2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■メイドシステム 真実のゾーン!

< | No.1260 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > メイドシステム 真実のゾーン!
メイドシステム 真実のゾーン!
zoom
メイドシステム 真実のゾーン! [総合評価]
B

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
(カラー)
内容:(質)B(量)C
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜向き

【著 者】 レベル8 若瀬紺/イラスト
【出版社】 (電子書籍)
発行:2019年7月 ISBN:-
定価:275円(10%税込) 80ページ/約18MB


【本の内容】
◆内容紹介
YouTubeで話題沸騰!「メイドシステム」を解き明かす一冊。天使の笑顔に惑わされない「逆襲」の盾とは?ページ数は80。この狭間で、あなたの知識が変わります。


■“知”の扉が開かれる!

メイドシステムとは……「7八銀、7九角から繰り出される総合戦法」。YouTuber(ユーチューバー)の、『将棋メイドゆい』さんが編み出した衝撃の戦法です。

メリットは、超高速で未知の局面に変わること。定跡から解放され、100%指せるので流行に左右されることはありません。しかも、あらゆる戦法に対応し、あらゆる奇襲を受けません。

相手の指し方しだいではこちらから奇襲をかけることも可能で、知らず知らず指していると、気づかないうちにハマってしまう…。そんなドリーム戦法です。

では、それを咎めるために「どうすればいいか?」――これにお答えしたのが本書です。

第1章、第2章でメイドシステムのメリットや狙いを見ながら、第3章では対処法を提示。最終的にあなたの中に「答え」を立体化させます。

つまり、本書はメイドシステムを無理強いする本ではありません。サブタイトルにもある「真実」。未知を“知”に変えるのが、本書の大きなテーマです。

たくさんの時間はいりません。一般棋書の半分にも満たないページ数で導く、Level8式・Kindle棋書。第6作―。

<<反響の声、続々! >>
「メイドシステムの!本が出てる!!!」(将棋メイドゆい様)
「2回棋譜並べしました」(YouTube/原始棒銀チャンネル)

※電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※端末の縦横回転で、単一ページ表示/見開きページ表示の切り替えができます。
※『Kindle for PC』での2ページ表示に対応しています。


【レビュー】
メイドシステムの戦術書。

「メイドシステム」とは、YouTuber「将棋メイドゆい」さんの創案した戦法。「初手▲7八銀〜▲7九角から繰り出す総合戦法」(=相手がどのように来ても対応できる)というものである。嬉野流と似た雰囲気を持つ作戦であるが、似て非なるものである。初めて見たら、面食らうことは間違いない。

ところで、通常はこういった戦術書は、「この戦法はこんなに優秀ですよ、使ってみてライバルを倒そう!」というスタンスを取るものであるが、本書は「メイドシステムの基本から対策まで」を示すものとなっている。


本書の内容をチャートを添えながら紹介していこう。なお、本書では各章のタイトルは付けられていない。



第1章は、メイドシステムの基本について。8筋逆襲の基本、相手が飛先交換してきたときの対応、一直線棒銀への対応などを扱う。

・「メイドシステム」は、初手から▲7八銀〜▲7九角と指す。(※「嬉野流」(うれしのりゅう)は、▲6八銀〜▲7九角のオープニングで、狙いの一つは鳥刺し)
・ユニークなオープニングのおかげで、戦法の流行り廃りはすべて無視できる。相手の奇襲もなくなる。
・コンピュータの評価値はあまり気にしなくてよい。
・嬉野流とは8筋の考え方が根本的に異なる。左銀が8筋に使えるので、逆襲のカウンターが頻出する。
・主な狙い筋は、「2筋歩交換」、「引き角+早繰り銀(右銀)」、「(相手の飛の)コビン攻め」など。
・相手が一直線棒銀なら、相棒銀で対抗する。先に飛先を破られて龍を作られてしまうが、左辺を収めて「後の先」で有利になる。



第2章は、メイドシステムの△飛先交換保留型について

・後手が飛先交換をいったん保留する場合。
・メイドシステム側は、角を働かせるため、5筋の歩を突く必要がある。後手はその歩をかすめ取ることを狙っているが、先手は歩損を承知で5筋の歩を突くことになる。
・横歩(▲5六歩)を取られても、銀の進出でカバーして、早繰り銀の攻めを狙う。(アルファゼロ流と似た発想)
・▲8八歩〜▲8七銀!と出られるのが、メイドシステム特有の手段。
・後手が飛先交換後に横歩を取らない場合も、早繰り銀の攻めを狙おう。

・対△中飛車には、▲6六歩〜▲6七銀〜▲8八飛の「メイド向かい飛車」が有力。
・対△三間飛車、対△四間飛車には、飯島流引き角戦法か、音無の構えのような駒組みが有力。



第3章は、メイドシステムの咎め方(!)について。

・第1章の「8筋逆襲型」の、その先を調べる。
・2手目△3四歩に対して、▲8筋逆襲型はメイドシステムの狙い筋の一つではあるが、後手としてはちゃんと受けが利く。
・後手の△7四歩〜△7三桂が良い構えで、先手の8筋逆襲を受け止めることができる。(ただし、結構綱渡り的な変化もあって、気を抜けない)
・先手は8筋逆襲を狙わず、「左美濃+引き角+早繰り銀」にするのが一案か。



【総評】
わたしはまだネット将棋でメイドシステムに出会ったことがない(嬉野流には結構な確率で出会う(苦笑))のだが、本書を読んで「こんな面白い指し方がまだあるのかー」と感嘆した。

3手で作戦が決定し、相手の奇襲を封じ込め、相手のどんな指し方にも対応できる「総合戦法」という点ではメイドシステムと嬉野流はよく似ているのだが、「(まさかの)8筋逆襲の筋がある」、「展開によっては堅く囲える余地がある」というのは思想的にも決定的に違うところ。

本書では、メイドシステムの序盤のさわり(ただし重要変化)と考え方が示されているのみで、分量的には通常の棋書の1/3〜1/4程度(ページ数80とあるが、実質的な解説は60ページ弱くらい)で、解説も意図的に端折ってあるため、メイドシステムの全体像はまだ見えてこない。

ただそれでも、類書も少なく、コスパを考えた場合に「読んで得したな」と思った。この分量での評価Bは、かなり高めだと思ってください。

続編があるらしいので、今から楽しみにしています。(現時点でリリース済みですが)

(2020May17)



【関連書籍】

[ジャンル] ユニーク戦法
[シリーズ] 
[著者] レベル8
[発行年] 2019年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > メイドシステム 真実のゾーン!


Copyright(C) 1999-2022 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved