流 ・基本定跡
 石田流VS角交換型
 石田流VS棒金
 石田流VS穴熊
 石田流VS6四歩型持久戦
・実戦編
 対沼春雄六段戦(VS角交換型)
 対長岡裕也四段戦(VS角交換型)
 対大内延介九段戦(VS棒金)
 対伊奈祐介六段戦(VS持久戦)
 
第3章 中央突破!! 先手中飛車 ・基本定跡
 先手中飛車VS持久戦&角交換型
・実戦編
 対松本佳介五段戦(VS持久戦)
 対勝浦修九段戦(VS角交換型)
 

・【コラム】力戦振り飛車との出会い/力戦振り飛車の近況

◆内容紹介
本書はプロ棋士間でも研究家として評価の高い戸辺誠四段が、力戦振り飛車の戦い方を記した本です。戦型はゴキゲン中飛車と石田流、そして先手中飛車で、それぞれの基本定跡と実戦講座を載せています。読みやすい工夫として、実戦講座の冒頭は次の一手形式になっています。
いずれも積極的に攻めを狙う戦法なので、本書を読んでコツをつかめば、楽しく勝つことができるでしょう。

 


渡辺明の居飛車対振り飛車T 〜中飛車・三間飛車・向かい飛車編〜
zoom
NHK将棋シリーズ
渡辺明の居飛車対振り飛車T
〜中飛車・三間飛車・向かい飛車編〜
個別ページへ
渡辺明
日本放送出版協会
ISBN:978-4-14-016161-6
2008年2月
\1,050(5%税込)
215p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★☆
図面:見開き3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
※より詳しい内容は個別ページを参照
第1部 中飛車 第1章 急戦はなぜダメか
第2章 居飛車穴熊の猛威
第3章 ゴキゲン中飛車、居飛車穴熊を撃退
第4章 ゴキゲン中飛車超急戦型
第5章 丸山ワクチンの攻防
第6章 居飛車▲4七銀型の新対策
第7章 ゴキゲン中飛車の実戦
116p
第2部 三間飛車 第1章 急戦は難解
第2章 切り札は居飛車穴熊
第3章 升田式石田流の復活
56p
第3部 向かい飛車 第1章 向かい飛車の怖さ
第2章 向かい飛車の実戦
37p

◆内容紹介
将棋の戦型のなかで、居飛車対振り飛車は現在プロ・アマ問わず最も多く指されている戦型です。「ゴキゲン中飛車」や「居飛車穴熊」など人気の戦法の変遷をたどりながら、それぞれの戦法の特色と戦い方のコツを解説。

※2007年4月〜9月のNHK将棋講座をまとめたもの。

主に動く振飛車vs居飛車の戦いを解説した本。

ゴキゲン中飛車が登場して早10年。その流行は衰えを知らず、居飛車党の棋士までが後手番用の戦法として採用するようになった。ゴキゲン対策もさまざまなものが現れたが、棋書の出版が追いついておらず、特に二段〜四段クラス向けに分かりやすく書かれた本が不足しているのが現状だ。『最新戦法の話』(勝又清和,浅川書房,2007)や『最前線物語(2)』(深浦康市,浅川書房,2006)などに書かれている内容ではどうしても理解しきれない部分もあると思う。また、石田流も鈴木新手や棒金対策の発達により復活を遂げており、「角交換を想定した力戦振飛車」は全盛の時代にある。

本書はそんなゴキゲン中飛車をはじめとした「動く振飛車」を非常に分かりやすく解説している。……レビューの続きを読む(2008May26)


杉本昌隆の振り飛車破り
zoom
MYCOM将棋ブックス
杉本昌隆の振り飛車破り
個別ページへ
杉本昌隆
毎日コミュニケーションズ
ISBN:978-4-8399-2303-7
2007年2月
\1,470(5%税込)
240p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
有段者向き
※さらに詳しい内容紹介は個別ページ参照
対四間飛車編  第1章 対後手藤井システム 44p
第2章 対先手藤井システム 60p
第3章 5筋位取り 30p
第4章 ポンポン桂作戦 28p
対三間飛車編 第5章 先手三間対穴熊 22p
第6章 先手三間対銀冠 24p
第7章 山本流石田封じ 28p

・【コラム】圧倒的な大局観/柔軟な発想その1/柔軟な発想その2/指導将棋の難しさ/居飛車にするのは

◆内容紹介
本書は振り飛車党の棋士である杉本昌隆七段が、振り飛車の破り方を教える戦術書です。急所がわかりやすいように、振り飛車が良くなる変化は“振り飛車の視点”、居飛車の奥の手は“マル秘”としてまとめてあります。実戦での勝ちやすさにこだわって解説してありますので、本書を読んで振り飛車の戦いに強くなってください。

居飛車vs振飛車の戦型を解説した本。

著者の杉本は、(ほぼ)純粋振飛車党である。それなのになぜ「振飛車破り」の本なのか?杉本曰く、「振飛車の弱点を一番知っているのは振飛車党だから」だそうだ。というわけで、本書は「純粋振飛車党が書いた振飛車破りの本」である。

本書では、居飛車が有利になる変化と、振飛車が有利になる変化をハッキリ分けている。その中でも、特に振飛車側が優勢になる変化は「振り飛車の視点」、また細かい研究よりも分かりやすく実戦的な変化は「マル秘」として書かれている。ただし、解説自体はどちらか一方に肩入れしているわけではないし、プロの実戦や研究をベースにしているので「アマチュアなら通用します」というココセ本でもない。全体としてはかなり公平な視点で書かれていると思う。

各章の説明をしていこう。……レビューの続きを読む(2008Jun13)


振り飛車基本戦法
zoom
スーパー将棋講座
振り飛車基本戦法
上達したい人の教科書!
個別ページへ
高橋道雄
創元社
ISBN:4-422-75105-0
2006年5月
\1,260(5%税込)
222p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
初級〜中級向き
第1章 対原始棒銀 ・対原始棒銀のポイント
・▲四間飛車vs△居玉棒銀
30p
第2章 四間飛車戦法 ・四間飛車戦法のポイント
・▲四間飛車vs△6五歩早仕掛け
・▲四間飛車vs△左6四銀
・▲四間飛車6六銀型vs△左美濃
90p
第3章 三間飛車戦法 ・三間飛車戦法のポイント
・▲三間飛車vs△7三桂戦法
34p
第4章 中飛車戦法 ・中飛車戦法のポイント
・▲ツノ銀中飛車〜袖飛車vs△7二飛
32p
第5章 向かい飛車戦法 ・向飛車戦法のポイント
・▲7五歩早突き急戦向飛車
32p

◆内容紹介
振り飛車を指してみたいと思うすべての将棋ファンのために、著者が心を込めて書き下ろした一冊。他の振り飛車本と違い、読者が確実に上達することを念頭に置いた内容だ。他書にはない
対原始棒銀を筆頭に、振り飛車の基本である四間飛車を3パターン、そして三間飛車、中飛車、向かい飛車と、すべての振り飛車戦法を明快に解説した。居飛車が"押す"感覚なら、振り飛車は"動く"感じ。この大局観を養えるよう、急戦形での戦い方とさばきの本質を教示した。

振飛車の解説書。主に初級〜中級向けに振飛車のコツを解説。

各章とも、最初の2ページで全体的な流れをサッと紹介し、その後代表的な急戦定跡をなぞっていく。普通は岐れ(わかれ)の部分で解説を打ち切るところだが、本書の場合は投了まで解説する。細かい定跡手順よりも「振り飛車の勝ち方」を主眼に置いた解説になっている。

解説されている戦型は7つで、ほとんどはオーソドックスな居飛車急戦。定跡ベースの実戦譜解説7局という感じ。この時代に居飛穴を無視かよ…という残念ポイントはあるが、「定跡で“これにて振飛車良し”からの勝ち方が分からない」という人には参考になると思う。

個人的にはCかな…と思ったが、第1章で対居玉棒銀が載っているのはいい。居玉棒銀は中級タブクラス以下では結構指されていて、かなり猛威を振るっているのだが、本書以外では『インターネットで将棋を勝て!』(ネット駒音,双葉社,2000)くらいでしか見たことがない。それを評価してちょっと格上げしてみた。

ただ、同じ創元社から似たコンセプトで出版されている『振飛車戦法』(桐山清澄,1980)の方が全体的な出来はいいと思う。(2006Sep27)


将棋定跡最先端 振り飛車編
zoom
将棋定跡最先端 振り飛車編
個別ページへ
所司和晴
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-2013-3
2006年3月
\1,449(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:B
有段者向き
第1章 四間飛車 (1)左▲4六銀戦法
(2)▲4五歩早仕掛け
(3)居飛車穴熊 対 △4四銀型
(4)藤井システム 対 △4三金・3二金型
104p
第2章 中飛車 (1)ゴキゲン中飛車 対 ▲2五歩保留型
(2)先手角交換中飛車
50p
第3章 三間飛車 ▲居飛車穴熊 対 △5三銀型 32p
第4章 向かい飛車 ▲2五歩保留型 対 △5四歩・3三角型 24p
第5章 相振り飛車 ▲6七銀型向かい飛車 10p

◆内容紹介(MYCOMホームページより抜粋)
東大将棋ブックスを著した「定跡伝道師」こと所司和晴七段が最新研究を記した定跡書です。シリーズ完となる2巻目の本書は、振り飛車の戦いを取り上げています。結論が出つつある対四間飛車の急戦や、居飛車穴熊の戦い。またゴキゲン中飛車、三間飛車に加えて流行の相振り飛車も解説しています。タイトル戦などで現れた戦型を中心に、新しい変化や東大将棋ブックスの結論が変わったところを、ていねいに解説してあります。

振飛車(相振飛車含む)の定跡書。プロの最先端で戦われている戦型を詳しく解説。

基本的には前著の『将棋定跡最先端 居飛車編』と同様に、「東大将棋ブックスシリーズ」の補足と、新たに現れた変化の解説。ただし向飛車と相振飛車は東大シリーズにはなく、新規の内容。レイアウトは「東大〜」と少し変わって、見開きに図面4枚になっている。

感想は基本的に『居飛車編』とほとんど同じ。基礎講座や歴史講座はないので、「級位者お断り」だ。普段からプロ将棋をよく研究し、たくさんの定跡書を読みこなしている人にはピッタリの内容。東大シリーズを全巻そろえてる人なら“買い”、それ以外の人は“スルー”でもいいかと思う。

賞味期限が短そうなので、お早めに。(2007Jun13)


新・振り飛車党宣言!(2) 新・振り飛車党宣言!(2)
三間・四間・ゴキゲン中飛車
個別ページへ
千葉幸生
横山泰明
佐藤和俊
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1947-X
2005年12月
\1,365(5%税込)
224p/19cm
   
第1章 定跡研究編 (1)▲居飛車穴熊vs△四間飛車(千葉)
(2)▲四間飛車vs△居飛車穴熊(千葉)
(3)藤井システム▲4六歩型(横山)
(4)△ゴキゲン中飛車vs▲4七銀型(横山)
(5)△三間飛車vs▲急戦(佐藤)
(6)△三間飛車vs▲居飛車穴熊(佐藤)
 
第2章 実戦編 【千葉】(1)▲5八飛型の熱戦譜 (2)一直線のさばき合い
【横山】(3)緊張したデビュー戦 (4)ゴキゲン中飛車の熱戦
【佐藤】(5)△急戦を迎え撃つ (6)△3二金型石田流
 
第3章 次の一手編 ・次の一手問題=12問(千葉=4問,横山=4問,佐藤=4問)  
第4章 振り飛車熱戦譜    

◆内容紹介(MYCOMホームページより抜粋)
「新・振り飛車党宣言!」シリーズ第2巻目は、講師に千葉幸生五段、横山泰明四段、佐藤和俊四段を迎え、三間飛車、四間飛車、ゴキゲン中飛車の戦いを解説しました。現代の居飛車党は振り飛車の形によって、急戦と持久戦を使い分けてきます。しかし振り飛車の戦い方も進化し続け、陣形をスキなく構えれば急戦だろうと居飛穴だろうと十分戦えることがわかってきました。若手精鋭棋士の研究と実戦から、振り飛車の極意を吸収してほしいと思います。
また第4章振り飛車熱戦譜ではスペースが許す限りの解説を加えましたので、振り飛車党の血が通った棋譜をぜひ盤に並べて味わってください。

 


久保利明のさばきの極意
zoom
NHK将棋シリーズ
久保利明のさばきの極意
個別ページへ
久保利明
日本放送出版協会
ISBN:4-14-016136-1
2005年9月
\1,050(5%税込)
222p/19cm
   
1章 さばく四間飛車
2章 さばく三間飛車
3章 さばく中飛車
4章 さばく相振り飛車

◆内容紹介(NHK出版HPより)
独特の軽いさばきを持ち味にする著者が極意を説く。
華麗なさばきの第一人者と知られる久保八段が、その極意に触れながら、軽快な振り飛車を指しこなすためのコツや実戦で応用が利くさまざまな手筋を伝授。各章ごとに定跡を解説し、参考棋譜を掲載。
 


加藤の振り飛車破り 決定版 パワーアップシリーズ
加藤の振り飛車破り 決定版
個別ページへ
加藤一二三
日本将棋連盟
ISBN:4-8197-0380-3
2005年3月
\1,365(5%税込)
231p/19cm
   
a-sakaさん、内容補足thx!
第1章 対四間飛車・5筋位取り戦法 (1)基本の戦い方 
(2)実戦解説(対大山十段戦)
(3)実戦解説(対大山十段戦)
(4)実戦解説(対大山王将戦)
36p
第2章 対四間飛車・矢倉戦法 (1)基本の戦い方(対大山棋聖戦) 
(2)実戦解説(対大山棋聖戦)
(3)実戦解説(対大山棋聖戦)
(4)実戦解説(対大山十五世名人戦)
46p
第3章 対四間飛車・棒銀戦法 (1)▲1五銀捨て型
(2)▲4五歩-△4三金型
(3)強防の△4二金型
(4)まれな△5三金型
(5)攻めの△6五歩型
56p
第4章 先手四間飛車戦法 (1)先手四間飛車から袖飛車へ
(2)先手四間飛車対棒銀
18p
第5章 対藤井システム急戦策 (1)藤井流穴熊攻略法(藤井流攻略法)
(2)▲5七銀〜▲3五歩の仕掛け
22p
第6章 対中飛車戦法
(対ゴキゲン中飛車)
(1)基本の戦い方
(2)ゴキゲン中飛車戦法の戦い
(3)ゴキゲン中飛車撃破
28p
補章 とっておきの作戦 (1)対四間飛車・5筋位取り戦法
(2)対先手中飛車・△6四金戦法
(3)対先手四間飛車・△6四銀型
(4)対四間飛車・▲4五歩型
(5)対四間飛車穴熊・速攻
(6)居飛車穴熊▲6六銀型
(7)力戦中飛車(1)
(8)力戦中飛車(2)
17p

◆内容紹介
四間飛車に対する「5筋位取り戦法」「矢倉戦法」「棒銀戦法」をはじめとして、バラエティーに富む振り飛車破りを解説。いずれも加藤九段十八番の戦法ばかりだ。この他に「藤井システム」「ゴキゲン中飛車」など最新振り飛車の対策も加え、著者が自信を持ってお贈りする。加藤流振り飛車破りの集大成と言える新しい定跡書。

 


振り飛車破りユニーク戦法
zoom
スーパー将棋講座
振り飛車破りユニーク戦法
独特の急戦7戦法で振り飛車を撃破!
個別ページへ
田丸昇
創元社
ISBN:4-422-75098-4
2005年2月
\1,260(5%税込)
222p/19cm
[総合評価]
B
難易度:★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜上級向き
第1章 《対四間飛車》 腰掛け銀
・右四間飛車戦法
【飛先不突き・舟囲い型右四間飛車】
基本変化/後手の対策(△1二香−△2四角)
/実戦編
28p
第2章 クラシック戦法 ポンポン桂(富沢キック)/4六銀-3七桂型
/△5一角の変化/△6四歩の変化
36p
第3章 5筋位取り戦法(急戦型) △4五同歩/△5四歩/後手の対策△4一飛 42p
第4章 5筋位取り戦法(持久戦型) 基本変化/実戦編 34p
第5章 相振り飛車・左玉戦法 高田流 20p
第6章 穴熊破り地下鉄飛車戦法   22p
第7章 《対三間飛車》 4筋超急戦戦法 基本変化/実戦編 36p

◆内容紹介(表紙より)
手をかけずに攻めこむ超急戦戦法、相手が驚く型破り戦法、あまり知られていない本格戦法など、7戦法を紹介。一気に攻めこむ急戦策で、将棋のおもしろさを満喫する。

振飛車破りの定跡書。主に対四間飛車を解説。

本書に載っているのは、四間飛車破り6つと三間飛車破り1つ。タイトルに「ユニーク戦法」とあるが、奇襲や奇謀ではない。右四間飛車や5筋位取りは、主流ではないがフツウに有力な戦法。また第2章“クラシック戦法”は「ポンポン桂」と「4六銀-3七桂-2六飛」の両対応。第7章の対三間飛車急戦は、普通の3七桂戦法よりも早く▲4五歩と仕掛けてしまうもの。これらは局面が絞られるため、プロで使いづらいが、アマが主力として使うには十分有力だ。

一方、第5章「左玉」や第6章「地下鉄飛車」はかなりユニーク。「左玉」は“高田流相振飛車”でもあり、『高田流新感覚振り飛車破り』(高田尚平,2000)に詳しい。「地下鉄飛車」は振飛車穴熊を端から直撃する戦法で、1980年ごろに流行った。『チャート式穴熊破り』(西村一義編,1980)『四間飛車を破れ・下巻』(石田和雄,1980)を参照すべし。いずれも他戦法に類を見ない駒組で、ユニークさはトップクラス(笑)。

各章とも、狙いが上手くはまった変化から始まり、振飛車側の修正案をいくつか検討。田丸の実戦付きの章もある(残念ながら総譜ではない)。5筋位取りで谷川に勝った将棋はぜひ見てほしい(笑)。どの章も最終的には「先手十分」の結果になる。一冊に7戦型を詰め込んでいるので、それぞれの解説はあまり深くはないが、ある程度の概要は十分つかめる解説量だと思う。

本書全体が“クラシック”な感じもあるが、「他書にあまり載ってない急戦が勢ぞろい」なのは魅力的。(2006Jul13)


振り飛車ワールド '04
第四巻
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1541-5
2004年7月
\1,365(5%税込)
224p/19cm
   
第1章 【インタビュー】対振り飛車急戦のススメ(木村一基七段)  
第2章 【指定局面戦】
(所司一門の宮田敦史、渡辺明、松尾歩で4局)
【特選指定局面戦】2局
 
第3章 【振飛車党列伝】武市三郎六段(文・湯川博士)  
第4章 【講座】どんどん攻める石田流(鈴木大介)  
第5章 【自戦記】さばきの極意(久保利明、1局)  
第6章 【エッセイ】あじあじの振り飛車日記(安食総子)
ばんかなのブレイクタイム(坂東香菜子)
 
第7章 【講座】後手△5二金左型藤井システム(千葉幸生)  
第8章 【講座】符号で見る振り飛車の手筋(石川陽生)  
第9章 【読み物】定跡信ずべし、信ずべからず(編集部特捜班)  

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
好評シリーズ「振り飛車ワールド」の2004年第4弾。アマに人気の振り飛車にテーマを絞り、対局、講座、自戦記、読み物など盛り沢山の内容です。プロの最新振り飛車研究を知ることが出来る一冊です。

 


振り飛車ワールド'04 第三巻 振り飛車ワールド '04
第三巻
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1487-7
2004年5月
\1,365(税込)
224p/19cm
   
第1章 【インタビュー】勝負へのこだわり(三浦弘行八段)  
第2章 【指定局面戦】ゴキゲン中飛車超急戦
(所司一門の宮田敦史、渡辺明、松尾歩で4局)
【特選指定局面戦】藤井システム△3二銀型
 
第3章 【振飛車党列伝】真部一男八段(文・湯川博士)  
第4章 【講座】どんどん攻める石田流(鈴木大介)  
第5章 【自戦記】さばきの極意(久保利明、1局)  
第6章 【エッセイ】あじあじの振り飛車日記(安食総子)
ばんかなのブレイクタイム(坂東香菜子)
 
第7章 【講座】熊せて戦う四間飛車3(千葉幸生)  
第8章 【講座】符号で見る振り飛車の手筋(石川陽生)  
第9章 【読み物】定跡信ずべし、信ずべからず(編集部特捜班)  

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
振り飛車をの最新情報から読み物まで、雑誌感覚でまとめた異色のシリーズ。今回の巻頭インタビューは三浦弘行八段。戦法へのこだわり、兄弟子・藤井との修業時代、千日手やミレニアムのことなど、勝負への一途な思いを語る。また、人気企画「所司一門のガチンコ指定局面戦」では、テーマ戦型「ゴキゲン中飛車超急戦」に加えて、特選指定局面としてタイトル戦で登場した「藤井システム△3二銀型」の局面を取り上げ、若手3棋士が熱いバトルを繰り広げる。久保・鈴木両八段の講座、安食・坂東両女流のエッセイも好評連載。

 


振り飛車破り超急戦ガイド
zoom
パワーアップシリーズ
振り飛車破り超急戦ガイド
個別ページへ
深浦康市
日本将棋連盟
ISBN:4-8197-0374-9
2003年3月
\1,300
334p/19cm
   
第1章 対三間飛車 基本図までの指し手
△8二玉型三間に対する超急戦
ほか
 
第2章 対四間飛車 △4三銀‐△4一金型四間に対する超急戦
△3二銀‐△5二金左型四間に対する超急戦
ほか
 
第3章 対中飛車 居飛車▲5八金右からの超急戦  
第4章 終盤の戦い方 強気な応手で優位拡大―終盤1‐対三間飛車1
実戦に学ぶ攻守のバランス―終盤2‐対三間飛車2
ほか
 

◆内容紹介
本書は三間飛車、四間飛車、中飛車を超急戦で破ってしまおう、という画期的な発想で企画された。開戦してから速攻の連続で勝ってしまう。プロの公式戦を元にしているので手順は保証済み。70〜80手で終局するので面倒な手順を覚えなくてよく、先手番のスピートを最大限に生かしている。さらに従来の本になかった“終盤編”を用意した。『これにて良し』から勝ち切れない局面の何と多いことか。“終盤編”では相手玉を詰ますところまでを解説しているので、勝利へのナビゲーターとして大いに活用していただきたい。

 


振り飛車ワールド'04 第ニ巻 振り飛車ワールド '04
第二巻
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1447-8
2004年3月
\1,300
224p/19cm
   
第1章 【インタビュー】名人から見た振り飛車(中原誠永世十段)  
第2章 【指定局面戦】△四間飛車vs▲居飛車穴熊
(所司一門の宮田敦史、渡辺明、松尾歩で4局)
【特選指定局面戦】対藤井システム急戦形
 
第3章 【振飛車党列伝】中田功六段(文・湯川博士)  
第4章 【講座】どんどん攻める石田流(鈴木大介)  
第5章 【自戦記】さばきの極意(久保利明、1局)  
第6章 【エッセイ】あじあじの振り飛車日記(安食総子)
ばんかなのブレイクタイム(坂東香菜子)
 
第7章 【講座】後手番右銀急戦の攻防(千葉幸生)  
第8章 【講座】符号で見る振り飛車の手筋(石川陽生)  
第9章 【読み物】定跡信ずべし、信ずべからず(編集部特捜班)  

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
振り飛車をの最新情報から読み物まで、雑誌感覚でまとめた異色のシリーズ。今回の巻頭インタビューは中原誠永世十段。対振り飛車戦への魅力、大山十五世名人から受け継いだもの、将棋の作りや上達の過程など、一流棋士ならではのメッセージを伝える。また、人気企画「所司一門のガチンコ指定局面戦」では、テーマ戦型「居飛車穴熊」に加えて、特選指定局面としてタイトル戦で登場した「対藤井システム急戦形」の局面を取り上げ、若手3棋士が熱いバトルを繰り広げる。

 


最強力戦振り飛車マニュアル
zoom
最強力戦振り飛車マニュアル
個別ページへ
鈴木大介
日本将棋連盟
ISBN:4-8197-0373-0
2004年2月
\1,500
223p/21cm
   
第1章 角交換型
力戦中飛車
初手先手5六歩の中飛車
後手2二同玉には自陣角
ほか
 
第2章 筋違い角
力戦四間飛車
一歩を得て四間飛車に
歩交換を許さない
ほか
 
第3章 穴熊攻略
力戦三間飛車
打倒!居飛車穴熊
狙いは飛車先交換
ほか
 
第4章 超攻撃型
力戦向かい飛車
力戦中飛車と表裏一体
“素抜き”の代表例
ほか
 

◆内容紹介(日本将棋連盟HPより)
飛車角を豪快にさばき、攻めまくる。破壊力抜群の大介流力戦振り飛車。その最強の戦い方を解説した、振飛車党にはたまらない最新ガイド。

 


振り飛車ワールド'04 第一巻
zoom
振り飛車ワールド '04
第一巻
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1374-9
2004年1月
\1,300
224p/19cm
   
第1章 【インタビュー】急戦将棋への魅力(青野照市九段)  
第2章 【指定局面戦】△四間飛車vs▲居飛車穴熊
(所司一門の宮田敦史、渡辺明、松尾歩で4局)
【特選指定局面戦】4五歩早仕掛け
 
第3章 【振飛車党列伝】飯野健二七段(文・湯川博士)  
第4章 【講座】どんどん攻める石田流(鈴木大介)  
第5章 【自戦記】さばきの極意(久保利明、1局)  
第6章 【エッセイ】あじあじの振り飛車日記(安食総子)
ばんかなのブレイクタイム(坂東香菜子)
振り飛車の恋人たち(居飛車党の相振り飛車講座)(西村詩)
 
第7章 【講座】熊せて戦う四間飛車 2(千葉幸生)  
第8章 【講座】符号で見る振り飛車の手筋(石川陽生)  
第9章 【読み物】定跡信ずべし、信ずべからず(編集部特捜班)  

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
振り飛車の最新情報から読み物まで、雑誌感覚でまとめた異色のシリーズは、'04第一巻として装いを新たに刊行。今回の巻頭インタビューはA級棋士、青野照市九段。対振り飛車急戦への魅力、修行時代と現在、プロとして魅せることなど、一流棋士ならではのメッセージを伝える。また、人気企画「所司一門のガチンコ指定局面戦」では、テーマ戦型「居飛車穴熊」に加えて、特選指定局面としてタイトル戦で登場した「4五歩早仕掛け」の局面を取り上げ、若手3棋士が熱いバトルを繰り広げる。

 



zoom
振り飛車ワールド
第六巻
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1289-0
2003年11月
\1,300
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★☆
 〜★★★★☆

図面:見開き0〜6枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
中級〜有段向き
第1章 【インタビュー】光速の寄せの原点は振り飛車(谷川浩司王位) 20p
第2章 【指定局面戦】△四間飛車vs▲ミレニアム
(所司一門の宮田敦史、渡辺明、松尾歩で6局)
98p
第3章 【振飛車党列伝】櫛田陽一六段(文・湯川博士) 18p
第4章 【講座】どんどん攻める石田流(鈴木大介)
・石田流持久戦型
16p
第5章 【自戦記】さばきの極意(久保利明、1局) 10p
第6章 【エッセイ】あじあじの振り飛車日記(安食総子)
ばんかなのブレイクタイム(坂東香菜子)
振り飛車の恋人たち(居飛車党の相振り飛車講座)(西村詩)
12p
第7章 【講座】▲藤井システムの現在、△藤井システムの現在(千葉幸生) 16p
第8章 【講座】符号で見る振り飛車の手筋(石川陽生)
(9八飛、銀冠での2九飛、8八飛、7八飛、6八飛、6九飛、4八飛、3八飛、2八飛)
16p
第9章 【読み物】定跡信ずべし、信ずべからず
ミレニアムの崩し方(編集部特捜班)
9p

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
振り飛車をの最新情報から読み物まで、雑誌感覚でまとめた異色のシリーズは、好評に付き早くも第六巻の刊行を迎えた。今回の巻頭インタビューは谷川浩司王位。「光速の寄せ」の原点となった振り飛車への思いを披露してくれている。また、人気企画「所司一門のガチンコ指定局面戦」では、「ミレニアム」に焦点を当て、若手3棋士が熱い戦いを繰り広げる。

(どのジャンルに入れていいか分からないので、とりあえずここに置いておきます)
振飛車党のファンブック、第6弾。単体では単行本にならないようなものを、寄せ鍋風に集めて一冊にまとめてある。
今回の巻頭インタビューは、ついに超一流棋士の谷川浩司王位(発行当時)が登場。もともとは振飛車党で、現在は後手番ではときどき振飛車を指している。これまでの純粋振飛車党とは違う、オールラウンダーならではの考えが聞ける。

指定局面戦は、△四間飛車vs▲ミレニアム。『四間飛車道場 第一巻 ミレニアム(2001)などで取り上げられている形。藤井システムへの有効な対策として2000年ごろから流行し始め、アマでは今も猛威を振るっている。千日手になりやすいため、先手番ではつまらないと現在プロではやや下火になっているが、結論が出ているわけではない。今回のテーマ図はやや漠然としていて、地下鉄飛車への切り替えもできたりする。わたしはあまりミレニアムを指さないので興味が薄いが、必要な人はしっかり並べておくべし。なお、第9章が“ミレニアム崩し”なので、ちょっとしたミレニアム特集号となっている。対ミレニアムの書籍はまだまだ少ないので、特に四間飛車党は必見。

第5巻で新設された、第8章の“符号で見る振飛車の手筋”は、今回は飛車の手筋。かなり多くの手筋にふれているため、逆にちょっと内容が薄くなってしまっている。

このシリーズもついに6巻目。未年(ひつじどし)の2003年を通して、2ヶ月に1冊のペースで刊行されてきた。すっかりおなじみとなった(?)表紙の羊キャラもこれでお別れ。この羊君の名前も分からないままだったが、また12年後戻ってきてくれることを期待しよう(笑)。…ホントにそうなったらスゴイな。(2004Mar03)


加藤流振り飛車撃破 プロの将棋シリーズ(6)
加藤流振り飛車撃破
個別ページへ
加藤一二三
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1236-X
2003年9月
\1,300
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
上級〜有段向き
第1章 四間飛車対銀捨て型 (1)四間飛車対銀捨て型
(2)四間飛車対▲9五歩型
20p
第2章 四間飛車△1四歩型   20p
第3章 四間飛車△4二金型   22p
第4章 四間飛車の穴熊 (1)△四間飛車の穴熊
(2)▲四間飛車の穴熊
30p
第5章 四間飛車の△4五歩型   8p
第6章 向かい飛車対棒銀   16p
第7章 中飛車対▲3八飛型   10p
第8章 実戦編(7局) (1)vs櫛田陽一,▲四間飛車vs△棒銀,1999.10.18
(2)vs室岡克彦,△四間飛車vs▲棒銀,1999.11.05
(3)vs大山康晴,▲四間飛車vs△棒銀,1987.11.29
(4)vs谷川浩司,△三間飛車vs▲棒銀,2000.02.14
(5)vs大山康晴,△四間飛車4一金型,1982.03.15
(6)vs中原誠,△四間飛車vs▲棒銀,2000.03.02
83p

・【付録】対振り飛車熱闘譜=5局(解説なし)

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
名人をはじめ数多くのタイトルを獲得した加藤九段が、独自の振り飛車撃破法を講義する。対四間飛車をはじめ、向かい飛車や中飛車への対策もばっちりだ。
「この度、基本定跡と新定跡を解説し、自戦記もおり込んだ本の依頼を受けて、私は張り切って取り組んだ。私の将棋の特徴は、力強さにある。私が勝った名局は、非常に力強さを感じるので「加藤流振り飛車撃破」を題名とした。私は対振り飛車戦で、最近でも新手を見つけて勝っているが、これは大変嬉しい事である。」

加藤流の振飛車破りをまとめた定跡書。

加藤は振飛車に対して急戦で挑むことが多く、数多くの優れた定跡を残している。本書は対四間飛車を中心として、急戦向飛車対策とツノ銀中飛車対策を紹介していく。

各章の内容を簡単に説明していこう。……レビューの続きを読む(2010Feb01)



zoom
振り飛車ワールド
第五巻
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1234-3
2003年9月
\1,300
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★☆
 〜★★★★☆

図面:見開き0〜6枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
中級〜有段向き
第1章 【インタビュー】さばきへのこだわり(久保利明) 20p
第2章 【指定局面戦】△四間飛車vs▲右4六銀
(所司一門の宮田敦史、渡辺明、松尾歩で6局)
総評:所司和晴
96p
第3章 【振飛車党列伝】大内延介九段(文・湯川博士) 16p
第4章 【講座】どんどん攻める石田流(鈴木大介)
・角交換型の中盤戦▲7七銀型(2)
15p
第5章 【自戦記】さばきの極意(久保利明、1局、▲藤井システム) 12p
第6章 【エッセイ】あじあじの振り飛車日記(安食総子)
ばんかなのブレイクタイム(坂東香菜子)
振り飛車の恋人たち(居飛車党の相振り飛車講座)(西村詩)
14p
第7章 【講座】準急戦の対策(△左6四銀の準急戦|▲右4六銀の準急戦)(千葉幸生) 16p
第8章 【講座】符号で見る振り飛車の手筋(石川陽生)
(6五歩,9七桂,9七角,4六桂,2六桂,2六香)
16p
第9章 【読み物】定跡信ずべし、信ずべからず
大山流振り飛車の隠れた名局(編集部特捜班)
10p

◆内容紹介
振り飛車をの最新情報から読み物まで、雑誌感覚でまとめた異色のシリーズは、好評に付き早くも第五巻の刊行を迎えた。今回の巻頭インタビューは新A級棋士、久保利明八段。「さばき」へのこだわりが生んだ独特の振り飛車観を余すところなく披露してくれている。また、人気企画「所司一門のガチンコ指定局面戦」では、今期の名人戦でも登場した注目の戦形「右4六銀」に焦点を当て、若手3棋士のディープな研究を満喫できる。

(どのジャンルに入れていいか分からないので、とりあえずここに置いておきます)
振飛車党のファンブック、第5弾。単体では単行本にならないようなものを、寄せ鍋風に集めて一冊にまとめてある。

今回の巻頭インタビューは、“A級振飛車党御三家”の最後の一人、久保利明八段。同じ振飛車党でも、第四巻の鈴木とは全く違うタイプ。3人の中ではもっとも捌きが上手いといわれている。久保・鈴木・藤井の3人の考え方の違いは、振飛車党なら必ずチェックしておきたい。

今回の指定局面戦は、△四間飛車vs▲4六銀。『四間飛車道場 第二巻 右4六銀』などで取り上げられている形。古くからある戦型だが、藤井システムが流行したために復活した戦法だ。特に『四間飛車道場 第二巻』で取り上げられた“箱入り娘”の形が、初めて実戦譜として単行本に収められている。第7章の千葉講座も右4六銀なので、合わせて比較検討しよう。なお、指定局面戦の第1局は、なぜか本文と図面がずれまくっている。今までの巻ではこんなことはなかったのだが…。第2局〜第6局は大丈夫。

本書では8章が新装された。振飛車の棋譜によく出てくる指し手を解説したもので、中級者向け。企画・発想は面白く、もっと詳しく解説すればこれだけで一冊の単行本にできそうだ。

第9章は、今回は大山将棋の実戦解説。もう全然定跡の話じゃなくなっているので、タイトルを再考してもらいたい。(2004Jan17)



zoom
振り飛車ワールド
第四巻
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1155-X
2003年7月
\1,300
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★☆
 〜★★★★☆

図面:見開き0〜6枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
中級〜有段向き
第1章 【インタビュー】振り飛車は職人芸(鈴木大介八段) 20p
第2章 【指定局面戦】▲棒銀vs△四間飛車
(所司一門の宮田敦史、渡辺明、松尾歩で6局)
総評:所司和晴
ミニ講座:下村流・ゴキゲン中飛車対策(下村康史)
96p
第3章 【振飛車党列伝】加瀬純一六段(文・湯川博士) 16p
第4章 【講座】どんどん攻める石田流(鈴木大介)
・角交換型の中盤戦▲7七銀型
15p
第5章 【自戦記】さばきの極意(久保利明、1局、▲右4六銀vs△四間飛車3ニ金型) 10p
第6章 【エッセイ】あじあじの振り飛車日記(安食総子)
ばんかなのブレイクタイム(坂東香菜子)
振り飛車退治の名手(森下が対振飛車で強いのはなぜ?)(斎藤哲男)
14p
第7章 【講座】二つの右銀急戦
(▲四間飛車vs△右6四銀、△藤井システムvs▲3五歩早仕掛け)(千葉幸生)
16p
第8章 【講座】終盤のテクニック(佐々木慎)〔自戦記を題材〕 16p
第9章 【読み物】〔というより定跡進化の講座〕
相振飛車戦での新格言(編集部特捜班)
10p

◆内容紹介
アマチュアに人気の振り飛車にポイントを絞った異色のシリーズ。松尾歩五段、渡辺明五段、宮田敦史四段による「所司一門のガチンコ指定局面戦」をはじめ、鈴木大介八段インタビュー「振り飛車は職人芸」、久保利明八段自戦記「さばきの極意」、鈴木大介八段講座「どんどん攻める石田流」、湯川博士の「振り飛車党列伝」など実戦、講座、読み物など振り飛車情報満載の一冊です。

(どのジャンルに入れていいか分からないので、とりあえずここに置いておきます)
振飛車党のファンブック、第4弾。単体では単行本にならないようなものを、寄せ鍋風に集めて一冊にまとめてある。

今回の巻頭インタビューは、“A級振飛車党御三家”の一人、鈴木大介八段。豪腕タイプの純粋振飛車党で、将棋を覚えてからずっと振飛車党というのにはビックリ。今期のA級順位戦もここまでなかなかの好成績で、今後も期待したい。

今回の指定局面戦は、△四間飛車vs先手棒銀。『四間飛車道場 第五巻 棒銀』などで取り上げられている形。ただしこの戦型は変化が非常に多いためか、3種類の指定局面のうち、2つが中盤のかなり進んだ局面となっている。(そのうち1つは私も実戦で四間側を持ったことのある形で、どのように指すのか非常に興味深く読んだのだが、わたしの指した手には全く触れられていませんでした(^-^;A)いずれの変化もかなり難解ということだった。ちなみに、今年(2003年)の王座戦で挑戦者となった渡辺五段が4連敗したのは意外。

この第四巻は、個人的にはいままでの巻よりもやや興味が薄かった。棒銀と右4六銀はほとんどやらないもんですから…(^-^; もちろん、棒銀党は必見です。(2003Dec10)



zoom
振り飛車ワールド
第三巻
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1110-X
2003年5月
\1,300
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★☆
 〜★★★★☆

図面:見開き0〜6枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
中級〜有段向き
第1章 【インタビュー】棒銀から見た振り飛車の世界(加藤一二三) 20p
第2章 【指定局面戦】△3ニ銀-1二香型四間飛車への急戦
(所司一門の宮田敦史、渡辺明、松尾歩で6局)
総評:所司和晴
96p
第3章 【振飛車党列伝】西村一義(文・湯川博士) 16p
第4章 【講座】どんどん攻める石田流(鈴木大介)
・角交換型の中盤戦▲7七桂型
15p
第5章 【自戦記】さばきの極意(久保利明、1局、△ゴキゲン中飛車) 12p
第6章 【エッセイ】あじあじの振り飛車日記(安食総子)
ばんかなのブレイクタイム(坂東香菜子)
振り飛車の恋人たち(振飛車の囲いについて)(斎藤哲男)
14p
第7章 【講座】△玉頭銀の是非(千葉幸生) 16p
第8章 【講座】終盤のテクニック(佐々木慎)〔自戦記を題材〕 16p
第9章 【読み物】〔というより定跡進化の講座〕
対抗形での“勝てない形”について(編集部特捜班)
10p

◆内容紹介
アマチュアに人気の振り飛車にポイントを絞った異色のシリーズ。松尾歩五段、渡辺明五段、宮田敦史四段による「所司一門のガチンコ指定局面戦」をはじめ、加藤一二三九段インタビュー「棒銀から見た振り飛車の世界」、久保利明八段自戦記「さばきの極意」、鈴木大介八段講座「どんどん攻める石田流」、湯川博士の「振り飛車党列伝」など実戦、講座、読み物など振り飛車情報満載の一冊です。

(どのジャンルに入れていいか分からないので、とりあえずここに置いておきます)
振飛車党のファンブック。単体では単行本にならないようなものを、寄せ鍋風に集めて一冊にまとめてある。

このシリーズも3冊目だが、今回はいい意味で度肝を抜かれた。巻頭インタビューが、なんと加藤一二三九段。ほとんど(一度も?)飛車を振ったことがない、バリバリの純粋居飛車党である。読む前は「早くもネタ切れか?」などと思ったが、読んでみると、居飛車党から見た振飛車の世界が率直に述べられていて、非常に興味深かった。

今回も注目は、第2章の指定局面戦。『四間飛車道場 第六巻 最強1二香』で取り上げられている形で、右図が指定局面となる。△6四歩を突かず、△3ニ銀-1二香型で待機しているのが特徴で、居飛車急戦でもっとも攻略しにくい形と言われている。右図から(1)4六歩、(2)3八飛4三銀3五歩△同歩▲4六銀4五歩3三角成△同桂▲3五銀2五桂3四歩3ニ飛の鷺宮定跡、(3)6六歩6四歩9七角、の3種類を所司一門の若手が2局ずつ指している。なお、今回はコンピュータ対決はなくなっている。

6局が指されてみて、「やはり居飛車容易でない」というのが今回の総評となった。ただし、結果そのものは振飛車の1勝5敗。持ち時間30分の早指しということもあるが、「居飛車容易ではないが、振飛車も形が崩れやすく、実戦的には大変」という感じか。もっとも、わたしもこの形になることは最近少なく、よく分からない(^-^;

第7章の「玉頭銀の是非」も一応読んでおきたい。玉頭銀は有力な作戦で、アマの使い手が多いにもかかわらず、きちんと研究されている定跡書はあまりない。本書第7章もわずか16pではあるが、『四間飛車道場 第四巻』よりはずっと詳しい。

第三巻まで来ると、これからも続けて買う人と買うのをやめる人が分かれてきそうだ。わたしは第三巻から図書館に切り替えました。(2003Nov22)



zoom
振り飛車ワールド
第二巻
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1006-5
2003年3月
\1,300
221p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★☆
 〜★★★★☆

図面:見開き0〜6枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
中級〜有段向き
第1章 【インタビュー】振り飛車に魅せられて(斎田晴子) 20p
第2章 【指定局面戦】▲左4六銀vs四間飛車
(所司一門の宮田敦史、渡辺明、松尾歩で6局)
番外編:PCソフト「激指2」vs「東大将棋5」
96p
第3章 【振飛車党列伝】山口英夫(文・湯川博士) 16p
第4章 【講座】どんどん攻める石田流(鈴木大介)
・角交換▲7七桂型
15p
第5章 【自戦記】さばきの極意(久保利明、1局) 12p
第6章 【エッセイ】あじあじの振り飛車日記(安食総子)
ばんかなのブレイクタイム(坂東香菜子)
対局室の振り飛車革命児〔藤井猛について〕(斎藤哲男)
14p
第7章 【講座】新・棒銀封じ(千葉幸生)
・▲四間飛車vs△棒銀での▲5七金と▲7八銀(出戻り銀)
16p
第8章 【講座】終盤のテクニック(佐々木慎)〔自戦記を題材〕 16p
第9章 【読み物】〔というより定跡進化の講座〕
角交換四間飛車|角交換中飛車|▲7八金型四間飛車(編集部特捜班)
10p

◆内容紹介
アマチュアに人気の振り飛車にポイントを絞った異色のシリーズ。松尾歩五段、渡辺明四段、宮田敦史四段による「所司一門のガチンコ指定局面戦」をはじめ、斎田晴子女流四段インタビュー「振り飛車に魅せられて」、久保利明七段自戦記「さばきの極意」、鈴木大介七段講座「どんどん攻める石田流」、湯川博士の「振り飛車党列伝」など実戦、講座、読み物など振り飛車情報満載の一冊です。

(どのジャンルに入れていいか分からないので、とりあえずここに置いておきます)
振飛車党のファンブック。単体では単行本にならないようなものを、寄せ鍋風に集めて一冊にまとめてある。

今回も注目は、第2章の指定局面戦。特に今回はわたしがよく採用する「左4六銀戦法」で、右図が指定局面となる(『四間飛車道場 第三巻』を参考にすると良い)。ここから
 (
1)△3七歩
 (2)3六歩▲同飛△4五歩▲3三角成△同飛▲5七銀△3五歩▲3九飛
 (3)4五歩▲3三角成△同飛▲6六角
の3種類を所司一門の若手が2局ずつ指している。

中でも注目は旧定跡とされる(3)。この変化は詰みまで詳しく研究されていて、従来は「居飛車勝ち」の結論だった。しかし今回の企画では「先手容易ならず」となった。宮田の「指定局面はすでに振飛車がよく、▲2四歩がすでに無理」(103p)という大胆(?)発言も飛び出し、新たな研究が始まりそうだ。(2)(3)の変化は難解ということで、「▲6八金直を入れてから▲4六銀が勝る可能性」(115p)が指摘されている。実戦も4勝2敗で振飛車がリードしたので、振飛車党は勇気100倍(わたしはショボーン)

読み物部分は、今回は微妙に女流率高し。このあたりは、好みの問題。鈴木大介の石田流講座は前回の続きだが、千葉の講座はなぜか今回は棒銀対策。いろんな戦型をやるのかな?

一巻と二巻がほぼ同じ構成だったので、基本的に同じスタイルを踏襲していくようだ。一巻の感想では「食傷気味」と書いたが、今回は割と読み甲斐があった。単に自分の好きな戦型が多く解説されていたからかもしれない(笑)。(2003Jul05)


ホントに勝てる振り飛車
zoom
先崎式将棋レクチャー&トーク
ホントに勝てる振り飛車
個別ページへ
先崎学
河出書房新社
ISBN:4-309-72272-5
2003年1月
\1,300
208p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き
三間飛車 第1講 仕掛け成立でも勝ちにくい
―△三間VS急戦
・▲3七桂戦法 26p
第2講 完全無欠の急戦封じ
―▲三間VS急戦
・△7三桂戦法 22p
第3講 気長に指そう
―三間飛車VS左美濃
・▲6七銀型から石田組
・▲5七銀型
20p
第4講 押さえこむかさばくか
―三間飛車VS居飛車穴熊
・石田組
・真部流
18p
中飛車 第5講 全体のバランスで戦う
―中飛車VS急戦
・△6五歩早仕掛け
・△7二飛戦法への4つの手段
42p
第6講 牽制してバランスよく
―中飛車VS居飛車穴熊
・▲4六銀型中飛車
・▲6七銀型中飛車
16p
第7講 気持ちよく攻めまくれ
―ゴキゲン中飛車
・▲原始中飛車
・▲5筋位取り中飛車
・5筋を受ける
36p
向飛車 第8講 居飛穴をねらい撃て
―急戦向かい飛車
・△急戦向飛車(=▲三間飛車からの転戦) 22p

◆内容紹介
アマチュア初段向けの振り飛車入門シリーズ第二弾。三間飛車、中飛車、向い飛車を取り上げ、それぞれの特徴を生かした戦い方をズバリ伝授。知識よりハートで指そうぜ!

四間飛車以外の振飛車の解説書。「ホントに〜」シリーズの第二弾。

本書は『ホントに勝てる四間飛車』の続編で、四間飛車以外の振り飛車を初段クラス向けに分かりやすく解説している。基本的には、どれもいったん角道を止める「振り飛車らしい振り飛車」を扱う。

前著の解説に比べると、「感覚重視」からやや「指し手重視」に軸足がシフトしている。「捌く振り飛車」と「押さえ込む振り飛車」を一冊にまとめたせいかも。特に三間飛車vs急戦では「先後の一手の差」を避けて通れないため、どうしても細かくなってしまうのは仕方がないか。

とはいえ、定跡書としては非常に分かりやすい上、内容も充実している。特に初段クラスでこれらの戦型を指す人は、いままで手探りで指していた部分が氷解して勝率アップにつながると思う。(2007Jan24)

※第6講前半で「この形から仕掛けられず、居飛穴を阻止できない」とあるが、本書出版の8ヵ月後に▲北浜△矢倉戦にて打開できることが分かり、結論が変わった。(具体的には、図から▲6六角△7四飛▲7八飛△1一玉▲7五歩△8四飛▲7四歩△同飛▲同飛△同歩▲5九金左。先手のみ桂香を取れそうな展開になる。実戦は△中飛車だったが、▲中飛車なら△4二金寄が入っていないのでさらに条件が良い。)
※第7講のゴキゲン中飛車は先手中飛車であり、『
新ゴキゲン中飛車戦法』(近藤正和,2003)の内容に近い。



zoom
振り飛車ワールド
第一巻
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-0902-4
2003年1月
\1,300
220p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★☆
 〜★★★★☆

図面:見開き0〜6枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
中級〜有段向き
第1章 【インタビュー】振飛車の極意を語る(藤井猛) 19p
第2章 【指定局面戦】▲4五歩早仕掛けvs△四間飛車
(所司一門の宮田敦史、渡辺明、松尾歩で6局)
番外編:PCソフト「激指2」vs「東大将棋5」
94p
第3章 【振飛車党列伝】剱持松二(文・湯川博士) 17p
第4章 【講座】どんどん攻める石田流(鈴木大介)〔次回に続く〕 14p
  【コラム】将棋ソフト最新事情 1p
第5章 【自戦記】さばきの極意(久保利明、1局) 12p
第6章 【エッセイ】振飛車党人間学(斉藤哲男)
あじあじの振飛車日記(安食総子)〔次回に続く〕
データで見る振飛車(編集部)
14p
第7章 【講座】熊せて戦う四間飛車(千葉幸夫)
(居飛車穴熊を組ませる)
15p
第8章 【講座】終盤のテクニック(佐々木慎)〔自戦記を題材〕 16p
第9章 【読み物】〔というより定跡進化の講座〕
▲3七桂早仕掛けvs△三間飛車(編集部特捜班)
10p

◆内容紹介
アマチュアに人気の振り飛車にポイントを絞った異色のシリーズ。松尾歩五段、渡辺明四段、宮田敦史四段による「所司一門のガチンコ指定局面戦」をはじめ、藤井猛九段インタビュー「振り飛車の極意を語る」、久保利明七段自戦記「さばきの極意」、鈴木大介七段講座「どんどん攻める石田流」、湯川博士の「振り飛車党列伝」など実戦、講座、読み物など振り飛車情報満載の一冊です。

(どのジャンルに入れていいか分からないので、とりあえずここに置いておきます)
振飛車党のファンブック。単体では単行本にならないようなものを、寄せ鍋風に集めて一冊にまとめてある。

中でも注目は、第2章の指定局面戦。20年ほど前は盛んに行われていた企画だが、近年ではあまり見なくなった。それが本書で復活、たっぷり94ページの掲載である。今回は「4五歩早仕掛けvs四間飛車」。『四間飛車道場 第四巻』を参考にすると良い。なお、振飛車党向けの本であるにもかかわらず、振飛車の1勝5敗に終わったのは少し残念。次回は振飛車が巻き返すか?

藤井・久保・鈴木大の三大振飛車党、大ベテランの剱持、女流の人気No.1安食、そしてバリバリの若手たちという充実の執筆陣。そしてかなり幅広いジャンルで読者を飽きさせない。一方で、個々の内容はやや中途半端な感じもする。また、難易度のバラツキが結構激しい。第1、3、6章は級位者もさらりと読めるが、その他の講座部分はかなり難しく、上級者から有段者向けだと思う。

非常に盛りだくさんの内容だが、最後の方はちょっと食傷気味になってしまった。これはきっと、わたしが居飛車党のせいだろう(笑)。(2003Feb21)


島ノート 振り飛車編
zoom
島ノート 振り飛車編
個別ページへ
島朗
講談社
ISBN:4-06-211633-2
2002年12月
\1,800
478p/19cm

[総合評価]
S

難易度:★★★★
 〜★★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)S(量)S
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
※(質問x.x)は、読者の質問に著者が答えた「島八段が答える『次の一手』」へのリンクです。
向飛車の章 鬼殺し向飛車(桂捨て作戦(質問1.1)/筋違い角鬼殺し向飛車(質問2.1)(質問5.1))(質問3.1
新・升田流向飛車(鈴木スペシャル/やまびこ飛車(質問1.2))
△3二金型向飛車(小倉流△2三飛/三浦流一手得作戦/△5二金左型vs穴熊)
△3二銀型向飛車質問4.1
メリケン向飛車質問2.2)(質問6.1
86p
三間飛車の章 新・早石田(▲早石田vs△4二玉(質問7.1)/▲早石田vs△5四歩(質問2.3)/先崎流△早石田破り/3・4・3戦法(質問1.3)(質問3.2))
新・石田流(久保流棒金破り/森内流引き角棒金/穴熊破りダイヤモンド美濃)
中田功XP質問3.3)(質問4.2
70p
中飛車の章 ゴキゲン中飛車(丸山ワクチン(質問7.2)/田村流/青野新手(質問8.1)/飛先即交換型(質問4.3)(質問5.2)(質問8.2)/森下流ゴキゲン破り(質問6.2)/▲5筋位取り型)
カメレオン戦法
80p
四間飛車の章 藤井システムvs穴熊(△3二銀型/△4三銀型vs▲8八玉/△4三銀型vs▲5五歩/△4三銀型vs▲8六角/△3二飛型/▲5五角戦法/2002年型早囲いvs△7四歩/▲藤井システム最前線)
藤井システムvsカマボコ(穴熊組み替え作戦/陽動カマボコ)
藤井システムvs急戦(羽生流▲右4六銀(質問7.3)/対△右6四銀終盤一気作戦)
鈴木システム(対▲6八角型穴熊/対▲5九角型穴熊/飛車殺し作戦)
相穴熊(銀冠穴熊▲2四歩作戦/2002年型9筋逆襲作戦(質問6.3)/ガッチャン銀)
右四間(穴熊破り右四間返し(質問5.3)/穴熊破り石田流(質問8.3)/矢倉はずし▲5七銀/三浦流早仕掛け)
居飛車定跡外戦法(新・鳥刺し/新・かまいたち/地下鉄飛車/高田流逆棒銀)
254p

◆内容紹介
序盤でリードする新戦法を初公開―鬼殺し向かい飛車、3・4・3戦法、中田功XP、カメレオン戦法、森下流ゴキゲン破り、相穴熊2002年型9筋逆襲作戦、右四間返し、ほか居飛車党も必見の「主導権を奪える戦法」を一挙に。
四間飛車持久戦を初めて体系化―藤井システムvs穴熊、藤井システムvsカマボコ、鈴木システムの原理と最新傾向を豊富な実戦例をもとに示し、指しこなすコツを伝授。
級位者にもわかりやすい二部構成―基本で戦法の狙いを明快に解説、応用で対策や参考手順を研究する二部構成で級位者から高段者まで棋力に応じた活用が可能。

変則的な振飛車の解説書。

島八段といえば、本格居飛車党…だと思っていた。ところが、その島八段が本格的な振飛車の本を出してきた。しかもオーソドックスな振飛車ではなく、かなり変則的な振飛車ばかりを集めた本である。変則とはいっても「一回は通用する」というものではなく、「これは面白い!」「これは使える!」というものがてんこ盛りである。

本書の大きな特徴は、解説を[基本]と[応用]に分けたこと。[基本]は、「基本的な狙い筋」と「自然に指したらこう進むだろう」という進行を解説したもの。[応用]は、「[基本]の内容を知った上で、対策を研究したらこうなる」というもの。もちろん、本書に載っている戦法は、[応用]で潰されているわけではなく、ほぼ互角の戦いになる。[応用]が難しければ[基本]だけ読んでいけばいいし、探究心豊かな人は[応用]もじっくり読めばよいだろう。一応、[基本]でも『羽生の頭脳』レベルの難度があるので、級位者には厳しいかもしれない。

個人的にツボだったのは、「3・4・3戦法」。石田流の一バージョンで、戦法というより序盤の手筋のようなものであるが、これのおかげで△石田流の制限がかなり緩和された。また、「中田功XP」は“藤井システムの三間飛車版”のようなもので、当時かなり話題になった(のちに本家・中田功七段が『コーヤン流三間飛車の極意 持久戦編』で解説している)。他にもゴキゲン中飛車や藤井システムの最先端の変化、他の定跡書にはあまり載っていない戦法が満載である。

本書の戦法は、5年経った現在でもあまり古さを感じない(高段者的には古いのだろうけど)。実戦で相手が変な振飛車をやってきたとき、それはひょっとしたら本書に載っているかもしれない。必ず目を通しておいてほしい一冊である。

この質・量・読みやすさを一冊に凝縮し、しかも定価1800円というのは現在でも奇跡的に感じる。総合評価「S」以上の「EX」を新設しようかと思ったくらいだ。


ところで、本書では(おそらく)初めて「棋書とWEBとのコラボレート」が行われた。挟まれているアンケートはがきに質問を書いて送ると、著者がWEB上で答えてくれるというもの(※募集は終わっています)。質問の内容もなかなかハイレベルで、本書の内容を補足するもの、また覆したりするものもあった。上の【本の内容】に質問と回答へのリンクを貼っておいたので、参照してほしい。なお、このリンク先はいつ消滅するかわからないので、できれば印刷して挟んでおくとよい。(棋書ファンRocky-and-Hopperからのお願い:棋書に書き込みはしないでくださいね)

このコラボ企画は大好評だったはずだが、後の棋書で引き継がれることはなかった……残念。(2007Nov17)

※ちょっと言い訳しておきます。本書を発売後すぐに購入して、「こりゃ凄い本だ!」と夢中で読みました。ただ、当時のわたしには藤井システムや鈴木システムのあたりがよく分からず、そこだけ飛ばしてました。一応、「全部読んでからレビュー」を基本スタンスとしてますので、後回しになってしまい、レビューがこんなに遅くなりました。すみません。
また、完読したのは半年ほど前なのですが、なかなかレビューを書けませんでした。実は、すごい本ほどわたしの筆が止まってしまうことがよくあります。書きたいことが多すぎてまとまらないからだと思います。ご了承ください。
※『島ノート 居飛車編』は、出す予定はないそうです。残念。


粉砕振り飛車破り
zoom
将棋必勝シリーズ
粉砕
振り飛車破り
最新の急戦策で振り飛車を撃破する!
個別ページへ
井上慶太
創元社
ISBN:4-422-75078-X
2001年7月
\1,200
238p/19cm
   
第1章 四間飛車破り ・対藤井システム(▲右4六銀vs△7一玉型)
・対オーソドックスな四間飛車(▲5七銀右型vs△3二銀型)
・復習問題=14問
68p
第2章 三間飛車破り ・▲3七桂戦法
・復習問題=10問
64p
第3章 中飛車破り ・▲4五歩早仕掛け
・▲3八飛戦法
・復習問題=12問
68p
第4章 向かい飛車破り ・△3二金型急戦向飛車
・△5二金型vs▲4五歩早仕掛け
・復習問題=6問
34p

◆内容紹介
振り飛車にやられて、悔しい思いをした人は多いはず。そんな無念さを晴らすには、最新の仕掛けを盛りこんだ急戦策が有効だ。新研究の成果を身につければ、藤井システム撃破も夢ではない。

 



zoom
力戦!スーパー振り飛車
個別ページへ
小林健二
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-89563-673-9
1997年8月
\1,200
223p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段者向き
第1章 石田流三間飛車 (1)定跡編(定跡解説=30p/実戦解説(2局)=9p)
(2)実戦編(自戦記=4局)
84p
第2章 立石流四間飛車 定跡解説=24p/実戦解説(8局)=28p 54p
第3章 阪田流向かい飛車 定跡解説=23p/実戦解説(5局)=7p 32p
第4章 対 右四間飛車 定跡解説=33p/実戦解説(4局)=12p 46p

◆内容紹介
四間飛車だけでなく、アマチュアに人気のあるいろいろな振り飛車を紹介。石田流三間飛車、立石流四間飛車、阪田流向かい飛車、右四間飛車を徹底解説。

力戦振飛車の定跡書。

石田流・立石流・阪田流の変則振飛車3戦法と、四間飛車vs右四間飛車を解説。右四間飛車は力戦ではないと思うが、居飛車が5筋を突かない作戦は少ないのでここに分類したのかな?

各章の構成はこんな感じ。まず、戦法の基本知識をおさらいしたあと、新研究の検討に入り、実戦との比較をする。実戦解説は自戦だけでなく、他のプロの実戦も多く含まれる。解説は部分的に深くなっているので、すでに戦法の知見を持っている人にはかなり役に立つ。逆に、あまり広く範囲の解説はないので、基礎からマスターするには向いていない。

個人的には早石田の研究が役に立った。特に△4二玉型は『島ノート』(2002)の変化しか知らなかったが、本書と比較してみて理解が深まった。早石田に限らず、『島ノート』は本書をベースにしている部分がいくつかあるようだ。もちろん研究は進んでいるのだが、ベース部分を理解するために読んでおくと良い。

また、右四間飛車編の記述はほとんどが舟囲いで、左美濃や穴熊はそれぞれ1pずつ。(2004Jun23)



zoom
パーフェクトシリーズ
将棋基本戦法
振り飛車編
個別ページへ
森下卓
日本将棋連盟
ISBN:4-8197-0334-X
1997年7月
\1,200
223p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜上級向き
第1章 四間飛車戦法 ・バランスの取れた四間飛車
・四間飛車vs急戦⇒5七銀左戦法
(山田流3五歩|棒銀|4五歩早仕掛け|鷺宮定跡|
5筋位取り|玉頭銀)
・四間飛車vs持久戦⇒居飛車穴熊/左美濃
(四枚穴熊|浮き飛車|四枚美濃|
左美濃+4六銀|8八玉型左美濃)
・ミニコラム(藤井システム)
・四間飛車穴熊と銀冠の戦い(▲6五歩型|△6三金型)
68p
第2章 三間飛車戦法 ・さばきの三間飛車
・三間飛車vs▲急戦⇒△4二銀型に対する早仕掛け
(3七桂早仕掛け)
・三間飛車vs△持久戦⇒居飛車穴熊/左美濃
(四枚穴熊vs真部流|居飛穴vs石田本組|
左美濃△7三銀型|左美濃△7三桂型)
・升田式石田流(先手番|後手番)
・ミニコラム(▲三間飛車破り)
52p
第3章 向かい飛車戦法 ・向かい飛車vs急戦⇒5七銀左戦法
・向かい飛車vs持久戦⇒居飛車穴熊/左美濃
・阪田流向かい飛車
22p
第4章 中飛車戦法 ・中飛車vs急戦⇒加藤流▲3八飛戦法
・ミニコラム(対中飛車▲4六金戦法)
・中飛車vs持久戦⇒玉頭位取り戦法
22p
第5章 実戦解説編 自戦記=3局
(棒銀vs四間飛車|銀冠vs四間穴熊|
三間飛車vs居飛車穴熊)
48p
番外 ワンポイント
講座
・中飛車vs▲4六金戦法
・右四間飛車戦法
5p

◆内容紹介
森下八段の、あらゆる振り飛車戦法について網羅した解説書。四間飛車戦法、三間飛車戦法、向かい飛車戦法、中飛車戦法等の基本となる定跡を解説する。本書では基本型を中心にまとめたため、あまり難しい戦型は避けているが、エキスは十分に学べる。

▲居飛車vs△振飛車対抗形の総合定跡書。急戦・持久戦の代表的な戦型を解説。

本書で解説されているのは、それぞれの戦型の中でももっとも代表的な筋のみ。特に四間飛車編では、1つの戦型につき4p程度の解説なので、他書でしっかり補う必要あり。一方で、三間飛車vs急戦はそれなりにしっかりと解説されている。戦型によって詳しさに多少のギャップがあるのでやや注意が必要。

全体的に適度なシンプルさにまとまっているので、初段を目指すくらいの人にはちょうど良い。意外と、有段者が苦手な戦型を見直すのにも有効。σ(^-^)は四間飛車には多少の知識があるので本書は少し物足りなく感じたが、その他の戦型はポイントを再認識できたので結構良かった。

部屋に専門的な定跡書がたくさんあってゴチャゴチャしてる人は、一度本書でおさらいしてみてはいかがでしょうか?(2003Aug09)


中原流振り飛車破り
zoom
中原流振り飛車破り
個別ページへ
中原誠
池田書店
ISBN:4-262-10118-5
1994年11月
\1,500
271p/20cm/H.C.
   
第1章 中飛車破り 力戦中飛車破り/ツノ銀中飛車破り  
第2章 四間飛車破り ▲4六銀戦法で破る/鷺の宮流で破る/山田流▲9七角戦法で破る  
第3章 三間飛車破り △7二銀型の攻略法/△2二飛型の攻略法/△5三銀型の攻略法  
第4章 穴熊破り 囲いの種類とくずし方/急戦で穴熊破り/持久戦で穴熊破り  

◆内容紹介
将棋の上達にはいろいろ掲げられるが、まず一つ一つの駒の性能をよく知り、それをうまく使うことである。それには技と定跡書が必要。本書を読めば、振り飛車破りに自信が持てる。

 


定跡外伝
zoom

(文庫版)
定跡外伝(MYCOM将棋文庫)
定跡外伝
──将棋の裏ワザ教えます。
個別ページへ
週刊将棋/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-89563-589-9
1993年12月
\1,200
223p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
読みやすさ:B
定跡通の有段者向き

MYCOM将棋文庫(3)
定跡外伝
──将棋の裏ワザ教えます
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-0898-2
2002年12月
\700
227p/15cm
第1章 急戦編T
(四間飛車)
・合計41テーマ
左4六銀/右四間/▲棒銀/△棒銀/山田定跡/早仕掛け/玉頭銀
84p
第2章 急戦編U
(三間飛車)
・合計16テーマ
早仕掛け
34p
第3章 急戦編V
(中飛車)
・合計11テーマ
△7二飛/四間からの変化/4五歩早仕掛け
24p
第4章 持久戦編 ・合計13テーマ
四枚左美濃/玉頭位取りvs四間/玉頭位取りvs中飛車
28p
第5章 穴熊編 ・合計21テーマ
四間穴熊vs急戦/四間穴熊vs棒銀/居飛穴vs四間
/居飛穴vs真部流/相穴熊/9八香8八玉vs1三角
44p

◆内容紹介
「定跡外伝」は従来の定跡書に載っていない、ウラ定跡を各戦型ごとにまとめた類のない一冊。定跡手順から端の一手、歩の位置がひとつ違うだけで優劣が逆転するような裏定跡をまとめ、体系化した将棋界初の棋書で、その内容がプロの実戦にも現れるなど、棋界でも評価の高い一冊だ。

他の定跡書にはあまり載っていない変化を紹介した総合定跡書。振飛車vs居飛車の対抗形に絞られている。すべてのアマチュア棋士に必須といえる。

続編の『定跡外伝2』と構成は全く同じ。テーマ図からの変化の長さが『2』よりは短くなっているので、難易度は少しだけ易しめ。とはいっても、やはりテーマ図までの手順は説明なしなので、ある程度は定跡に通じている必要がある。『2』で修正されている変化もあるので、こちらを読んだら必ず『2』も目を通しておこう。(2002Sep05)


表紙:10.5KB
zoom

(文庫版)

zoom
秘法巻之五
真・石田伝説
個別ページへ
週刊将棋/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-89563-570-8
1992年7月
\971
213p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

MYCOM将棋文庫(5)
真・石田伝説
石田流の秘法を伝授
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
古作登/解説
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-0983-0
2003年2月
\700
235p/15cm
第1章 升田式石田流 ・新早石田
・正調升田式▲9五歩△9三歩型
・正調升田式▲9六歩△9四歩型
・石田流対策△4二玉
64p
第2章 立石式石田流 ・立石流基本型
・角不交換型
・3手目角交換からの立石流
・立石流基本型vs秘策△4二角
60p
第3章 楠本式石田流 ・楠本流基本型
・居飛穴側の工夫
24p
第4章 中飛車型石田流 ・中飛車型基本形
・ひねり飛車模様
26p
第5章 急攻石田流 ・四間vs居飛穴 石田流からの急戦
・石田流vs玉頭位取り
・立石流の原型
・立石流のバリエーション
34p
第6章 21世紀の升田式 ・升田式vs居飛車の最新対策 18p

・各章主要図までの指し手=2p

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
「石田流」は江戸時代の盲目の棋士・石田検校(いしだけんぎょう)が編み出したといわれる三間飛車の駒組みで、飛車角の大駒を最大限に働かせてさばくのが持ち味。華麗な攻めが決まったときの爽快感は格別だ。本書は石田流の様々なバリエーションを解説した中〜上級者向けの一冊。「21世紀の升田式」の章は本書文庫化にあたって書き下ろされた。(
青字は文庫版のみ収録)

振飛車のうち、石田流関連の戦型を解説した本。1992年にオリジナル版が出版され、2003年に第6章を追加して文庫本が出版された。さらに、2016年に合本文庫化されている。

本書は、石田流的な動きをする力戦形振飛車全般を扱う。基礎・基本から書かれている訳ではなく、ある程度の棋力の人が応用編または裏ワザとして知っておくべき知識を示したものだ。棋力の目安としては、「升田式石田流の▲9六角」と言われて、局面がハッキリと脳裏に浮かぶくらい、と言っていいと思う。

本書の出版は1992年と2003年なので、石田流の歴史的には、2004年の鈴木新手以降の石田流ムーブメントよりも以前の考え方になっている。例えば、「角道を止めた石田流には棒金が天敵なので、角道を止めない升田式が有効」という大局観があるように思う。

要は、少なくとも現代では「多少古い」という前提で読んでほしい。とはいえ、参考になる指し方はいくつも出てくるはずだ。


本書の内容をチャートを添えながら紹介していこう。なお、第2章の「立石式石田流」、第3章の「楠本式石田流」は、それぞれ「立石流」「楠本流」という呼称の方が普通だが、本書では石田流のバリエーションとして、あえて「○○式石田流」としている。……レビューの続きを読む(2016Nov05)



zoom
summary
急戦!振り飛車破り(4)
徹底4五歩早仕掛け
個別ページへ
所司和晴/著
週刊将棋/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-89563-565-1
1992年5月
\971
238p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:B
上級〜有段向き
  まえがき|主要図までの手順|本書の読み方 4p
第1章 対四間飛車 (1)プロローグ (2)△4五同銀 (3)△5三銀 (4)△2四同角
(5)米長流▲4六銀 (6)基本図以前(玉頭銀など)
(7)▲6八金直型 (8)二枚銀 (9)まとめ
128p
第2章 対三間飛車
(3七桂戦法)
(1)プロローグ (2)△7二銀-5四歩型 (3)△7二銀-5三歩型
(4)△7一銀-5四歩型 (5)超急戦 (6)まとめ
86p
第3章 対中飛車 (1)基本形 (2)△5五歩の対策 (3)△3ニ金の対策
(4)△6四歩型 (5)まとめ
16p

◆内容紹介
振り飛車破りの原点は、角交換から飛車先突破。そして美濃囲いの素早い攻略。分かりやすく仕掛け、分かりやすく決める。振り飛車破り最前線。

▲4五歩早仕掛けvs△四間飛車と、▲3七桂戦法vs△三間飛車の定跡書。対△中飛車も少し載っている。とにかく、「4五歩と突っかけて角交換を狙う指し方」を詳しく解説した本。

対四間飛車では『四間飛車道場第四巻 4五歩』との違いが気になるところだが、本書で“基本図”とされているのは、▲6九金vs△7四歩-△5二金型(右図)。△6三金-△7三歩型は亜流とされている。この形は玉が広く桂の活用が早いが、6四歩と7四歩が浮き駒なので、▲3一角や▲6六桂(8六桂)が厳しくなりやすい。仕掛けでは他の形と同じ筋がたくさん出てくるが、中終盤ではまったく違う変化になる。

※『四間飛車道場第四巻』はメインが▲6八金直型なので、ハッキリ異なっている(▲6九金型は218p〜221pのわずか4pに記されているだけ)。ちなみにほぼ同時期に発行された『羽生の頭脳 1』では▲6八金直型vs△6三金〜△7四歩型が本流になっている。

このシリーズ独特のレイアウトは最初は読みづらいかもしれないが、慣れてくると案外使える。

対四間飛車の▲6九金型に関しては、おそらく本書が一番詳しいと思う。また、対△三間飛車への早仕掛けは、振飛車側の微妙な陣形の違いによって変わる仕掛けの手順を、分かりやすく分類しているので必見。(σ(^-^)はいままで、本によって仕掛けの手順が違うのを不思議に思っていたのですが、本書を読んで謎が解けました。)対中飛車は割と基本的な変化について述べられている。

本書は居飛車党・振飛車党にかかわらず、定跡党ならば必ずチェックしておきたい一冊。(2003Sep09)


トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > 振飛車総合定跡書


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved