2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋・名局スクリーン

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋・名局スクリーン
将棋・名局スクリーン
zoom
将棋・名局スクリーン 難易度:★★★☆
図面:見開き2枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 山川次彦
【出版社】 光風社書店
発行:1971年7月 0276-091502-2265
定価:400円 248ページ/18cm


【本の内容】
青字は『将棋二百年 名局の旅』(1989)にも収録されているものです。

(1)御城将棋の名局(天野宗歩vs伊藤宗印)
(2)棋勢三転の大勝負(木村義雄名人vs神田辰之助八段)
(3)木村八段過失の名局(木村義雄八段vs萩原淳八段)
(4)近代将棋の基礎を築く(花田長太郎八段vs金子金五郎七段)
(5)定山渓の決戦(木村義雄名人vs土居市太郎八段)
(6)“寄せの花田”の切れ味(花田長太郎六段vs村越為吉六段)
(7)若き日の天野宗歩(天野留次郎vs米村利兵衛)
(8)香落ち戦に新風を吹き込む(天野宗歩vs市川太郎松)
(9)横歩取りの名局(大橋英俊vs伊藤看佐)
(10)花田定跡の金字塔(花田長太郎八段vs木村義雄八段)

(11)相がかり戦の激斗(神田辰之助七段vs溝呂木光治七段)
(12)型やぶりの力戦(神田辰之助七段vs山本●郎七段)
(13)四間飛車の名局(深野宇兵衛vs天野留次郎)
(14)若き日の大山康晴(木村義雄名人vs大山康晴五段)

◆内容紹介(裏表紙より)
山川七段のライフワークから厳選された、棋史に残る珠玉の名棋譜14局。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
棋譜解説・観戦記
[シリーズ] 
[著者]  
山川次彦
[発行年] 
1971年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋・名局スクリーン


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved