2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■勝負の読み方

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 勝負の読み方
勝負の読み方 リキトミブックス 14
勝負の読み方
第40期将棋順位戦より
 

【著 者】 河口俊彦
【出版社】 力富書房
発行:1985年8月 ISBN:4-89776-014-3
定価:1,100円 300ページ/19cm


【本の内容】
谷川時代間近の予感 ・大山時代終わる 12p
風雲児森、棋聖位獲得 ・役付き棋士終盤のクソ力<4月・5月>
・乗りまくる森棋聖戦挑戦者へ<5月・6月>
・福崎、絶妙な寄せの切れ味<6月・7月>
・大山の妙手にうなる<7月>
78p
新名人誕生とベテランの哀退 ・長引いた名人戦、劇的に幕<7月・9月>
・勝てない加藤新名人<9月・10月>
・勢いで押す内藤の強さ<10月・11月>
・森、内藤を破り、棋聖防衛の足固め<11月・12月>
86p
名人位挑戦者に谷川、新時代の幕開け ・復調ならぬ中原、それでも十段戦を制す<12月・1月>
・一組をトップで走る淡路の活躍<1月・2月>
・大山、桐山に敗れる悲哀<2月・3月>
・プレッシャーを感じた中原<3月>
96p
プロの一手 第40期名人戦/第40期棋聖戦/第23期王位戦
/第30回王座戦/第41期寄生性/第21期十段戦
/第32期王将戦/第8期棋王戦
20p

・昭和57年度昇降級リーグ戦成績=1p

◆内容紹介(表紙見返しより抜粋)
「将棋マガジン」の『対局日誌』を執筆する川口篤なる名ライターが、この河口俊彦六段その人であることは、近年まで一般に知られていなかった。
(中略)本書は、昭和57年度第40期における将棋名人順位戦の観戦記である。(中略)プロ棋士のカンや戦局の読みに注目したい。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
観戦記
[シリーズ] 
[著者] 
河口俊彦
[発行年] 
1985年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 勝負の読み方


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved