2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■決断の一手

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 決断の一手
決断の一手
zoom
将棋タウンさんthx!
リキトミブックス 15
決断の一手
第42期将棋名人戦各級順位戦
 

【著 者】 河口俊彦
【出版社】 力富書房
発行:1985年10月 ISBN:4-89776-015-1
定価:1,000円 254ページ/19cm


【本の内容】
谷川の人気と米長の三冠王で沸いた一年 ・将棋史上、記念すべき年<昭和58年度> 10p
プロ棋士の美学 ・執念のこもった一手<昭和58年4月・5月>
・胸をうつ二上の頑張り<6月>
・順位戦の魔力<6月・7月>
42p
波乱含みの名人戦リーグ ・真似のできない大山の強さ<7月・8月>
・鍛え抜いた脳のスタミナ<9月>
・高橋五段、王位へ<9月・10月>
48p
大混戦の続く一組 ・中原、米長の追い上げ<10月・11月>
・一流棋士の強さの秘密<11月・12月>
・競り合いで勝る森の腕力<12月・59年1月>
64p
終盤の明暗 ・勝負所の大激戦<1月・2月>
・ピンチに立った米長<2月>
・冬の時代に別れを告げた勝浦<3月>
62p
プロの一手 第41期名人戦/第42期棋聖戦/第24期王位戦
/第31期王座戦/第43期棋聖戦/第22期十段戦
/第33期王将戦/第9期棋王戦
20p

・昭和58年度昇降級リーグ出場棋士一覧=1p
・昭和58年度昇降級リーグ戦成績=1p

◆内容紹介(表紙見返しより)
決断すれば、必ず成功するとは限らない。否むしろ、失敗する例すらある。それでも勝負師は決断を回避することはできない。非情というべきか。決断の一手が勝敗を分かつ。そこには生死を賭けた凄みがある。
『勝ち将棋鬼のごとし』『勝負の読み方』につづく「対局日誌」の昭和五十八年度版。河口俊彦氏の筆ますます冴え、プロ将棋を紹介しつつ、さながら人生読本の感あせある。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
観戦記
[シリーズ] 
[著者] 
河口俊彦
[発行年] 
1985年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 決断の一手


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved