2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■奇襲の王様 筋違い角のすべて

< | No.1186 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 奇襲の王様 筋違い角のすべて
奇襲の王様 筋違い角のすべて
zoom
マイナビ将棋BOOKS
奇襲の王様
筋違い角のすべて
[総合評価] A

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 武市三郎 美馬和夫
【出版社】 マイナビ出版
発行:2018年9月 ISBN:978-4-8399-6696-6
定価:1,663円(8%税込) 240ページ/19cm


【本の内容】
  プロローグ 第1節 筋違い角戦法の歴史
第2節 本書の概要
16p
第1章 振り飛車編 ・オープニング
第1節 高美濃対△5五歩・5四銀型
第2節 対△5五歩・5四銀・4五歩型
第3節 対△5三歩・5四銀型
32p
第2章 相筋違い角編 第1節 歩を取る型
第2節 歩を取らない型
16p
第3章 居飛車編   12p
第4章 その他 第1節 後手無理やり振り飛車型
第2節 後手6筋位取り型
第3節 飛車角交換型
第4節 △2二飛転換型
26p
第5章 筋違い角後手バージョン   14p
第6章 武市流実戦編 (10局、総譜付き) 78p
第7章 美馬流実戦編 (9局) 20p
第8章 武市の
筋違い角必至&詰将棋
1手必至=3問/3手必至=1問/5手必至=1問/7手必至=3問
9手詰=1問/11手詰=3問/13手詰=1問/15手詰=1問
16p

・【コラム】(1)前書き的コラム (2)香落ち戦での筋違い角 (3)筋違い角戦法のハメ手順 (4〜9)筋違い角談義1〜6

◆内容紹介
▲7六歩△3四歩。

この、ごく当たり前の2手目の局面で発動する奇襲、それが筋違い角戦法です。

角交換から▲4五角と打ち1歩得。その後角を巧みに使い相手が対応を誤ればあっというまに必勝態勢に持ち込めます。

なによりも自分だけが知る土俵に相手を引きずり込んで戦うことができるのが最大の魅力です。

本書は筋違い角の大家、武市三郎七段とアマチュア強豪の筋違い角の使い手、美馬和夫氏の共著で、
筋違い角をあらゆる角度から解説した一冊。「筋違い角のすべて」のタイトルに偽りなしの内容となっています。

筋違い角の歴史から始まり、振り飛車編では対△5五歩・5四銀型と対△5三歩・5四銀型を解説、さらに相筋違い角編、居飛車編、その他の戦型編、後手筋違い角編、実戦編(対話形式)、極めつけは武市の筋違い角必至&詰将棋と盛りだくさん、筋違い角の骨の髄まで味わい尽くせる一冊です。

以下は武市七段のまえがきからの抜粋です。

「この本を読み、相手が読んでいなければ、きっと面白い戦いができるでしょう」


【レビュー】
筋違い角戦法の戦術書。

筋違い角は、大きく分けて2つあるが、本書で扱うのは「3手目角交換から▲4五角と打つ筋違い角」(もう一つは「純正角換わりからの筋違い角」)。そこからもいろいろな派生作戦がある。誰でも一度はやられたことがあるだろう。ただ、単純な奇襲作戦ではなく、アマ強豪や一部のプロ(武市だけだが)も愛用する、立派な「ユニーク戦法」である。

その武市が著した『武市流力戦筋違い角の極意』(2003)から15年、アマ強豪・美馬と、プロの使い手・武市が共同で記した筋違い角の本が本書である。アマ・プロ双方からの視点で書かれ、前著では盛り込めなかった手法や手順もある。全体の執筆は基本的に美馬が担当したと思われる。

書かれている作戦は大きく分けて3つ。
・武市流…▲6七角と引く。囲いは美濃か金美濃。
・美馬流…▲7八角と引く。囲いは穴熊。
・古来の奇襲的手順


各章の内容を、図面と簡単なチャートを添えながら紹介していこう。


プロローグは、「筋違い角戦法の歴史」と、本書の概要について。

(1)筋違い角戦法の歴史
・角換わりの筋違い角は手損なし。1947年3月10日▲木村義雄△塚田正夫(名人戦)で初登場した。数年間プロで流行し、筋違い角棒銀や筋違い角向飛車などが生まれた。純正角換わりなので、ある程度は互いの同意がないと成立しない。
⇒本書では角換わり筋違い角は扱わない。なお、1970年代くらいまでの本にはときどき登場する。
・3手目角交換は手損だが、使える機会は多く、振飛車党に飛車を振らせないなどの利点(?)がある。
・武市だけがプロの使い手で、武市が引退してからはプロの実戦はほぼ消滅状態。
・アマでは古今問わずよく使われる。美馬も振り穴党だったので、よく筋違い角を打たれたが、逆に使ってみたところ、筋違い角四間穴熊との相性が良かった。

(2)本書の概要
筋違い角は基本的に手将棋であり、指し方の方針・考え方・狙い筋をメインに解説していく。



第1章は「振り飛車編」。筋違い角+四間飛車の作戦について、基本的な考え方を中心に解説していく。
・オープニングで▲2二角成に△同飛の変化がある。(p24)

(1)高美濃 対 △5五歩・5四銀型
筋違い角戦法の理想的な展開を解説。
・後手に歩を渡さないようにする。
・角の収納場所のために▲6六歩と突く。
・筋違い角は四間飛車との相性が良い。
・できるだけ角筋を確保する。
・できれば銀冠を急ぐ。(終盤への貯金)
・左辺を攻めさせて、反動(入手した駒、陣形の崩れなど)を利用して玉頭戦にする。
・〔左下図〕が目標形、〔右下図〕が理想形。

(2)対△5五歩・5四銀・4五歩型
先手の理想形を許さないように、後手が4筋・5筋の位取りで角道を遮断してくる作戦。わたしも最初に読んだ入門書(『将棋の初歩から初段まで』)で筋違い対策をこのように教わった。
・囲いの進展性がなくなるので、左辺で手を作る。▲7五歩として▲7六角の覗き、7筋を突き捨てて▲7二歩の垂れ歩、向飛車への転回を狙う、▲8六銀から動く、など。〔右図〕はその一例。
・どこかにできる争点に向かって駒の配置を変えていく。


(3)対△5三歩・5四銀型
5筋の歩を突くのを省略して△5四銀と腰掛け、すばやい4筋位取りで角道の遮断を早く実現する作戦。
・この場合は、金美濃+▲7八角+四間飛車を推奨。金美濃を採用するのは、自陣の4筋をすばやく厚くできるようにしておくため。
・やはり左辺で動けるようにしておく。〔右図〕はその一例。




第2章は「相筋違い角編」。“お前が打つならおれも打つ”で、アマでは結構見かける形。手将棋感がさらに強くなるが、もちろん基本的な考え方というものはある。また、3手目角交換により△2二銀型になっているため、互いに筋違い角を打ち合っても陣形は違うものになる。

(1)歩を取る型
後手がいったん△5二金右として、▲6三角成を受けた後、▲3四角に△6五角と打ち返してくる。〔左下図〕

・自陣は歩のない方に飛を振り(歩のある方に玉を囲い)、相手には歩のない方に囲わせたい。
・この場合は▲向飛車が良い〔右下図〕。囲いは金美濃を推奨。
・角を成らせる(▲2三角成)のハメ手に注意。馬が死んでしまう。

(2)歩を取らない型
いきなり△8五角と打ち返してくる形〔左下図〕。6三の地点を守りつつ、歩を取り返そうとしている。プロの実戦例もある。先手が歩を守ると、互いに歩を取らないことになる。

・前著『武市流力戦筋違い角の極意』では、以下▲7八飛だった。
・第6章(武市流実戦編)の第9局(窪田戦)では、△8五角から互いに歩を取り合っている。
・本書では、▲7五歩〜▲8八飛を推奨。囲いは金美濃を推奨。〔右下図〕




第3章は「居飛車編」。筋違い角の奇襲の成功例として多くの棋書で見かけるが、毎回使うのは危険。後手の攻め足が遅く、玉を2筋方面に囲ってくるときのみ有効となる。本書ではメインコンテンツではない。

・1筋-2筋攻め(飛切りで銀香との二枚替えの筋)
・3筋の歩を伸ばす攻め(3筋の歩を押し上げてから銀を出る)
・鎖鎌銀からの棒銀攻め



第4章は「その他」として、4つの戦型を解説。他書でサラッと「○○も有力」などと書かれたりして、腕自慢の人が使ってきそうな戦型。“その他”とはいえ、筋違い角にとっては手ごわい作戦ばかりなので、第1章・第2章をマスターしたら、こちらもちゃんと読み込んでおこう。

(1)後手無理やり振り飛車型
筋違い角▲4五角に、△6二飛▲3四角△4二飛と受ける作戦〔右図〕。初出はおそらく『超急戦!!殺しのテクニック』(横田稔,塚田泰明監修,高橋書店,1988)で、前著『武市流力戦筋違い角の極意』(2003)や『これで万全!奇襲破り事典』(本間博,マイナビ出版,2017)などにも掲載あり。
どうしても飛を振りたい人が使ってくるので、意外と出現率は高そうだ。

・後手が美濃囲いなら、▲8八飛+▲5六角で玉頭攻め。
・後手が金無双(△8二銀)なら、▲7七銀と備えてから居飛車でOK。△8二銀の壁形を咎める。

(2)後手6筋位取り型
△6筋位取りで▲6六歩(角の収納場所を作る)を封じてくる作戦。レアだが強敵。本書で書かれたことで採用が増えるかも?

・△6四歩にすぐ▲6六歩とはできない。
・▲5六角〜▲7七銀〜▲6八飛〜▲5八金で、6筋に反発する作戦を推奨。

(3)飛車角交換型
筋違い角▲3四角をすばやく追い払った後、▲6六歩を狙って△8四角〔右図〕と打ってくる作戦。前著『武市流力戦筋違い角の極意』や『これで万全!奇襲破り事典』などに掲載あり。

・〔右図〕から▲6八飛△9五角と準王手飛車がかかるため、飛角交換になる。
・隙のない陣形を作れば戦える。
・第7章(美馬流実戦編)の第7局も参考にしよう。


(4)△2二飛転換型
△5三歩-5四銀-4五歩型(第1章第3節)から△2二飛と転換する作戦。

・居玉のまま△4四銀〔右図〕と来たら△2二飛転換が濃厚。居玉のまま、次に△4三金〜△3二飛となる。
・▲7八角から金美濃が本書の推奨。第1章第3節と同じ。
・慌てて玉を囲わずに、間合いを計ろう。
・▲鈴木大介△羽生善治(2000.02.23)が有名局。
・第6章(武市流実戦編)の第8局、第7章(美馬流実戦編)の第6局も参考に。



第5章は「筋違い角後手バージョン」

▲7六歩△3四歩▲2六歩のオープニングなら、後手でも筋違い角は採用できる。

・持久戦なら特に問題なし。
・2筋歩交換は防げないが、2一桂に角のヒモが付いているのを利用して、2筋を守り切れる。
・すぐに▲2五歩を伸ばしてくるなら△2二飛と受ける。アマは高確率で▲7七角を打ってくる〔右図〕そうだが、丁寧に指せば大丈夫なので、本書でしっかり対策しておこう。
※ちなみに、私の実戦数局では持久戦ばかりでした。



第6章は「武市流実戦編」。武市のプロ実戦譜を、武市と美馬の対談形式で解説していく。

美馬の予想手に武市がコメントしていく形がベースで、美馬の「アマなら○○」もかなり参考になる。アマが引っ掛かりやすい筋、外連味(ケレン味)、短時間ならではの指し方、など。

各局には総譜が付いていて、武市執筆による解説もかなりガッツリある。先に総譜を並べてから、対談解説を読んだ方が理解しやすいと思う。

・第1局 武市vs神谷、1989年10月5日、△5五歩-5四銀-4五歩型
・第2局 武市vs剱持、1993年11月16日、△5五歩-5四銀vs▲高美濃
・第3局 武市vs中田功、1994年9月29日、△5五歩-5四銀-4五歩型
・第4局 武市vs日浦、1995年5月31日、△5四歩+一直線穴熊
・第5局 武市vs坪内、1995年6月20日、△5三歩-5四銀型(+△4五歩)
・第6局 武市vs櫛田、1997年6月23日、△5五歩-5四銀型
・第7局 武市vs小倉、1998年1月7日、△3四銀-4五歩型
・第8局 武市vs大内、1998年4月10日、△5五歩-5四銀型〜△2二飛転換
・第9局 武市vs窪田、2000年2月15日、△8五角〜歩を取り合う型
・第10局 武市vs矢倉、2001年6月13日 △5三歩-5四銀型(+△4五歩)



第7章は「美馬流実戦編」。美馬の実戦譜を、前章と同様に武市と美馬の対談形式で解説していく。こちらは総譜はなく、見開き1局で主に中盤戦を扱う。

なお、美馬流は基本的に「▲7八角+振り穴」のミックスとなる。「▲7八角+美濃囲い」の形は、『新版 奇襲大全』(湯川博士執筆,週刊将棋編,森けい二監修,MYCOM,1999)では山岡太郎さんの開発であると書かれている。

・第1局、第2局 △4三角型+穴熊
・第3局、第4局 ▲7八角型+穴熊
・第5局 ▲6七角型+穴熊
・第6局 △2二飛転換型
・第7局 飛角交換型
・第8局 後手無理やり振り飛車型
・第9局 △3二角型+穴熊 ▲8八飛転換型



第8章は「武市の筋違い角必至&詰将棋」

武市は現在(2018年)「将棋世界」誌で懸賞必至問題を出題しており、また必至問題集も著している。本章の必至と詰将棋は、「筋違い角戦法」とは全く無関係である(筋違い角戦法で生じやすい終盤問題、などではない)が、全問「筋違い角を打つ」問題となっている。

・すべての角が筋違い角という訳ではない。
・最終手が角打ちとは限らない。
・難易度は★3.0〜4.0くらい。最後の詰将棋2問はちょっと難しめ。
⇒必至問題は全問正解できました。(^^)v 詰将棋も、最後2問以外は(わたしレベルでも)何とか解けたので、そんなに難問ではないです。



コラムは本書ではかなり多く、9ページもあるが、すべて筋違い角に関する内容。よって、コラムも本編の一部と思ってよい。
・『将棊はめて千態』(土居市太郎,大野万歳館,1915?)と『将棋はめ手集』(梶一郎,大阪屋號書店,1952)のハメ手
・筋違い角向飛車逆棒銀の注意点
・[筋違い角談義]
 −武市流筋違い角の誕生秘話
 −降級点回避の一局(※武市は順位戦の連続22年も降級点回避している)
 −徳島ライン(※武市と美馬は徳島県出身)
 −序盤の変化(⇒超重要。第4章・第2節に似た変化。考え方を知っていれば大丈夫)
 −筋違い角のメリット
 −筋違い角の使い手(『将棋絶滅危惧種/筋違い角戦法』(三國栄)という本が紹介されている。公式ページ



【総評】
私は2008年に書いた『武市流力戦筋違い角の極意』(2003)のレビューのとき、「あまりこの戦法を採用する気にならなかった」と書いている。

ところが、本書を読んでいて次第に「あれ?この戦法は理にかなった結構いい戦法なのでは…?」と思うようになってきた。

一歩得して、玉は堅く、取った筋の歩を伸ばして比較的ゆっくりした戦いにして(≒横歩取り戦で一歩得した先手が目指すべき姿)、相手が動いてきたところをカウンターにする。相手は堅く囲いづらく、歩も入手しにくいので、「堅い、攻めてる、切れない」にはなりにくい。研究にまみれていないころの振飛車のようにも思えた。

いい戦法だと思えるようになったのは、本書でさまざまな筋違い角のパターンを紹介しただけでなく、プロ・アマ双方の視点で解説したところや、武市の勝局を多く・細かく解説したり、美馬による「アマがハマりやすい筋」などの紹介を散りばめたりして、「すべて」の名にふさわしい内容にしたのが奏功したのだと思う。(※本書には載らなかった筋違い角の作戦もまだいくつもあるため、完全な「すべて」とまでは言えませんが、少なくとも「角を左に引いて右辺に利かせ、振飛車にするタイプの筋違い角戦法」については網羅していると思います)

本を読んで考え方や感覚を理解してから、実際に将棋部の合宿で試してみたところ、思った以上に好成績でした。特に角が8九桂にヒモを付けているのと、▲2三角成と捨てる筋を居飛車がウッカリしやすく、実際にその筋が実現した後の感覚もつかみにくいようでした(こっちは本を読んだので感覚が分かっている)。

ABかの境目くらいで迷っていましたが、実戦で指してみて「これは本書を何度も読むわ!」と思ったので、Aとなりました。(2018Sep30)


※誤字・誤植等(初版第1刷で確認):
p105 ×「第2章第3節に類似した進行…」 ○「第1章第3節に類似した進行…」
p106 ×「第2章第3節と同じ進行…」 ○「第1章第3節と同じ進行…」



【関連書籍】

[ジャンル] 
ユニーク戦法
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
武市三郎 美馬和夫
[発行年] 
2018年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 奇襲の王様 筋違い角のすべて


Copyright(C) 1999-2019 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved