2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋の教科書 現代振り飛車

< | No.1048 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋の教科書 現代振り飛車
将棋の教科書 現代振り飛車
zoom
将棋の教科書 現代振り飛車 [総合評価] B

難易度:★★★
   〜★★★☆

図面:見開き3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:
中級〜上級向き

【著 者】 鈴木大介
【出版社】 日本将棋連盟/発行 マイナビ/販売
発行:2013年3月 ISBN:978-4-8399-4638-8
定価:1,575円(5%税込) 224ページ/19cm


【本の内容】
第1章 序盤編 第1節 石田流三間飛車の序盤
第2節 先手中飛車の序盤
第3節 角交換振り飛車の序盤
78p
第2章 中盤編 第1節 石田流三間飛車の中盤
第2節 先手中飛車の中盤
第3節 角交換振り飛車の中盤
60p
第3章 終盤編 第1節 石田流三間飛車の終盤
第2節 先手中飛車の終盤
77p

・【コラム】(1)対局の必需品<扇子> (2)我が家の愛犬 (3)揮毫する言葉

◆内容紹介
日本将棋連盟が初段までの道のりを強力にサポートする「
将棋の教科書シリーズ」の第4弾!!今回は現代振り飛車を扱います。現代振り飛車とは今、まさに定跡が形作られようとしている流行形、具体的には石田流、中飛車、角交換四間飛車を指します。
本書では、それらの戦型の駒組みから終盤のコツまでを鈴木大介八段が丁寧に解説しています。流行形を指してはみたいもののなかなか自信が出ない方、あるいは指してはいるものの今いち急所がつかめていない方などにとってはまさに必読の一冊といえるでしょう。

鈴木八段の振り飛車の教科書最終巻、ぜひ手にとって読んでみてください。


【レビュー】
角交換系振り飛車の戦い方を解説した本。

角道を止める「ノーマル振飛車」は、振飛車の基本ではあるが、最近あまり人気がない。やはり、居飛車穴熊に対して勝ちにくいのが原因である。そこで、居飛車穴熊に組みにくくさせるため、いつでも角交換がある振飛車を採用するのが主流になっていて、「角交換OKの振飛車」を総称して“現代振飛車”と呼ぶ。

現代振飛車党は、先手番のとき、2手目△3四歩なら石田流、2手目△8四歩なら先手中飛車が主軸となる。後手番ではゴキゲン中飛車が基本だが、最近は2手目△3二飛や角交換四間飛車なども選択肢に挙がっている。

本書は、そういった現代振飛車の中でも、比較的分かりやすくて主導権をとりやすい3つの戦法(石田流、先手中飛車、角交換四間飛車)を解説した本である。


「将棋の教科書」シリーズ共通の特徴として、〔右図〕のような縦串・横串の構造がある。(〔右図〕は同シリーズ『将棋の教科書 振り飛車急戦』(鈴木大介,2012.09)のものだが、基本的な構造は同じ)

通常の本では、「戦法Aを序盤から終盤まで解説してから、戦法Bを序盤から終盤まで解説する」という構造を採る。

一方、本書では戦法をちゃんぽんにして、序盤・中盤・終盤の3つに章を分けている。序・中・終盤のそれぞれのステージでは考え方が似ているので、戦法で分けるよりもステージで分けた方が理解しやすいというわけだ。



本書の内容は、チャート化すると〔下図〕のようになる。。序・中・終盤で章が違うので、左端に色帯を付けてみた。なお、終盤編の指し手は一例であり、定跡ではないので、網掛けを施してある。




内容を以下に補足しておく。

〔石田流三間飛車〕
 ・升田式石田流、対△棒金、対△居飛穴の3つ。
 ・対△居飛穴では、角交換挑戦で戦う。他書では▲7七角〜▲7八金〜▲6五歩と角交換挑戦するパターンが多いが、本書では▲8八角のまま▲7八金〜▲6五歩としている。これはタイミングの違いもあり、本書は後手が一目散に穴熊に潜ったため成立するパターン。
  『最新戦法 マル秘定跡ファイル』(村田顕弘,マイナビ,2012.02)
   △3二金〜△5三銀と警戒していたので、▲7七角〜▲7八金〜▲6五歩と角交換挑戦した。
  『石田流の基本 【本組みと7七角型】』(戸辺誠,浅川書房,2012.02)
   △8四飛と警戒してから居飛穴に組んでいたので、▲7七角〜▲7八金〜▲6五歩だった
  『久保の石田流』(久保利明,日本将棋連盟発行,MYCOM販売,2011.03)も同じ。

〔先手中飛車〕
 ・角交換型(△6四銀で5筋歩交換は阻止)、5筋歩交換型(角交換はしない)の2つ。
 ・プロ最前線の局面まで扱っている。
 ・p68の▲6六歩が鈴木の研究手。過去の定跡書(下記参照)では、多少の手順前後はあるが、すべて▲1五歩だった。
  『菅井ノート 先手編』(菅井竜也,マイナビ,2013.01)第6章p236
  『ライバルに勝つ最新定跡』(村山慈明,MYCOM,2010.09)第3章
  『遠山流中飛車持久戦ガイド』(遠山雄亮,MYCOM,2009.11)第2章


〔角交換振り飛車〕
 ・△角交換四間飛車で、▲2五歩と突き越してきた場合の2筋逆襲と、▲2六歩保留の場合の△3四銀型の2つ。
 ・後手番の戦法なので、「便宜上先後逆」の表示になっている。(角交換四間側が手前)

〔終盤戦〕
 ・第3章の終盤戦では、居飛穴攻略の例を2つ解説している。
 ・石田流や▲中飛車の囲いは平べったい片美濃(or本美濃)であることが多いので、ノーマル振飛車の居飛穴攻略(高美濃や銀冠で戦うことが多い)とは少し違ってくる。
 ・プロの実戦をベースにしているので難しい点もあるが、ポイントとなる考え方をマスターしよう。
  「大駒を切ってでも金銀を剥がす」
  「王手のかかる形をできるだけキープする」
  「玉頭の勢力争いに負けない」
  「駒損しても手番を握る」
  など



シリーズの過去3冊と比べ、現在プロでも盛んに指されている将棋を扱っており、全体的な難易度もやや高め。また、角交換OKの振飛車は、序盤に難所があることも多いので、中級以上の方にオススメ。終盤編の大駒を切って居飛穴に絡みつく指し方は参考になるので、ちょっと難しいと思っても繰り返し読み込もう。(2013Jun25)



【関連書籍】

[ジャンル] 
振飛車総合
[シリーズ] 
将棋の教科書シリーズ
[著者] 
鈴木大介
[発行年] 
2013年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋の教科書 現代振り飛車


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved