2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■日本将棋大系 第八巻 六代大橋宗英

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 日本将棋大系 第八巻 六代大橋宗英
日本将棋大系 第八巻 六代大橋宗英
zoom
日本将棋大系 第八巻
六代大橋宗英
 

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 筑摩書房
発行:1979年10月 0376-69208-4604
定価:2,400円 257ページ/23cm
H.C./箱入り


【本の内容】
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

(大橋七之助は六代大橋宗英の幼名。)
生涯の一局 平手,▲大橋宗英△大橋宗桂(寛政2年11月17日)
第1局 角落,▲大橋宗英△伊藤宗印(安永7年11月17日)
第2局 右香落,▲大岡兵部少輔△大橋宗英(安永7年11月17日)
第3局 左香落,▲大橋宗英△大橋宗順(安永8年11月17日)
第4局 平手,▲大橋宗英△伊藤看寿(安永9年11月17日)
第5局 右香落,▲大橋宗英△伊藤宗印(天明2年11月17日)
第6局 右香落,▲大橋宗英△大橋印寿(天明3年11月17日)
第7局 右香落,▲伊藤印嘉△大橋宗英(天明4年11月17日)
第8局 右香落,▲大橋宗英△大橋宗桂(天明5年11月17日)
第9局 左香落,▲伊藤宗看△大橋宗英(天明6年11月24日)
第10局 飛落,▲大橋宗銀△大橋宗英(寛政元年11月17日)
第11局 左香落,▲伊藤宗看△大橋宗英(寛政7年11月17日)
第12局 平手,▲伊藤宗看△大橋宗英(寛政10年11月17日)
第13局 飛落,▲大橋英長△大橋宗英(文化5年11月17日)
第14局 飛香落,▲伊藤看理△大橋宗英(文化6年11月11日)
第15局 左香落,▲大橋七之助△福島竜治(明和年間)
第16局 右香落,▲大橋七之助△福島竜治(明和年間)
第17局 左香落,▲大橋宗英△鵜飼弥五郎(安永元年12月26日)
第18局 平手,▲大橋宗英△福島慶次(安永5年12月23日)
第19局 平手,▲大橋宗英△井出主税(安永6年9月29日)
第20局 左香落,▲井出主税△大橋宗英(安永7年6月28日)
第21局 角落,▲大橋宗英△大橋印寿(安永7年11月23日)
第22局 左香落,▲大橋宗英△伊藤宗印(安永8年2月18日)
第23局 平手,▲清水幸助△大橋宗英(安永9年1月18日)
第24局 左香落,▲毛塚源助△大橋宗英(天明6年11月21日)
第25局 右香落,▲伊藤宗看△大橋宗英(享保2年11月17日)

・「人とその時代 八(六代大橋宗英)」(山本亨介)=14p
・将棋年表 八(六代大橋宗英)=2p

◆内容紹介(まえがき「近代将棋を開いた人」より抜粋)
九世名人・六代大橋宗英は、まことに傑出した才能の持主である。(中略)当時の他の棋士に比して、その技倆は卓越した鋭さと堅実さとを持ち合せる。序・中・終盤を通じて、いずれにもすぐれるが、一番顕著なのは序盤の大局観がよいことで、その将棋感覚は現代にも立派に通用する。(中略)それまでは位と形を重んずるのが将棋の鉄則とされていたのに、宗英ひとりはスピードの将棋を目標とした。(中略)もう一つは、堅実な受けを随所に見せることである。(中略)さらにもう一つの特色は構想力のすばらしさである。(中略)江戸時代にあって、これほど将棋を知っている人は、ほかには後輩の天野宗歩くらいではないだろうか。(中略)この面での系譜を描けば、宗英−天野宗歩−升田幸三ということとなろう。
(中略)現代の棋士にたとえるなら、序盤の構想力は升田幸三型、中盤の堅実で強靭な受けは大山康晴型で、この二つを兼ね備えた、たぐい稀な人であるのだから強いのは当然である。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
棋譜解説
[シリーズ] 
日本将棋大系
[著者] 
米長邦雄
[発行年] 
1979年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 日本将棋大系 第八巻 六代大橋宗英


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved