2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■羽生の頭脳 4 居飛車穴熊と左美濃

< | No.0098 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 羽生の頭脳 4 居飛車穴熊と左美濃

zoom
羽生の頭脳 4
居飛車穴熊と左美濃
[総合評価] B

難易度: ★★★★

図面:見開き
4
内容:(質)
A(量)B
レイアウト:A
解説:A
上級〜有段向き

【著 者】 羽生善治
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1992年10月 ISBN:4-8197-0313-7
定価:971円 222ページ/19cm


【本の内容】
第1章 居飛車穴熊vs三間飛車 42p
第2章 居飛車穴熊vs四間飛車 42p
第3章 居飛車穴熊vs中飛車 18p
第4章 居飛車穴熊vs向飛車 22p
第5章 左美濃vs三間飛車 20p
第6章 左美濃vs四間飛車 32p
第7章 実戦編(4局) 40p


【レビュー】
対振飛車の左美濃・居飛車穴熊を解説した本。持久戦調の将棋がテーマなので、定跡書というよりはガイダンス本のような感じがする。シリーズでおなじみの「羽生の結論」も、本書に限り「羽生の選択」となっていてやや弱気だ(笑)。

実は本書は、羽生の頭脳シリーズ全10巻の中で、もっとも評価が下がってしまったものの一つである。藤井システムに代表されるように、ここ数年で四間飛車側の左美濃・居飛穴対策が急速に進歩した。よって、研究家の四間飛車党相手には、本書の戦い方はまず出現しなくなり、「使えなく」なってしまったのだ。

しかし、対三間・中飛車の戦いは劇的な変貌はないし、対急戦向飛車は基礎知識として知っておいて損はない(居飛車の立場で向飛車を解説した本は少ない)。 シリーズのほかの本同様、三段〜四段くらいまでは本書は十分読む価値があると思 う。(2002Sep24)



【関連書籍】

[ジャンル] 
穴熊
[シリーズ] 
羽生の頭脳
[著者] 
羽生善治
[発行年] 
1992年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 羽生の頭脳 4 居飛車穴熊と左美濃


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved