2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■筋違い角と相振り飛車

< | No.0576 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 筋違い角と相振り飛車
筋違い角と相振り飛車
zoom
森内優駿流棋本ブックス
筋違い角と相振り飛車
ライバルに勝つ(秘)作戦
[総合評価] B

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜有段向き

【著 者】 木屋太二 【監 修】 森内俊之
【出版社】 主婦と生活社
発行:1997年7月 ISBN:4-391-12041-0
定価:900円 191ページ/19cm


【本の内容】
第1章 新感覚筋違い角 ・プロローグ 筋違い角ストーリー
(1)筋違い角居飛車編 急戦型
 ・[基本展開]新感覚のポイントは右端角
       ├後手の速攻含みには受けに回る
       └△3一玉型には位の確保
(2)筋違い角居飛車編 持久戦型
 ・[実戦取材]1.△6四歩型には持久戦志向
         2.振り飛車封じの角の展開
(3)筋違い角振り飛車編 急戦型
 ・[基本展開]基本は角引き(四間飛車+▲7八角型)
       └銀のぶっつけで攻めに転じる
 ・[基本展開]角引きは浅く(向飛車+▲6七角型)
(4)筋違い角振り飛車編 持久戦型
 ・[基本展開]飛車の転回(四間飛車+▲7八角型)
       ├後手、矢倉から穴熊へ変化
       └後手の居飛車穴熊戦法 攻略法
92p
第2章 超感覚相振り飛車 ・プロローグ 相振り飛車ストーリー
(1)相振り飛車 対三間飛車編 急戦型
 ・[予備知識]超急戦の変化について
 ・[基本展開]▲4九玉・5九金型が玉の定位置
       └後手が△3六歩と打ってこない場合
(2)相振り飛車 対三間飛車編 持久戦型
 ・[基本展開]飛先の歩(△3六歩)不交換型
       └石田流の構えも超感覚のエジキ
 ・[実戦取材]研究会での女流プロとの一戦
(3)相振り飛車 対四間飛車編 急戦型
 ・[予備知識]超急戦の変化について
 ・[基本展開]△急戦四間飛車なら浮き飛車の構え
(4)相振り飛車 対四間飛車編 持久戦型
 ・[基本展開]▲銀冠vs△金矢倉
 ・[対四間飛車穴熊攻略法]
90p

・「優駿流ワンポイントアドバイス」(1)〜(8)

◆内容紹介
将棋に必勝法はないといわれる。たしかに優秀な戦法はあっても必勝法はない。それが現実だ。本当に必勝法はないのだろうか…。その必勝法に限りなく近づこうというのが本書のねらいである。


【レビュー】
筋違い角と相振飛車の戦法解説書。

第1章は筋違い角。筋違い角は「3手目角交換」と「角換わりから〜」の2種類あるが、本書のものは3手目角交換タイプで、初手から▲7六歩 △3四歩 ▲2二角成 △同銀 ▲4五角と進む。縁台将棋で
はおなじみの戦法だが、プロでは一歩得よりも手損と生角を手放した損が重視され、指す人は少なかった。

本書では従来の筋違い角を大幅に改良。▲5六角とは引かず、▲1六角(居飛車、【第1図】)や▲7八角(振飛車、【第2図】)or▲6七角と引くのが特徴。これによって、角をいじめられる展開が激減する。さらに、歩を奪った3筋をぐいぐい伸ばして拠点にしたり、得した一歩で攻撃するなど、非常に「攻撃力のある戦法」になっている。
【第1図】新・筋違い角(居飛車)【第2図】新・筋違い角(振飛車)【第3図】超感覚相振飛車

「こんなに上手くいくのかな?」とは思ってみたものの、上手く咎める方法は見つからなかった。とすれば、手得を生かして相筋違い角にするしかないのだろうか?得意戦法を探している人は必見(英春流よりはシンプルで使いやすそう)。

第2章は相振飛車で、向飛車を解説。「なんだ、向飛車なら普通じゃん。」と思うかもしれないが、慌てない、慌てない。囲いが違うのである。相振飛車の囲いといえば、金無双、美濃、穴熊、矢倉の4つが普通だが、本書の相振飛車はなんと“右中原囲い”なのである。(【第3図】

△3六歩の拠点はあるし、壁銀だし、中原囲いは玉頭攻めが痛いし…と、これで良くなるような気はしないのだが…。急戦に強く、持久戦なら銀冠への発展があるということで、案外指せているようなのである。個人的には普通に指した方が勝てそうなのだが、他人と同じ事をしたくない人にはオススメの戦法である。

どちらの章も「後手が普通の指し方をした場合は優勢に」「後手が対策を凝らしてきても十分指せる」という展開になっている。実際はどちらも手将棋模様になりやすいので、実戦で試してみる必要があるが、まず本書を読んでポイントとコツをつかんでおくと良い。そんなに緻密な解説ではなかったが、読んでいて結構面白かった。

不思議なのは、どうしてこの2戦法が同じ本で解説されているのか?その謎は解けないままだった……。

なお、このシリーズ共通で、大きな盤面図には活字ではなく「巻菱湖」の駒形が使われている。他書ではみづらく感じることがあったが、本書の場合は特に気にならなかった。(2006Jul29)

※本書は図書館で借りたのだが、114pに「△3五飛ならどうするんだ?!」という書込みがあった(書き込まないでよヽ(`Д´)ノ)。次の△7五飛には▲3六飛とできるので、放置で良いとおもう。



【関連書籍】

[ジャンル] 
ユニーク戦法
[シリーズ] 
森内優駿流棋本ブックス
[著者] 
木屋太二 森内俊之
[発行年] 
1997年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 筋違い角と相振り飛車


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved