2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■新手の本  
トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > 新手


このページ内は[Ctrl+F]で検索すると便利です。

◆サイト内検索
by Google

書名 著者 発行 備考
新手ポカ妙手選 居飛車編 勝又清和 '14.2 珍プレー・好プレーの本
新手ポカ妙手選 振り飛車編 勝又清和 '13.9 珍プレー・好プレーの本
新手年鑑 vol.U 勝又清和 '96.9  
新手年鑑 vol.T 島朗 '95.8  
プロの新手28 青野照市 '89.11  
升田流新戦法 升田幸三 '78  



zoom
新手年鑑 vol.2
個別ページへ
勝又清和
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-89563-660-7
1996年9月
\1,165
222p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★★☆
図面:見開き6枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:B
有段者向き
実際の目次とは少し違います。/
第1章 横歩取り 相横歩取り/△中原流+5四飛/相中住まい/△3三角の他の変化 52p
第2章 振飛車 【四間飛車】
左美濃/玉頭銀/左4六銀/棒銀/5筋位取り+引き角/早仕掛け/
対△3二銀型・森下流早仕掛け/対△3二銀型・▲左4六銀/
居飛穴vs浮き飛車/居飛穴vs向飛車へ変化/
居飛穴vs藤井システム/立石流
112p
第3章 矢倉 脇システム/△7五歩早仕掛け/△8四歩+△9五歩型 22p
第4章 角換わり ▲棒銀/腰掛銀△6五歩/腰掛銀▲6六歩 18p
第5章 相掛かり 早繰り銀/新塚田スペシャル 15p
最新流行形の解説本、第二弾。1995年度のプロ公式戦から、注目すべき新手・新構想を紹介している。

第一弾の『新手年鑑vol.1』から(なぜか)著者が変わった。構成やレイアウトなど前著でまずかったところは、本書ではかなり改良されている。各節の見出しが大きくなり、各頁の右上にも戦型が書いてあるので、とても見やすくなった。また、本文も変化の分岐を追いやすくなっているし、新手には「!」がついている。内容的には、総合定跡書の「これが最前線だ!」に近く、定跡党必携である。

このシリーズは'95、'96と続けて出た後は、残念ながらこのvol.2で終わってしまった様子。多少は採算度外視で続けてほしかった…MYCOMだから仕方ないか(涙)。毎年とは言いません。隔年でいいです。続けてください、MYCOM様。

いずれにしても、定跡の進化を追いたい人にはかなり興味深い一冊。ただし定跡の基本知識は必須である。『羽生の頭脳』全10冊+『○○ガイド』全12冊くらいの知識を持って臨みたい。(2003Jun06)



zoom
新手年鑑 vol.1
個別ページへ
島朗
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-89563-636-4
1995年8月
\1,165
222p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★★☆
図面:見開き4〜5枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:B
解説:B
有段〜高段向き
  '94年度の流行 矢倉▲3七銀/対四間飛車棒銀の復活/相横歩取り北浜新手 14p
第1章 振飛車 四間飛車vs棒銀/居飛穴への急戦/四間飛車vs銀冠穴熊/
居飛穴vs浮き飛車/鷺宮定跡/四間vs右四間穴熊/立石流/
左美濃vs藤井システム/4五歩早仕掛け/5筋位取り
72p
第2章 矢倉 ▲4六銀/角対抗型/▲3七銀〜▲3五歩/▲3七銀〜▲6八角 32p
第3章 横歩取り 中原流/相横歩取り/内藤流 20p
第4章 相掛かり 横歩狙い/腰掛銀△3三角(銀冠狙い)/▲3七銀/
腰掛銀△4四歩/中原流▲5六飛/中原囲い
36p
第5章 その他 ヒネリ飛車/角換わり相腰掛銀/角換わり△棒銀/
角換わり回避△雁木/力戦矢倉
40p

参考棋譜=51(総譜ではない)

◆内容紹介
将棋界初の新企画誕生。1994年度に公式戦で指された新手、新型、流行形を一挙掲載。わかりやすい戦型別分類。

1994年度のプロ公式戦に現れた新手を解説した本。

プロの新手を解説した本といえば『プロの新手28』がある。これはここ数十年の将棋史の中で、いまでも燦然と輝いているものを集めている。一方、本書では、最新の流行形(当時としての)を解説していて、現在から見るとすでに輝きを失っているものもある。ただ、このような最新形を解説したものはあまりなく(売れないのかも?)、貴重な存在だ。

初めての企画のためか不備も多い。(1)棋譜は豊富なのに総譜でない、(2)どの手が新手か分かりにくい、(3)見出しの付け方が拙くてお目当ての形を探しづらい、(4)最新の新手のため島自身の見解が少ない、など。ただ、内容そのものは見るべき所が多い。"相横歩北浜新手"などは、しっかりチェックしておきたいところ。

この手の本は、初版で売った分以降は部数が出ないかもしれないが、あとになってジワジワと欲しくなるタイプだ。シリーズ化して、毎年出してほしかった(残念ながら'95版の『新手年鑑Vol.2』で頓挫した)。(2002Dec28)



zoom
新定跡誕生の周辺
プロの新手28
個別ページへ
青野照市
日本将棋連盟
ISBN:4-8197-0306-4
1989年11月
\880
222p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★★
図面:見開き2枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
構成:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
全28章
山田定跡/鷺宮定跡/大山流金上がり/大山流金下がり/英ちゃん流中飛車/谷川式速攻/升田式石田流/対振飛車米長玉/居飛車穴熊/袖飛車穴熊/児玉流二枚銀/カニカニ銀/速攻手抜き棒銀/総矢倉▲6八銀左/矢倉陽動棒銀/飛車先不突き矢倉/吉田スペシャル/塚田スペシャル/内藤流飛車切り/▲7八銀型ヒネリ飛車/中村流タテ歩棒銀/米長流金の大遠征/相掛かり高跳び桂/飛車先不突き腰掛銀初手▲3六歩/横歩取り▲3六飛/横歩取り▲1六歩

◆内容紹介
研究家で知られる青野八段は単に過去の分析だけでなく、常に新手探求への姿勢を持ち続けている。それだけにプロ棋士達が試みた新手、新研究に対しても厳しい目を持っている。その青野が驚いた手の集大成が本書である。読者も青野のみずみずしい感性の世界を体感してもらいたい。本書は将棋マガジンに連載された「プロが驚いたプロの手」に大幅加筆訂正をしたもの。
新定跡・新戦法を生んだ新手を解説した本。

章立ての順番は、振飛車/穴熊/矢倉/相掛かり/角換わり/横歩取り。時代は昭和40年代〜昭和末期。
山田定跡やカニカニ銀など、プロが驚いた新手を、分かりやすく紹介している。エピソードや変化の解説も多いので、読んでいて飽きない。図面が少なく、指し手と図面が同一見開きにないこともあるが、許容範囲。

塚田スペシャルの原型に吉田スペシャルがあるとか、中村八段(現)が結構多くの新手に絡んでいるとか…。もちろん著者の新手もいくつか収録されている。コストパフォーマンスの高い一冊だ。

平成に入ってからの新手(藤井システム/横歩取り△8五飛/ミレニアム/etc.)もこのスタイルで出版してほしい。(2002Jun14)


升田流新戦法
zoom
升田九段の将棋シリーズ(2)
升田流新戦法
名人戦の石田流
個別ページへ
升田幸三
弘文社
ISBN:4-7703-3502-4
0276-30002-2270
1971年
\
220p/18cm
   
左美濃の新構想/升田流玉頭退治/凧金戦法/角交換石田流/角交換早石田/升田式九間飛車/名人戦の石田流/名人戦をかけた石田流/△石田流

◆内容紹介
新手一生をモットーにしている升田は、数々の新手を創り出した。中でも圧巻は、第30期名人戦に用いた「升田式石田流」である。アマチュアの将棋といわれた石田流に新しい息吹を持たせたのである。名人位を奪うことはできなかったが、石田流の名は再び多くの人たちの注目を集めた。
 


トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > 新手


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved