2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■森下の四間飛車破り

< | No.0074 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 森下の四間飛車破り

zoom

screenshot 1
(自戦記編)
 
screenshot 2
(棋譜解説編)
森下の四間飛車破り [総合評価] S

難易度:★★★★

図面:見開き5〜6枚
内容:(質)A(量)S
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 森下卓
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1996年8月 ISBN:4-89563-657-7
定価:1,942円 270ページ/21cm/H.C.


【本の内容】
・自戦記編=124p(12局)
・棋譜解説編=137p(68局)

◆内容紹介
「森下システム」は矢倉だけではなかった。穴熊に対する自信の戦法「銀冠森下システム」ほか、四間飛車破りの手厚い勝ち方を伝授。デビュー以来平成7年度まで、対四間飛車全80局を一挙掲載。


【レビュー】
森下のデビューからH7年末までの、対四間飛車全棋譜の自戦記。

全80局というたっぷりのボリュームと、しっかりした解説がグッド。自戦記編では、1棋譜あたり10ページを使って、対局時の心情やその戦法を選んだ理由などが書かれている。もちろん解説も申し分ない。棋譜解説編は、1棋譜あたり2ページと簡潔にまとめてある以外は、自戦記編と遜色ない。

戦績は森下の69勝11敗とかなりの高勝率。居飛車先手番は63局。舟囲い急戦・5筋位取り・玉頭位取り・左美濃・居飛車穴熊までほとんどの戦型を網羅している。特に注目は対四間穴熊の銀冠森下システムで、13勝1敗と驚異的だ。なお、右四間飛車は好みに合わないのか、全くなし。対藤井システムもない(時代的にも当然)。

筋が良く、手厚い勝ち方を好む人にはオススメ。無理気味の攻めや一手争いを目指す人にはあまり向いてないかも。(2002July24)



【関連書籍】

[ジャンル] 
実戦集(自戦記)
[シリーズ] 
[著者] 
森下卓
[発行年] 
1996年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 森下の四間飛車破り


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved