2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■阪田三吉血戦譜 第3部

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 阪田三吉血戦譜 第3部
阪田三吉血戦譜 第3部
zoom
鉄人68号さんthx!
阪田三吉血戦譜 第3部  

【著 者】 東公平
【出版社】 大泉書店
発行:1979年7月 ISBN:4-278-08157-X
定価:680円 243ページ/18cm


【本の内容】
第1局 平手 ▲八段 土居市太郎 △八段 阪田三吉
第2局 香落 ▲七段 金易二郎 △八段 阪田三吉
第3局 香落 ▲七段 大崎熊雄 △八段 阪田三吉
第4局 平手 ▲七段 花田長太郎 △八段 阪田三吉
第5局 香落 ▲七段 矢野逸郎 △名人 阪田三吉
第6局 香落 ▲七段 早川隆教 △名人 阪田三吉
第7局 飛落 ▲四段 池田松之助 △名人 阪田三吉
第8局 角落 ▲五段 高濱作蔵 △名人 阪田三吉
第9局 平手 ▲八段 木村義雄 △阪田三吉
第10局 平手 ▲八段 花田長太郎 △阪田三吉
第11局 平手 ▲阪田三吉 △八段 神田辰之助
第12局 平手 ▲八段 斎藤銀次郎 △阪田三吉
他、参考棋譜=19局(解説なし)

◆内容紹介
(藤沢桓夫「序」より抜粋)
本書は、阪田翁の代表的な実戦譜のほとんどを収録し、それらを年代順に解説する形式で構成されている点で、わが国の近代将棋史、また定跡発達の参考資料として、専門的にも重大な意味を持つ名著としての評価が高いようだ。しかし、本書の更に大きな魅力は、著者の意図が、棋譜解説の道すがら、「無学文盲」をむしろ誇りとして生きた着想警抜の大阪の庶民棋士、阪田三吉の特異なイメージを、随所に逸話や記録をさし挟むことによって、読む者の心につたえることに成功している点にある。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】
 『
阪田三吉血戦譜 第1部
 『
阪田三吉血戦譜 第2部
[ジャンル] 
棋譜解説
[シリーズ] 
[著者] 
東公平
[発行年] 
1979年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 阪田三吉血戦譜 第3部


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved