2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■金子将棋教室(3) 米長邦雄VS中原誠の巻

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 金子将棋教室(3) 米長邦雄VS中原誠の巻
金子将棋教室(3) 米長邦雄VS中原誠の巻
zoom
ご有志thx!
金子将棋教室(3)
米長邦雄VS中原誠の巻
難易度:★★★★
図面:見開き1〜3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
有段向き

【著 者】 金子金五郎
【出版社】 晩聲社
発行:1980年6月 ISBN:4-89188-069-4
定価:980円 184ページ/19cm


【本の内容】
  アナグマ考     3p
1 米長、強腕を発揮 1975,第24期王将戦第2局 相掛かり▲ヒネリ飛車 18p
2 米長、難局を打開 1975,第24期王将戦第5局 △四間飛車▲玉頭位取り 22p
3 名人戦第1局 1976,第35期名人戦第1局 矢倉△矢倉中飛車 22p
4 名人戦第3局 1976,第35期名人戦第3局 矢倉模様▲矢倉中飛車△雁木 22p
5 名人戦最終局 1976,第35期名人戦第7局 相矢倉 22p
6 激闘一九七手、米長勝つ 1979,第37期名人戦第1局 相矢倉 16p
7 相矢倉の好局 1979,第37期名人戦第2局 相矢倉 16p
8 名人戦第1局 1978,第36期名人戦第1局(中原名人vs森八段) ▲中飛車 20p
9 名人位のカベはかたかった 1978,第36期名人戦第6局(中原名人vs森八段) 相掛かり▲ヒネリ飛車 16p

・米長VS中原一口メモ(1)〜(4)

◆内容紹介(裏表紙見返しより)
哲学的将棋論の決定版!
熱烈な将棋ファンの支持のもとに、二十年余にわたって「近代将棋」誌に連載されている「金子教室」。本シリーズは、その「金子教室」から数々の名編を選びぬき、新たな視点でテーマごとに編集した読者待望のシリーズです。棋士(九段)であり、日本山妙法寺の僧である金子金五郎師が、その人生を賭けて問いつづける盤上の勝負は同時に、われわれ読者の実人生そのものであろうと思います。本シリーズが期待するのは願わくば、将棋というひとつのドラマを通して、どの時代にも人びとが生きていることの感動を共有でき得れば、ということです。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
棋譜解説
[シリーズ] 金子将棋教室
[著者] 
金子金五郎
[発行年] 
1980年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 金子将棋教室(3) 米長邦雄VS中原誠の巻


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved