2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■対抗形の急所がわかる! 居飛車VS振り飛車の重要テーマ

< | No.1162 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 対抗形の急所がわかる! 居飛車VS振り飛車の重要テーマ
対抗形の急所がわかる! 居飛車VS振り飛車の重要テーマ
zoom
マイナビ将棋BOOKS
対抗形の急所がわかる!
居飛車VS振り飛車の重要テーマ
[総合評価] A

難易度:★★★★☆

図面:見開き4〜6枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:
有段者向き

【著 者】 上村亘
【出版社】 マイナビ出版
発行:2018年1月 ISBN:978-4-8399-6524-2
定価:1,663円(8%税込) 224ページ/19cm


【本の内容】
1 ゴキゲン中飛車対超速の流行図
2 角頭歩戦法の乱戦含みのテーマ図
3 コーヤン流三間飛車
4 4→3戦法
5 先手中飛車対後手持久戦 先手1五歩位取り対銀冠
6 超速対策、銀対抗型で後手5六歩の仕掛け
7 ノーマル四間飛車対居飛車穴熊
8 先手中飛車対居飛車後手6四銀型・先手5五歩の仕掛け

◆内容紹介
今、注目すべき対抗形の重要局面を徹底解説!

本書は、居飛車対振り飛車の戦いにおいて現在将棋界で注目されているテーマを、上村亘四段が深く掘り下げて解説したものです。

先手中飛車、四間飛車対居飛車穴熊、ゴキゲン中飛車対超速など、プロアマ問わず頻出の戦型について取り上げており、居飛車党にとっても、振り飛車党にとってもためになる一冊です。


【レビュー】
居飛車対振飛車の対抗形の最新形を解説した本。

本書では、2014年ごろから2017年11月ごろまでで、プロでよく指されている対抗形の流行戦型を8つ扱っている。

同時期に出版された『振り飛車はどこに行くのか?』(門倉啓太)との大きな違いは、本書は「流行形を、狭く、そこそこ深く」ということ。プロ将棋をよく見ている人にとっては流行形の理解が深まる半面、あまり流行形を指さない人にとっては、自分の将棋では全く現れそうにない局面だったりする。


各テーマの構成は、以下のようになっている。

 (1) 1p: テーマタイトル+簡易チャート (下記の図と内容的に同じもの。弊HPの方がやや見やすいと思います)
 (2) 1p: テーマ図+そこまでの手順+簡単な概要
 (3) 1〜3p: テーマ図の補足
 (4) 本編


特に、(2)で「なぜこの形が流行しているのか」や、「この形に至る前に何に気を付けるべきか」などが書かれているので、非常に理解の助けになる。見逃さないようにしよう。


各テーマの内容を、チャートを添えながら紹介していこう。(※チャートはテーマ図冒頭とほぼ同じ内容。本当はもう少し分岐しています)

テーマ1 ゴキゲン中飛車 対 超速の流行図

▲超速4六銀に対し、後手が左の金銀を不動のまますばやく美濃囲いにして、△4二銀〜△3二金と組んでいる。先に△3二金は、▲7七銀〜▲6六銀〜▲3八飛から歩交換されると、後手の左辺の駒の活用が難しくなることが分かった。先に△4二銀なら、▲7七銀には△5四銀の好形を作れる。△5四銀型を阻止するため、△4二銀には▲4五銀とし、△3二金▲3四銀と互いに意地を張って〔テーマ図〕になる。

〔テーマ図〕から△2二角は以前から(2010年)ある順。手順は長いが、成銀を引かせて自陣飛車を打たせ、後手だけ龍を作る狙い。「藤井聡太の炎の七番勝負」でも出たので、記憶に残っている人も多いだろう。先手が良くできる順が多い。

〔テーマ図〕から△4四角は本書では狙いが書かれていなかった。が、△4四角のおかげで後手番が有力視されて流行している。

ただし、△2二角も△4四角も「正しく指せば先手良し」が上村の見解。



テーマ2 角頭歩戦法の乱戦含みのテーマ図

2016年から流行し、このわずか1〜2年ですっかり定着した(?)△角頭歩戦法。後手の狙いは、「△2四歩型+ダイレクト向飛車+△3三桂」を作ること。

△5四歩の工夫が流行のきっかけ。これで角交換系の振飛車につきまとう「▲6五角問題」を防いでいる。

5手目▲2五歩は無理筋。5手目▲7八金も決定打にならない。テーマ図直前の10手目△2二飛は作戦負けになるので、強気に△3三桂で〔テーマ2図〕になる。

〔テーマ2図〕から▲5三角には、馬を作らせるのも一局だが、△4二角▲同角成△同金〜△5三金!〜△2二飛の構想で後手も戦える。

▲7七角や▲2三角も後手が指せる結論で、△角頭歩戦法を打ち破るのは大変のようだ。これからますます流行するかもしれない。



テーマ3 コーヤン流三間飛車

初めてコーヤン流の本が出てから(『コーヤン流三間飛車の極意 急戦編』,2003年)もう15年も経つというのに、ここにきて注目されている。

三間飛車で、▲1五歩〜▲3七桂といつでも端攻めできる形にしておくのが急所。角筋を通す▲6五歩に△7三桂▲6八飛がセットになって〔テーマ3図〕を迎える。

・△4四銀からの四枚穴熊は、三間飛車では▲4六銀型を作られてしまうので、指しにくい。
・▲6五歩は早すぎると、先に居飛車から動かれる。
・〔テーマ3図〕で単に固めると、先手の端攻めが炸裂。△8六歩から仕掛けるか、右銀を活用する△5三銀か。△8六歩の仕掛けは振り飛車もやれそう。△5三銀〜△4四銀は振り飛車もやれそうだが、△5三銀〜△4四歩は居飛車有望。



テーマ4 4→3戦法

後手でも安定して升田式石田流の形にできる戦法。

先手は、手得分を1筋の突き越しに回しておくと、将来▲1四歩△同歩▲1二歩の攻め味が確保でき、手詰まりがなくなる。

ただし、後手の常用の仕掛け△2四歩に対し、1筋突き越しを生かす▲5六角や▲1六歩は有力ではあるものの、正確な対応ならば振り飛車が指せそう。

▲5八銀と先に固めて飛交換に備えるのは居飛車良しの展開が多いが、やはり最善なら振り飛車も指せる。

1筋突き越しがなかなか生きず、後手はこの△2四歩だけをマスターしておいてもよいだろう。ただし、p135の△2二金のような好手を知っていないといけないので要注意。

他に、升田式石田流の定番△4四銀も有力。同じく定番の△4二銀は低リスクだが、振り飛車が良くするのは大変。

本テーマが、本書の中で一番難解なように感じた。リスクとリターンが難しい判断になる局面が多いので、この戦型を指す方は、どの手を採用するかよく読んで決めておこう。



テーマ5 先手中飛車 対 後手持久戦 ▲1五歩位取り 対 銀冠

先手は囲いを美濃か穴熊か確定させずに1筋の位を取るのが工夫。1筋を突き合えば居飛穴にしづらく、1筋突き越しなら相穴熊にはしづらい。よって、振り飛車だけ穴熊にしやすく、居飛車は端の逆襲を見込んで銀冠にする展開になる。

先手が▲5五歩から仕掛けるタイミングと、後手が△1四歩から逆襲するタイミングを巡る戦いになる。



テーマ6 超速対策、銀対抗で△5六歩の仕掛け

△ゴキゲン中飛車vs▲超速の銀対抗では、よく相穴熊や二枚銀などゆっくりした展開になる。それで△不満ならば、固め合う前に△5六歩と行けるかどうかが本章のテーマ。

結論的にはやや無理気味。本テーマは結論だけを知っておくだけでもよいかもしれない。



テーマ7 ノーマル四間飛車 対 居飛車穴熊

復活傾向の△ノーマル四間飛車。

△四間飛車vs▲居飛穴で、△4四銀型には▲2六角型が、△5四銀型には▲3七角型が優秀で居飛車が指しやすかった。

本テーマでは、△3二銀型で待機し、先手の角の動きを見てから、後手は左銀の使い方を決めようとする。△4三銀の他、飛先を止めない△4一銀〜△5二銀のダイヤモンド美濃もある。

かつて有力だった▲6八角〜▲2四歩〜▲4六歩の仕掛けは、2014年9月の▲阿部健治郎△千葉幸生戦で止められ、ノーマル四間飛車が復活するきっかけとなった。

先手の工夫が、〔テーマ7図〕の▲1六歩。逆に、後手の手を見てから以下の5つを使い分けようとしている。

 @ ▲5九角
 A ▲3八飛
 B 松尾流穴熊
 C ▲3七桂〜▲6八角
 D ▲3五歩〜▲2四歩〜▲6五歩

「居飛穴戦での指し手が先後ともよく分からない」、という人も、これで理解しやすくなると思う。



テーマ8 先手中飛車 対 居飛車△6四銀型 ▲5五歩の仕掛け

角交換はするが、5筋歩効果は防ぐという△6四銀型は、有力な▲中飛車対策の一つ。

▲6六銀型から5筋歩交換を目指す〔テーマ8図〕から、▲5五歩△同歩▲同銀に△5八歩〜△6九角の反撃がある。先手は飛を諦めて攻め切れるかどうか。

この変化に踏み込むには、終盤の詰むや詰まざるやまで知っておく必要がある。



一つでも興味のある局面があれば、読んでみてください。(2018Feb10)



【関連書籍】

[ジャンル] 
振り飛車総合
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
上村亘
[発行年] 
2018年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 対抗形の急所がわかる! 居飛車VS振り飛車の重要テーマ


Copyright(C) 1999-2018 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved