2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■ユニーク戦法の本  
トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > ユニーク戦法


角交換振飛車は独立させました。
このページ内は[Ctrl+F]で検索すると便利です。

◆サイト内検索
by Google

書名 著者 発行 備考
対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法(マイナビ将棋文庫) 飯島栄治 '17.7 対振飛車引き角、2006年と2009年の合本文庫化
禁断のオッサン流振り飛車破り 神谷広志 '16.5 雁木、右玉
棋界に伝わる二つの秘法 雁木・右玉伝説(マイナビ将棋文庫) 週刊将棋・編 '16.4 雁木、右玉
相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法 小林健二 '13.8 右玉、左玉
定跡裏街道 陽動振り飛車編 松田基弘 '13.6 陽動振り飛車(電子書籍)
南の右玉 南芳一 '11.9 右玉など
書名 著者 発行 備考
新・飯島流引き角戦法 飯島栄治 '09.8 対振飛車引き角
野獣流攻める右四間 泉正樹 '09.5 泉流の右四間飛車
とっておきの右玉 細川大市郎 '09.3 右玉
飯島流引き角戦法 飯島栄治 '06.12 対振飛車引き角
右玉伝説 週刊将棋・編 '03.8 右玉、1991年の文庫版
武市流力戦筋違い角の極意 武市三郎 '03.5 筋違い角
雁木伝説 週刊将棋・編 '02.11 雁木、1991年の文庫版
高田流 新感覚振り飛車破り 高田尚平 '00.9 高田流、左玉
書名 著者 発行 備考
超過激!トラトラ新戦法 田中寅彦 '99.12  
雁木でガンガン!! 小暮克洋 '99.10 雁木
英春流将棋入門 必殺〈かまいたち〉戦法 ダイジェスト編 鈴木英春 '97.8 英春流
筋違い角と相振り飛車 木屋太二 '97.7 筋違い角
後手無理矢理矢倉 田中寅彦 '95.5  
英春流将棋問答 必殺〈かまいたち〉戦法 虎の巻編 鈴木英春 '95.3 英春流
風車の美学 伊藤果 '94.6 風車、右玉
必殺!陽動振飛車 英春流〈かまいたち〉戦法 番外編 鈴木英春 '93.1 英春流
右玉伝説 週刊将棋・編 '91.11 右玉
必殺!右四間 英春流〈かまいたち〉戦法 完結編 鈴木英春 '91.10 英春流
雁木伝説 週刊将棋・編 '91.8 雁木
必殺!19手定跡 英春流〈かまいたち〉戦法 居飛車編 鈴木英春 '90.4 英春流
書名 著者 発行 備考
必殺!かまいたち戦法 鈴木英春 '88.6 英春流
型破り振飛車の急所 北村昌男 '87.3 DELUXE版
魚釣り戦法右四間飛車 佐藤大五郎 '87.3 DELUXE版
書名 著者 発行 備考
型破り振飛車の急所 北村昌男 '75.10 ポケット版
魚釣り戦法右四間飛車 佐藤大五郎 '74.6 ポケット版
書名 著者 発行 備考
筋違角棒銀戦法 加藤治郎 '52 筋違い角


対振りの秘策 完全版 飯島流引き角戦法(マイナビ将棋文庫)
zoom
マイナビ将棋文庫
対振りの秘策
完全版 飯島流引き角戦法
個別ページへ
飯島栄治
マイナビ出版
ISBN:978-4-8399-6379-8
2017年7月
\1,339
448p/15cm
   
◆内容紹介
本書は、飯島栄治七段が編み出した独自の対振り飛車作戦を解説した『
飯島流引き角戦法』(2006)と『新・飯島流引き角戦法』(2009)の2冊を合わせて、文庫化したものです。

角道を開けないで指すという画期的な指し方は升田幸三賞を受賞しました。しかし、発表当時は飯島七段だけが使う特殊戦法のような立ち位置でした。現在、この引き角戦法が見直されつつあります。まず、角を交換しない戦法なので、今はやりの角交換型の振り飛車をすべて封じることができます。また、堅く囲うことができる点も現代風です。

今、その価値が改めて見直されている引き角戦法。そのバイブルともいえる2冊が1冊で読める本書は、まさにファン必携の一冊です。
 


禁断のオッサン流振り飛車破り
zoom
マイナビ将棋BOOKS
禁断のオッサン流振り飛車破り
個別ページへ
神谷広志
マイナビ出版
ISBN:978-4-8399-5952-4
2016年5月
\1,663
224p/19cm
   
第1章 ゴキゲン退治 盛り上がり戦法
第2章 四間飛車退治 鳥刺し戦法
第3章 四間飛車穴熊退治 ホラ囲い
第4章 石田流退治 棒金戦法

◆内容紹介
とっておきの振り飛車破りが4つ身につく本!

 一つ、オッサンは流行戦法で勝負しない
 一つ、オッサンは細かい手順を気にしない
 一つ、オッサンは取れる駒は取る

本書で解説されるのは若手の最新研究とは対極に位置する「オッサン流」の振り飛車破りです。プロの実戦で現れることは少ないマイナー作戦ではあるものの、実際は非常に優秀で、スペシャリストになれば勝ちまくることも十分可能という代物です。

中飛車、四間飛車、三間飛車と一通りの振り飛車に対して神谷八段がユニークな作戦を紹介してくれます。

特にゴキゲン中飛車に対する盛り上がり戦法は神谷八段のオリジナル。はやりの「超速」とは一風違います。右銀が▲3七銀→▲4六銀と出て行く前に左銀を▲6八銀→▲7七銀→▲6六銀と前線に繰り出すのです。金銀で中央を制圧する雄大な構想には現代将棋では味わえない快感があります。

鳥刺しや棒金をご存知の「オッサン世代」の方はもちろん、たまには居飛車穴熊以外の楽しい対振り戦法を指してみたい若い世代の方にもオススメの一冊です。また、特筆すべきは神谷八段の原稿の面白さ。ここまでユーモアの利いた戦術書はこれまでにない、といって過言ではありません。

本書で神谷流のとっておきの振り飛車破りをマスターしてください。
 


棋界に伝わる二つの秘法 雁木・右玉伝説(マイナビ将棋文庫)
zoom
マイナビ将棋文庫
棋界に伝わる二つの秘法
雁木・右玉伝説
個別ページへ
週刊将棋/編
マイナビ出版
ISBN:978-4-8399-5912-8
2016年4月
\1,339
464p/16cm
   
第1部 雁木伝説 第1章 攻める雁木
第2章 三手角雁木
第3章 盛り上がる雁木
第4章 超急戦雁木
第5章 5六銀型雁木
第6章 変則攻撃雁木
第7章 角交換雁木
第8章 最新雁木
 
第2部 右玉伝説 第1章 風車右玉
第2章 矢倉右玉
第3章 右玉七変化
第4章 右玉実戦編
 

◆内容紹介
マイナーでも優秀!とっておきの2戦法のバイブル復活!!

プロの公式戦であまり見られないものの、アマ大会やネット将棋では頻繁に指されている戦法があります。それが本書に収められている「
雁木戦法」であり、「右玉戦法」です。ともに古くから指されている戦法であり、相手が対応を知らなければ楽勝、もし最善の対応をされたとしても互角に持ち込める非常に優秀な戦法であり、これらを極めたスペシャリストたちがアマ棋界で活躍した例は枚挙にいとまがありません。
 
本書はこの2つの戦法のバイブルとして知られる『
雁木伝説』(1991/2002)と『右玉伝説』(1991/2003)の2冊を合わせて文庫化したものです。破壊力の雁木とバランスの右玉。二つの秘法を体得して、ぜひ実戦で大暴れしてください。

 


相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法
zoom
将棋最強ブックス
相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法
個別ページへ
小林健二
創元社
ISBN:978-4-422-75142-9
2013年10月
\1,365(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜有段向き
第1章 相振り飛車で左玉戦法 ・▲7六銀・▲6七金型の左玉
 ├後手が金無双
 ├後手が美濃囲い
 └後手が穴熊
・▲6七銀・▲5七銀型の左玉
・覚えておきたい復習問題=8問
78p
第2章 相居飛車で右玉戦法 ・矢倉編
・▲7八金型編@後手角交換
・▲7八金型編A後手角不交換
・陽動振り飛車編
・後手が角交換してくる場合
・覚えておきたい復習問題=8問
80p
第3章 対振り飛車で右玉戦法 ・後手が向かい飛車
・後手が三間飛車
・後手がゴキゲン中飛車
・覚えておきたい復習問題=8問
60p

◆内容紹介
飛車と玉は左右に離すのが戦いの基本だが、本書はその常識をくつがえす新しい戦術書。
通常は玉を左側に移動させる居飛車で「右玉」に構える。相手の攻めをいなしてからの反転攻勢の醍醐味が痛快である。
また、普通は右玉となる相振り飛車で「左玉」にして戦う。こちらは相振り飛車戦の隠し球として活用したい戦法だ。
いずれの作戦も、相手が戸惑うそのスキをついて攻めるのが醍醐味。ライバルを圧倒しよう。

右玉・左玉の解説書。

右玉は、特殊な戦法である。通常の戦型では、「玉飛接近すべからず」(玉と飛が近いと同時に狙われやすいので、なるべく離した方が良い)という格言が示す通り、飛(+攻撃陣)と玉(+囲い)は離れている。

とくろが、右玉戦法では、玉と飛は非常に近いところに配置されているが、これで戦法として成立している。下段飛車で角などの打ち込みを消し、「堅さ」よりも「広さ」を主張し、相手が攻めてきたときにゲットした駒でカウンターを狙う。自分からは攻めにくいので、千日手も辞さない。自分にも、相手にも、独特の大局観が要求される。

本書は、そのような右玉戦法の戦い方のコツを解説した本である。


各章の内容を、チャートを添えて紹介していこう。……レビューの続きを読む(2013Oct31)


定跡裏街道 〜陽動振り飛車編〜
zoom
定跡裏街道
〜陽動振り飛車編〜

個別ページへ
松田基弘
(個人出版)
ISBN:
2013年5月
\888(税込)
223p
(電子書籍)

[総合評価]
初版 C
(誤植が解消されたら)
A

難易度:★★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
第1章 一手損角換わり ・概論
・裏魔界三間飛車
・モノレール向飛車
・裏立石
78p
第2章 矢倉 ・概論
・陽動石田
・裏陽動三間飛車
・様々な陽動振り飛車
(『
変わりゆく現代将棋(下)』に対する新研究)
 (1)△4四歩型四間飛車
 (2)△4四歩型三間飛車
 (3)△5三銀・△4四銀型三間飛車
 (4)△5三銀・△4四歩型三間飛車
 (5)△5三銀型三間飛車・▲6五歩急戦
75p
第3章 角道クローズ型 ・概論
・陽動右玉
38p
第4章 その他の戦型 ・△3三飛戦法
・横歩取りひねり飛車
32p

◆内容紹介
陽動振り飛車に関する新研究と新戦法を紹介した電子書籍です(223ページ)。
・角換わり…………3戦法
・矢倉………………3戦法
・角道クローズ型…1戦法
・その他の戦型……2戦法
まだどこにも紹介されたことのない切れ味のある新研究と新戦法の紹介をしています。
いずれも初心者から高段者まで通用する戦法となっています。

■おすすめ対象者
陽動振り飛車は矢倉模様の将棋での変化球というイメージが強いですが、
矢倉に限らず様々な戦型で使える上に、序盤からリードを狙える非常に有力な戦法です。
後手番戦法に困っている人や、新しい戦法を求めている人には非常におすすめです。

・著者のHP=
将棋定跡研究所 サンプル(PDF)

さまざまな陽動振飛車を解説した本。電子書籍で、Amazon Kindleストアから有料ダウンロードで入手することができる。

一般的に「陽動」とは、「本来の目的・意図を隠して、他へ注意をそらすために、わざと目立つように別の行動を取ること」(デジタル大辞泉より)。

将棋では、通常の展開から急に別の作戦に転じる場合に使われる。矢倉模様から後手が振飛車に転じる「陽動振飛車」が有名だが、「陽動作戦」自体に明確な定義はない。(例えば、奇襲戦法扱いの「奇襲袖飛車」も陽動作戦の一つといえるだろう)

本書は、陽動振飛車を主体とした陽動作戦を数多く解説した本である。作戦によっては、著者の前作『定跡裏街道 〜角交換振り飛車編』(2012.05)に入っていてもおかしくないようなものまで幅広い。

著者によれば、「序盤の一手一手から自分にあった戦略を組み立てていく事の楽しさが陽動振り飛車にはたくさん秘められている事を伝えたかった」(あとがき)とのこと。確かに、定跡に頼らず(または定跡の知識をバックグラウンドとして)、自分の構想力と大局観を頼りに指していく将棋は、充実感がある。ただし、好みは分かれるところだろう。……レビューの続きを読む(2013Jun29)


南の右玉
zoom
南の右玉
MINAMI'S MIGIGYOKU
個別ページへ
南芳一
日本将棋連盟/発行
毎日コミュニケーションズ/販売
ISBN:978-4-8399-4045-4
2011年9月
\1,575(5%税込)
232p/19cm

[総合評価]
C

難易度:★★★★
図面:見開き5〜6枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
上級〜有段向き
南流の序盤戦術   6p
第1章 右玉対矢倉模様 ・右玉対矢倉模様(1)
・右玉対矢倉模様(2)
・右玉対矢倉模様(3)
・右玉対矢倉模様(4)
・右玉対矢倉模様(5)
・右玉対矢倉模様(6)
・右玉対矢倉模様(7)
66p
第2章 袖飛車 ・袖飛車(1)
・袖飛車(2)
・袖飛車(3)
・袖飛車(4)
38p
第3章 振り飛車 ・振り飛車(1)
・振り飛車(2)
・振り飛車(3)
・振り飛車(4)
・振り飛車(5)
・振り飛車(6)
・振り飛車(7)
・振り飛車(8)
・振り飛車(9)
84p
第4章 その他の急戦 ・その他の急戦(1)対右四間飛車
・その他の急戦(2)対袖飛車
・その他の急戦(3)角交換
30p

◆内容紹介
本書は南芳一九段が後手番の戦術について著した本です。
初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲2五歩△3三角▲4八銀に、△9四歩と突くのが南流の基本図。早い端歩は居飛車穴熊を牽制しています。タイトルは「南の右玉」ですが、そこから先手の指し方によって、右玉、振り飛車、袖飛車などを使い分けて戦います。

著者の考える後手番の極意は「臨機応変」。本人の実戦を元にした講座で、その極意を皆様にお伝えいたします。

南流基本図南流の後手番戦術の解説書。

南九段といえば、「55年組」(cf. Wikipedia)の一角として、かつて大活躍した棋士である。特に、1987年から1991年にかけてタイトルを通算7期獲得しており、「55年組」の中では一番多い。また、竜王戦1組連続16期、A級9期など輝かしい棋歴を持つ。

その棋風は重厚で、対局中に正座を崩さず、ほとんど動かないことから「地蔵流」と呼ばれる。得意戦法は、矢倉と相掛かりのイメージが強い。(米長がタイトル戦で「横歩も取れない男に負けるわけにいかない」と南を挑発したのは有名)

その南が、最近はユニークな戦法を駆使しているという。

後手番専用になるが、初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲2五歩△3三角▲4八銀△9四歩〔右図〕。何の変哲もないノーマル振飛車の出だしに見えるが、8手目に△9四歩と打診するのが南流である。

本書は、その「南流後手番戦術」を南自身の実戦例23局を題材に解説した本である。

先手の方針はいくつか分岐点がある。……レビューの続きを読む(2011Oct22)


新・飯島流引き角戦法
zoom
マイコミ将棋BOOKS
新・飯島流引き角戦法
個別ページへ
飯島栄治
毎日コミュニケーションズ
ISBN:978-4-8399-3308-1
2009年8月
\1,470(5%税込)
224p/19cm
   
序章 引き角戦法の基礎知識    
第1章 対先手四間飛車編 ・対△5四銀型四間飛車
・対△4四銀型四間飛車
 
第2章 対先手ゴキゲン中飛車 ・対先手ゴキゲン中飛車△5五角型  
第3章 佐藤二冠の引き角戦法    
第4章 対先手三間飛車    
第5章 先手引き角戦法 ・先手引き角戦法基礎知識
・先手引き角急戦棒銀
 
第6章 自戦記編 ・本家ゴキゲンと対戦 対▲近藤正和五段戦
・新たな第一歩 対▲藤井 猛九段戦
 
第7章 引き角戦法のデータ    

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
飯島流引き角戦法は四間飛車、ゴキゲン中飛車、三間飛車、向かい飛車と、すべての振り飛車に対して後手番で対抗できる有力な作戦です。角道を開けずに、引き角から8八玉型の美濃囲いに組むのが特長で、角のニラミを気にすることなく攻めに専念でます。駒組みの手順が分かりやすいことや、振り飛車にとってはいつもと感覚が異なることから、特に時間の短いアマチュア大会などにお勧めです。
先手番での応用や、棒銀など面白い急戦も載せましたので、前著『
飯島流引き角戦法』と合わせて読んで、振り飛車破りの秘策を手に入れてください。

 


野獣流攻める右四間
zoom
マイコミ将棋BOOKS
野獣流攻める右四間
個別ページへ
泉正樹
毎日コミュニケーションズ
ISBN:978-4-8399-3204-6
2009年5月
\1,470(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
C

難易度:★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)A
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜有段向き
第1部 アームストロング砲右四間飛車
(対振り飛車)
・対4三銀型
 ├従来の▲右四間+舟囲いvs△5四銀+1二香型の定跡
 ├先手陣形を工夫(6八銀型舟囲い+7七角)
 └7八金型右四間(「かにの“ほろ酔い囲い”」)
   ├後手が高美濃
   └後手が銀冠
・対5三銀型
 └先手箱入り娘
・対穴熊
 └先手“箱入り息子”(7九玉-6八金寄型左美濃)
110p
第2部 ガトリング砲右四間飛車
(対居飛車)
・対△3三銀型(先手変形カニ囲い(「かにの“ほろ酔い囲い”」)
 ├後手矢倉
 └後手「ローストビーフサンド囲い」
・対△4三銀型
 ├後手雁木+△3三桂+△4一玉型、先手▲6八玉型左美濃
 ├後手雁木+△3三桂+△4二玉型、先手▲6八玉型左美濃
 ├後手雁木+△3三桂+△6二玉型、先手▲6八玉型左美濃
 ├後手雁木+△3三桂+△6二玉型、先手▲7九玉型左美濃
 └後手居玉で早めに飛先を伸ばす、先手「かにの“ほろ酔い囲い”」
・対△3三桂保留型
 ├後手雁木+△3三角、先手はカニ囲い
 └後手袖飛車△7二飛
110p

・【コラム】エルちゃんのコラム(1)エルの悪だくみ (2)エルザベス・カラー (3)エル篤姫を見る (4)真夜中のおやつ (5)エルの感想戦

◆内容紹介
本書は野獣流攻めるシリーズの第二弾で、右四間飛車戦法を解説しています。飛角銀桂と破壊力抜群の攻撃陣に加え、
対振り飛車なら7八金型、対居飛車なら6八玉型など、独特の工夫を加えて敵陣に襲い掛かります。あまり難解な変化はさておき、リズミカルな文章で狙い筋を披露しています。
「難しい定跡は苦手、とにかく攻めたい!!」といった方にぜひ読んで欲しい一冊です。

基本図▲右四間飛車の戦法解説書。

本書の右四間飛車は、初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲4八銀△4二銀▲4六歩(→基本図)といく、先手右四間飛車。ここから後手が四間飛車で受けるか、矢倉や雁木などの居飛車系で受けるかで展開が変わってくる。

近年よく見られる右四間飛車の囲いといえば、対四間飛車では(1)舟囲い (2)天守閣美濃 (3)端玉銀冠 (4)居飛車穴熊など、対居飛車では(1)居玉 (2)▲6八金(△4二金)型など。しかし本書では、それ以外の囲いを採用することで、右四間の新たな可能性を提示している。

「新たな可能性」と書いたが、実際には本書の戦型の多くはかなり古いものが多い。本文中に「右四間をよく採用した棋士」として挙がっている小堀清一、関根茂、富沢幹雄、宮坂幸雄らが囲いや仕掛けのタイミングを試行錯誤していた。

ただし、戦法自体は古いのだが、「メタボのお腹」(p90)「近頃は平気で手損する戦法も大流行」(p127)など、近年登場した言葉も使用されているので、原稿自体は比較的新しい模様。


さて、目次には「アームストロング砲右四間飛車」「ガトリング砲右四間飛車」と書いてあるが、何のことか分からないだろう(笑)。興味のある方は検索を掛けてもらえばすぐ分かると思うが、両者とも銃火器の一種で、幕末〜明治維新の戦乱で活躍した(らしい)ことが知られている。要は「破壊力抜群の戦法ですよ」ということである。

本書でどのような囲いの工夫がされているか、図で説明していこう。……レビューの続きを読む(2009Jun13)


とっておきの右玉
zoom
マイコミ将棋BOOKS
とっておきの右玉
個別ページへ
細川大市郎
毎日コミュニケーションズ
ISBN:978-4-8399-3160-5
2009年3月
\1,470(5%税込)
224p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
上級〜有段向き
序 章 本書の見方   4p
第1章 先手右玉▲6七銀型対居飛車 ・先手右玉6七銀型対居飛車
・対△6二金待機策
・対△6二飛待機策
22p
第2章 先手右玉▲6七銀型対振り飛車 ・先手右玉6七銀型対振り飛車
・対四間飛車美濃囲い
・対四間飛車穴熊
・対向かい飛車穴熊
28p
第3章 先手右玉▲7七銀型対居飛車 ・先手右玉7七銀型対居飛車
・後手△9四歩
・後手△7三桂
・後手△4二金右
・後手△6五歩
・後手一直線に穴熊に
42p
第4章 後手右玉千日手成立の有無 ・後手右玉千日手成立の有無 10p
第5章 いろいろな右玉の変化 ・地下鉄飛車(1)(2)
・対銀冠(1)(2)
・△5四角の攻防(1)〜(3)
・対一手損角換わり
・ダイレクト向かい飛車対策
・相右玉の戦い
52p
第6章 角換わり右玉自戦記 ・全国優勝のかかった大一番−対吉田正和戦
・対振り飛車会心の一局−対山寺清志戦
44p
終 章 各章のまとめ   12p

・【コラム】奨励会(1)/奨励会(2)/大学将棋/麻雀/職団戦/くるくる

◆内容紹介
本書のテーマは角交換型の右玉戦法です。相手が居飛車なら右玉、振り飛車なら左玉にして、作戦勝ちを狙います。この戦法のスペシャリストである著者が、駒組みの手順や飛車先交換に対する反発の仕方、桂頭を狙われたときの受け方など、ポイントを詳しく解説しています。
右玉は「玉が薄くてやる気はしないが、やられてみると意外に困る」という、ちょっと不思議な戦法です。これは通常とは異なる感覚が必要で、勝敗が知識と経験に左右されやすいからです。本書で右玉の戦い方のコツをつかんで、実戦に役立ててください。

角交換右玉を解説した本。著者の細川氏は元奨励会員で、現在はアマ強豪。(※余談:安食総子女流初段の夫)

基本図右玉と一口に言っても、中飛車から発展する形や、一手損角換わりで先手が1筋を詰めた形などいろいろある。

本書では角交換型の右玉を解説。▲7六歩△3四歩なら▲2二角成△同銀▲6八銀(基本図→)とし、相手の対応によって指し手を決めていく。3手目角交換で手損してでも右玉戦に持ち込むのである。利点としては、角が目標になるのを避けていると同時に、「右玉は金銀のバランスがいいので、角は手持ちのほうが相手の駒組みをけん制でき、主導権を握れる」(p10)とのこと。

なお、特に後手番で角交換できない場合は、本戦法は不可。2手目△8四歩の場合については第3章を参照。

第1章〜第5章について、各章の内容を図面を用いながら説明していこう。……レビューの続きを読む(2009May08)


飯島流引き角戦法 MYCOM将棋ブックス
飯島流引き角戦法
個別ページへ
飯島栄治
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-2248-9
2006年12月
\1,449(5%税込)
224p/19cm
   
第1章 対先手四間飛車編    
第2章 対先手中飛車編    
第3章 対先手向かい飛車編    
第4章 先手引き角戦法    
第5章 自戦記編 対 佐々木慎四段
対 中村太地四段
 
第6章 まとめ    

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
振り飛車相手に苦戦している方に「飯島流引き角戦法」はオススメです。
本書は画期的な振り飛車対策で、
角道を突かずに玉を囲う新作戦です。
対振り飛車に急戦を用いるのは玉が薄くて勝ちきるまでは難しい。そうかといって居飛車穴熊に組もうとしても、藤井システムを始め、色々な対策の前に苦戦をしいられます。
本戦法は安全に玉を堅く囲えるのが大きな特長で、玉の堅さに重きを置く現代将棋にマッチしているといえます。組み上げるまでの手順も簡単で、難しい定跡手順を覚える必要はありません。

推薦の羽生善治三冠が「25年後にはみんな角道を突かなくなっているかもしれません」といっているように、この戦法は従来の将棋観を大転換させるターニングポイントになるかもしれません。
あなたも新しい感覚を取り入れてみませんか?

 


武市流力戦筋違い角の極意 プロの将棋シリーズ(4)
武市流力戦筋違い角の極意
個別ページへ
武市三郎
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1093-6
2003年5月
\1,300
222p/19cm

[総合評価]
C

難易度:★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜有段向き
  プロローグ   6p
第1章 △5五歩型 (1)▲6七角型 (2)三間飛車転換型 (3)向飛車型 34p
第2章 歩越し△5四銀型 (1)先手高美濃型 (2)△4五歩位取り-△2二玉型
(3)△4五歩位取り-△4四銀型
34p
第3章 相筋違い角型 (1)△5五歩位取り型 (2)後手左銀繰り出し型 (3)△4五歩位取り型 34p
第4章 その他の型 (1)歩を取らない筋違い角 (2)△筋違い角 (3)△6二飛〜△4二飛型 30p
第5章 実戦編 自戦記=6局 73p

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
序盤の一歩得。これがささいであるわけない。「先に角を手放して損」という人もいるが、「持ち駒は遊び駒」というプロ棋士も少なくはない。

筋違い角の戦法解説書。

一口に筋違い角といっても、いろいろある。

 (1)角換わりからの筋違い角(手損なし)
  ▲7六歩△8四歩▲2六歩△3二金▲2五歩△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△2二銀▲4五角
 (2)3手目角交換からの筋違い角(先手が手損)
  ▲7六歩△3四歩▲2二角成△同銀▲4五角
【第1図】

【第1図】筋違い角基本図【第1図】筋違い角基本図

この「3手目角交換」の方は、誰もが初心者のころにやられた経験があるはずである。序盤で1歩の損得ができるので、これがイヤで角道を開けなかった人も多いだろう。しかし、棋力が上がるにつれ、だんだんと遭遇する機会が少なくなる戦法でもある。とある本には、「筋違い角が通用するのはせいぜいアマ二段まで」と書いてあった。

また、▲3四角と1歩をかすめたあとの展開もいろいろある。

 (1)角を右に引くか左に引くか
 (2)居飛車から振飛車か


本書は、プロの実戦で筋違い角を60局以上指している著者が、プロにも通用する筋違い角戦法を解説したものである。

本書では、3手目角交換の筋違い角から振飛車(主に▲6七角型四間飛車【第2図】))に絞って研究されている。……レビューの続きを読む(2008Sep02)


高田流 新感覚振り飛車破り
zoom
高田流 新感覚振り飛車破り
個別ページへ
高田尚平
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-0395-6
2000年9月
\1,200
221p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★★
図面:見開き3〜4枚
内容:(質)A(量)B+
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
上級〜有段向き
第1部 対四間飛車
変幻位取り戦法
対四間飛車変幻位取り戦法のきっかけと概要 126p
(1)▲2六歩型 ・△5四歩型(1局)
・6筋争点型(3局)
・6筋位取り型(3局)
(2)飛車先不突型 ・後手番(3局)
・先手番(3局)
対四間飛車変幻位取り戦法のポイント
第2部 左玉戦法 左玉戦法のきっかけと概要 68p
(1)変幻位取り戦法からの左玉 ・対穴熊(1局)
・△三間飛車への変化(1局)
・△中飛車への変化(1局)
(2)相振り飛車からの左玉 ・対穴熊(2局)
・対金無双(1局)
(3)対中飛車力戦左玉 (1局)
左玉戦法のポイント
  棋譜解説 第1部・第2部の実戦の中終盤の解説 21p

◆内容紹介(「はじめに」より抜粋)
本書で取りあげる振り飛車対策は、ちょっと変わった作戦です。

特に第1部の対四間飛車変幻位取り戦法は、急戦と持久戦ともはっきり区別のできない作戦で、はじめて見る方は面くらうことと思います。また指しこなすまでには、かなりの時間がかかるかもしれません。しかしいくつかの難所を乗り越えてしまえば、思わぬ作戦勝ちの局面が待っていることもしばしばです。

もうひとつの左玉戦法は持久戦調の指し方。2つの戦法の共通した考え方は、盤面を広く使うこととバランス感覚です。

私の実戦を題材に体系的に解説していきます。またこの2つの戦法を通して、少しでも序盤の考え方を修得していただけたらと思います。

高田流の解説書。1999年10月〜2000年4月に「週刊将棋」に連載された講座を大幅に加筆・再構成したもの。

高田流は、基本的には対四間飛車の作戦である。元々の狙いは玉頭位取りで、天敵である△4四銀型を防ぐために序盤から工夫を凝らしている。

四間側は、あっさり玉頭位取りの理想形にされるわけにはいかないので、さまざまな反発をしてくる。それに対応すると、相振り型も含めて非常にバリエーションが出てくるのが高田流の特徴。一見、力戦のように見えるが、いくつかの思想が込められており、ある程度のパターンが出てくる。

本書は、高田流の考え方を、高田の実戦20局をベースに解説したものである。


高田流の基本的な流れを見ていこう。……レビューの続きを読む(2016Jun21)


超過激!トラトラ新戦法
zoom
超過激!トラトラ新戦法
ぶっちぎりで勝つ
個別ページへ
田中寅彦
日本将棋連盟
ISBN:4-8197-0360-9
1999年12月
\1,200
231p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★★
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:B+
読みやすさ:A
上級〜有段向き
第1章 対振飛車
「串カツ囲い」
・▲串カツ囲いvs△四間飛車(3局)
・▲四間飛車vs△串カツ囲い(1局)
32p
第2章 自分の土俵で
「無理矢理矢倉」
・▲腰掛銀三手角vs△無理矢理矢倉(2局)
・▲腰掛銀右四間飛車vs△無理矢理矢倉(1局)
・△超急戦向飛車(1局)
・これがホントの居飛車穴熊(3局)
66p
第3章 超過激
「田中流棒銀」
・▲角換わり棒銀vs△1三桂型(2局)
・▲角換わり棒銀vs△2四歩型(1局)
・▲角換わり棒銀vs△2二銀型(1局)
・▲矢倉棒銀(2局)
50p
第4章 後手でも主導権を
「矢倉早囲い」
・△矢倉早囲い+7三銀戦法(4局)
・△矢倉早囲い+棒銀(2局)
53p
  参考棋譜 第1章〜第4章の実戦の総譜(24局) 24p

【ミニコラム】今がチャンス!串カツ囲い/矢倉党に贈る無理矢理矢倉/将棋の原点 超過激「田中流棒銀」/スピード時代の矢倉早囲い

◆内容紹介(まえがきより抜粋)
本書では、居飛車穴熊、飛先不突き矢倉以降の、つまり現在の田中流をすべて披露した。一読してもらえば、それらすべてに“相手よりも安定した玉形を作り、常に先攻する”という一貫した“思想”が流れていることを理解されるはずだ。そしてこの“玉形”と“先攻”こそが現代の主流となり得る戦法の二代要素なのだ。

ユニーク戦法の解説書。

田中寅彦は、「序盤のエジソン」として知られている。エジソンといえば発明家だが、田中は序盤の手順にいつも工夫を考えており、現代将棋の序盤戦術に大きな影響を与えてきた。特に1980年代の「居飛車穴熊」と「飛先不突き矢倉」での貢献は大きい。

「居飛車穴熊」という囲い自体は以前からあったが、田中はそれを戦法化し、「相手より堅く囲って攻める」という思想を盛り込んだ。また、「飛先不突き矢倉」では、「不急の一手を後回しにして、もっと有効な手を指す」という考え方を明確にした。いずれも、現代将棋で強く意識されているものである。

田中は、この2つの作戦にとどまらず、様々な序盤戦術を試行してきた。オリジナリティ溢れる作戦もあり、すでに指されている作戦の改良もあり、アマ発の作戦のプロ化もあり……田中の新作戦に対する意欲は、1990年代もますます盛んであった。

本書は、田中の1990年代の愛用作戦を、実戦譜をベースに解説した本である。

各局の解説は、基本的には初手から投了まで。棋譜によっては、序盤や終盤が省略されていることがある。その場合は、巻末に総譜が添えられているので、並べてみよう。なお、巻末の棋譜には解説は付いていない。


本書は4章に分けられているが、もう少し詳しく見ると6つの戦型に分かれていると思う。各戦法の特徴を、図面を添えて紹介していこう。……レビューの続きを読む(2016Jun27)


雁木でガンガン!!
zoom
森内優駿流棋本ブックス
雁木でガンガン!!
破壊力抜群の痛快!必殺戦法
個別ページへ
小暮克洋/著
森内俊之/監修
主婦と生活社
ISBN:4-391-12325-8
1999年10月
\950
191p/19cm
   
第1章 雁木「基本編」 ・雁木「基本編」・全体構造樹形図
・雁木の基本的な駒組み
・▲6五歩vs△3一角型=角筋を生かしてガンガン攻めろ!
・▲6五歩vs△2二角型=攻めに守りに臨機応変
・△6四歩vs▲5九角型=角を転回じっくり攻めろ!
88p
第2章 雁木「応用編」 ・後手4筋不突き型攻略法
・後手居角速攻押さえ込み
・後手居角棒銀迎撃法
・後手矢倉一段玉撃破法
・後手カニ囲い型急戦封じ
・角交換型雁木対処法
・後手腰掛銀居飛穴対策
・相雁木主導権掌握法
64p
第3章 雁木「技術編」 実戦次の一手=15問 31p

◆内容紹介
“雁木”は、江戸時代の檜垣是安という人が考案した由緒正しい戦法。攻守にバランスのとれた手厚い構えに特徴があり、長く指し継がれてきた。ただ誕生当初から、守り主体の力戦志向の戦法とされ、“矢倉”のようなポピュラーな地位を確立するには至らなかった。そんな“雁木”を、攻撃主体の現代将棋に合うようにアレンジし、新定跡として体系化したのが本書。

 


英春流将棋入門
zoom
三一将棋シリーズ
英春流将棋入門
必殺〈かまいたち戦法〉ダイジェスト編
個別ページへ
鈴木英春
三一書房
ISBN:4-380-97266-6
1997年8月
\1,800
234p/19cm
   
第1章 総合戦法・英春流
へのいざない
・将棋戦術について
・英春流の狙いと指し方のポイント
16p
第2章 対四間飛車
の指し方
(1)穴熊 (2)美濃囲い(先手番) (3)美濃囲い(後手番)
(4)△5四歩阻止型 (5)△4五歩阻止型 (6)△6四歩阻止型
30p
第3章 対三間飛車
の指し方
(1)4五歩早仕掛け速攻型(後手番)
(2)磁石飛車vs△2二角、二枚替え型
(3)△3ニ金受けvs▲4五銀ぶつけ型
(4)▲2二角vs△4六角、▲4七銀決め型
(5)▲4四歩取りこみvs△3二歩決め型
(6)△3一銀据え置き、角交換型 (7)▲4八飛vs△3三桂受け型
(8)△3四飛+3三角受け型 (9)升田式石田流封じ
38p
第4章 対中飛車
の指し方
(1)▲4五歩早仕掛け・速攻型 (2)磁石飛車
(3)△5五歩vs▲4五歩クロスカウンター型
(4)△5五歩位取らせ(▲5六歩仕掛け型)
(5)△5五歩位取らせ(▲5五歩奪回型)
(6)△5五歩位取らせ(▲5五歩反撃型)
26p
第5章 必殺19手定跡 ・英春流の世界
(1)一直線型 (2)左右分断型 (3)横歩取らせ型
22p
第6章 対居飛車
の指し方
・居飛車かまいたちの陣
・△6二銀の発見
(1)矢倉 (2)角交換(先手番) (3)角交換(後手番)
(4)雁木 (5)飛先交換棒銀 (6)ヒネリ飛車 (7)腰掛銀速攻
 
第7章 必殺右四間 ・なぜ右四間なのか
(1)雁木 (2)右玉(後手番) (3)矢倉(後手番)
 

◆内容紹介
既成の定跡すべてに対抗できる総合戦法、英春流・かまいたち戦法。その対振飛車・19手定跡・右四間・陽動振飛車の各戦法のポイントを、初級者用にわかりやすく解説した入門書。

 


筋違い角と相振り飛車
zoom
森内優駿流棋本ブックス
筋違い角と相振り飛車
ライバルに勝つ(秘)作戦
個別ページへ
木屋太二/著
森内俊之/監修
主婦と生活社
ISBN:4-391-12041-0
1997年7月
\900
191p/18cm

[総合評価]
B

難易度:★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜有段向き
※詳しい内容は個別ページ参照
第1章 新感覚筋違い角 ・プロローグ 筋違い角ストーリー
(1)筋違い角居飛車編 急戦型
(2)筋違い角居飛車編 持久戦型
(3)筋違い角振り飛車編 急戦型
(4)筋違い角振り飛車編 持久戦型
92p
第2章 超感覚相振り飛車 ・プロローグ 相振り飛車ストーリー
(1)相振り飛車 対三間飛車編 急戦型
(2)相振り飛車 対三間飛車編 持久戦型
(3)相振り飛車 対四間飛車編 急戦型
(4)相振り飛車 対四間飛車編 持久戦型
90p

・「優駿流ワンポイントアドバイス」(1)〜(8)

◆内容紹介
将棋に必勝法はないといわれる。たしかに優秀な戦法はあっても必勝法はない。それが現実だ。本当に必勝法はないのだろうか…。その必勝法に限りなく近づこうというのが本書のねらいである。

筋違い角と相振飛車の戦法解説書。

第1章は筋違い角。筋違い角は「3手目角交換」と「角換わりから〜」の2種類あるが、本書のものは3手目角交換タイプで、初手から▲7六歩 △3四歩 ▲2二角成 △同銀 ▲4五角と進む。縁台将棋で
はおなじみの戦法だが、プロでは一歩得よりも手損と生角を手放した損が重視され、指す人は少なかった。

本書では従来の筋違い角を大幅に改良。▲5六角とは引かず、▲1六角(居飛車、【第1図】)や▲7八角(振飛車、【第2図】)or▲6七角と引くのが特徴。これによって、角をいじめられる展開が激減する。さらに、歩を奪った3筋をぐいぐい伸ばして拠点にしたり、得した一歩で攻撃するなど、非常に「攻撃力のある戦法」になっている。
【第1図】新・筋違い角(居飛車)【第2図】新・筋違い角(振飛車)【第3図】超感覚相振飛車

「こんなに上手くいくのかな?」とは思ってみたものの、上手く咎める方法は見つからなかった。とすれば、手得を生かして相筋違い角にするしかないのだろうか?得意戦法を探している人は必見(英春流よりはシンプルで使いやすそう)。

第2章は相振飛車で、向飛車を解説。「なんだ、向飛車なら普通じゃん。」と思うかもしれないが、慌てない、慌てない。囲いが違うのである。相振飛車の囲いといえば、金無双、美濃、穴熊、矢倉の4つが普通だが、本書の相振飛車はなんと“右中原囲い”なのである。(【第3図】

△3六歩の拠点はあるし、壁銀だし、中原囲いは玉頭攻めが痛いし…と、これで良くなるような気はしないのだが…。急戦に強く、持久戦なら銀冠への発展があるということで、案外指せているようなのである。個人的には普通に指した方が勝てそうなのだが、他人と同じ事をしたくない人にはオススメの戦法である。

どちらの章も「後手が普通の指し方をした場合は優勢に」「後手が対策を凝らしてきても十分指せる」という展開になっている。実際はどちらも手将棋模様になりやすいので、実戦で試してみる必要があるが、まず本書を読んでポイントとコツをつかんでおくと良い。そんなに緻密な解説ではなかったが、読んでいて結構面白かった。

不思議なのは、どうしてこの2戦法が同じ本で解説されているのか?その謎は解けないままだった……。

なお、このシリーズ共通で、大きな盤面図には活字ではなく「巻菱湖」の駒形が使われている。他書ではみづらく感じることがあったが、本書の場合は特に気にならなかった。(2006Jul29)

※本書は図書館で借りたのだが、114pに「△3五飛ならどうするんだ?!」という書込みがあった(書き込まないでよヽ(`Д´)ノ)。次の△7五飛には▲3六飛とできるので、放置で良いとおもう。


後手無理矢理矢倉
zoom
カバー全体
後手無理矢理矢倉
矢倉はエジソンに聞け!
個別ページへ
田中寅彦/著
週刊将棋/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-89563-631-3
1995年5月
\1,165
222p/19cm

[総合評価]
D

難易度:★★★
図面:見開き1〜2枚
(写真挿入あり)
内容:(質)B(量)C
レイアウト:B
解説:B
読みやすさ:B
中級以上向き
プロローグ=46p(復習問題13問)
研究編=40p(3局、復習問題6問)
実戦編=84p(5局)
次の一手編=47p(23問)

◆内容紹介
飛車先不突矢倉を駆使して棋界を暴れ回る序盤術の天才が後手番の秘策を大公開。
△無理矢理矢倉の解説本。

通常の矢倉は▲7六歩△8四歩から始まるが、ここから先手は角換わりにする権利も持つ。それを不満として、後手が矢倉に誘導して、さらに主導権も握ろうというのがこの後手無理矢理矢倉戦法。▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲2五歩△3三角から矢倉を目指す。先手の対策によっては向飛車も指しこなす必要があるので、一長一短だ。

プロローグでは本戦法の序盤の基礎知識を解説。研究編と実戦編はどちらも実戦をもとに解説されていて、似たような内容だ。

次の一手問題が多い分、実際の内容はやや薄めになっている。この本で基礎部分を押さえたら、あとは実戦で試すか、棋譜を数多く並べよう。(2002May25)


英春流将棋問答 三一将棋シリーズ
英春流将棋問答
必殺〈かまいたち〉戦法 虎の巻編
個別ページへ
鈴木英春
三一書房
ISBN:4-380-95214-2
1995年3月
\1,650
234p/19cm
   
第1章 将棋問答
第2章 巡回教室
第3章 全国タイトルへの挑戦

◆内容紹介
既刊「英春流四部作」の反響は大きく、全国から問い合わせが殺到。それらにズバリ答える「将棋問答」と、実戦心理や序・中・終盤の戦い方など、勝率アップのためのエキスをたっぷり詰めこんだ〈虎の巻編〉ついに登場。
 


風車の美学
zoom
伊藤果直伝!
風車の美学
個別ページへ
伊藤果/著
週刊将棋/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-89563-601-1
1994年6月
\1,165
223p/19cm

[総合評価]
C

難易度:★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜有段向き
第一章 風車 (序章)
風車の原点/中飛車のパターン/ツノ銀中飛車からの流れ/
風車の陣形/風車の分析/風車の精神
・対居飛車穴熊
・対居飛車穴熊急戦型
・対居飛車穴熊超急戦型
・対左美濃銀冠型(1)(2)
・角交換型(1)(2)
・対3八飛戦法(1)(2)
118p
第二章 新風車 (序章)
新風車の右玉/新風車の分析/新風車の攻守
・角交換型四間飛車(1)(2)(3)
・対3七銀型(1)(2)(3)
・対3八飛型
・持久戦6四角型
99p

◆内容紹介
将棋400年の伝統を破った新戦法「風車」。風車と新風車を合わせた、上級者に対するとっておきの戦法を、強い人に勝てずに困っている将棋ファンに紹介する。

風車の定跡書。…というより、ほとんど実戦解説なので、“風車の戦術指南書”という感じのほうがしっくりする。

風車は下図(1)のように、ツノ銀中飛車に似た戦法である。ただし、玉型は木村美濃ではなく、一路左に寄った形が基本形になる。4八金が5筋をカバーしているのが大きく、対ツノ銀中飛車では成立する仕掛けはほとんど無効になってしまう。逆に風車側の金銀も攻めに使うのは難しい。すなわち、どちらからの仕掛けも難しく、風車は「受け100%」「千日手歓迎」の戦法となる。さらに「自分からは動かない」「あわよくば入玉」というコンセプトもあり、下図(1)から下図(2)に変形すれば理想形となる。玉金飛がくるくる動くところがまさに“風車”である。

受け100%の風車に対し、攻め30%受け70%が下図(3)の新風車。居飛車からの変化だが、銀が5六に出られることと、▲5八金の一手で玉が締まることが大きな特徴。また、風車への移行も可能である。


(1)風車基本形


(2)風車理想形


(3)新風車基本形

本書は、本家・伊藤果の実戦を題材に解説している。総譜の掲載はなく、序盤と終盤はカットされていることもある。あまり風車と関係ない“終盤自慢”のような部分もあったり…全体的にやや中途半端。もう少し定跡解説部を増やしてくれると良かったんだけど…特にツノ銀中飛車との違いを明確にしてほしかった。

ただし、σ(^-^)は風車対策を知りたくて本書を読んだのだが、風車の狙う駒組み・風車の気持ちを少しは理解することができた。特に風車と新風車の違いが分かったのは収穫でした。(2003Aug13)


必殺!陽動振飛車 三一将棋シリーズ
必殺!陽動振飛車
英春流〈かまいたち〉戦法 番外編
個別ページへ
鈴木英春
三一書房
ISBN:4-380-93204-4
1993年1月
\1,553
234p/19cm
   
第1章 つくつくぼうし戦法
第2章 陽動振飛車
第3章 限りなく拡がる序盤戦術

◆内容紹介
英春流3部作でさんざん苦しめられた振飛車党の皆様のために、著者が“贖罪”の気持ちをこめて書き下ろした〈番外編〉ここに登場。「英春流陽動振飛車」の奏でる大駒の舞をぜひご堪能のほどを…。
 


右玉伝説
zoom

(文庫版)
右玉伝説(MYCOM将棋文庫)
秘法巻之四
右玉伝説
個別ページへ
週刊将棋/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-89563-556-2
1991年11月
\971
205p/19cm
   
MYCOM将棋文庫(17)
右玉伝説
右玉の秘法を伝授
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-1211-4
2003年8月
\700
232p/16cm
第1章 風車右玉 バランス最高の駒組みで
地下鉄飛車の威力抜群
90p
第2章 矢倉右玉 柔軟な守備力と反発力は
矢倉後手番の有力作戦
72p
第3章 右玉七変化 無限の右玉バリエーション
変幻自在の指し回し
36p
第4章 右玉実戦編 (文庫版のみ収録) 16p

【特別講義】後手棒銀VS右玉(1)(2)(3)(4)|腰掛け銀VS右玉|矢倉潰しの右玉(1)(2)(3)

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
「右玉」は、柔軟性とカウンター戦術を武器とするアマチュア間で人気の高い戦法だ。相手の攻めを巧みに受け流し、鋭く反撃する指し口は、まるでマタドールになったかのような独特の快感を味あわせてくれる。本書は「風車右玉」「矢倉右玉」をはじめ、右玉戦法を広範に収録した初めての定跡本だ。
また、文庫化にあたって、最新の研究を解説した書き下ろし16ページが加筆された。

 


必殺!右四間
zoom
裏表紙
三一将棋シリーズ
必殺!右四間
英春流〈かまいたち〉戦法 完結編
個別ページへ
鈴木英春
三一書房
ISBN:4-380-91238-8
1991年10月
\1,600
234p/19cm
   
第1章 必殺右四間 なぜ右四間なのか/雁木殺しの決定版
(1)雁木型 実戦例 1〜6
(2)右玉型 実戦例 1〜6
(3)矢倉型 実戦例 1〜8
148p
第2章 かまいたちパートU (1)三間飛車 実戦例 1〜4
(2)中飛車 実戦例 1〜3
(3)四間飛車 実戦例 1〜3
58p
  理解度テスト 英春流次の一手=20問 20p

◆内容紹介(はじめにより抜粋)
「必殺右四間」は、相手が振飛車でくるか居飛車でくるのか態度をはっきりさせない“なまくら”用に開発した戦法で、「雁木」「右玉」「ウソ矢倉」の三つを主な対象にしている。対振飛車用には「かまいたちパートU」という右四間があってすでに紹介済みだが、これも「その後のパートU」という題で第2章に補足、書き加えておいたので、この本を熟読すれば「右四間」の権威になれるかも。

 


雁木伝説
zoom

(文庫版)
雁木伝説(MYCOM将棋文庫)
秘法巻之壱
雁木伝説
個別ページへ
週刊将棋/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-89563-552-X
1991年8月
\971
214p/19cm

[総合評価]
A

難易度:★★★☆
図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
中級〜上級向き

MYCOM将棋文庫(2)
雁木伝説
雁木の秘法を伝授
個別ページへ
毎日コミュニケーションズ/編
毎日コミュニケーションズ
ISBN:4-8399-0882-6
2002年11月
\700
240p/15cm
第1章 攻める雁木 飛角銀桂を最大限に活用した、
雁木の攻めの基本を伝授
34p
第2章 三手角雁木 角をすばやく右翼に転換し、
攻めの理想形を実現させる
24p
第3章 盛り上がる雁木 自陣の厚みを生かして、
敵の攻め駒を押し潰す
28p
第4章 超急戦雁木 自陣の整備を省略して、
電光石火の攻撃を敢行
20p
第5章 5六銀型雁木 5筋の歩を交換して強力な攻撃形を
築き、敵陣を圧倒
36p
第6章 変則攻撃雁木 雁木の攻めを警戒する敵陣に、
変則攻撃を強行
36p
第7章 角交換雁木 角交換を許しても、
雁木の攻めは止まらない
28p
第8章 最新の雁木 (文庫版のみに収録)  

その他、特別講義=17項

雁木の専門書。雁木は非常に破壊力のある戦法で、なにか得意戦法を持ちたい攻め好きの居飛車党にはピッタリの戦法だ。特に「矢倉のような将棋が好きだけど、矢倉の7七銀型がどうも気に入らない」と思ってる方には最適だろう。しかし、雁木について詳しく書かれた本は『雁木でガンガン!』と本書くらいしかない(2003年4月現在)。

本書では雁木の様々なバリエーションを分かりやすく解説している。雁木は攻め倒す印象が強いが、平手将棋に必勝法なし、相手が正確に受けに回ればいつも攻め切れるとは限らない。ときには受けに回ったり、玉頭を盛り上がって作戦勝ちを目指す指し方も必要になる。角筋を生かした攻め方は急戦藤井システムと似たところがあるので、四間飛車党が読んでも参考になりそう。雁木に悩まされている人も、雁木の気持ち(やりたいと思っていること)を知るために読んでおきたい。

ただし、常に雁木スタンスで解説されているため、ほぼ互角の局面でも「雁木側が指せる」となっていることが多い。また、どの章も組み上げるまでの駆け引きについては書かれておらず(巻末に組み上げまでの手順が載っているだけ)、いつも雁木側がやや作戦勝ちの局面から始まっているので、実戦で試すときには注意が必要。

なお、文庫版には「第8章:最新の雁木」が追加されているので、オリジナル版を持っている人も立ち読みくらいはしておくといい。(2003Apr10)


必殺!19手定跡
zoom
裏表紙
三一将棋シリーズ
必殺!19手定跡
英春流〈かまいたち〉戦法 居飛車編
個別ページへ
鈴木英春
三一書房
ISBN:4-380-90211-0
1990年4月
\1,600
234p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★★
図面:見開き2〜4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
解説:B
読みやすさ:B
上級〜有段向き
第1章 必殺19手定跡 英春流の世界
(1)一直線型 (2)左右分断型 (3)横歩取らせ型
80p
第2章 総合戦法への旅立ち 英春流のルーツを探る/居飛車・かまいたちの陣
/△6二銀の発見/総合戦法への旅立ち
66p
第3章 各戦法VS英春流 (1)矢倉 (2)矢倉中飛車 (3)角交換-上 (4)角交換-下
(5)雁木 (6)右玉 (7)飛先交換早繰り銀 (8)飛先交換腰掛銀
(9)ひねり飛車 (10)腰掛銀速攻
80p

◆内容紹介(はじめにより抜粋)
本書では、英春流の世界である「必殺19手定跡」をメインに、そして、どのようにして英春流が完成されたのかを示す「総合戦法への旅立ち」と、持久戦になった場合の「各戦法vs英春流」の三部に分けて紹介しようと思う。

英春流・対居飛車の解説書。

英春流は、著者の鈴木英春(すずき・えいしゅん)氏が開発したユニーク戦法である。先手番では▲7六歩△○○○▲4八銀、後手番では▲7六歩△6二銀という出だしが特徴。奇襲的な要素もあるが、相手がどのように来ても対応できる「総合戦法」を標榜している。わずかに損な部分もあるようで、プロで指す棋士は少ないが、羽生が若手時代に連採したこともある。

前著『必殺!かまいたち戦法 英春流のすべて』(鈴木英春,三一書房,1988)で記された「英春流・かまいたち戦法」は対振飛車用で、「駒がぶつからないうちに相手を斬っている」のが名前の由来。一方、本書の「19手定跡」は、英春流の対居飛車での序盤定跡で、初手から10手前後で激しく駒の取り合いが行われ、3つの主要変化ではいずれも19手で優勢になる、というところから名付けられている。


各章の内容と、対居飛車の英春流の概要をザッと紹介していこう。……レビューの続きを読む(2012Aug08)


必殺!かまいたち戦法
zoom
裏表紙
三一将棋シリーズ
必殺!かまいたち戦法
英春流のすべて
個別ページへ
鈴木英春
三一書房
ISBN:4-380-88237-3
1988年6月
\1,600
234p/19cm
   
英春流とは何か 将棋と私/棋風について/将棋の考え方/強さとは何か 30p
対四間飛車の指し方 (1)穴熊 (2)美濃囲い<4五歩・4四銀型> (3)美濃囲い<その他>
(4)△5四歩阻止型 (5)△6四歩阻止型
68p
対三間飛車の指し方 (1)4五歩早仕掛け・速攻型 (2)磁石飛車・2二角、二枚替え型
(3)3二金受け・4五銀ぶつけ型 (4)2二角・4六角、4七銀決め型
(5)4四歩取り込み、3二歩決め型 (6)角交換型<3一銀据え置き型>
(7)4八飛・3三桂受け型 (8)3四飛・3三角受け型 (9)升田式石田流封じ
76p
対中飛車の指し方 (1)4五歩早仕掛け・速攻型 (2)磁石飛車
(3)5五歩位取らせ<5六歩仕掛け型> (4)5五歩位取らせ<5五歩奪回型>
(5)5五歩位取らせ<5五歩反撃型>
40p
理解度テスト 英春流次の一手=12問 12p

◆内容紹介(はじめにより抜粋)
英春流「かまいたち」は、対四間飛車穴熊用に編み出した“駒がぶつからないうちに相手を斬っている”という(中略)まったく新発想のオリジナル戦法で、英春流発祥の戦法でもある。四間穴熊用を幅広く四間飛車全般に使えるように改良。加えて三間飛車・中飛車用には別の破壊力抜群の速攻戦法「かまいたちパート2」を創って対振飛車戦を完成。そして居飛車戦にも独自の戦法をそれぞれに開発して、今ここに英春流「かまいたち」という総合戦法が完結したのであった。

 


(ポケット版)
型破り振飛車の急所(ポケット版)
zoom

(DELUXE版)
型破り振飛車の急所
zoom
将棋タウンさんthx!
王将ブックス ポケット版
─実戦振飛車シリーズW
型破り振飛車の急所
個別ページへ
北村昌男
北辰堂
0376-72028-7731
1975年10月
\380
158p/15cm

[総合評価]
C

難易度:★★★☆
図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜上級向き
王将ブックスDELUXE版
―実戦振飛車シリーズ(4)
型破り振飛車の急所
個別ページへ
北村昌男
北辰堂
ISBN:4-89287-083-8
1987年3月
\800
158p/19cm
第1章 ▲4六銀型中飛車 26p
第2章 ▲5五歩交換中飛車 10p
第3章 △4四角型中飛車 20p
第4章 △3四金型四間飛車 30p
第5章 ▲7六銀型四間飛車 20p
第6章 ▲7五歩型三間飛車 30p

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
振飛車戦法が全盛の昨今ですが、皆さんの振飛車はプロの対局と同じ型にはまった定跡形が主力となっています。たまには相手の意表を衝いた“型破り”の振飛車も面白いのではないでしょうか。実力の向上にも役立ちますし、なんといっても、好敵手がまごつく姿がたのしいものです。

“普通ではない”振飛車の戦法解説書。

第1章〜第3章は力戦的な中飛車。第4章〜第7章は序盤で▲7五歩(△3五歩)と位を取る戦型で、金銀や飛の活用でまったく違う性格になってくる。

各章の構成は、基本的な狙い筋、相手が超急戦で反発して来た場合の対応、持久戦の一例など。いろんな形を紹介しているため、各章の内容は薄めになっている。

各戦型を少し紹介しておこう。……レビューの続きを読む(2007Jun01)


(ポケット版)
魚釣り戦法右四間飛車(ポケット版)
zoom

(DELUXE版)
魚釣り戦法右四間飛車
zoom
将棋タウンさんthx!
王将ブックス ポケット版
特殊戦法シリーズV
魚釣り戦法右四間飛車
個別ページへ
佐藤大五郎
北辰堂
0376-66024-7731
1974年6月
\380
158p/15cm

[総合評価]
B

難易度:★★★☆
図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜上級向き
王将ブックス DELUXE版
E 特殊戦法シリーズ(3)
魚釣り戦法右四間飛車
個別ページへ
佐藤大五郎
北辰堂
ISBN:4-89287-068-4
1987年3月
\800
158p/19cm
第1章 魚釣り戦法
(△四間飛車vs▲右四間飛車)
(1)基本定跡
(2)裏定跡(△3二銀待機)
(3)裏定跡撃破法(持久戦策)
26p
第2章 一般振飛車 (1)ツノ銀中飛車撃破法
(2)△5三銀型振飛車(大野流)撃破法
(3)向飛車撃破法
34p
第3章 変則戦法 (1)対矢倉模様
(2)対雁木模様
22p
第4章 矢倉戦法 (1)千日手定跡
(2)新旧対抗型
(3)位取り急戦矢倉
(4)三手角作戦1.位取り対抗法
(5)三手角作戦2.急戦対抗法
(6)天王山△3三角戦法
60p
第5章 腰掛銀戦法
(角換わり相腰掛銀)
・升田定跡 12p

◆内容紹介
右四間飛車は居飛車を二つ左に振るもので積極的な攻め方です。融通性に富んでおり、対振飛車・対居飛車のいずれにでも登場し、強大な破壊力を見せてくれます。

右四間飛車戦法の解説書。

もう少し正確に言うと、本書は「右四間飛車戦法の解説書」ではなく、「右四間(先手なら4筋)に飛を振って戦う指し方の解説書」である。序盤から右四間に構える戦法だけでなく、持久戦調の駒組みから右四間に構え直すもの、相手の位取りにカウンターをかける形で右四間になるものなど、最初から狙ってできるものではない指し方も解説されている。……レビューの続きを読む(2010Feb22)


将棋新書 第8
筋違角棒銀戦法
加藤治郎
野口書店
ISBN:
1952年
\
158p/18cm
   
 
 


トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > ユニーク戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved