2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■新ゴキゲン中飛車戦法

< | No.0266 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新ゴキゲン中飛車戦法

zoom
パワーアップシリーズ
新ゴキゲン中飛車戦法
[総合評価] B

難易度:★★★☆

図面:見開き4〜6枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜有段向き

【著 者】 近藤正和
【出版社】 日本将棋連盟
発行:2003年8月 ISBN:4-8197-0370-6
定価:1,300円 215ページ/19cm


【本の内容】
第1章 超急戦編 基本型までの手順|後手の早仕掛け|復習次の一手問題(2問) 26p
第2章 後手位取り拒否編 ・5筋交換型へ|実戦例(2局)
・8筋逆襲型|実戦例(2局)|復習次の一手問題(2問)
60p
第3章 最流行型編 ・中飛車自在型(1)(持久戦)|実戦例(2局)
・中飛車自在型(2)(急戦)|実戦例(2局)|復習次の一手問題(2問)
44p
第4章 相振り飛車編 実戦例(3局)|復習次の一手問題(2問) 26p
第5章 Q&A編   18p
  実戦次の一手 8問 18p
  参考棋譜8局   17p

◆内容紹介(日本将棋連盟HPより)
平成12年に出版された「ゴキゲン中飛車戦法」はアマチュアにとっても明快な新しい振り飛車として人気を博しました。それから約3年、改良を加えた破壊力抜群の「新ゴキゲン中飛車戦法」として新発売!近藤五段自らの実戦譜を交えてながらの解説でこの戦法を習得することができます。プロのタイトル戦でも多用されるこの戦法は、アマチュアにとっても脅威となること間違いなし。中級者向き。


【レビュー】
新ゴキゲン中飛車の定跡書。

従来、先手番でのゴキゲン中飛車は、初手から▲7六歩△3四歩▲1六歩(わざと後手番の形になる)△8四歩▲5六歩△8五歩▲5八飛の形が常識であり、定跡だった。しかし▲1六歩に△1四歩とあくまで飛車先を保留されると▲5六歩とは突きにくい、という問題があった。

本書では、そのような従来のゴキゲン中飛車を改良し、先手番で無理なく組める新手法を解説。初手から▲5六歩!△3四歩▲5八飛が新手順である。一見、原始中飛車のようだが、従来型ゴキゲン中飛車の考え方をミックスし、プロで十分通用する戦法として確立されている。

わたしはこの指し方に初めて実戦で出会ったとき、従来型と同じになるだろうと甘く考えていた。しかしよくよく考えてみると、▲5六歩△3四歩▲5八飛△8四歩▲5五歩△8五歩▲7六歩△5二金右となった局面で、▲1六歩と突く人はまずいない。ここまで進んでようやく、従来型の急戦が仕掛けられないことに気づいた。と同時に、新ゴキゲン中飛車の優秀性を理解した。

前著の『ゴキゲン中飛車戦法』と同様、本戦法の指し方が詳しく解説されている。ただ、本文中に実戦例が多くなってしまっているのが少し残念。そのページ分を序盤のより深い研究にまわし、あとは参考棋譜をたくさん載せてくれる方が有用的だと思う。

本書の新ゴキゲン中飛車は、中飛車党には当然オススメだが、むしろ居飛車党が必ずチェックしておくべきだと思う。この対策なくして、居飛車は指せない。(2004Jan14)



【関連書籍】

[ジャンル] 
中飛車
[シリーズ] 
パワーアップシリーズ
[著者] 
近藤正和
[発行年] 
2003年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新ゴキゲン中飛車戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved