2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■四間飛車を破れ・下巻

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車を破れ・下巻
四間飛車を破れ 下巻
zoom
振飛車破りシリーズ
四間飛車を破れ・下巻
難易度:★★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 石田和雄
【出版社】 木本書店
発行:1980年11月 2076-0006-1535
定価:1,200円 232ページ/19cm


【本の内容】
第1章 5七銀右の急戦 ・基本チャート
(1)△5二金左への対応/変化[A]△3二飛 [B]△4五歩
(2)△4三銀への対応/変化[A]▲3七桂(古典定跡) [B]▲6八銀(近代定跡)
90p
第2章 四間飛車穴熊 ・穴熊流行の原因、中終盤を重要視
(一)棒銀による急戦
 (1)△8二銀への対応/変化[A]△4三銀 [B]△4五歩 [C]△5一角 [D]△2二角
 (2)△3二飛への対応/変化[A]△2二角 [B]△4五歩 [C]△3五同歩
                   [D]△5一角 [E]△4二金
 (3)△3二金への対応/[A]▲3五歩 [B]▲5七銀
(二)穴熊の本陣を狙う攻め(地下鉄飛車)
 (1)△9二香への対応
 (2)△9四歩への対応/変化[A]△9三歩 [B]△9五同香
※露骨端棒銀の攻め
84p
第3章 自戦記 2局 30p
第4章 次の一手 次の一手問題=36問 21p

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
依然として振飛車ブームの続く中で、とりわけ四間飛車は広く用いられている戦法ではなかろうか。それだけにその対策は難しく、幅広い解説が要求される。(中略)第1章では▲5七銀右からの急戦を古典定跡と近代定跡とに分けて解説し、第2章では最近流行の四間飛車穴熊の攻略法を分かりやすく書いてみた。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
四間飛車穴熊 四間飛車vs居飛車急戦
[シリーズ] 振飛車破りシリーズ
[著者] 
石田和雄
[発行年] 
1980年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車を破れ・下巻


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved