2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■日本将棋大系 第一巻 初代大橋宗桂・二代大橋宗古

< | No.0247| >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 日本将棋大系 第一巻 初代大橋宗桂・二代大橋宗古
(外箱)
日本将棋大系 第一巻 初代大橋宗桂・二代大橋宗古
zoom
日本将棋大系 第一巻
初代大橋宗桂・二代大橋宗古
[総合評価] B?

難易度:★★★☆

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 勝浦修
【出版社】 筑摩書房
発行:1979年12月 0376-69201-4604
定価:2,400円 264ページ/23cm/H.C・箱入り


【本の内容】
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介
初代大橋宗桂 8局 78p
二代大橋宗古 18局 160p
人とその時代 一(山本亨介) 14p
将棋年表 一 2p

(平手=16局、右香落=5局、角落=4局、飛落=1局)
※棋譜は『象戯鏡』『仲古将棊記』『象戯綱目』、古写本『将棋集』ほかから採録


【レビュー】
江戸時代の棋譜解説書・第1弾。メインは、初代家元の大橋宗桂・二代目家元の大橋宗古と本因坊算砂との御前対局。算砂は囲碁が本職であるが、将棋も当時としてはトップクラスの腕前で、“ゼロ代目家元”ともいえる存在。本書には算砂の棋譜が21局も収められており、「主役は算砂?」と思うくらいだ。その他、宗古と在野のアマ棋士との大駒落ち対局も収められている。

当時は将棋の草創期であり、現代の考え方とはずいぶん違うところがある。特徴的なのは、(1)位負けを極端に嫌う、(2)居飛車でも振飛車でも、三段目に二枚銀を並べる、(3)堅い囲いよりも上部の厚みを重視する、という感じ。美濃囲いはまだ出現しない。矢倉囲いは、1621年の香落ち戦にて初登場となる。

残念ながら、棋譜のレベルは高くない。現代の段級でいえば宗桂がアマ四段くらい、算砂が二段くらいだと感じた。ただし算砂の方は老齢ながら成長を続け、最後の方は四段くらいに達している。後半の宗古vs算砂15番勝負では、新しい手筋が次々に登場するので、将棋の技術進歩を楽しむことができる。

もっとも、本シリーズの価値は別の所にある。古棋譜を現代人にも読みやすい形でまとめ、保存版としての装丁を施し、プロ高段棋士の目で解説を付けたことは、将棋史において非常に有用であろう。

たまには古い棋譜を並べ、感覚の違いを楽しんでみるのも良いものである。(2003Dec14)



【関連書籍】

[ジャンル] 
実戦解説集
[シリーズ] 
日本将棋大系
[著者] 
勝浦修
[発行年] 
1979年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 日本将棋大系 第一巻 初代大橋宗桂・二代大橋宗古


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved