2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■金子将棋教室(2) 中原誠VS大山康晴の巻

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 金子将棋教室(2) 中原誠VS大山康晴の巻
金子将棋教室(2) 中原誠VS大山康晴の巻
zoom
ご有志thx!
金子将棋教室(2)
中原誠VS大山康晴の巻
 

【著 者】 金子金五郎
【出版社】 晩聲社
発行:1980年1月 ISBN:4-89188-063-5
0036-800063-6999
定価:980円 222ページ/19cm


【本の内容】
・中原は近代的な精密機械だ<第13期棋聖戦第2局、第3局>
・大山将棋と中原将棋−その将棋の形成をたずねて<第31期名人戦第2局>
・手に汗する名局<名人戦第2局から>
・カド番しのいだ振飛車作戦<第31期名人戦第6局>
・中原将棋と大山将棋−その本体を探る<第33期名人戦第3局>
・中原・大山、超一流の対決<名人戦第3局解説>
・升田、新手で中原を降す<第25期順位戦>
・大樹に育った中原<第20期王将戦挑戦者決定戦>
・中原、息もつかせぬ攻撃<第26期順位戦>
・中原の柔、内藤の剛を制す<第26期順位戦>

◆内容紹介(裏表紙見返しより)
哲学的将棋論の決定版!
熱烈な将棋ファンの支持のもとに、二十年余にわたって「近代将棋」誌に連載されている「金子教室」。本シリーズは、その「金子教室」から数々の名編を選びぬき、新たな視点でテーマごとに編集した読者待望のシリーズです。棋士(九段)であり、日本山妙法寺の僧である金子金五郎師が、その人生を賭けて問いつづける盤上の勝負は同時に、われわれ読者の実人生そのものであろうと思います。本シリーズが期待するのは願わくば、将棋というひとつのドラマを通して、どの時代にも人びとが生きていることの感動を共有でき得れば、ということです。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
棋譜解説
[シリーズ] 金子将棋教室
[著者] 
金子金五郎
[発行年] 
1980年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 金子将棋教室(2) 中原誠VS大山康晴の巻


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved