2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■実戦集(棋譜解説・観戦記など)-1989  
トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > 実戦集(棋譜解説・観戦記など)-1989


このページ内は[Ctrl+F]で検索すると便利です。

◆サイト内検索
by Google

書名 著者 発行 備考
将棋二百年 名局の旅 山川次彦 '89.7  
居飛車穴熊の正体 福崎文吾・監修 '87.12  
振り飛車穴熊の正体 福崎文吾・監修 '87.11  
勝因と敗因 河口俊彦 '87.7 第44期順位戦
敗局は師なり 中平邦彦 '87.6  
勝機を待つ 河口俊彦 '85.11 第43期順位戦
決断の一手 河口俊彦 '85.10 第42期順位戦
勝負の読み方 河口俊彦 '85.8 第40期順位戦
力戦!相振飛車の戦い 日本将棋連盟書籍/編 '83.3  
勝ち将棋鬼のごとし 河口俊彦 '83.1 S52〜S56
第四回朝日アマ将棋名人戦   '82.8  
振飛車のルーツ 大内延介・天狗太郎 '82.7  
小菅剣之助名局集 大山康晴 '82.6  
激闘 居飛車穴熊対振飛車 日本将棋連盟書籍/編 '82.3  
大山、中原激闘123番   '81.8  
タレント将棋熱戦譜 原田泰夫・監修 '81.7  
第三回朝日アマ将棋名人戦   '81  
中原・米長百番指し 将棋マガジン編集部/編 '80.8  
名匠の棋跡 大内延介・天狗太郎 '80.8  
勝負師の門 天狗太郎 '80.7 1970年の再々版
第二回朝日アマ将棋名人戦   '80.3  
第一回朝日アマ将棋名人戦 東公平・関則可・柿沼昭治 '80.1  
金子将棋教室(3) 米長邦雄VS中原誠 金子金五郎 '80.6  
金子将棋教室(2) 中原誠VS大山康晴 金子金五郎 '80.1  
日本将棋大系 第十五巻 木村義雄 大山康晴 '80.1 十四世名人
書名 著者 発行 備考
金子将棋教室(1) 大山康晴VS升田幸三 金子金五郎 '79.11  
升田幸三熱戦集(下) 東公平 '79.8  
升田幸三熱戦集(上) 東公平 '79.7  
菅谷北斗星選集 観戦記編 菅谷北斗星 '79  
日本将棋大系 第十四巻 阪田三吉・神田辰之助 加藤一二三 '79  
日本将棋大系 第十三巻 関根金次郎・土居市太郎 五十嵐豊一 '79.3 十三世名人(関根金次郎)
日本将棋大系 第十二巻 八代伊藤宗印・小野五平 大野源一 '79.7 十一世名人・十二世名人
日本将棋大系 第十一巻 天野宗歩 中原誠 '78.5  
日本将棋大系 第十巻 大橋柳雪 大内延介 '78  
日本将棋大系 第九巻 六代伊藤宗看 板谷進 '79.5 十世名人
日本将棋大系 第八巻 六代大橋宗英 米長邦雄 '79.10 九世名人
日本将棋大系 第七巻 九代大橋宗桂 有吉道夫 '79.6 八世名人
日本将棋大系 第六巻 伊藤看寿 原田泰夫 '78.9  
日本将棋大系 第五巻 三代伊藤宗看 大山康晴 '78.6 七世名人
阪田三吉名局集 内藤国雄 '79.10  
日本将棋大系 第四巻 二代伊藤宗印・三代大橋宗与 花村元司 '79.2 五世名人・六世名人
日本将棋大系 第三巻 五代大橋宗桂・宗銀=印達 加藤治郎 '79.8 四世名人(大橋宗桂)
日本将棋大系 第二巻 初代伊藤宗看 丸田祐三 '78.7 三世名人
日本将棋大系 第一巻 初代大橋宗桂・二代大橋宗古 勝浦修 '79.12 一世名人・二世名人
阪田三吉血戦譜 第3部 東公平 '79.7 阪田三吉
阪田三吉血戦譜 第2部 東公平 '78.7 阪田三吉
阪田三吉血戦譜 第1部 東公平 '78.4 阪田三吉
将棋名勝負ベスト15 神田山陽 '78.1  
坂田三吉名局集 山川次彦 '77.5  
中原誠名人将棋教室 名勝負「この一番」 中原誠,山本武雄 '76.12  
勝負師の門 天狗太郎 '76 1970年の再版
大山康晴激闘二十一番勝負 斎藤栄/編 '75  
名棋士名局集(2) 将棋あれこれ 東公平 '75  
名棋士名局集 付・盤側棋談 吉井栄治 '74  
将棋百話 わが観戦記 升田幸三伝 勝負師・大山康晴 藤沢恒夫 '74  
将棋名勝負物語 原田泰夫・天狗太郎 '72.3  
将棋・名局スクリーン 山川次彦 '71.7  
勝負師の門 天狗太郎 '70.6  
将棋精華 九段山田道美手合 山田交友研究グループ '70  
書名 著者 発行 備考
対局の鑑賞と解説 木村義雄 '68  


将棋二百年 名局の旅
zoom
三一将棋シリーズ
将棋二百年 名局の旅
個別ページへ
山川次彦
三一書房
ISBN:4-380-89235-2
1989年7月
\1,553
230p/19cm
   
青字は『将棋・名局スクリーン』(1971)にも収録されているものです。
御城将棋の時代
(江戸期)
(1)横歩取りの名局(大橋英俊vs伊藤看佐)
(2)若き日の天野宗歩(天野留次郎vs米村利兵衛)
(3)香落ち戦に新風を吹き込む(天野宗歩vs市川太郎松)
(4)御城将棋の名局(天野宗歩vs伊藤宗印)
38p
関根・坂田時代
(大正期)
(1)夢に見た角打ち(関根金次郎八段vs坂田三吉七段)
(2)坂田氏再度の東上(関根金次郎八段vs坂田三吉八段)
(3)金八段、恩師の仇を討つ(坂田三吉八段vs金易二郎七段)
(4)意表角頭の歩突き(坂田三吉八段vs大崎熊雄七段)
(5)花田九段のこと(関根金次郎八段vs花田長太郎七段)
(6)天才、根岸勇(木村義雄四段vs根岸勇三段)
(7)香落ち腰掛銀戦法(坂田三吉八段vs花田長太郎七段)
(8)居玉、袖飛車の奇襲(坂田三吉八段vs花田長太郎七段)
74p
木村全盛時代
(昭和前期)
(1)近代将棋の基礎を築く(花田長太郎八段vs金子金五郎七段)
(2)木村八段過失の名局(木村義雄八段vs萩原淳八段)
(3)花田定跡の金字塔(花田長太郎八段vs木村義雄八段)
(4)定山渓の決戦(木村義雄名人vs土居市太郎八段)

(5)棋勢三転の大勝負(木村義雄名人vs神田辰之助八段)
(6)若き日の大山康晴(木村義雄名人vs大山康晴五段)
56p
大山、中原、そして谷川へ
(昭和後期)
(1)名人位をかけた一戦(木村義雄名人vs塚田正夫八段)
(2)大山、二回目の挑戦(木村義雄名人vs大山康晴九段)
(3)史上初の三冠王(大山康晴名人vs升田幸三九段・王将)
(4)中原、初の名人位獲得(大山康晴名人vs中原誠十段)
(5)加藤、初の名人位に(中原誠名人vs加藤一二三十段)
(6)谷川、名人位を奪回(中原誠名人vs谷川浩司王位・棋王)
58p

◆内容紹介
著者の長年におよぶライフワーク「名局スクリーン」が、いま、装いも新たに蘇る。歴史的な名局を味わううちに、自然に棋力向上につながるというぜいたくな一冊。「近代将棋」に30年以上にわたって連載された「名局スクリーン」から、江戸時代から現代に至るまでの名局24局を厳選したもの。

 


居飛車穴熊の正体 居飛車穴熊の正体
個別ページへ
福崎文吾/監修
宮崎国夫/編
木本書店
ISBN:4-905689-13-9
1987年12月
\2,806
276p/22cm/H.C.
   
第1章 居飛車穴熊VS向かい飛車
第2章 居飛車穴熊VS三間飛車
第3章 居飛車穴熊VS四間飛車
第4章 居飛車穴熊VS中飛車
第5章 相穴熊
第6章 次の一手

◆内容紹介
本書では居飛車穴熊VS振り飛車の実戦譜の中から最も多く現われ易い典型的な戦型を83種類収録、これらを対居飛車の戦型である向かい飛車・三間飛車・四間飛車・中飛車・相穴熊に分類して、振り飛車側からの効果的な作戦手順や、居飛車側の反撃手などを含めて解説し、居飛車、振り飛車相方の最善手を追っていくことで、穴熊の「正体」を浮き彫りにしてみた。
 


振り飛車穴熊の正体 振り飛車穴熊の正体
個別ページへ
福崎文吾/監修
宮崎国夫/編
木本書店
ISBN:4-905689-12-0
1987年11月
\2,806
295p/22cm/H.C.
   
第1章 四間穴熊VS早仕掛け
第2章 四間穴熊VS棒銀
第3章 四間穴熊VS5五歩位取り〈急戦〉
第4章 三間穴熊VS急戦
第5章 四間穴熊VS端棒銀
第6章 中飛車穴熊VS端棒銀
第7章 石田流穴熊VS左美濃〈急戦〉
第8章 四間穴熊VS右四間飛車
第9章 先手四間穴熊VS後手左美濃〈急戦〉
第10章 四間穴熊VS四枚美濃
第11章 四間穴熊VS5五歩位取り〈持久戦〉
第12章 穴熊VS左美濃・銀冠
第13章 穴熊(4四銀/6六銀型)VS左美濃
第14章 穴熊VS5・6筋位取り
第15章 穴熊VS3・7筋位取り
第16章 次の一手
 


勝因と敗因 リキトミブックス 28
勝因と敗因
第44期将棋名人戦各級順位戦
個別ページへ
河口俊彦
力富書房
ISBN:4-89776-028-3
1987年7月
\1,000
278p/19cm
   
好不調が激しい米長、大山は復調/活躍する若手棋士/大山と森安の順調なスタート/不振に悩む米長、快調な大山/12年ぶりに大山挑戦権獲得/プロの一手─名場面再現
 


敗局は師なり
zoom
敗局は師なり
知られざる名勝負物語
個別ページへ
中平邦彦
講談社
ISBN:4-06-202524-8
1987年6月
\1,200
253p/20cm/H.C.
   
マンネリという隙─中原誠
<煩悶>と<習う心>─米長邦雄
勝負魂の揺らぎ─谷川浩司
見てしまった悲劇─内藤國雄
邪心─森けい二
自分に負けるとき─大内延介
あとひと押しの非情─二上達也
<安全>の罠─森安秀光
はやる心─桐山清澄
執念と悪手─有吉道夫
<最善手>の誘惑─加藤一二三
内なる敵─大山康晴

・敗局は師なり、全棋譜=12局

◆内容紹介
超一流棋士たちの〈痛恨の一局〉―彼らは何を失い、何を得たか?名筆観戦記者がそのドラマを再現し、敗北の意味と再生への途を綴る異色の名勝負物語集!
※「将棋世界」誌に昭和61年6月号から昭和62年5月号まで連採された「痛恨の一局」を加筆してまとめたもの。
 


勝機を待つ
zoom
リキトミブックス 17
勝機を待つ
第43期将棋名人戦 各級順位戦
個別ページへ
河口俊彦
力富書房
ISBN:4-89776-017-8
1985年11月
\1,000
270p/19cm
   
中原が復調快進撃。米長は急変調。 ・淡々としてつかんだ勝機<昭和59年度> 12p
曲者ぞろいの一組順位戦 ・中原と谷川の明暗<昭和59年4月・5月>
・天才棋士の指し手<5月・6月>
・ドラマを生む一組順位戦<6月>
50p
米長の独走と中原の低迷 ・勝ち方のノウハウ<7月・8月>
・独走する米長<8月・9月>
・粘りと頑張りの順位戦<9月・10月>
60p
よみがえった中原の自信 ・真髄を見せた中原<10月・11月>
・名人戦リーグの大混戦<11月・12月>
・運命を左右する一局<12月・60年1月>
64p
名人位に馳せる思い ・瀬戸際に立った真部<1月・2月>
・ヤマ場を越えた一組<2月・3月>
・米長敗れ、二冠王に転落<3月>
54p
プロの一手─名場面再現 第42期名人戦/第43期名人戦/第44期棋聖戦
/第25期王位戦/第32期王座戦/第45期棋聖戦
/第23期十段戦/第34期王将戦/第10期棋王戦
19p

・昭和59年度昇降級リーグ出場棋士一覧=1p
・昭和59年度昇降級リーグ戦成績=1p

◆内容紹介(見返しより)
どんな不利に陥っても、必ず勝機はおとずれる。戦局を冷静に読み、あらゆる手を打って、じっと勝機を待つ。これが勝負の極意であろう。
(中略)「対局日誌」の昭和59年版。プロ将棋の醍醐味を紹介しつつ、さながら人生読本の感さえある。

 


決断の一手
zoom
将棋タウンさんthx!
リキトミブックス 15
決断の一手
第42期将棋名人戦各級順位戦
個別ページへ
河口俊彦
力富書房
ISBN:4-89776-015-1
1985年10月
\1,000
254p/19cm
   
谷川の人気と米長の三冠王で沸いた一年 ・将棋史上、記念すべき年<昭和58年度> 10p
プロ棋士の美学 ・執念のこもった一手<昭和58年4月・5月>
・胸をうつ二上の頑張り<6月>
・順位戦の魔力<6月・7月>
42p
波乱含みの名人戦リーグ ・真似のできない大山の強さ<7月・8月>
・鍛え抜いた脳のスタミナ<9月>
・高橋五段、王位へ<9月・10月>
48p
大混戦の続く一組 ・中原、米長の追い上げ<10月・11月>
・一流棋士の強さの秘密<11月・12月>
・競り合いで勝る森の腕力<12月・59年1月>
64p
終盤の明暗 ・勝負所の大激戦<1月・2月>
・ピンチに立った米長<2月>
・冬の時代に別れを告げた勝浦<3月>
62p
プロの一手 第41期名人戦/第42期棋聖戦/第24期王位戦
/第31期王座戦/第43期棋聖戦/第22期十段戦
/第33期王将戦/第9期棋王戦
20p

・昭和58年度昇降級リーグ出場棋士一覧=1p
・昭和58年度昇降級リーグ戦成績=1p

◆内容紹介(表紙見返しより)
決断すれば、必ず成功するとは限らない。否むしろ、失敗する例すらある。それでも勝負師は決断を回避することはできない。非情というべきか。決断の一手が勝敗を分かつ。そこには生死を賭けた凄みがある。
『勝ち将棋鬼のごとし』『勝負の読み方』につづく「対局日誌」の昭和五十八年度版。河口俊彦氏の筆ますます冴え、プロ将棋を紹介しつつ、さながら人生読本の感あせある。

 


勝負の読み方 リキトミブックス 14
勝負の読み方
第40期将棋順位戦より
個別ページへ
河口俊彦
力富書房
ISBN:4-89776-014-3
1985年8月
\1,100
300p/19cm
   
谷川時代間近の予感 ・大山時代終わる 12p
風雲児森、棋聖位獲得 ・役付き棋士終盤のクソ力<4月・5月>
・乗りまくる森棋聖戦挑戦者へ<5月・6月>
・福崎、絶妙な寄せの切れ味<6月・7月>
・大山の妙手にうなる<7月>
78p
新名人誕生とベテランの哀退 ・長引いた名人戦、劇的に幕<7月・9月>
・勝てない加藤新名人<9月・10月>
・勢いで押す内藤の強さ<10月・11月>
・森、内藤を破り、棋聖防衛の足固め<11月・12月>
86p
名人位挑戦者に谷川、新時代の幕開け ・復調ならぬ中原、それでも十段戦を制す<12月・1月>
・一組をトップで走る淡路の活躍<1月・2月>
・大山、桐山に敗れる悲哀<2月・3月>
・プレッシャーを感じた中原<3月>
96p
プロの一手 第40期名人戦/第40期棋聖戦/第23期王位戦
/第30回王座戦/第41期寄生性/第21期十段戦
/第32期王将戦/第8期棋王戦
20p

・昭和57年度昇降級リーグ戦成績=1p

◆内容紹介(表紙見返しより抜粋)
「将棋マガジン」の『対局日誌』を執筆する川口篤なる名ライターが、この河口俊彦六段その人であることは、近年まで一般に知られていなかった。
(中略)本書は、昭和57年度第40期における将棋名人順位戦の観戦記である。(中略)プロ棋士のカンや戦局の読みに注目したい。

 


力戦!相振飛車の戦い
zoom
激闘シリーズ第3弾!
力戦!相振飛車の戦い
個別ページへ
日本将棋連盟書籍編集部/編
日本将棋連盟
ISBN:4-8197-0059-6
2076-11023-5892
1983年3月
\1,800
238p/23cm/H.C.

[総合評価]
A

難易度:★★★★
図面:見開き3〜5枚
内容:(質)A(量)S
レイアウト:B
解説:B
上級〜有段向き
基礎講座編 ・相振飛車の考え方
 (1)二枚金対二枚金の戦い
(1.△3五銀の変化 2.△1二香の変化 3.先手の積極策)
 (2)二枚金対美濃の戦い(△2四飛の変化)
20p
二枚金vs二枚金編 第1番〜第40番(40局) 82p
二枚金vsその他編 第41番〜第65番(25局) 52p
美濃囲いvs二枚金編 第66番〜第80番(15局) 32p
美濃囲いvsその他編 第81番〜第91番(11局) 24p
その他vsその他編 第92番〜第100番(9局) 20p

【次の一手】ここでどう指す=30問
【記録】相振飛車のベスト10(対局数・勝星・勝率)/年間対局数と平均手数/相振飛車の囲い分類/同一カードの対局記録/相振飛車対局ベスト4/全棋士個人別成績表
【棋士の横顔】山中和正七段/長谷部久雄八段/小阪昇五段/森安秀光八段(1)(2)(3)/米長邦雄九段/伊藤果五段/菊地常夫五段/丸田祐三九段/大野源一九段/西村一義七段/北村昌男八段/佐藤大五郎八段/山口英夫六段/松田茂役九段/内藤国雄九段(1)(2)/花村元司九段/山口千嶺七段/大内延介八段/芹澤博文八段/南口繁一八段/脇謙二四段/滝誠一郎六段/桐山清澄八段/森安正幸五段/北村文男五段/若松政和五段/福崎文吾七段/高島弘光七段/板谷進八段
【相振飛車トピックス】棋王戦裏話/中原名人の相振飛車/谷川八段の相振飛車
【その他コラム】第26期王将戦/第30期棋聖戦/名匠塚田、最後の順位戦/リーグで7局の相振飛車/昭和54年度名挑リーグ戦/大山、三度目の正直ならず/北村、棋戦初優勝/第1期棋王戦/第31期棋聖戦/第6期棋王戦/森安、三度目の新人王

◆内容紹介(推薦の言葉から抜粋)
私(大内)も振飛車党で、しかも相振飛車を数多く指しているが、見方によっては居飛車の将棋と共通するところがある。つまり彼我の飛車が左に変わっているだけだから、将棋盤を裏返してみた発想と考えられる。
最近は居飛車の技術の発展とともに振飛車の指し方も多様化してきたが、相振飛車もまた従来見られるような単純な力将棋から脱皮して、幅広い戦法をなしてきた。玉の囲い方にしても、二枚金・矢倉・穴熊・美濃と作戦的にも奥行きが広いものになった。

相振飛車の棋譜解説集。

基礎講座編は相振飛車の定跡の解説。一般の定跡書ならおよそ60ページ分に相当するが、さすがにちょっと古い上に、本書の実戦棋譜でこの定跡どおりに進むものはほとんどないので、使える度は微妙。「このような知識を前提にして戦われていた」ということが分かれば十分だと思う。

あとは実戦棋譜解説100局。1978年〜1982年のプロ実戦からピックアップしている(一部除く)。なぜかB級1組の棋士がやたら多い(笑)。見開きに1局で、棋譜・図面数枚・ショート解説付き。

解説の量は将棋年鑑の倍くらいで、週刊将棋の銀河戦の解説と同程度。数人で分担しているらしく、解説の質にはややバラツキがある。ポイントを的確にまとめたものもあれば、解説になっていないようなものもある。

また、空きスペースには次のようにさまざまなことが書かれている。
 ・「次の一手ここでどう指す」…相振飛車での実戦次の一手。だいたい初段レベル。
 ・「記録」…相振飛車に関するさまざまな記録。
 ・「棋士の横顔」…相振飛車をよく指す棋士の紹介。結構失礼なことが書いてあることも(笑)
 ・「相振飛車トピックス」「コラム」…相振飛車のエピソード

相振飛車は囲いや飛車の位置などが多彩なので、定跡知識よりも相振り独特の手筋や感覚の方が実戦に役立ちやすい。わたしはもともと相振飛車が苦手で、定跡書を何冊か読んでもなかなか指せるようにならなかったのだが、本書の100局を並べたことで相振飛車の感覚や呼吸が身につき、相振飛車を好んで指せるようになった。他の戦型でもそうだが、たとえ解説がショボくても、100局も並べるといろんなことが分かってくる。

なお、ちょっと前の週刊将棋に「一昔前は相振飛車の囲いといえば金無双ばかりだった」と書いてあったが、このころにはすでに若手棋士を中心にさまざまな囲いの工夫が見られる。現代でもきっと役に立つと思う。(2007Apr30)


勝ち将棋鬼のごとし
zoom
勝ち将棋鬼のごとし
プロ将棋の勝負師たち
個別ページへ
河口俊彦
力富書房
ISBN:4-89776-004-6
1983年1月
\1,000
261p/19cm
   
プロ将棋の世界   16p
勝負の日々─「対局日誌」 ・A級へ過酷な道のり─昭和52年度
・ついに四者同率決戦へ─昭和53年度
・波乱の一年─昭和54年度
・不公平な将棋の神様─昭和55年度
・新時代の到来─昭和56年度
150p
棋士さまざま 棋士こぼれ話/女流棋士/奨励会のこと/南方旅行 42p
プロの一手─ポカと妙手 プロがミスを犯すとき/プロの真価 41p

◆内容紹介(あとがきより抜粋)
本書は「将棋マガジン」誌に連載中の「対局日誌」の、昭和52年から昭和56年までの劇的な部分を抽出して構成し、棋界や棋士については新たに書き下ろした。本来、将棋および将棋界に多少の予備知識を持っている読者を対象に書いたものだが、本書にまとめるにあたって、さらに多くの人に理解していただくために、公私両面の視点から具体的に棋界を捉えようと試みた。

 


第4回・朝日アマ将棋名人戦 第四回・朝日アマ将棋名人戦
個別ページへ
東公平(紅)
関則可(酔象)
柿沼昭治(玉虫)
/共著
朝日新聞学芸部/監修
木本書店
ISBN:4-905689-22-8
1982年8月
\980
295p/19cm
   
一回戦=16局(うち4局は観戦記付き)
二回戦=8局(うち4局は観戦記付き)
準々決勝=4局(うち2局は観戦記付き)
準決勝=2局(観戦記付き)
三位決定戦=1局(小池重明vs河原林秀典,観戦記なし)
決勝戦=1局(小林純夫vs西森紘四郎、観戦記付き)
名人位決定戦=3局(中村千尋vs小林純夫,観戦記付き)

◆内容紹介(序より抜粋)
朝日新聞社主催の「朝日アマチュア将棋名人戦」も四回目と回を重ねて、すっかり将棋ファンの中に定着したようです。(中略)この第四回大会の全棋譜と精選局の解説をことしも木本書店のご厚意によりお届けすることになりました。
 


振飛車のルーツ
zoom
振飛車のルーツ
個別ページへ
大内延介
天狗太郎
時事通信社
0076-------3199
ISBN:4-7887-8220-0
1982年7月
\1,800
256p/20cm/H.C.
   
T 現代振飛車の
ルーツ
・振飛車の復活 振飛車の復活を担った人々/先後の振飛車/
玉の堅さで対抗/個性的な戦法
148p
1.大内流穴熊戦法 穴熊戦法の流れ/実戦譜
2.穴熊のルーツ 珍しい穴熊・実戦譜
3.大山流四間飛車 四間飛車の流れ/大山流の振飛車/実戦譜
4.大内流向い飛車 向飛車の流れ/大内の振飛車/実戦譜
5.升田式早石田 新工夫の早石田/実戦譜
6.松田流ツノ銀中飛車 ツノ銀中飛車の登場/松田の振飛車/実戦譜
7.大山流矢倉中飛車 矢倉中飛車の実験/実戦譜
8.大山流中飛車 中飛車の流れ/実戦譜
9.大野流三間飛車 三間飛車の流れ/大野の振飛車/実戦譜
10.坂田流向飛車 坂田流の向飛車/坂田の振飛車/実戦譜
11.坂田流ソデ飛車 ソデ飛車の流れ/実戦譜
U 初めに
振飛車あり
・現代に生きる
 江戸期の振飛車
振飛車の源流/駒落ちも振飛車/
振飛車の原型/振飛車は△の作戦/
戦術転換の好み/振飛車衰退の因
106p
1.相振飛車の初め 相振飛車一号局
2.ソデ飛車の流行 宗印・宗与のソデ飛車
3.升田式早石田の源流 三代宗看の石田流・実戦譜
4.現代に生きる
 江戸期の四間飛車
看寿・宗桂の四間飛車
5.近代将棋の祖 宗英の四間飛車・実戦譜
6.美濃囲いの発見 美濃囲い第一号局
7.宗歩の向飛車 宗歩の向飛車・実戦譜
8.振飛車の衰退 宗歩の四間飛車・実戦譜

◆内容紹介(あとがきより抜粋)
振飛車の源流は江戸初期に発し、滔滔と流れて現代に至るが、戦後は将棋に対する考え方が一変して、江戸時代の振飛車と現代振飛車は、戦術という面では接点を失っている観がある。(中略)
本書は、通常の技術解説書と大きく狙いを異にする。振飛車戦法の流れを全体像として捉え、同時に戦法の細部を理論的に解明した。そうしたことで、振飛車戦法を歴史的な知識として理解しつつ、併せて棋力の向上に役立たせていただきたいと思う。

 


小菅剣之助名局集
zoom
小菅剣之助名局集
個別ページへ
大山康晴
日本経済新聞社
ISBN:4-532-09264-7
1982年6月
\2,800
230p/22cm/H.C.
   
・小菅剣之助小伝=6p
・小菅剣之助二十選=162p
・精選二十局=42p
・詰将棋十選=10p
 


激闘 居飛車穴熊 対 振飛車
zoom
激闘シリーズ第2弾!
激闘 居飛車穴熊対振飛車
個別ページへ
日本将棋連盟書籍編集部/編
日本将棋連盟
ISBN:4-8197-0058-8
1982年3月
\1,800
238p/23cm/H.C.
   
基礎講座編 ・居飛車穴熊対中飛車
 (▲居飛車穴熊・△中飛車/▲中飛車・△居飛車穴熊)
・居飛車穴熊対四間飛車
 (▲居飛車穴熊対△四間飛車/▲四間飛車対△居飛車穴熊)
・居飛車穴熊対三間飛車
 (▲居飛車穴熊対△三間飛車/▲三間飛車対△居飛車穴熊)
・居飛車穴熊対向飛車
20p
居飛車穴熊vs中飛車編 第1番〜第25番(25局) 52p
居飛車穴熊vs四間飛車編 第26番〜第62番(37局) 76p
居飛車穴熊vs三間飛車編 第63番〜第84番(22局) 46p
居飛車穴熊vs向飛車編 第85番〜第87番(3局) 8p
相穴熊編 第88番〜第100番(13局) 28p

【記録】居飛車穴熊の戦型分類/同一カードの対局記録/月別居飛車穴熊採用数および勝敗・勝率/居飛車穴熊のベスト10(対局・勝星・勝率)/対居飛車穴熊のベスト10(対局・勝星・勝率)/全棋士個人別成績表
【棋士の横顔】板谷進八段(1)(2)/鈴木輝彦五段/森安秀光八段(1)(2)(3)/沼春雄四段/原田泰夫八段/桐山清澄八段(1)(2)/中原誠名人(1)(2)/福崎文吾六段/広津久雄八段/滝誠一郎六段/山口英夫六段/伊藤果五段/米長邦雄九段(1)(2)/佐藤義則六段(1)(2)/勝浦修八段/加藤一二三九段/大山康晴十五世名人(1)(2)(3)/田中寅彦五段/木村義徳八段/淡路仁茂六段/剱持松二七段/大内延介八段(1)(2)/瀬戸博晴四段/佐藤大五郎八段/脇謙二四段(1)(2)/河口俊彦五段/西村一義七段/山口千嶺七段/吉田利勝七段/松浦隆一四段/若松政和五段/内藤国雄九段/前田祐司六段/関根茂八段/飯野健二五段/長谷部久雄七段/安恵照剛六段/松田茂役九段/加藤博二八段/青木清四段/森けい二八段/谷川浩司七段/二上達也九段/山中和正七段/小阪昇五段/花村元司九段/伊達康夫六段/佐伯昌優七段/灘蓮照九段/有吉道夫九段/田中魁秀七段/児玉孝一四段
【居飛車穴熊トピックス】加藤(一)、居飛車穴熊で名人リーグ単独トップの四連勝(井口昭夫)/加藤一二三王将が生涯初の穴熊にこもった日(松村久)/穴熊には穴熊(大内-西村戦)/大山名人の居飛車穴熊(対森けい二戦)/激突・大豪同志の穴熊戦(升田-大山戦)
・穴熊詰将棋=21問
【その他コラム】昭和53年度名人挑戦者決定リーグ/昭和53年度昇降級リーグ4組表/(…等、各棋戦の寸評)/若手棋士に聞く四つの質問/若きライバルの意地

◆内容紹介(推薦の言葉から抜粋)
本書は、定跡化することが非常に大変なこの戦法を弱い人にもわかりやすく分類し、だれにでもすぐ指せるように作られている。
「居飛車穴熊戦法が出現して、振飛車を指すのがイヤになってしまった」という声も耳にするが、振飛車党にとっても親切な内容で大変参考になる。居飛車穴熊党はもちろんのこと、振飛車党には対抗策の指針となるのではないかと思う。

 


大山、中原激闘123番 大山、中原 激闘123番
全対局譜
個別ページへ
日本将棋連盟書籍編集部/編
日本将棋連盟
ISBN:4-8197-0057-X
2076-11021-5892
1981年8月
\2,700
320p/23cm/H.C.
   
・【巻頭】口絵写真(モノクロ,中野英伴/撮影)=4p
・大山、中原激闘123番
名人戦 第31期/第33期 14局
王将戦 第20期/第22期/第26期/第29期(リーグ戦) 18局
十段戦 第8期(リーグ戦)/第9期/第10期/第11期/第12期/第13期/第14期 35局
王位戦 第12期/第19期/第21期(紅白決戦) 13局
棋聖戦 第11期(本戦)/第13期/第17期/第18期/第23期(本戦)/第24期(挑決)/第31期 19局
共同棋戦 共同・模範対局/第3期棋王戦(本戦)/第5期棋王戦(本戦) 3局
王座戦 第17期(本戦)/第22期/第28期 6局
名将戦 第1期/第2期/第7期(本戦) 6局
NHK杯戦 第18回/第20回(決勝)/お好み対局/第24回(準決勝) 4局
早指し選手権戦 お好み対局/第1期(決勝)/第3期(決勝)/新春お好み対局 4局
連盟杯戦 六社記念対局 1局

・成績と年譜(大山名人の全成績/中原名人の全成績/年譜(大山・中原))=19p
・【座談会】「名人戦に見る大山と中原」=5p
・【コラム・解説】大山・中原、再度の対決は(井口昭夫)/王将戦に見る大山・中原の不思議な関係(松村久)/記録に残る連続六度の対決(山田史生)/二人の王位戦(能智映)/天下盗りを賭けた大勝負(福本和生)/いつの日かタイトル戦で(田辺忠幸)/勝負はこれから(勝村実)/王将と伯楽(清水雅洋)/名人から名人へ(小谷真弘)/早指し選手権戦における中原と大山(島田良夫)/観戦雑記(天狗太郎)
・【記録の窓】大山・中原、公式棋戦対戦成績表/大山・中原、個人別対戦成績表/大山・中原、戦型別分類表/将棋大賞一覧/棋界話あれこれ/大山名人・初手合いの記録(1)(2)(3)/中原名人・初手合いの記録(1)(2)/番外・大山・中原戦(第38期棋聖戦本戦準決勝)

◆内容紹介(表紙見返しより)
“両名人の全対局を一挙掲載”
精密機械と呼ばれ、昭和30〜40年代にかけて無敵を誇った大山康晴に対し、自然流中原誠がいかにこれに挑み迫っていったか。二人の戦いの譜は、そのまま生きた最高の定跡集でもある。振飛車が全盛のアマ棋界においても良き指導書であろう。棋界最高峰の名人という一時代を築いた二人の激闘譜をぜひ一読されたい。

 



zoom
Futaba Books
タレント将棋熱戦譜
棋力アップの秘訣教えます
個別ページへ
原田泰夫/監修
双葉社
0095-730010-7336
1981年7月
\680
229p/18cm
   
(1)私はこうして腕を上げた(神田山陽) (2)将棋熱論(岡田裕介) (3)好きな相振飛車戦法(山下カズ子) (4)超急戦“アパッチ戦法”(新沼謙治) (5)『新定跡右四間』を研究中(柳家さん助) (6)棋力向上法実践録(田辺一鶴) (7)右玉の戦法(森安多恵子) (8)銀多伝で名人と戦う(丹波哲郎) (9)プロ棋士志願(あしたひろし) (10)刑務所将棋(安藤昇) (11)大奮戦将棋録(リーガル・秀才) (12)私の将棋術(入川保則) (13)私の二枚落(福島俊夫) (14)わたしのへぼ遍歴(春風亭柳昇) (15)二段以下の人へ(湯川恵子) (16)名人と二枚落で熱戦(市川海老蔵)
 


第三回・朝日アマ将棋名人戦 第三回・朝日アマ将棋名人戦
個別ページへ
東公平(紅)
関則可(酔象)
柿沼昭治(玉虫)
/共著
朝日新聞学芸部/監修
木本書店
ISBN:4-905689-15-5
1981年3月
\980
271p/19cm
    Not found at Amazon.co.jp
一回戦=16局(うち6局は観戦記付き)
二回戦=8局(うち2局は観戦記付き)
準々決勝=4局(うち1局は観戦記付き)
準決勝=2局(観戦記付き)
三位決定戦=1局(柳浦正明vs三崎巌,観戦記なし)
決勝戦=1局(安島正敏vs野藤光史、観戦記付き)
名人位決定戦=2局(中村千尋vs野藤光史,観戦記付き)

◆内容紹介(表紙見返しより)
第三回を迎えて、ますます盛り上がりをみせる朝日アマ名人戦。アマ棋戦唯一の単行本である本書は、アマ棋界の縮図であり、アマ将棋を識り、語るには最良の参考書である。
 


中原誠名人 米長邦雄王位 百番指し 別冊将棋マガジン
中原誠名人 米長邦雄王位 百番指し
全棋譜と全記録
個別ページへ
将棋マガジン編集部/編
日本将棋連盟
ISBN:
1980年8月
\1,300
188p/25cm
    Not found at Amazon.co.jp
・百番指し(棋譜と解説)=100局

・「棋界史上屈指の好敵手・中原と米長」(二上達也)
・「中原名人・米長王位 ライバルを語る」(福本和生)
・「塩釜の生んだ天才少年」(能智映)
・「さわやか流は積極派」(池田弘志)
・番外 第8期古豪新鋭棋戦
・中原・米長を写す(中野英伴)
・中原誠 全対局記録
・米長邦雄 全対局記録
・中原・米長の年譜
・中原・米長 公式棋戦対戦成績

◆内容紹介(あとがきより抜粋)
この一冊は昭和40年から今日までの十五年間にわたる中原誠名人と米長邦雄九段の激闘の譜である。いま一局一局を並べると、オールドファンは過ぎし日を思い出し、新しいファンは両雄の息吹に心躍るものを感じるにちがいない。
 


名匠の棋跡
zoom
将棋タウンさんthx!
名匠の棋跡
個別ページへ
大内延介
天狗太郎

時事通信社
ISBN:4-7887-8017-8
1980年8月
\1,200
310p/20cm/H.C.
   
近代将棋への道 ・将棋戦術の変遷
(1)古典将棋の再評価 (2)新時代のさきがけ
(3)近代将棋の幕開き (4)近代将棋の完成
・詰将棋の変遷
(1)勝局の図 (2)駒遊びの図 (3)宗看・看寿の競作 (4)大小詰物
・民間棋客の横顔
(1)将棋三家と養子 (2)異色の民間棋客
42p
名匠たちの棋跡 (第1局)立摩流の挑戦(伊藤宗看vs名村立摩)
(第2局)骨肉の争い(伊藤看恕vs伊藤看寿)
(第3局)左香落で美濃囲い(伊藤宗看vs大橋印寿)
(第4局)鳥刺し第一号(伊藤宗印vs大橋宗英)
(第5局)終盤の魔術師(大橋柳雪vs石本検校)
(第6局)七十五歳で御城将棋(伊藤宗看vs大橋鐐英)
(第7局)近代将棋の父(深野宇兵衛vs天野留次郎)
(第8局)明治の実力争い(伊藤宗印vs大矢東吉)
(第9局)壮絶な平手戦の争い(関根金次郎vs坂田三吉)
(第10局)土居流の新手(神田辰之助vs土居市太郎)
(第11局)初の実力目人争い(花田長太郎vs木村義雄)
(第12局)横歩取りの決定版(塚田正夫vs木村義雄)
(第13局)大山・二上の名人争い(大山康晴vs二上達也)
160p

◆内容紹介(あとがきより抜粋)
古典将棋と呼ばれる江戸期の数多い実戦譜は、再検討を加えてみれば古いどころか、現代将棋の源流をなすものであり、目をみはらせるほどに新鮮な将棋感覚に彩られていることを発見した。
本書では、江戸棋界で最高の名人とたたえられる七世名人・三代伊藤宗看から幕末・明治・大正・昭和の現代まで、その時代に活躍し、将棋戦術に新機軸を打ち出した歴代名人の代表作を収録した。(中略)棋譜の解説に当たっては、時代時代の基本戦術を尊重しつつ、現代将棋の目を通して批判を加えた。技術面の解説は大内延介が担当し、時代考証と執筆は天狗太郎が受け持った。

 


第二回・朝日アマ将棋名人戦 第二回・朝日アマ将棋名人戦
個別ページへ
東公平(紅)
関則可(酔象)
柿沼昭治(玉虫)
/共著
朝日新聞学芸部/監修
木本書店

1980年3月
\780
239p/19cm
    Not found at Amazon.co.jp
一回戦=16局(うち2局は観戦記付き)
二回戦=8局(うち6局は観戦記付き)
準々決勝=4局(観戦記なし)
準決勝=2局(観戦記付き)
三位決定戦=1局(若島正vs中島務,観戦記なし)
決勝戦=1局(中村千尋vs西沢章、観戦記付き)
名人位決定戦=3局(観戦記付き)

◆内容紹介
大田学第1期名人の挑戦者を決める第2回全国大会の全棋譜、および名人と挑戦者による名人決定戦3局を収録。1回大会とは顔ぶれも一新したトップアマの熱戦譜を紹介。
 



zoom
第一回・朝日アマ将棋名人戦
個別ページへ
東公平(紅)
関則可(酔象)
柿沼昭治(玉虫)
/共著
朝日新聞学芸部/監修
木本書店
2076-0002-1535
1980年1月
\780
239p/19cm

[総合評価]
B

難易度:★★★★
図面:見開き3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
Not found at Amazon.co.jp
一回戦=16局(うち8局は観戦記付き)
二回戦=8局(うち3局は観戦記付き)
準々決勝=4局(うち2局は観戦記付き)
準決勝=2局(うち1局は観戦記付き)
三位決定戦=1局(西沢章vs成島栄)
決勝戦=1局(萱谷祐司郎vs大田学、観戦記付き)

◆内容紹介
初の「朝日アマ将棋名人位」を目指して、全国8ブロック、1800人の中から勝ち進んだトップアマ32名が繰り広げた、激闘の棋譜全32局を収録。
朝日アマ名人戦の観戦記&棋譜解説。1978.1.1〜5.17に朝日新聞に掲載された観戦記と、紙上には掲載されなかったトーナメントの全棋譜が解説付きで完全収録されている。観戦記は有名アマ強豪の東・関・柿沼の各氏。解説フォローは主に加藤一二三九段。

当時のアマ棋界は振飛車が大ブームだったようで(現在もそうだが)、全32局のうちなんと29局が居飛車vs振飛車の対抗形だった。その率、なんと90.6%。内訳は、三間飛車・四間飛車・中飛車がそれぞれ同じくらいである。残りの3局は、相振飛車、相掛かり▲ヒネリ飛車模様、相矢倉が1局ずつ。

持ち時間が1時間ということもあって、好局もあり、大差の将棋もあり。ただ、アマチュア最高峰の激闘譜がこのような観戦記や解説付きの形で残されているのは、非常にありがたいことである。我々アマにとっては、プロの棋譜よりも参考になる部分もある。現代の流行戦法とはかなり違うが、並べて損のない32局だと思う。(2003Sep13)


金子将棋教室(3) 米長邦雄VS中原誠の巻
zoom
ご有志thx!
金子将棋教室(3)
米長邦雄VS中原誠の巻
個別ページへ
金子金五郎
晩聲社
ISBN:4-89188-069-4
1980年6月
\980
184p/18cm
   
  アナグマ考     3p
1 米長、強腕を発揮 1975,第24期王将戦第2局 相掛かり▲ヒネリ飛車 18p
2 米長、難局を打開 1975,第24期王将戦第5局 △四間飛車▲玉頭位取り 22p
3 名人戦第1局 1976,第35期名人戦第1局 矢倉△矢倉中飛車 22p
4 名人戦第3局 1976,第35期名人戦第3局 矢倉模様▲矢倉中飛車△雁木 22p
5 名人戦最終局 1976,第35期名人戦第7局 相矢倉 22p
6 激闘一九七手、米長勝つ 1979,第37期名人戦第1局 相矢倉 16p
7 相矢倉の好局 1979,第37期名人戦第2局 相矢倉 16p
8 名人戦第1局 1978,第36期名人戦第1局(中原名人vs森八段) ▲中飛車 20p
9 名人位のカベはかたかった 1978,第36期名人戦第6局(中原名人vs森八段) 相掛かり▲ヒネリ飛車 16p

・米長VS中原一口メモ(1)〜(4)

◆内容紹介(裏表紙見返しより)
哲学的将棋論の決定版!
熱烈な将棋ファンの支持のもとに、二十年余にわたって「近代将棋」誌に連載されている「金子教室」。本シリーズは、その「金子教室」から数々の名編を選びぬき、新たな視点でテーマごとに編集した読者待望のシリーズです。棋士(九段)であり、日本山妙法寺の僧である金子金五郎師が、その人生を賭けて問いつづける盤上の勝負は同時に、われわれ読者の実人生そのものであろうと思います。本シリーズが期待するのは願わくば、将棋というひとつのドラマを通して、どの時代にも人びとが生きていることの感動を共有でき得れば、ということです。

 


金子将棋教室(2) 中原誠VS大山康晴の巻
zoom
ご有志thx!
金子将棋教室(2)
中原誠VS大山康晴の巻
個別ページへ
金子金五郎
晩聲社
ISBN:4-89188-063-5
0036-800063-6999
1980年1月
\980
222p/18cm
   
・中原は近代的な精密機械だ<第13期棋聖戦第2局、第3局>
・大山将棋と中原将棋−その将棋の形成をたずねて<第31期名人戦第2局>
・手に汗する名局<名人戦第2局から>
・カド番しのいだ振飛車作戦<第31期名人戦第6局>
・中原将棋と大山将棋−その本体を探る<第33期名人戦第3局>
・中原・大山、超一流の対決<名人戦第3局解説>
・升田、新手で中原を降す<第25期順位戦>
・大樹に育った中原<第20期王将戦挑戦者決定戦>
・中原、息もつかせぬ攻撃<第26期順位戦>
・中原の柔、内藤の剛を制す<第26期順位戦>

◆内容紹介(裏表紙見返しより)
哲学的将棋論の決定版!
熱烈な将棋ファンの支持のもとに、二十年余にわたって「近代将棋」誌に連載されている「金子教室」。本シリーズは、その「金子教室」から数々の名編を選びぬき、新たな視点でテーマごとに編集した読者待望のシリーズです。棋士(九段)であり、日本山妙法寺の僧である金子金五郎師が、その人生を賭けて問いつづける盤上の勝負は同時に、われわれ読者の実人生そのものであろうと思います。本シリーズが期待するのは願わくば、将棋というひとつのドラマを通して、どの時代にも人びとが生きていることの感動を共有でき得れば、ということです。
 


大山康晴 VS 升田幸三
zoom
金子将棋教室(1)
大山康晴 VS 升田幸三
個別ページへ
金子金五郎
晩聲社
ISBN:4-89188-059-7
0036-790059-6999
1979年11月
\980
232p/19cm
  難易度:★★★★
図面:見開き1〜3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
有段向き
  大山将棋を軸に、升田・中原を論ず     6p
1 王座に挑む、升田八段 1954,第2回王座決定戦 相矢倉 18p
2 第十六期名人戦第一局 1957,第16期名人戦第1局 相矢倉 26p
3 新名人誕生の一局 1957,第16期名人戦第6局   28p
4 豪快・升田将棋 1958,第17期名人戦第2局   22p
5 升田、名局で飾る 1958,第17期名人戦第7局   28p
  第17期名人戦あとがき     8p
6 升田、緒戦を飾る 1958,全日本将棋選手権第1局   26p
7 第二十七期名人戦第四局 1968,第27期名人戦第4局   18p
8 歴史に残る名局 1971,第30期名人戦第4局   22p
9 両雄、最善を尽くす 1971,第30期名人戦第6局   24p

・大山VS升田一口メモ(1)〜(5)
・おもなタイトル戦における大山・升田対戦成績=1p

◆内容紹介(本文(8p)より抜粋)
升田・大山・中原という、歴史上においても屈指の三名人について、それを生んだ時代の背景と『人と将棋とのかかわり方』などを考えてみたい。

 


升田幸三熱戦集(下)
zoom
鉄人68号さんthx!
升田幸三熱戦集(下)
A級順位戦観戦記より
個別ページへ
東公平
大泉書店
ISBN:4-278-08159-6
1979年8月
\700
236p/22cm
   
 
 


升田幸三熱戦集(上)
zoom
鉄人68号さんthx!
升田幸三熱戦集(上)
A級順位戦観戦記より
個別ページへ
東公平
大泉書店
ISBN:4-278-08158-8
1979年7月
\700
237p/22cm
   
 
 


阪田三吉名局集
zoom
阪田三吉名局集
個別ページへ
内藤國雄
講談社
0076-306306-2253
1979年10月
\1,300
402p/20cm/H.C.
   
序・わが大師匠のこと 本当の阪田三吉像を/将棋一筋に生きて/独創の将棋
/偉大な棋士/将棋の心を得る
14p
阪田三吉名局集 (1)発奮の千日手(vs関根金次郎・香落) 明治39年
(2)またも苦杯喫す(vs関根金次郎・香落) 明治39年
(3)伊予の強豪を降す(vs藤内源三郎) 明治40年
(4)「八段強」の小菅倒す(vs小菅剣之助・香落) 明治40年
(5)宿命の対決(vs関根金次郎・香落) 明治40年
(6)「日の出の勇将」に完勝(vs川井房郷) 明治41年
(7)関根派の新鋭も降す(vs蓑太七郎・香落) 明治41年
(8)のちのライバルと初見参(vs土居市太郎・香落) 明治42年
(9)七段を宣言す(vs早川亀次郎・香落) 明治43年
(10)片腕との大駒落ち(vs高浜禎・飛落) 明治43年
(11)銀が泣いている(vs関根金次郎・香落) 大正2年
(12)初の平手戦(vs関根金次郎) 大正2年
(13)ついに関根を打倒(vs関根金次郎) 大正2年
(14)名人を目指して(vs関根金次郎) 大正6年
(15)名人位に「待った」(vs土居市太郎) 大正6年
(16)奇手「角頭の歩突き」(vs大崎熊雄・香落) 大正9年
(17)天から降った角(vs金易二郎・香落) 大正9年
(18)後進に胸を貸す(vs花田長太郎) 大正11年
(19)南禅寺の決戦(vs木村義雄) 昭和12年
(20)名人戦に参加す(vs花田長太郎) 昭和14年
257p
阪田詰将棋三十番 11手詰〜45手詰 26p

◆内容紹介(序より抜粋)
阪田師の棋力を現在に直すと、そのままでいくと四、五段だと思う。いまはそれほど多彩になり、研究も進んでいる。もちろん、師が最初から現代将棋を始めたら話は別で、トップクラスは当然のことである。私はその阪田師の棋譜を、今も並べるのである。特に重大な対局の前は、常に阪田師の将棋を並べる。四、五段の棋力しかないものを何故──と思われるだろう。手を調べるのではない。将棋の心をつかむためである。

 


日本将棋大系 第十五巻 木村義雄
zoom
日本将棋大系 第十五巻
木村義雄
大山康晴
筑摩書房
0376-69215-4604
1980年1月
\2,400
258p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

・実戦譜=26局

◆内容紹介(オビより)
十四世名人木村義雄は生粋の江戸っ子で関根金次郎門下。第一期名人戦に優勝して初の実力名人位を獲得する。戦後、一時失冠するが復位して通算八期名人を務め、坂田・土居・塚田・大山らとの名勝負の中から数々の「木村定跡」を編み出した。
 


菅谷北斗星選集 観戦記編
zoom
菅谷北斗星選集 観戦記篇
個別ページへ
菅谷北斗星
日本将棋連盟
2076-11012-5892
1979年1月
\2,600
329p/23cm/H.C.
   
※( )内の数字は持時間です。
第一局 昭和2年 六段大争覇戦
(明暗将棋合戦)
▲六段 時田慶三郎 △六段 神田辰之助 10p
第二局 昭和2年 高段平手紅白試合 ▲六段 飯塚勘一郎 △六段 金子金五郎 15p
第三局 昭和2年 高段平手紅白試合 ▲六段 石井秀吉 △八段 花田長太郎 18p
第四局 昭和2年 高段平手紅白試合
(問題提起の一局)途中にて中止
▲六段 宮松関三郎 △八段 花田長太郎 8p
第五局 昭和4年 少年棋客出世将棋
(一日指し切り制)
飛落▲二段 塚田正夫 △八段 土居市太郎 18p
第六局 昭和4年 日本将棋選手権戦(15) ▲七段 金子金五郎 △八段 花田長太郎 20p
第七局 昭和4年 日本将棋選手権戦(15) ▲七段 金子金五郎 △八段 木村義雄 20p
第八局 昭和12年 坂田木村大棋戦(30)
南禅寺の対決
▲八段 木村義雄 △坂田三吉 45p
第九局 昭和12年 坂田花田大棋戦(30)
天竜寺の対決
▲八段 花田長太郎 △坂田三吉 56p
第十局 昭和13年 両名人模範戦(11)
(名人就位直後の一局)
▲名人 木村義雄 △関根金次郎 21p
第十一局 昭和15年 名人対七八段戦優勝者(11) ▲八段 金子金五郎 △名人 木村義雄 17p
第十二局 昭和15年 名人八段勝抜戦(11) ▲八段 塚田正夫 △八段 神田辰之助 26p
第十三局 昭和15年 名人八段勝抜戦(11) 香落 ▲八段 塚田正夫 △名人 木村義雄 14p
第十四局 昭和15年 名人八段勝抜戦(11) ▲八段 土居市太郎 △名人 木村義雄 18p
第十五局 昭和16年 名人八段勝抜戦(11)
(十人抜阻止の一局)
▲八段 神田辰之助 △名人 木村義雄 16p

・「新聞将棋の開拓者 北斗星」(越智信義)=10p
・菅谷北斗星書誌目録(越智信義)=2p

◆内容紹介(裏表紙見返しより)
いまの短篇観戦記に馴れた読者には想像もできぬような情理そなわった大長篇観戦記「南禅寺の対決」「天竜寺の対決」は驚異であろう。十六年間、沈黙を守っていた臥竜坂田三吉を出廬させ、近代将棋の代表たる木村義雄、花田長太郎と戦わせたビッグイベントは近世将棋史の華だ。本書にはその二長篇のほか、往年の名棋士たちを躍動させて全十五局。北斗星の美文を御覧あれ。

 


日本将棋大系 第十四巻 坂田三吉・神田辰之助
zoom
日本将棋大系 第十四巻
坂田三吉・神田辰之助
個別ページへ
加藤一二三
筑摩書房
0376-69214-4604
1979年1月
\2,400
261p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

〔坂田三吉〕
生涯の一局 平手,▲坂田三吉△関根金次郎(大正2年7月14日)
第1局 角落,▲木見金治郎△坂田三吉(明治41年10月17日)
第2局 左香落,▲土居市太郎△坂田三吉(明治42年11月)
第3局 左香落,▲矢野逸郎△坂田三吉(明治44年7月)
第4局 左香落,▲木見金治郎△坂田三吉(大正5年8月)
第5局 平手,▲坂田三吉△関根金次郎(大正7年6月15・16日)
第6局 平手,▲坂田三吉△関根金次郎(大正7年6月23日)
第7局 左香落,▲矢野逸郎△坂田三吉(大正7年7月)
第8局 平手,▲土居市太郎△坂田三吉(大正8年5月11日)
第9局 平手,▲大崎熊雄△坂田三吉(大正10年2月)
第10局 平手,▲花田長太郎△坂田三吉(大正11年)
第11局 平手,▲金子金五郎△坂田三吉(昭和14年2月2日)
第12局 平手,▲坂田三吉△金易二郎(昭和14年10月12日)

〔神田辰之助〕
生涯の一局 平手,▲神田辰之助△木村義雄(昭和10年8月5日)
第1局 平手,▲神田辰之助△土居市太郎
第2局 平手,▲神田辰之助△土居市太郎(昭和11年9月25日)
第3局 平手,▲神田辰之助△木見金治郎(第1期名人戦リーグ)
第4局 平手,▲神田辰之助△萩原淳(第1期名人戦リーグ)
第5局 平手,▲花田長太郎△神田辰之助(第1期名人戦リーグ)
第6局 平手,▲金子金五郎△神田辰之助(第2期名人戦リーグ)
第7局 平手,▲金子金五郎△神田辰之助(第3期名人戦リーグ)
第8局 平手,▲神田辰之助△渡辺東一(第3期名人戦リーグ)
第9局 平手,▲塚田正夫△神田辰之助(第3期名人戦リーグ)
第10局 平手,▲木村義雄△神田辰之助(昭和17年7月21〜23日,第3期名人戦第2局)
第11局 平手,▲神田辰之助△木村義雄(昭和17年7月31日〜8月2日,第3期名人戦第3局)
第12局 平手,▲木村義雄△神田辰之助(昭和17年8月22〜24日,第3期名人戦第4局)

・「人とその時代 十四(坂田三吉・神田辰之助)」(山本亨介)=15p
・将棋年表 十四(坂田三吉・神田辰之助)=2p

◆内容紹介(まえがき「魅力ある先輩の将棋」より抜粋)
坂田氏は晩学である。いまの棋士は勉強しようと思えば、いつでもできるが、当時はそんなに機会がなかった。それにもかかわらず抜群の実力を身につけたのは、豊かな才能と、たゆみのない努力があったからとは思ってみても、やはり驚異的なことである。(中略)非常に魅力のある将棋であると同時に、現代の人が調べて実力を養成する上で有益な内容をたくさん含んでいる。
神田辰之助九段は、(中略)坂田三吉氏と接する機会が多かった。その後七段になったとき、「神田七段対オール七段戦」は、期待に反して三勝四敗に終った。一年後、有力棋士十四名と戦って好成績を収め、やがて八段に昇段した。その時の模様は、『昇段熱血棋集』という本に書かれてあり、緊迫感や意気込みがひしひしと伝わってくる。
 


日本将棋大系 第十三巻 関根金次郎・土居市太郎
zoom
日本将棋大系 第十三巻
関根金次郎・土居市太郎
個別ページへ
五十嵐豊一
筑摩書房
0376-69213-4604
1979年3月
\2,400
268p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

〔関根金次郎〕
生涯の一局 飛落,▲関根金次郎△伊藤宗印(明治24年6月21日)
第1局 平手,▲石川友次郎△関根金次郎(明治32年8月16日)
第2局 左香落,▲坂田三吉△関根金次郎(明治36年3月20日)
第3局 平手,▲関根金次郎△井上義雄(明治40年10月21日)
第4局 平手,▲井上義雄△関根金次郎(明治40年10月27日)
第5局 左香落,▲関根金次郎△小菅剣之助(明治40年12月1日)
第6局 左香落,▲坂田三吉△関根金次郎(明治41年9月)
第7局 平手,▲坂田三吉△関根金次郎(大正2年4月13日)
第8局 飛香落,▲木村義雄△関根金次郎(大正5年9月5日)
第9局 左香落,▲金易二郎△関根金次郎(大正6年2月4日)
第10局 右香落,▲関根金次郎△小野五平(大正6年)
第11局 角落,▲花田長太郎△関根金次郎(大正7年8月28日)
第12局 飛落,▲藤内金吾△関根金次郎(大正十年代)
第13局 飛香落,▲建部和歌夫△関根金次郎(昭和2年10月25日)
第14局 平手,▲木村義雄△関根金次郎(昭和13年5月)
第15局 二枚落,▲五十嵐豊一△関根金次郎(昭和13年8月11日)

〔土居市太郎〕
生涯の一局 平手,▲土居市太郎△坂田三吉(大正5年10月16・17日)
第1局 飛落,▲花田長太郎△土居市太郎(大正4年9月5日)
第2局 飛香落,▲塚田正夫△土居市太郎(昭和4年)
第3局 平手,▲木村義雄△土居市太郎(昭和10年9月22日)
第4局 平手,▲金易二郎△土居市太郎(昭和10年12月20日)
第5局 平手,▲土居市太郎△大崎熊雄(昭和11年2月25日)
第6局 平手,▲土居市太郎△萩原淳(昭和11年5月25日)
第7局 平手,▲土居市太郎△神田辰之助(昭和12年1月25日)
第8局 平手,▲土居市太郎△木見金治郎(昭和12年2月18日)
第9局 平手,▲土居市太郎△金子金五郎(昭和12年7月15日)

・「人とその時代 十三(関根金次郎・土居市太郎)」(山本亨介)=16p
・将棋年表 十三(関根金次郎・土居市太郎)=2p

◆内容紹介(まえがき「恩師の芸にうたれて」より抜粋)
(関根金次郎について)申し訳ないことだが、こんど初めて先生のすべての対局譜を調べてみた。軽妙で、受けを主軸としたゆったりした棋風の先生も、若き日は闘志をみなぎらせて激しく戦ったことを知った。そうした試練ののちに、あの悠然たる大河のごとき関根将棋が形成されたことも知ることを得た。もうひとつ学んだのは、最善を尽くしたあとは、美しく負けることを心がけていたことである。(中略)
土居市太郎名誉名人は、関根先生の一番弟子である。軽快な攻めをもって鳴りひびき、天才土居として一時代を劃した。やはり、関根師の薫陶を受けた人らしく、勝負に恬淡(てんたん)として潔い将棋である。
 


日本将棋大系 第十二巻 伊藤宗印・小野五平
zoom
日本将棋大系 第十二巻
八代伊藤宗印・小野五平
個別ページへ
大野源一
筑摩書房
0376-69212-4604
1979年7月
\2,400
259p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介
※大野源一九段は執筆中に他界したため、仕上げを大山康晴・山中和正らで行っている。

〔八代伊藤宗印〕
(八代伊藤宗印は、上野房次郎→伊藤印寿→伊藤宗印と名が変遷している。)
生涯の一局 平手,▲伊藤印寿△大橋宗a(嘉永元年11月17日)
第1局 角落,▲伊藤印寿△大橋宗桂(弘化2年11月17日)
第2局 左香落,▲伊藤印寿△大橋宗a(弘化2年11月17日)
第3局 右香落,▲伊藤印寿△天野富次郎(弘化3年6月5日)
第4局 平手,▲伊藤印寿△大橋宗a(弘化4年11月17日)
第5局 右香落,▲伊藤印寿△大橋宗与(嘉永2年11月17日)
第6局 左香落,▲伊藤印寿△大橋宗桂(嘉永3年11月17日)
第7局 平手,▲伊藤印寿△大橋宗a(嘉永3年11月17日)
第8局 平手,▲伊藤印寿△大橋宗a(嘉永4年11月17日)
第9局 飛落,▲大橋宗金△伊藤宗印(嘉永5年11月17日)
第10局 平手,▲大橋宗a△伊藤宗印(嘉永6年11月17日)
第11局 平手,▲伊藤宗印△和田印哲(安政元年11月17日)
第12局 平手,▲伊藤宗印△大橋宗a(万延元年12月8日)
第13局 飛落,▲伊藤宗印△大橋鐐英(文久元年11月17日)
第14局 平手,▲大矢東吉△伊藤宗印(明治2年4月16日)
第15局 角落,▲相川治三吉△伊藤宗印(明治25年1月17日)

〔小野五平〕
(小野五平は、土井喜太郎→土井五香→尾野五平→小野五平と改名している。)
生涯の一局 左香落,▲尾野五平△伊藤宗印(明治4年12月6日)
第1局 飛落,▲土井喜太郎△天野宗歩(嘉永4年4月20日)
第2局 左香落,▲渋谷孫助△土井喜太郎(文久元年7月15日)
第3局 平手,▲土井喜太郎△勝田仙吉(文久3年7月13日)
第4局 平手,▲土井五香△伊藤宗印(明治2年5月21日)
第5局 平手,▲大矢東吉△尾野五平(明治4年11月26日)
第6局 左香落,▲関澄伯理△尾野五平(明治6年4月2日)
第7局 左香落,▲浜名弥吉△尾野五平(明治10年9月15日)
第8局 角落,▲榊原靖△小野五平(明治22年12月10日)
第9局 角落,▲豊島太郎吉△小野五平(明治41年6月13日)

・「人とその時代 十二(八代伊藤宗印・小野五平)」(山本亨介)=15p
・将棋年表 十二(八代伊藤宗印・小野五平)=2p

◆内容紹介(まえがき「遺著の上梓に当って」より抜粋)
十一世名人伊藤宗印と、十二世名人小野五平は、江戸時代の末期から明治の世にかけて棋界が一番衰微したとき、相ついでリーダーとして登場して、それぞれに大きな足跡を残していった先達である。
(中略)この二人は、指し将棋の面でも傑出した人であったが、不運なことに同時代の好敵手にめぐり合うことができず、平手の対戦譜はきわめて少ない。(中略)むしろ、この二人は上位者として下手と対戦する機会が多く、大駒落戦に真価を発揮するチャンスに恵まれたといえようか。
ここに収録した二十六番の実戦譜のなかには、珠玉の大駒落戦を数多く見るし、私たち専門棋士となった者は、だれでも修行時代に、これらの実戦譜を盤に並べて研究したものである。いま並べ直してみて、立派な棋譜であることを再確認した。
 


日本将棋大系 第十一巻 天野宗歩
zoom
日本将棋大系 第十一巻
天野宗歩
個別ページへ
中原誠
筑摩書房
0376-69211-4604
1978年5月
\2,400
258p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

・実戦譜=26局

◆内容紹介(オビより)
天下無敵。実力十三段と恐れられ、将棋史上に燦として輝く「棋聖」天野宗歩、数多の新定跡を打ち出した名局・熱戦譜を精選し、中原誠名人の全力を傾けた解説を付す。
 


日本将棋大系 第十巻 大橋柳雪
zoom
日本将棋大系 第十巻
大橋柳雪
個別ページへ
大内延介
筑摩書房
0376-69210-4604
1978年8月
\2,400
262p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

(中村喜多次郎は大橋柳雪の幼名。大橋家入門後は中村英節、大橋分家に養子入り後は大橋英俊と名乗る。その後病気となり、大橋分家を離れて大橋柳雪と名乗った。大橋鐐英はのちの大橋宗a。)
生涯の一局 飛落,▲中村喜多次郎△大橋宗英(文化5年5月6日)
第1局 平手,▲吉川豊蔵△中村喜多次郎(文化3年)
第2局 左香落,▲中村英節△福泉藤吉(文化7年12月9日)
第3局 平手,▲中村英節△和田直三郎(文化8年11月16日)
第4局 左香落,▲伊藤定次郎△中村英節(文化13年8月)
第5局 平手,▲香川栄松△中村英節(文化13年8月)
第6局 平手,▲中村英節△深野孫兵衛(文化14年8月)
第7局 平手,▲伊藤看理△大橋英俊(文政4年11月17日)
第8局 平手,▲伊藤看理△大橋英俊(文政5年10月)
第9局 左香落,▲大橋宗桂△大橋英俊(文政5年11月17日)
第10局 右香落,▲大橋英俊△伊藤宗看(文政6年11月17日)
第11局 平手,▲大橋英俊△伊藤看佐(文政7年7月9日)
第12局 平手,▲大橋英俊△伊藤看佐(文政7年11月17日)
第13局 右香落,▲深野宇兵衛△大橋英俊(文政11年8月)
第14局 飛落,▲小林定楠△大橋英俊(文政12年4月)
第15局 角落,▲三宅丈吉△大橋英俊(文政13年2月)
第16局 左香落,▲天野留次郎△大橋柳雪(天保6年6月15日)
第17局 右香落,▲天野留次郎△大橋柳雪(天保6年11月20日)
第18局 左香落,▲荻田重次郎△大橋柳雪(天保8年3月10日)
第19局 平手,▲大橋宗桂△大橋柳雪(天保8年9月27日)
第20局 左香落,▲田中順理△大橋柳雪(天保8年11月11日)
第21局 左香落,▲伊藤金五郎△大橋柳雪(天保8年11月23日)
第22局 左香落,▲大橋鐐英△大橋柳雪(天保10年3月26日)
第23局 平手,▲石本検校△大橋柳雪(天保8年6月4日)
第24局 平手,▲石本検校△大橋柳雪(天保8年11月12日)
第25局 左香落,▲石本検校△大橋柳雪(天保8年12月12日)

・「人とその時代 十(大橋柳雪)」(山本亨介)=14p
・将棋年表 十(大橋柳雪)=2p

◆内容紹介(まえがき「柳雪は芸の達人にして」より抜粋)
私は柳雪を「近代将棋の開拓者」と呼びたい。(中略)常に着想は新しく、構想を描いて手を作り、終盤は的をしぼって最短距離の寄せを目ざす迫力がある。その指し方を見れば、自分にきびしい人であったと想像がつく。ことに、飛車を振る将棋では、それまでにない新感覚で捌きを狙おうとする。
 


日本将棋大系 第九巻 六代伊藤宗看
zoom
日本将棋大系 第九巻
六代伊藤宗看
個別ページへ
板谷進
筑摩書房
0376-69209-4604
1979年5月
\2,400
252p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

(伊藤印嘉は六代伊藤宗看の幼名。大橋鐐英はのちの大橋宗a。)
生涯の一局 平手,▲大橋宗桂△伊藤宗看(文化8年11月17日)
第1局 左香落,▲飯河他四郎△伊藤印嘉(天明4年11月17日)
第2局 左香落,▲伊藤宗看△大橋宗英(天明5年4月10日)
第3局 右香落,▲伊藤宗看△大橋宗順(天明5年11月17日)
第4局 左香落,▲伊藤宗看△曲淵甲斐守(天明5年11月17日)
第5局 角落,▲伊藤宗看△大橋宗桂(寛政元年11月17日)
第6局 飛落,▲大橋宗銀△伊藤宗看(寛政2年11月17日)
第7局 角落,▲大橋宗銀△伊藤宗看(寛政3年11月17日)
第8局 左香落,▲鵜飼弥五郎△伊藤宗看(寛政4年8月6日)
第9局 平手,▲毛塚源助△伊藤宗看(寛政5年3月29日)
第10局 左香落,▲伊藤宗看△大橋宗英(寛政6年5月24日)
第11局 左香落,▲金親盤治△伊藤宗看(寛政7年10月24日)
第12局 左香落,▲大橋宗銀△伊藤宗看(寛政8年11月17日)
第13局 左香落,▲福泉藤吉△伊藤宗看(寛政9年9月30日)
第14局 左香落,▲大橋宗銀△伊藤宗看(享和元年11月17日)
第15局 左香落,▲伊藤宗看△大橋宗英(文化元年11月17日)
第16局 飛落,▲大橋英長△伊藤宗看(文化2年11月17日)
第17局 右香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(文化6年11月17日)
第18局 角落,▲伊藤看理△伊藤宗看(文化9年11月17日)
第19局 飛香落,▲大橋宗金△伊藤宗看(文化12年11月17日)
第20局 左香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(文化13年11月17日)
第21局 左香落,▲大橋英俊△伊藤宗看(文政3年11月17日)
第22局 左香落,▲大橋宗与△伊藤宗看(文政5年11月17日)
第23局 右香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(文政7年11月17日)
第24局 左香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(天保13年11月17日)
第25局 角落,▲大橋鐐英△伊藤宗看(天保13年11月17日)

・「人とその時代 九(六代伊藤宗看)」(山本亨介)=14p
・将棋年表 九(六代伊藤宗看)=2p

◆内容紹介(まえがき「六代宗看は新手の開拓者」より抜粋)
近代将棋の祖を九世名人・六代大橋宗英とし、近代将棋の父を天野宗歩とするのが、これまでの通念である。それは決して間違った歴史観ではないが、その二人のあいだに介在する新手の開拓者の名を忘れてはならないだろう。ひとりは大橋柳雪であり、その柳雪の先駆をなすのが六代宗看である。
(中略)この時代は、新しい定跡が誕生する前の夜明けどきである。平手戦はむろんのこと、左右香落戦、角落、飛車落など、あらゆる対戦で、さまざまな試みをする。その新しい試みが、柳雪を経て宗歩にいたって、輝かしい定跡として実を結ぶことが、はっきりわかった。
六代宗看は、新手の開拓者である。
 


日本将棋大系 第八巻 六代大橋宗英
zoom
日本将棋大系 第八巻
六代大橋宗英
個別ページへ
米長邦雄
筑摩書房
0376-69208-4604
1979年10月
\2,400
257p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

(大橋七之助は六代大橋宗英の幼名。)
生涯の一局 平手,▲大橋宗英△大橋宗桂(寛政2年11月17日)
第1局 角落,▲大橋宗英△伊藤宗印(安永7年11月17日)
第2局 右香落,▲大岡兵部少輔△大橋宗英(安永7年11月17日)
第3局 左香落,▲大橋宗英△大橋宗順(安永8年11月17日)
第4局 平手,▲大橋宗英△伊藤看寿(安永9年11月17日)
第5局 右香落,▲大橋宗英△伊藤宗印(天明2年11月17日)
第6局 右香落,▲大橋宗英△大橋印寿(天明3年11月17日)
第7局 右香落,▲伊藤印嘉△大橋宗英(天明4年11月17日)
第8局 右香落,▲大橋宗英△大橋宗桂(天明5年11月17日)
第9局 左香落,▲伊藤宗看△大橋宗英(天明6年11月24日)
第10局 飛落,▲大橋宗銀△大橋宗英(寛政元年11月17日)
第11局 左香落,▲伊藤宗看△大橋宗英(寛政7年11月17日)
第12局 平手,▲伊藤宗看△大橋宗英(寛政10年11月17日)
第13局 飛落,▲大橋英長△大橋宗英(文化5年11月17日)
第14局 飛香落,▲伊藤看理△大橋宗英(文化6年11月11日)
第15局 左香落,▲大橋七之助△福島竜治(明和年間)
第16局 右香落,▲大橋七之助△福島竜治(明和年間)
第17局 左香落,▲大橋宗英△鵜飼弥五郎(安永元年12月26日)
第18局 平手,▲大橋宗英△福島慶次(安永5年12月23日)
第19局 平手,▲大橋宗英△井出主税(安永6年9月29日)
第20局 左香落,▲井出主税△大橋宗英(安永7年6月28日)
第21局 角落,▲大橋宗英△大橋印寿(安永7年11月23日)
第22局 左香落,▲大橋宗英△伊藤宗印(安永8年2月18日)
第23局 平手,▲清水幸助△大橋宗英(安永9年1月18日)
第24局 左香落,▲毛塚源助△大橋宗英(天明6年11月21日)
第25局 右香落,▲伊藤宗看△大橋宗英(享保2年11月17日)

・「人とその時代 八(六代大橋宗英)」(山本亨介)=14p
・将棋年表 八(六代大橋宗英)=2p

◆内容紹介(まえがき「近代将棋を開いた人」より抜粋)
九世名人・六代大橋宗英は、まことに傑出した才能の持主である。(中略)当時の他の棋士に比して、その技倆は卓越した鋭さと堅実さとを持ち合せる。序・中・終盤を通じて、いずれにもすぐれるが、一番顕著なのは序盤の大局観がよいことで、その将棋感覚は現代にも立派に通用する。(中略)それまでは位と形を重んずるのが将棋の鉄則とされていたのに、宗英ひとりはスピードの将棋を目標とした。(中略)もう一つは、堅実な受けを随所に見せることである。(中略)さらにもう一つの特色は構想力のすばらしさである。(中略)江戸時代にあって、これほど将棋を知っている人は、ほかには後輩の天野宗歩くらいではないだろうか。(中略)この面での系譜を描けば、宗英−天野宗歩−升田幸三ということとなろう。
(中略)現代の棋士にたとえるなら、序盤の構想力は升田幸三型、中盤の堅実で強靭な受けは大山康晴型で、この二つを兼ね備えた、たぐい稀な人であるのだから強いのは当然である。
 


日本将棋大系 第七巻 九代大橋宗桂
zoom
日本将棋大系 第七巻
九代大橋宗桂
個別ページへ
有吉道夫
筑摩書房
0376-69207-4604
1979年6月
\2,400
252p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

(大橋印寿は後の九代大橋宗桂。安永3年(1774)に九代大橋宗桂を継いでいるが、御城将棋では印寿の名で記載され、天明5年から大橋宗桂の名で記されている)
生涯の一局 平手,▲大橋印寿△伊藤宗印(安永9年11月17日)
第1局 飛落,▲大橋印寿△伊藤看寿(宝暦7年11月17日)
第2局 右香落,▲大橋印寿△大橋宗桂(宝暦13年11月17日)
第3局 左香落,▲大橋印寿△伊藤宗印(明和2年11月17日)
第4局 右香落,▲大橋宗順△大橋印寿(明和5年11月17日)
第5局 平手,▲内田玄勝△大橋印寿(明和5年11月17日)
第6局 左香落,▲大橋印寿△伊藤宗印(明和7年11月17日)
第7局 飛落,▲伊藤看寿△大橋印寿(安永元年11月17日)
第8局 角落,▲伊藤看寿△大橋印寿(安永2年11月17日)
第9局 左香落,▲大橋宗順△大橋印寿(安永2年11月17日)
第10局 平手,▲大橋宗順△大橋印寿(安永3年11月17日)
第11局 平手,▲大橋印寿△伊藤宗印(安永5年11月17日)
第12局 角落,▲大岡兵部少輔△大橋印寿(安永5年11月17日)
第13局 右香落,▲曲淵甲斐守△大橋印寿(安永5年11月17日)
第14局 左香落,▲伊藤看寿△大橋印寿(安永6年11月17日)
第15局 飛落,▲加藤玄蕃△大橋印寿(安永6年11月17日)
第16局 飛落,▲山川下総守△大橋印寿(安永6年11月17日)
第17局 平手,▲伊藤宗印△大橋印寿(安永6年11月17日)
第18局 角落,▲大岡兵部少輔△大橋印寿(安永7年11月17日)
第19局 飛落,▲武本次左衛門△大橋印寿(安永6年11月17日)
第20局 右香落,▲大橋宗順△大橋印寿(天明2年11月17日)
第21局 平手,▲大橋宗順△大橋印寿(天明4年11月17日)
第22局 飛落,▲馬島瑞伯△大橋印寿(天明4年11月17日)
第23局 飛落,▲岡野和泉守△大橋宗桂(天明5年11月17日)
第24局 左香落,▲大橋宗英△大橋宗桂(寛政元年11月17日)
第25局 右香落,▲大橋宗英△大橋宗桂(寛政6年11月17日)

・「人とその時代 七(九代大橋宗桂)」(山本亨介)=14p
・将棋年表 七(九代大橋宗桂)=2p

◆内容紹介(まえがき「鋭く華麗な棋風」より抜粋)
九代大橋宗桂の実戦譜を解説する役を受け持ち、その人の棋譜を少年時代から調べてみて、内容のすばらしさに驚嘆した。(中略)棋風は鋭く、かつ華麗である。(中略)棋譜の流れのなかに芸術的な香気を感じとる。ことに、寄せの手順は抜群である。(中略)現代の将棋感覚をもってしても、充分に鑑賞にたえうる将棋であり、むしろ、現代のプロ感覚の盲点を衝く新鮮さが感じられて、私としても学ぶべき点が多いことを知った。
(中略)宗桂の将棋は、指し手の一手一手に気迫が感じられる。気性が激しく、責任感の強い人であったと想像する。
 


日本将棋大系 第六巻 伊藤看寿
zoom
日本将棋大系 第六巻
伊藤看寿
個別ページへ
原田泰夫
筑摩書房
0376-69206-4604
1978年9月
\
264p/23cm
H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介
 


日本将棋大系 第五巻 三代伊藤宗看
zoom
日本将棋大系 第五巻
三代伊藤宗看
個別ページへ
大山康晴
筑摩書房
0376-69205-4604
1978年6月
\2,400
262p/23cm/H.C./箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

(伊藤印寿は後の三代伊藤宗看。享保9年(1724)から伊藤宗看を名乗り、享保13年(1728)から七世名人を襲名。)
生涯の一局
 左香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(元文3年11月17日)
第1局 飛落,▲伊藤印寿△大橋宗与(享保元年11月17日)
第2局 飛落,▲伊藤印寿△大橋宗与(享保2年11月17日)
第3局 平手 ▲伊藤印寿△大橋宗民(享保2年11月17日)
第4局 飛落,▲伊藤印寿△大橋宗与(享保3年11月17日)
第5局 飛落,▲伊藤印寿△大橋宗与(享保4年11月17日)
第6局 右香落,▲伊藤印寿△大橋宗桂(享保5年11月17日)
第7局 角落,▲伊藤印寿△大橋宗与(享保6年11月17日)
第8局 右香落,▲伊藤印寿△大橋宗与(享保7年11月17日)
第9局 平手,▲伊藤印寿△大橋宗民(享保8年11月17日)
第10局 平手,▲大橋宗民△伊藤印寿(享保8年11月17日)
第11局 平手,▲伊藤宗看△大橋宗民(享保9年11月17日)
第12局 平手,▲伊藤宗看△大橋宗民(享保10年11月17日)
第13局 平手,▲大橋宗民△伊藤宗看(享保11年11月17日)
第14局 角落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(享保19年11月17日)
第15局 左香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(享保20年11月17日)
第16局 左香落,▲大橋宗与△伊藤宗看(寛保2年10月12日)
第17局 右香落,▲大橋宗与△伊藤宗看(寛延元年11月17日)
第18局 右香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(宝暦2年11月17日)
第19局 平手,▲大橋宗与△伊藤宗看(宝暦3年11月17日)
第20局 左香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(宝暦5年11月17日)
第21局 右香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(宝暦7年11月17日)
第22局 右香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(宝暦8年11月17日)
第23局 左香落,▲大橋宗桂△伊藤宗看(宝暦9年11月17日)
第24局 飛落,▲大橋印寿△伊藤宗看(宝暦10年11月17日)
第25局 左香落,▲名村立摩△伊藤宗看(享保20年6月2日)

・「人とその時代 五(三代伊藤宗看)」(山本亨介)=14p
・将棋年表 五(三代伊藤宗看)=2p

◆内容紹介(まえがき「鬼宗看と呼ばれる人」より抜粋)
江戸時代にあっては、名人中の名人とうたわれた逸材である。『象戯図式』の名作を世に問うて、詰将棋の分野でも偉大すぎるほどの足跡を残した。後代の十一代大橋宗桂は宗看の棋風について、「将棋はすがたいかにも位高きといえり」と語り伝える。私の見るところ、少年の印寿時代は荒っぽい将棋を指したが、三代宗看を名乗り、七世名人となってからは、ぐんぐんと力をのばし、中盤で軽く捌く芸は惚れ惚れとする。また、大局観に明るく、力強い攻めと、素早く鮮やかな寄せの技は「鬼宗看」の名にふさわしく迫力があり、華麗である。
 


日本将棋大系 第四巻 二代伊藤宗印・三代大橋宗与
zoom
日本将棋大系 第四巻
二代伊藤宗印・三代大橋宗与
個別ページへ
花村元司
筑摩書房
0376-69204-4604
1979年2月
\2,400
262p/23cm/H.C./箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

〔二代伊藤宗印〕
生涯の一局
 左香落,▲大橋宗銀△伊藤宗印(宝永7年11月3日)
第1局 右香落,▲鶴田玄庵△大橋宗桂(元禄初期)
第2局 左香落,▲大橋宗与△伊藤宗印(元禄3年12月18日)
第3局 左香落,▲伊藤宗印△大橋宗桂(元禄4年12月23日)
第4局 平手,▲大橋宗与△伊藤宗印(元禄5年12月7日)
第5局 平手,▲大橋宗与△伊藤宗印(元禄8年11月23日)
第6局 平手,▲大橋宗与△伊藤宗印(元禄12年11月20日)
第7局 左香落,▲大橋宗与△伊藤宗印(宝永3年12月2日)
第8局 左香落,▲大橋宗与△伊藤宗印(宝永5年11月22日)
第9局 角落,▲大橋宗銀△伊藤宗印(宝永6年10月22日)
第10局 平手,▲大橋宗与△伊藤宗印(正徳元年11月21日)
第11局 角落,▲大橋宗銀△伊藤宗印(正徳2年12月16日)
第12局 飛落,▲大橋宗桂△伊藤宗印(正徳5年11月14日)
第13局 飛落,▲大橋宗民△伊藤宗印(享保5年11月17日)

〔三代大橋宗与〕
生涯の一局 右香落,▲大橋宗与△伊藤宗印(元禄9年11月24日)
第1局 左香落,▲大橋宗与△伊藤宗印(元禄6年11月26日)
第2局 左香落,▲大橋宗与△伊藤宗印(元禄11年11月20日)
第3局 左香落,▲大橋宗与△伊藤宗印(元禄12年)
第4局 左香落,▲大橋宗与△伊藤宗印(元禄12年)
第5局 左香落,▲松岡宗悦△大橋宗与(元禄13年)
第6局 左香落,▲松岡宗悦△大橋宗与(元禄13年10月10日)
第7局 右香落,▲添田宗太夫△大橋宗与(宝永5年11月13日)
第8局 角落,▲松田章林△大橋宗与(宝永6年6月29日)
第9局 右香落,▲伊藤印達△大橋宗与(宝永6年10月22日)
第10局 右香落,▲伊藤印達△大橋宗与(宝永7年11月3日)
第11局 飛香落,▲大橋宗寿△大橋宗与(享保9年11月17日)

・「人とその時代 四(二代伊藤宗印・三代大橋宗与)」(山本亨介)=14p
・将棋年表 四(二代伊藤宗印・三代大橋宗与)=2p

◆内容紹介(まえがき「棋界隆盛の蔭の立役者」より抜粋)
五世名人宗印は、(中略)性格はおとなしいと言われるが、棋譜の内容からみると、攻め八分、受け二分の棋風で、攻め気の強い指し方をする。表面上はおだやかでも、気短な、気性の激しい人であったろうと推測する。(中略)宗印の惜しいところは(中略)自信過剰からくる、終盤でポッキリ大木が倒れるごとき負け方をすることである。それがなければ、もっともっと強さを感じさせる人である。
一方、
六世名人宗与は、棋譜の内容からして宗印より温和であると推測する。(中略)棋風は攻め四分、受け六分くらいとみる。序盤から中盤の仕掛けに入るまでの指し方は上手とはいえず、きびしさ不足で、なかなか好局を作り出せない。だが、相手に離れずついていき、「ねばり」で逆転するケースが多い。(中略)
この両者は、歴代名人のなかで、これといって名を残していないが、将棋界が大隆盛をみた享保時代以後の基礎を築いた立役者である。
 


日本将棋大系 第三巻 五代大橋宗桂・宗銀=印達
zoom
日本将棋大系 第三巻
五代大橋宗桂・宗銀=印達
個別ページへ
加藤治郎
筑摩書房
0376-69203-4604
1979年8月
\2,400
269p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

〔五代大橋宗桂〕
生涯の一局
 右香落,▲大橋宗与△大橋宗桂(元禄10年11月23日)=12p
第1局 右香落,▲多川勾当△大橋宗桂(寛文7年2月8日)=9p
第2局 左香落,▲多川勾当△大橋宗桂(寛文7年10月10日)=8p
第3局 右香落,▲阿誰都△大橋宗桂(寛文7年12月22日)=9p
第4局 左香落,▲山崎勾当△大橋宗桂(?)=11p
第5局 右香落,▲山崎勾当△大橋宗桂(?)=9p
第6局 角落,▲鶴田万三郎△大橋宗桂(天保年間)=9p
第7局 角落,▲鶴田万三郎△大橋宗桂(貞亨年間)=8p
第8局 右香落,▲森田宗立△大橋宗桂(元禄15年5月22日)=11p

〔大橋宗銀=伊藤印達(五十七番勝負)〕
生涯の一局 平手,▲大橋宗銀△伊藤印達(正徳元年11月21日 )=12p
第1局(第1番) 平手,▲大橋宗銀△伊藤印達(宝永6年10月10日)=9p
第2局(第2番) 平手,▲伊藤印達△大橋宗銀(宝永6年10月11日)=11p
第3局(第3番) 平手,▲大橋宗銀△伊藤印達(宝永6年10月18日)=9p
第4局(第4番) 平手,▲伊藤印達△大橋宗銀(宝永6年10月29日)=7p
第5局(第5番) 平手,▲大橋宗銀△伊藤印達(宝永6年11月1日)=13p
第6局(第6番) 平手,▲伊藤印達△大橋宗銀(宝永6年11月2日)=6p
第7局(第8番) 平手,▲伊藤印達△大橋宗銀(宝永6年11月5日)=9p
第8局(第9番) 平手,▲大橋宗銀△伊藤印達(宝永6年11月7日)=8p
第9局(第10番) 平手,▲伊藤印達△大橋宗銀(宝永6年11月8日)=10p
第10局(第12番) 平手,▲伊藤印達△大橋宗銀(宝永6年11月12日)=9p
第11局(第13番) 右香落,▲大橋宗銀△伊藤印達(宝永6年11月13日)=8p
第12局(第24番) 平手,▲大橋宗銀△伊藤印達(宝永6年11月25日)=9p
第13局(第25番) 左香落,▲大橋宗銀△伊藤印達(宝永6年11月25日)=9p
第14局(第41番) 角落,▲大橋宗銀△伊藤印達(宝永7年1月16日)=8p
第15局(第54番) 角落,▲大橋宗銀△伊藤印達(宝永7年3月19日)=8p
第16局(第57番) 角落,▲大橋宗銀△伊藤印達(宝永8年2月28日)=9p

・「人とその時代 三(五代大橋宗桂・大橋宗銀・伊藤印達)」(山本亨介)=13p
・将棋年表 三(五代大橋宗桂・大橋宗銀・伊藤印達)=2p

◆内容紹介(まえがき「あの世で感想戦」より抜粋)
四世名人・大橋宗桂は(中略)名人就位の前後ともに好敵手に恵まれず、残された棋譜も極めて少ない。
(中略)これに反し、大橋宗銀・伊藤印達戦ともなると、棋譜といい、話題といい、その選択に苦しむほどに多かった。(中略)天才両少年の五十七番におよぶ争い将棋の幕が切って落とされたのは、宗銀十六歳、印達十二歳のときである。その後足かけ三年間、死闘につぐ死闘のあげく、両少年は精も根も尽きはて、印達は十五歳で夭折、宗銀はそのあとを追うように、一年後二十歳でこの世を去った。五十七番の争い将棋は、言わば大橋、伊藤両家元による、棋界制覇、指導権争いのようなもの。そうした大人たちの欲望の犠牲となり、両少年はあたら若き蕾を散らしてしまった。
 


(外箱)
日本将棋大系 第二巻 初代伊藤宗看
zoom
日本将棋大系 第二巻
初代伊藤宗看
個別ページへ
丸田祐三
筑摩書房
0376-69202-4604
1978年7月
\2,400
258p/23cm/H.C.・箱入り
   
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

生涯の一局
 平手,▲松本紹尊△伊藤宗看(寛永14年3月17日)=12p
第1局 平手,▲松本紹尊△伊藤宗看(寛永14年3月4日)=8p
第2局 平手,▲松本紹尊△伊藤宗看(寛永14年3月13日)=9p
第3局 平手,▲伊藤宗看△松本紹尊(寛永14年3月21日)=9p
第4局 平手,▲松本紹尊△伊藤宗看(寛永14年3月21日)=8p
第5局 平手,▲伊藤宗看△松本紹尊(寛永14年4月8日)=9p
第6局 平手,▲伊藤宗看△松本紹尊(寛永14年4月10日)=9p
第7局 平手,▲伊藤宗看△松本紹尊(寛永14年4月)=8p
第8局 平手 ▲伊藤宗看△松本紹尊(?)=9p
第9局 平手,▲松本紹尊△伊藤宗看(寛永19年)=9p
第10局 平手,▲伊藤宗看△松本紹尊(?)=9p
第11局 平手,▲松本紹尊△伊藤宗看(?)=9p
第12局 平手,▲伊藤宗看△松本紹尊(?)=9p
第13局 左香落,▲萩野真甫△伊藤宗看(寛永18年5月19日)=9p
第14局 右香落,▲萩野真甫△伊藤宗看(?)=8p
第15局 右香落,▲萩野真甫△伊藤宗看(?)=8p
第16局 右香落,▲萩野真甫△伊藤宗看(正保2年8月7日)=8p
第17局 右香落,▲萩野真甫△伊藤宗看(正保2年)=8p
第18局 左香落,▲萩野真甫△伊藤宗看(?)=10p
第19局 左香落,▲萩野真甫△伊藤宗看(?)=11p
第20局 角落,▲檜垣是安△伊藤宗看(慶安4年2月1日)=8p
第21局 右香落,▲檜垣是安△伊藤宗看(慶安5年8月5日)=8p
第22局 角落,▲檜垣是安△伊藤宗看(慶安5年8月8日)=11p
第23局 左香落,▲檜垣是安△伊藤宗看(?)=7p
第24局 平手,▲伊藤宗看△大橋宗与(?)=7p
第25局 角落,▲広庭中書△伊藤宗看(?)=12p
・「人とその時代 二(初代伊藤宗看)」(山本亨介)=14p
・将棋年表 二(初代伊藤宗看)

◆内容紹介(まえがき「時代を越えて生きる芸」より抜粋)
宗看の一生は波乱にみちている。(中略)将棋の技は、天下無敵であった。残された実戦譜がそれを物語る。むろん、序盤戦や、戦いを仕掛けるときの指し方は、いまの将棋感覚からすれば異論もあるが、あの草創期において、これほどさまざまな戦法を試み、手筋を連発して勝ちつづけたのは感嘆に値する。
後代になれば、どのような批判もできる。私はこの本で、単なる批判は避け、その時代の将棋感覚を尊重しつつ現代の目をもって解説を試みた。宗看の芸は時代を越えて生きつづける。それが私のたどり得た結語であった。
 


(外箱)
日本将棋大系 第一巻 初代大橋宗桂・二代大橋宗古
zoom
日本将棋大系 第一巻
初代大橋宗桂・二代大橋宗古
個別ページへ
勝浦修/著
筑摩書房
0376-69201-4604
1979年12月
\2,400
264p/23cm
H.C.・箱入り

[総合評価]
B?

難易度:★★★☆
図面:見開き2〜3枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介
初代大橋宗桂 8局 78p
二代大橋宗古 18局 160p
人とその時代 一(山本亨介) 14p
将棋年表 一 2p

(平手=16局、右香落=5局、角落=4局、飛落=1局)
※棋譜は『象戯鏡』『仲古将棊記』『象戯綱目』、古写本『将棋集』ほかから採録

江戸時代の棋譜解説書・第1弾。メインは、初代家元の大橋宗桂・二代目家元の大橋宗古と本因坊算砂との御前対局。算砂は囲碁が本職であるが、将棋も当時としてはトップクラスの腕前で、“ゼロ代目家元”ともいえる存在。本書には算砂の棋譜が21局も収められており、「主役は算砂?」と思うくらいだ。その他、宗古と在野のアマ棋士との大駒落ち対局も収められている。

当時は将棋の草創期であり、現代の考え方とはずいぶん違うところがある。特徴的なのは、(1)位負けを極端に嫌う、(2)居飛車でも振飛車でも、三段目に二枚銀を並べる、(3)堅い囲いよりも上部の厚みを重視する、という感じ。美濃囲いはまだ出現しない。矢倉囲いは、1621年の香落ち戦にて初登場となる。

残念ながら、棋譜のレベルは高くない。現代の段級でいえば宗桂がアマ四段くらい、算砂が二段くらいだと感じた。ただし算砂の方は老齢ながら成長を続け、最後の方は四段くらいに達している。後半の宗古vs算砂15番勝負では、新しい手筋が次々に登場するので、将棋の技術進歩を楽しむことができる。

もっとも、本シリーズの価値は別の所にある。古棋譜を現代人にも読みやすい形でまとめ、保存版としての装丁を施し、プロ高段棋士の目で解説を付けたことは、将棋史において非常に有用であろう。

たまには古い棋譜を並べ、感覚の違いを楽しんでみるのも良いものである。(2003Dec14)


阪田三吉血戦譜 第3部
zoom
鉄人68号さんthx!
阪田三吉血戦譜
第3部
個別ページへ
東公平
大泉書店
ISBN:4-278-08157-X
1979年7月
\680
243p/18cm
   
第1局 平手 ▲八段 土居市太郎 △八段 阪田三吉
第2局 香落 ▲七段 金易二郎 △八段 阪田三吉
第3局 香落 ▲七段 大崎熊雄 △八段 阪田三吉
第4局 平手 ▲七段 花田長太郎 △八段 阪田三吉
第5局 香落 ▲七段 矢野逸郎 △名人 阪田三吉
第6局 香落 ▲七段 早川隆教 △名人 阪田三吉
第7局 飛落 ▲四段 池田松之助 △名人 阪田三吉
第8局 角落 ▲五段 高濱作蔵 △名人 阪田三吉
第9局 平手 ▲八段 木村義雄 △阪田三吉
第10局 平手 ▲八段 花田長太郎 △阪田三吉
第11局 平手 ▲阪田三吉 △八段 神田辰之助
第12局 平手 ▲八段 斎藤銀次郎 △阪田三吉
他、参考棋譜=19局(解説なし)

◆内容紹介
(藤沢桓夫「序」より抜粋)
本書は、阪田翁の代表的な実戦譜のほとんどを収録し、それらを年代順に解説する形式で構成されている点で、わが国の近代将棋史、また定跡発達の参考資料として、専門的にも重大な意味を持つ名著としての評価が高いようだ。しかし、本書の更に大きな魅力は、著者の意図が、棋譜解説の道すがら、「無学文盲」をむしろ誇りとして生きた着想警抜の大阪の庶民棋士、阪田三吉の特異なイメージを、随所に逸話や記録をさし挟むことによって、読む者の心につたえることに成功している点にある。
 


阪田三吉血戦譜 第2部
zoom
鉄人68号さんthx!
阪田三吉血戦譜
第2部
個別ページへ
東公平
大泉書店
ISBN:4-278-08156-1
1978年7月
\680
246p/18cm
   
第1局 飛落 ▲二段 高濱禎 △七段 阪田三吉
第2局 香落 ▲五段 矢野逸郎 △七段 阪田三吉
第3局 香落 ▲四段 溝呂木光治 △七段 阪田三吉
第4局 香落 ▲七段 阪田三吉 △八段 関根金次郎
第5局 平手 ▲七段 阪田三吉 △八段 関根金次郎
第6局 平手 ▲七段 阪田三吉 △八段 関根金次郎
第7局 飛落 ▲三段 柳澤保惠 △七段 阪田三吉
第8局 平手 ▲八段 阪田三吉 △八段 井上義雄
第9局 香落 ▲七段 土居市太郎 △八段 阪田三吉
第10局 香落 ▲六段 木見金次郎 △八段 阪田三吉
第11局 平手 ▲七段 土居市太郎 △八段 阪田三吉
第12局 香落 ▲七段 矢野逸郎 △八段 阪田三吉
他、参考棋譜=19局(解説なし)

◆内容紹介(東公平「実力日本一の時代」より抜粋)
七段に昇進した明治43年から大正にかけての十数年は、阪田師の得意の時代です。その絶頂は、一番手直りの決闘を挑んで、八段の関根師に平手で勝ったあたりだろうと思います。第2部では対関根、対土居のはげしい争いを中心とする“日本一の将棋指し”阪田師の足跡を追ったのですが、その副産物として、柳澤伯爵と将棋界のかかわりや、未発表の棋譜、矢野逸郎師に関する新しい資料などを入手して盛り込むことができたのは、望外のしあわせでした。
 


阪田三吉血戦譜 第1部
zoom
鉄人68号さんthx!
阪田三吉血戦譜
第1部
個別ページへ
東公平
大泉書店
ISBN:4-278-08155-3
1978年4月
\680
236p/18cm
   
第1局 平手 ▲四段格 阪田三吉 △四段 松本彦三郎
第2局 香落 ▲四段格 阪田三吉 △七段 関根金次郎
第3局 香落 ▲四段格 阪田三吉 △七段 関根金次郎
第4局 平手 ▲六段 吉田一歩 △五段格 阪田三吉
第5局 香落 ▲五段半 阪田三吉 △八段 関根金次郎
第6局 香落 ▲六段 阪田三吉 △八段 小菅剣之助
第7局 平手 ▲六段 阪田三吉 △六段 川井房郷
第8局 香落 ▲六段 阪田三吉 △八段 関根金次郎
第9局 角落 ▲六段 阪田三吉 △八段 関根金次郎
第10局 香落 ▲四段 土居市太郎 △六段 阪田三吉
第11局 香落 ▲木見金次郎 △七段 阪田三吉
他、参考棋譜=16局(解説なし)

◆内容紹介
(田村孝雄「序」より抜粋)
たび重なる映画化、毎年のように上演されるお芝居のおかげで、田三吉はいまや将棋の世界をとび出し、だれ知らぬ者なき有名人となった。三吉という名前を聞いただけで、ステテコに羽織をひっかけた、あの珍妙な姿がすぐ頭に浮かんでくる。しかし、では彼が盤上に命がけで描き出した将棋そのものはとなると、これはまた驚くほど知られていない。人気者三吉を、過去の虚構の場から引き戻し、真の三吉像と、将棋指しとしての彼の本領をさぐってみたい。「田三吉物語」は、こういう意図で企画され、朝日新聞の将棋欄に登場した。

(東公平「努力が生んだ「阪田将棋」」より抜粋)
棋譜を通して知ることのできる阪田三吉の将棋は、決して、世に喧伝されるような我流ではありません。「字が読めないのだから定跡を知らなかったであろう」という勝手な想像は、話としては面白いけれど、ナンセンスであるとはっきり申し上げます。阪田三吉は、天野宗歩、小林東四郎らの流れを汲む、立派な、「関西将棋」の継承者です。さらにその上に天与の棋才で、絶え間ない、異常なまでの努力を積み重ねて力強い「阪田将棋」を創り出したのです。
 


将棋名勝負ベスト15
zoom
棋史に灼熱の記録をのこす名勝負十五番
将棋名勝負ベスト15
個別ページへ
神田山陽
日本将棋連盟
2276-8126-5892
1978年1月
\
222p/18cm
    Not found at Amazon.co.jp
第一番 幸運の初手合い(金名誉九段の巻=大正2年、対坂田戦(角落))
第二番 ライバルに快勝(金子九段の巻=昭和10年、対木村戦)
第三番 名人への道(塚田九段の巻=昭和22年、対大野戦)
第四番 父の死を秘めて(木村十四世名人の巻=昭和24年、対高島戦)
第五番 うれしい初タイトル(大山十五世名人の巻=昭和25年、対板谷戦)
第六番 初の三冠王成る(升田九段の巻=昭和32年、対大山戦)
第七番 二枚腰を破る(坂口九段の巻=昭和33年、対大山戦)
第八番 会心の振り飛車(大野九段の巻=昭和37年、対大山戦)
第九番 昭和生まれの新王将(二上九段の巻=昭和38年、対大山戦)
第十番 全力尽くし初優勝(内藤九段の巻=昭和39年、対佐藤戦)
第十一番 自信つけた貴重な勝利(関根八段の巻=昭和39年、対大山戦)
第十二番 記録づくめの棋聖誕生(中原名人の巻=昭和43年、対山田戦)
第十三番 万感胸に迫る対局(丸田九段の巻=昭和44年、対山田戦)
第十四番 波をつかんだ一局(加藤九段の巻=昭和48年、対有吉戦)
第十五番 ポカで決まった棋聖位(米長八段の巻=昭和48年、対有吉戦)

◆内容紹介(自序より抜粋)
NHK将棋講座の生徒の役は私にとって忘れられない楽しい経験でした。(中略)(「想い出の名勝負」は)当時のA級在位棋士と過去に於て輝かしい戦績を残された名棋士が、御自身で選んだ熱戦譜を解説されただけに、講師の情熱が激しい気迫を以てヒシヒシと感じられる思いでした。
当時の感激を何かの形で再現する工夫はないものかと兼て考えておりましたところ、今回、将棋連盟出版部の御好意で実現の運びとなったことは私として無上の喜びとするところです。
 


坂田三吉名局集
zoom
実力将棋大学
坂田三吉名局集
個別ページへ
山川次彦
光風社書店
ISBN:
1977年5月
\580
190p/18cm
   
(1)逆盤の悲劇(関根八段)角落
(2)夢に見た角打ち(関根八段)香落
(3)八段昇格直後の一戦(井上八段)
(4)坂田氏再度の東上(関根八段)
(5)金七段恩師の仇を討つ(金七段)香落
(6)意表角頭歩突き(大崎七段)香落
(7)香落ち腰掛銀戦法(花田七段)香落
(8)居玉袖飛車の奇襲(花田七段)香落
(9)名人中の対局(矢野七段)香落
(10)角落ち指導対局(高浜五段)角落
 


中原誠名人将棋教室
名勝負「この一番」
個別ページへ
中原誠/述
山本武雄/聞き手
読売新聞社
ISBN:
1976年12月
\650
229p/18cm
  難易度:★★★☆
図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
上級〜有段向き
Not found at Amazon.co.jp
・テーマ局面=110

※「週刊読売」に連載された「この一番」から撰集したもの。中原と山本が対談形式でさまざまな名局を語り合う。

◆内容紹介(表紙見返しより)
中原誠名人が、自らの実戦体験にもとづいて、日本最古の実戦譜から最近の名勝負まで、血を吐き、命を削って戦った棋士たちの、微妙な心理と勝敗の原因を鋭く究明する。読売新聞記者・山本武雄が豊富な資料とエピソードを交えて語り合う、名勝負物語。
 


大山康晴激闘二十一番勝負
zoom
大山康晴激闘二十一番勝負
個別ページへ
斎藤栄/編
サンケイ新聞出版局
0076-076462-2756
1976年2月
\800
230p/19cm
   
  対戦相手 棋譜 解説
(1)高野山の決戦 升田幸三八段 昭和23年 名人挑戦者決定戦第3局 藤沢桓夫
(2)名人戦へ初登場 塚田正夫名人 昭和23年 第7期名人戦第1局 倉島竹二郎
(3)「無敵将軍」敗る 木村義雄名人 昭和27年 第11期名人戦第2局 藤沢桓夫
(4)大阪型・腰掛銀 丸田祐三八段 昭和28年 第2期王将戦第7局 虫明亜呂無
(5)永世名人となる 花村元司八段 昭和31年 第15期名人戦第1局 井伏鱒二
(6)無冠からの脱出 升田幸三王将 昭和33年 第7期王将戦第7局 倉島竹二郎
(7)兄弟弟子“宿命の対決” 升田幸三名人 昭和33年 全日本将棋選手権決定戦第6局 三好徹
(8)天才少年を迎え討つ 加藤一二三八段 昭和35年 第19期名人戦第3局 斎藤栄
(9)初タイトルをかけて 塚田正夫九段 昭和37年 第1期棋聖戦第1局 角田喜久雄
(10)「五冠王」を達成 二上達也王将 昭和38年 第2期棋聖戦第3局 藤浦洸
(11)磐石の五冠王 佐藤大五郎七段 昭和40年 第6期王位戦第1局 豊田穣
(12)「打倒!大山研究室」を粉砕 山田道美八段 昭和41年 第15期王将戦第7局 三好徹
(13)縁台将棋派を喜ばす 大内延介六段 昭和42年 第8期王位戦第1局 江国滋
(14)白熱の攻防戦 中原誠棋聖 昭和43年 第13期棋聖戦第1局 山口瞳
(15)弟子と戦う 有吉道夫八段 昭和44年 第28期名人戦第7局 高木彬光
(16)五十歳の新人として 灘蓮照八段 昭和45年 第29期名人戦第2局 武田繁太郎
(17)勝負師の魂 内藤國雄八段 昭和45年 第16期棋聖戦第4局 畑正憲
(18)将来期待の挑戦者 米長邦雄七段 昭和45年 第11期王位戦第1局 石堂淑朗
(19)「升田流早石田」登場 升田幸三九段 昭和46年 第30期名人戦第7局 田辺茂一
(20)巨星未だ堕ちず 中原誠八段 昭和47年 第31期名人戦第2局 斎藤栄
(21)棋戦優勝百回 米長邦雄八段 昭和50年 第25期棋聖戦第3局 永井龍男

◆内容紹介(裏表紙より)
永世名人、永世王将、そして永世棋聖──と棋界の栄誉をすべて窮めた巨峰・大山康晴の名勝負二十一番を厳選して、著名作家十八人の解説と全棋譜とで贈る大山将棋の神髄。

 


名棋士名局集(2)
zoom
名棋士名局集(2)
将棋あれこれ
個別ページへ
東公平
弘文社
0276-30032-2270
1975年
\850
358p/18cm
    Not found at Amazon.co.jp
第一編 名棋士名局集 ・巨象の陣(升田九段vs加藤博八段)
・山田八段の新研究(内藤八段vs山田八段)
・一分将棋の秘訣(山田八段vs加藤一八段)
・丸田流ひねり飛車(丸田八段vs加藤博八段)
・升田の千里眼(山田八段vs升田九段)
・得意の「矢倉」(有吉八段vs山田八段)
・攻防あわせた“責め”(二上八段vs升田九段)
・新星・内藤八段の誕生(芹沢八段vs内藤七段)
・升田、中原をひねる(升田九段vs中原八段)
・新手法7七銀(升田九段vs中原八段)
・大山・加藤順位戦二度目の対局(加藤一八段vs大山九段)
・佐藤・大内新八段同士の一戦(佐藤八段vs大内八段)
・大山の穴グマ(米長八段vs大山九段)
246p
第二編 番外観戦記 ・名人・学生飛車落ち戦(大山名人vs加藤進)
・日を惜しめ若者たち(大山王将vs野藤光史)
・升田式石田流(山口瞳vs田辺一鶴)
44p
第三編 将棋あれこれ ・牛後となるも
・棋士になり損ねた男の話
・勝負の世界から
・堅い同門のきずな
・名人戦に思う
・守りの駒は美しい
・中原誠
・詰め将棋と電子計算機
・三月十五日 金曜日
・将棋と戦国武将
60p
 


名棋士名局集
zoom
名棋士名局集
付・盤側棋談
個別ページへ
吉井栄治
弘文社
ISBN:
1974年
\750
309p/18cm
    Not found at Amazon.co.jp
第一部 名棋士名局集 ・東海の鬼と関西のイノシシ武者(有吉八段vs花村八段)
・塚田九段の腰掛銀(塚田九段vs関根八段)
・北海道の優等生(二上九段vs有吉八段)
・早指し東西両横綱の対戦(花村八段vs灘八段)
・振り飛車大野に木村が善戦(大野八段vs木村七段)
・一分将棋の加藤九段(原田八段vs加藤九段)
・大内・内藤白熱の終盤戦(大内八段vs内藤九段)
・荒法師とマキ割りの大五郎(灘八段vs佐藤八段)
・甲州の麒麟児米長八段(米長八段vs内藤九段)
・王位と棋聖の大一番(内藤九段vs有吉八段)
182p
第二部 盤側棋談 ・升田・大山 高野山の決戦
・木村名人最後の対局
・原田八段の目隠し将棋
・金銀ものがたり
・天衣無縫の大野八段
・関西の三羽ガラス 灘・有吉・内藤
・加藤九段の思い出
・名人・中原誠
・名人戦楽屋ばなし
・升田九段のこと
・将棋と私
120p
 


将棋百話
zoom
将棋百話
わが観戦記/升田幸三伝/勝負師・大山康晴
個別ページへ
藤沢桓夫
弘文社
ISBN:
1974年
\750
292p/18cm
    Not found at Amazon.co.jp
将棋百話 縁台将棋/助言/升田九段の助言/愛棋家菊池寛/棋士の服装/待った/三手の読み/早指し/プロの早見え/チェス・クロック/布盤/駒割りの秀/王手飛車/西本四段と王手飛車/上達法/本当に強くなる法/指先の感覚/駒捌き/棋士の前歴/奨励会/将棋健康法/駒落ち/定跡/二歩/将棋用語/指し初め/内弟子/木見一門/将棋軽口集/珍問答/目かくし将棋/この一手/詰将棋/詰将棋の名手/大盤解説/童心・塚田九段/続・軽口集/続々・軽口集/次善手/長考派/持ち駒/連将棋/ここせ/板谷新八段とヒゲ/郵便将棋/くすぶり/礼儀の世界/阪田三吉の墓/将棋の略字/対局がいのち/段級位/名人の貫禄/棋士今昔/名棋士の面影/桐山少年の逸話/有名人と将棋/大阪の将棋指し/オモロイ将棋語/医師と将棋/勝負の掟/(秘)上達法/私の詰将棋 82p
わが観戦記 ・第十一期名人戦第二局(木村名人 対 大山八段)
・A級順位決定戦(升田八段 対 大山八段)
・棋聖決定戦第二局(大山名人 対 塚田九段)
・棋聖戦第一局(大山棋聖 対 関根七段)
・名将戦(伊達六段 対 坪内五段)
・名将戦(大野八段 対 熊谷八段)
・名将戦(田中六段 対 石田六段)
・名将戦(桐山七段 対 高島七段)
・名将戦(大村六段 対 山中七段)
・名将戦(大村六段 対 坪内五段)
・名将戦(大村六段 対 有吉八段)
150p
升田幸三伝 薄汚ない小僧/とてつもない夢/池底の龍/やっぱり悪童/南方の孤島で/勝負の鬼/悲劇の英雄/ついに三冠王 32p
勝負師・大山康晴 一/二/三/四/五 20p

◆内容紹介(表紙より)
もし私が一番の趣味は何かとたずねたら、私は躊躇なしに将棋と答えるだろう。将棋という知的プレイの魅力はそれくらいに強烈で深遠だ。
この本には将棋に関するものを三部に分けて収めた。「将棋百話」は、つい先き頃、サンケイ新聞に連載された。第二部には私の観戦記を集めた。升田・大山両巨匠の人間像を描いた第三部。それらを私はある意味での人生論のつもりで書いている。

 


将棋名勝負物語
zoom
将棋タウンさんthx!
将棋名勝負物語
個別ページへ
原田泰夫
天狗太郎

時事通信社
0076--------3199
1972年3月
\750
370p/19cm/H.C.
   
・【巻頭】資料写真(モノクロ)=8p
名勝負の背景 (1)将棋の誕生 (2)草創期の将棋師 (3)江戸時代の棋界 (4)明治棋界の再建
(5)大正棋界の乱立と合同 (6)昭和前期の発展 (7)戦後の飛躍
38p
将棋名勝負 (1)最古の将棋(1607年 ▲大橋宗桂 △本因坊算砂)
(2)由比正雪(1639年 ▲由比正雪 △大橋宗古,香落)
(3)吐血の一戦(1652年 ▲桧垣是安 △伊藤宗看,角落)
(4)さしこみ将棋(1709年 ▲大橋宗銀 △伊藤印達)
(5)争い将棋(1746年 ▲伊藤看寿 △大橋宗与,香落)
(6)将軍家治の将棋(1779年 ▲徳川家治 △伊藤宗印)
(7)宗英名人の絶局(1809年 ▲伊藤看理 △大橋宗英,飛香落)
(8)お好み将棋(1852年 ▲天野宗歩 △大橋宗a)
(9)名人の跡目争い(明治2年 ▲小野五平 △伊藤宗印)
(10)東西巨頭の対戦(明治40年 ▲井上義雄 △関根金次郎)
(11)若き日の同門戦(大正6年 ▲土居市太郎 △金易二郎)
(12)坂田式向かい飛車の創始(大正8年 ▲土居市太郎 △坂田三吉)
(13)南禅寺の決戦(昭和12年 ▲木村義雄 △坂田三吉)
(14)初の名人リーグ戦(昭和10年 ▲大崎熊雄 △木見金治郎)
(15)少年の日の木村名人(大正5年 ▲木村義雄 △関根金次郎,二枚落)
332p

◆内容紹介(まえがきより抜粋)
この本では、いまに伝わる一番古い将棋から昭和初期までの代表的な名棋譜を年代順に取り上げて解説を加えた。だれにでも理解していただけるように、譜面を多くし、指し手の解説とともに時代考証や逸話を織り交ぜて、一つの読物とした。
慶長の昔から現代まで、将棋の技はどのように変化し、進歩してきたか。四百年に近い歴史の流れが、この一冊でわかっていただけることと信ずる。
また、別に<将棋の歴史>を一項目として加え、将棋の誕生から現代までの移り変わりを示してみた。写真資料も、それが目で見る将棋の文化史を形作るように選んでみた。

 


将棋・名局スクリーン
zoom
将棋・名局スクリーン
個別ページへ
山川次彦
光風社書店
0276-091502-2265
1971年7月
\400
248p/18cm
  難易度:★★★☆
図面:見開き2枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き
Not found at Amazon.co.jp
青字は『将棋二百年 名局の旅』(1989)にも収録されているものです。

(1)御城将棋の名局(天野宗歩vs伊藤宗印)
(2)棋勢三転の大勝負(木村義雄名人vs神田辰之助八段)
(3)木村八段過失の名局(木村義雄八段vs萩原淳八段)
(4)近代将棋の基礎を築く(花田長太郎八段vs金子金五郎七段)
(5)定山渓の決戦(木村義雄名人vs土居市太郎八段)
(6)“寄せの花田”の切れ味(花田長太郎六段vs村越為吉六段)
(7)若き日の天野宗歩(天野留次郎vs米村利兵衛)
(8)香落ち戦に新風を吹き込む(天野宗歩vs市川太郎松)
(9)横歩取りの名局(大橋英俊vs伊藤看佐)
(10)花田定跡の金字塔(花田長太郎八段vs木村義雄八段)

(11)相がかり戦の激斗(神田辰之助七段vs溝呂木光治七段)
(12)型やぶりの力戦(神田辰之助七段vs山本●郎七段)
(13)四間飛車の名局(深野宇兵衛vs天野留次郎)
(14)若き日の大山康晴(木村義雄名人vs大山康晴五段)

◆内容紹介(裏表紙より)
山川七段のライフワークから厳選された、棋史に残る珠玉の名棋譜14局。
 


(オリジナル版)
勝負師の門
zoom

(1976年版)


(1980年版)
勝負師の門
新・名棋士名勝負
個別ページへ
天狗太郎
光風社書店
0276-091102-2265
1970年6月
\380
286p/18cm
    (1976年版)

(1980年版)
勝負師の門
新・名棋士名勝負
個別ページへ
天狗太郎
光風社書店
ISBN:
1976年
\750
286p/19cm
勝負師の門
新・名棋士名勝負
個別ページへ
天狗太郎
光風社書店
ISBN:
1980年7月
\900
298p/19cm
後生畏るべし・中原誠八段/悲運を戦い抜いて・加藤博二八段/静かなる対決・加藤一二三八段/天性の将棋人・花村元司八段/尺進あって寸退なし・原田泰夫八段/振り飛車の芸・大野源一八段/俗手の妙・関根茂八段/名脇役の退場・山本武雄八段/言挙げせずという・二上達也八段/師弟の情を越えて・有吉道夫八段/飄々乎として・清野静男七段/春風のごとく・五十嵐豊一八段/A級の名門・塚田正夫九段/不死鳥のごとく・熊谷達人八段/この輝ける王国・大山康晴名人/第二の将棋人生を目ざして・灘蓮照八段/爽かにして猛く・本間爽悦七段/万年青年を任じて・坂口允彦八段/ムチャ茂に非ず・松田茂行八段/不思議な才人・丸田祐三八段/新手の開拓者・松浦卓造八段/努力の人・情熱の人・岡崎史明七段/野に遺賢あり・板谷四郎八段/新境地を求めて・山田道美八段/悔いあり青い帯・大友昇八段

※昭和43年から2年間「将棋世界」誌に連載されたもの。

◆内容紹介(あとがきより抜粋)
二十三人の現役棋士、二人の引退棋士。盤側で観戦し、さらにじっくり話をきいて、それぞれの勝負師が背負う栄光や苦闘の数々をありのままに書いてみた。当代の一流棋士たちは、どうしてこの世界に飛び込んだのか。勝負師の青春とは、そも何であろう。それを書いてみた。
 



zoom
将棋初級講座(9)
対局の鑑賞と解説個別ページへ
木村義雄
金園社
ISBN:
1968年
\450
332p/19cm
   
第1局 伊藤宗印vs天野宗歩
第2局 関根金次郎vs坂田三吉
第3局 坂田三吉vs木村義雄
第4局 木村義雄vs花田長太郎
第5局 塚田正夫vs木村義雄
第6局 木村義雄vs升田幸三
第7局 木村義雄vs大山康晴
第8局 大山康晴vs升田幸三
第9局 大山康晴vs升田幸三
第10局 大山康晴vs加藤一二三
第11局 大山康晴vs二上達也
第12局 大山康晴vs二上達也
第13局 二上達也vs加藤一二三
 


トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > 実戦集(棋譜解説・観戦記など)-1989


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved