2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■敗局は師なり

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 敗局は師なり
敗局は師なり
zoom
敗局は師なり
知られざる名勝負物語
 

【著 者】 中平邦彦
【出版社】 講談社
発行:1987年6月 ISBN:4-06-202524-8
定価:1,200円 253ページ/20cm/H.C.


【本の内容】
マンネリという隙─中原誠
<煩悶>と<習う心>─米長邦雄
勝負魂の揺らぎ─谷川浩司
見てしまった悲劇─内藤國雄
邪心─森けい二
自分に負けるとき─大内延介
あとひと押しの非情─二上達也
<安全>の罠─森安秀光
はやる心─桐山清澄
執念と悪手─有吉道夫
<最善手>の誘惑─加藤一二三
内なる敵─大山康晴

・敗局は師なり、全棋譜=12局

◆内容紹介
超一流棋士たちの〈痛恨の一局〉―彼らは何を失い、何を得たか?名筆観戦記者がそのドラマを再現し、敗北の意味と再生への途を綴る異色の名勝負物語集!
※「将棋世界」誌に昭和61年6月号から昭和62年5月号まで連採された「痛恨の一局」を加筆してまとめたもの。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
棋譜解説・観戦記
[シリーズ] 
[著者] 
中平邦彦
[発行年] 
1987年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 敗局は師なり


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved