2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■その他の棋戦の本  
トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > その他の棋戦


このページ内は[Ctrl+F]で検索すると便利です。

◆サイト内検索
by Google

書名 著者 発行 備考
棋士の才能 −河口俊彦・将棋観戦記集− 河口俊彦 '17.2 王座戦
将棋順位戦30年史 1998〜2013年編 週刊将棋/編 '14.10 順位戦
将棋順位戦30年史 1984〜1997年編 週刊将棋/編 '14.9 順位戦
将棋タイトル戦30年史 1998〜2013年編 週刊将棋/編 '14.3 七大タイトル戦
将棋タイトル戦30年史 1984〜1997年編 週刊将棋/編 '14.2 七大タイトル戦
NHK杯将棋トーナメント60周年記念
もう一度見たい!伝説の名勝負
  '11.1 NHK杯
盤上の攻防 将棋 王位戦五十年 高林譲司 '10.8 王位戦
第59回NHK杯テレビ将棋トーナメント
勝敗を分けた次の一手
羽生善治/監修
NHK出版/編
'10.6 NHK杯
書名 著者 発行 備考
第45期王将戦七番勝負 毎日新聞社/編 '96.4 王将戦、羽生の七冠達成
スリル満点、スピード将棋 日本将棋連盟出版部/編 '92.5 JT杯
これが極秘の一手だ 永井英明 '92.3 NHK杯、⇒珍プレー好プレー
NHK杯10年100局にみる勝負を決めた一手 永井英明 '91.10 NHK杯、⇒珍プレー好プレー
書名 著者 発行 備考
第25期将棋十段戦 木本書店/編 '87.6 十段戦
一九八九年の挑戦者 井上光晴 '84.11 名人戦,王将戦,名将戦
書名 著者 発行 備考
前進できぬ駒はない! 奥山紅樹 '78.11 新人王戦
十段戦名局集(4) 山本武雄 '76 十段戦
十段戦名局集(3) 山本武雄 '76 十段戦
十段戦名局集(2) 山本武雄 '75 十段戦
十段戦名局集(1) 山本武雄 '75 十段戦
棋聖戦名局集(2) 原田泰夫 '75? 棋聖戦
棋聖戦名局集(1) 加藤治郎 '75? 棋聖戦


棋士の才能 −河口俊彦・将棋観戦記集−
zoom
棋士の才能
−河口俊彦・将棋観戦記集−
個別ページへ
河口俊彦
日本将棋連盟/発行
マイナビ出版/販売
ISBN:978-4-8399-6236-4
2017年2月
\3,024
384p/21cm
   
◆内容紹介
本書は、自らも棋士でありながら、将棋ライターとして多くの素晴らしい観戦記を遺し、2015年に亡くなった
河口俊彦八段の観戦記を書籍化したものです。日経新聞紙上に掲載された王座戦の観戦記から51局を厳選して収録しています。

天才といわれる棋士たちの才能を愛し、彼らの指す一手一手を礼賛しながらも、一方でトップだけでなく、全ての棋士を優しい視線で描き続けた河口八段。

随所に大山、升田、中原、米長といった歴代の大棋士のエピソードを散りばめられているのも河口八段にしか書けない観戦記の特長です。

本書には2001年以降に書かれた観戦記から、タイトル戦を中心に51局を収録しています。渡辺明19歳の挑戦、久保、森内、中村太、豊島といった歴代挑戦者を次々に連破する羽生善治。そして、羽生-渡辺戦で現れた将棋史に残る名手△6六銀。

将棋の内容はもちろん、河口八段が名局、名場面をどう綴ったか、その描き方も含めてぜひ読んでいただきたい一冊です。
 


将棋順位戦30年史 1998〜2013年編
zoom
将棋順位戦30年史 1998〜2013年編
個別ページへ
週刊将棋/編
マイナビ
ISBN:978-4-8399-5359-1
2014年10月
\3,110
632p/21cm
   
第1章 1998年度 谷川、森内振り切りリターンマッチへ
第2章 1999年度 △8五飛旋風! 丸山が初の名人戦へ
第3章 2000年度 谷川、首位決戦制し2年ぶりのひのき舞台へ
第4章 2001年度 初タイトル目指し、森内2度目の挑戦
第5章 2002年度 3者プレーオフ制し、羽生6年ぶり名人戦へ
第6章 2003年度 森内、A級全勝の偉業達成
第7章 2004年度 四冠王、リターンマッチへ
第8章 2005年度 谷川、最終決戦の死闘を制す
第9章 2006年度 独走郷田、不運深浦
第10章 2007年度 羽生挑戦、佐藤康劇的残留
第11章 2008年度 郷田、2敗守り2期ぶり名人戦へ
第12章 2009年度 三浦、名人戦の夢舞台へ
第13章 2010年度 森内、4度目挑戦決める
第14章 2011年度 羽生完全V いざ名人戦へ
第15章 2012年度 3年連続8回目の森内─羽生
第16章 2013年度 羽生、独走でリベンジへ

◆内容紹介
「負けても負けても指せる夢のような棋戦」であると同時に「負けても負けても指さなければいけない悪夢のような棋戦」――順位戦。順位1枚の差が分ける明と暗に彩られたドラマを、創刊30年を迎える週刊将棋の記事、写真で振り返る記念碑的書籍の下巻です。

第1章の1998年度の名人は佐藤康光。挑戦者は谷川浩司九段。そこから時代は流転する。

△8五飛を武器にした丸山の挑戦、佐藤・羽生・藤井による3者プレーオフ、森内の史上初のA級9戦全勝、棋史に残る羽生・谷川のプレーオフ、佐藤康光の劇的残留、そして陥落、郷田・三浦のA級制覇、羽生のA級21連勝、そして前人未踏の3連続挑戦。

A級だけを見てもこれほどのドラマ。本書ではA級〜C2までの好局を当時の記事、写真、棋譜を使って紹介しています。

632ページの大ボリュームでお贈りする、まさに将棋ファン必買の一冊です。
 


将棋順位戦30年史 1984〜1997年編
zoom
将棋順位戦30年史
1984〜1997年編
個別ページへ
週刊将棋/編
マイナビ
ISBN:978-4-8399-5306-5
2014年9月
\3,110
616p/21cm
   
第1章 1984年度 中原復位へ、谷川への挑戦決める
第2章 1985年度 大山復活、プレーオフを制す
第3章 1986年度 米長猛追、3者プレーオフ制す
第4章 1987年度 谷川、独走で挑戦決める
第5章 1988年度 米長が大逆転で挑戦者に
第6章 1989年度 中原、プレーオフ制し2度目の復位へ
第7章 1990年度 米長挑戦、不死鳥大山奇跡の残留
第8章 1991年度 高橋、プレーオフ制し夢舞台へ
第9章 1992年度 米長、7たび立つ
第10章 1993年度 羽生四冠、谷川との挑戦争いに勝つ
第11章 1994年度 森下、中原破りA級1期目で挑戦
第12章 1995年度 森内、七冠王への挑戦決める
第13章 1996年度 谷川竜王、7期ぶりの名人挑戦
第14章 1997年度 佐藤康、羽生とのプレーオフ制す

◆内容紹介
週刊将棋では創刊以来、順位戦に多くの紙面を割いてきた。名人挑戦や昇級を狙う『上を見た戦い』はもちろん、残留を目指す『下を見た戦い』も読者の注目を集めてきた。この30年で順位戦が最も注目されたのは、大山康晴十五世名人がA級残留を果たせるかどうかというときだったかもしれない。」(まえがきより)

1年間をかけて行われる将棋界最高峰のリーグ戦、順位戦。昇級争いにはタイトル戦のような華々しさがある一方、残留争いには意地とプライドを懸けた人間のドラマがあります。順位戦は数ある棋戦の中でも、最も「人間の戦い」が見られる場といっていいかもしれません。そうだからこそ、「将棋界の一番長い日」A級順位戦最終日の解説会場は常に超満員になるのでしょう。

本書は週刊将棋創刊30周年を記念し、順位戦の30年の激闘、死闘を当時の記事、写真で振り返るものです。時代の雰囲気を存分に味わうことができる内容となっています。

中原、米長、谷川のA級覇権争い。南、高橋ら「55年組」の台頭、不死鳥大山のA級残留劇、そして全てを飲み込む羽生世代のデビュー。

さまざまな世代の棋士が入り乱れ、空前の乱世となった当時の将棋界をこの本で追体験してください。
 


将棋タイトル戦30年史 1998〜2013年編
zoom
将棋タイトル戦30年史
1998〜2013年編
羽生、谷川、森内、佐藤、渡辺…。
ライバルたちの激闘の歴史がここに
個別ページへ
週刊将棋/編
マイナビ
ISBN:978-4-8399-5097-2
2014年3月
\3,024(5%税込)
544p/21cm
   
序 章 森内俊之竜王名人が語る、私の将棋30年史  
第1章 1998年 ・プレイバック1998
王将戦・羽生vs佐藤康/棋王戦・羽生vs郷田/名人戦・谷川vs佐藤康/棋聖戦・屋敷vs郷田/第王位戦・羽生vs佐藤康/王座戦・羽生vs谷川/竜王戦・谷川vs藤井
・総まとめ1998
 
第2章 1999年 ・プレイバック1999
王将戦・羽生vs森下/棋王戦・羽生vs佐藤康/名人戦・佐藤康vs谷川/棋聖戦・郷田vs谷川/王位戦・羽生vs谷川/王座戦・羽生vs丸山/竜王戦・藤井vs鈴木大
・総まとめ1999
 
第3章 2000年 ・プレイバック2000
王将戦・羽生vs佐藤康/棋王戦・羽生vs森内/名人戦・佐藤康vs丸山/棋聖戦・谷川vs羽生/王位戦・羽生vs谷川/王座戦・羽生vs藤井/竜王戦・藤井vs羽生
・総まとめ2000
 
第4章 2001年 ・プレイバック2001
王将戦・羽生vs谷川/棋王戦・羽生vs久保/名人戦・丸山vs谷川/棋聖戦・羽生vs郷田/王位戦・羽生vs屋敷/王座戦・羽生vs久保/竜王戦・藤井vs羽生
・総まとめ2001
 
第5章 2002年 ・プレイバック2002
棋王戦・羽生vs佐藤康/王将戦・羽生vs佐藤康/名人戦・丸山vs森内/棋聖戦・郷田vs佐藤康/王位戦・羽生vs谷川/王座戦・羽生vs佐藤康
・総まとめ2002
 
第6章 2003年 ・プレイバック2003
竜王戦・羽生vs阿部/王将戦・佐藤康vs羽生/棋王戦・羽生vs丸山/名人戦・森内vs羽生/棋聖戦・佐藤康vs丸山/王位戦・谷川vs羽生/王座戦・羽生vs渡辺/竜王戦・羽生vs森内
・総まとめ2003
 
第7章 2004年 ・プレイバック2004
王将戦・羽生vs森内/棋王戦・丸山vs谷川/名人戦・羽生vs森内/棋聖戦・佐藤康vs森内/王位戦・谷川vs羽生/王座戦・羽生vs森内/竜王戦・森内vs渡辺
・総まとめ2004
 
第8章 2005年 ・プレイバック2005
王将戦・森内vs羽生/棋王戦・谷川vs羽生/名人戦・森内vs羽生/棋聖戦・佐藤康vs羽生/王位戦・羽生vs佐藤康/王座戦・羽生vs佐藤康/竜王戦・渡辺vs木村一
・総まとめ2005
 
第9章 2006年 ・プレイバック2006
棋王戦・羽生vs森内/王将戦・羽生vs佐藤康/名人戦・森内vs谷川/棋聖戦・佐藤康vs鈴木大/王位戦・羽生vs佐藤康/王座戦・羽生vs佐藤康/竜王戦・渡辺vs佐藤康
・総まとめ2006
 
第10章 2007年 ・プレイバック2007
王将戦・羽生vs佐藤康/棋王戦・森内vs佐藤康/名人戦・森内vs郷田/棋聖戦・佐藤康vs渡辺/王位戦・羽生vs深浦/王座戦・羽生vs久保/竜王戦・渡辺vs佐藤康
・総まとめ2007
 
第11章 2008年 ・プレイバック2008
王将戦・羽生vs久保/棋王戦・佐藤康vs羽生/名人戦・森内vs羽生/棋聖戦・佐藤康vs羽生/王位戦・深浦vs羽生/王座戦・羽生vs木村一/竜王戦・渡辺vs羽生
・総まとめ2008
 
第12章 2009年 ・プレイバック2009
王将戦・羽生vs深浦/棋王戦・佐藤康vs久保/名人戦・羽生vs郷田/棋聖戦・羽生vs木村一/王座戦・羽生vs山ア/王位戦・深浦vs木村一/竜王戦・渡辺vs森内
・総まとめ2009
 
第13章 2010年 ・プレイバック2010
王将戦・羽生vs久保/棋王戦・久保vs佐藤康/名人戦・羽生vs三浦/棋聖戦・羽生vs深浦/王位戦・深浦vs広瀬/王座戦・羽生vs藤井/竜王戦・渡辺vs羽生
・総まとめ2010
 
第14章 2011年 ・プレイバック2011
王将戦・久保vs豊島/棋王戦・久保vs渡辺/名人戦・羽生vs森内/棋聖戦・羽生vs深浦/王位戦・広瀬vs羽生/王座戦・羽生vs渡辺/竜王戦・渡辺vs丸山
・総まとめ2011
 
第15章 2012年 ・プレイバック2012
王将戦・久保vs佐藤康/棋王戦・久保vs郷田/名人戦・森内vs羽生/棋聖戦・羽生vs中村太/王位戦・羽生vs藤井/王座戦・渡辺vs羽生/竜王戦・渡辺vs丸山
・総まとめ2012
 
第16章 2013年 ・プレイバック2013
王将戦・佐藤康vs渡辺/棋王戦・郷田vs渡辺/名人戦・森内vs羽生/棋聖戦・羽生vs渡辺/王位戦・羽生vs行方/王座戦・羽生vs中村太/竜王戦・渡辺vs森内
・総まとめ2013
 

・巻末資料

◆内容紹介
羽生さんが前にいてくれたことで、自分も伸ばしてもらった
(巻頭・森内俊之インタビューより)

本書は週刊将棋が創刊された1984年からの30年を、タイトル争いを中心にまとめた「タイトル戦30年史」の下巻に当たるものです。時は平成。第一人者羽生善治に多くの棋士たちが挑み、タイトル争いでは数々の名手、名局、名シーンが生まれました。

この16年間で、タイトル戦に登場する戦法は大きく変化しました。横歩取り△8五飛に続き、藤井システム、ゴキゲン中飛車、一手損角換わり、石田流……。丸山、藤井、久保、広瀬、それぞれのスペシャリストがタイトル戦の常連に割って入り、羽生善治はそれらの全てに順応し、トップ棋士であり続けました。そして森内俊之、渡辺明とのライバル対決は現在も続いています。
この本は当時の記事、写真を多数収録、時空を越えてみなさんを対局場に誘う、記念碑的一冊です。

皆さんにも、思い出に残るタイトル戦が必ずあるはず。
本書を読んで、あらためて将棋の30年の歴史を追体験してください。

 


将棋タイトル戦30年史 1984〜1997年編
zoom
将棋タイトル戦30年史
1984〜1997年編
若き天才・谷川名人の活躍から
羽生七冠達成まで
個別ページへ
週刊将棋/編
マイナビ
ISBN:978-4-8399-5022-4
2014年2月
\3,034(5%税込)
528p/21cm
   
序 章 十六世名人中原誠が語る、私の将棋30年史  
第1章 1984年 ・プレイバック1984
棋聖戦・森安秀vs米長/王将戦・米長vs森け/棋王戦・米長vs森安秀/名人戦・谷川vs森安秀/棋聖戦・米長vs谷川/第王位戦・高橋vs加藤一/王座戦・中原vs森安秀
・総まとめ1984
 
第2章 1985年 ・プレイバック1985
十段戦・中原vs米長/棋聖戦・米長vs中村修/王将戦・米長vs中原/棋王戦・米長vs桐山/名人戦・谷川vs中原/棋聖戦・米長vs勝浦/王位戦・加藤一vs高橋/王座戦・中原vs谷川
・総まとめ1985
 
第3章 1986年 ・プレイバック1986
十段戦・米長vs中原/棋聖戦・米長vs中村修/棋王戦・桐山vs谷川/王将戦・中原vs中村修/名人戦・中原vs大山/棋聖戦・米長vs桐山/王位戦・高橋vs米長/王座戦・中原vs桐山/十段戦・米長vs福崎
・総まとめ1986
 
第4章 1987年 ・プレイバック1987
棋聖戦・桐山vs南/王将戦・中村修vs中原/棋王戦・谷川vs高橋/名人戦・中原vs米長/棋聖戦・桐山vs西村/王位戦・高橋vs谷川/王座戦・中原vs塚田泰/十段戦・福崎vs高橋
・総まとめ1987
 
第5章 1988年 ・プレイバック1988
棋聖戦・桐山vs南/王将戦・中村修vs南/棋王戦・高橋vs谷川/名人戦・中原vs谷川/棋聖戦・南vs田中寅/王位戦・谷川vs森け/王座戦・塚田泰vs中原/竜王戦・米長vs島
・総まとめ1988
 
第6章 1989年 ・プレイバック1989
棋聖戦・田中寅vs中原/王将戦・南vs島/棋王戦・谷川vs南/名人戦・谷川vs米長/棋聖戦・中原vs南/王位戦・森けvs谷川/王座戦・中原vs青野/竜王戦・島vs羽生
・総まとめ1989
 
第7章 1990年 ・プレイバック1990
棋聖戦・中原vs屋敷/棋王戦・南vs大山/王将戦・南vs米長/名人戦・谷川vs中原/棋聖戦・中原vs屋敷/王位戦・谷川vs佐藤康/王座戦・中原vs谷川/竜王戦・羽生vs谷川
・総まとめ1990
 
第8章 1991年 ・プレイバック1991
棋聖戦・屋敷vs森下/王将戦・米長vs南/棋王戦・南vs羽生/名人戦・中原vs米長/棋聖戦・屋敷vs南/王位戦・谷川vs中田宏/王座戦・谷川vs福崎/竜王戦・谷川vs森下
・総まとめ1991
 
第9章 1992年 ・プレイバック1992
棋聖戦・南vs谷川/王将戦・南vs谷川/棋王戦・羽生vs南/名人戦・中原vs高橋/棋聖戦・谷川vs郷田/王位戦・谷川vs郷田/王座戦・福崎vs羽生
・総まとめ1992
 
第10章 1993年 ・プレイバック1993
竜王戦・谷川vs羽生/棋聖戦・谷川vs郷田/王将戦・谷川vs村山/棋王戦・羽生vs谷川/名人戦・中原vs米長/棋聖戦・谷川vs羽生/王位戦・郷田vs羽生/王座戦・羽生vs谷川/竜王戦・羽生vs佐藤康
・総まとめ1993
 
第11章 1994年 ・プレイバック1994
棋聖戦・羽生vs谷川/棋王戦・羽生vs南/王将戦・谷川vs中原/名人戦・米長vs羽生/棋聖戦・羽生vs谷川/王位戦・羽生vs郷田/王座戦・羽生vs谷川/竜王戦・佐藤康vs羽生
・総まとめ1994
 
第12章 1995年 ・プレイバック1995
棋聖戦・羽生vs島/棋王戦・羽生vs森下/王将戦・谷川vs羽生/名人戦・羽生vs森下/棋聖戦・羽生vs三浦/王位戦・羽生vs郷田/王座戦・羽生vs森け/竜王戦・羽生vs佐藤康
・総まとめ1995
 
第13章 1996年 ・プレイバック1996
王将戦・谷川vs羽生/棋王戦・羽生vs高橋/名人戦・羽生vs森内/棋聖戦・羽生vs三浦/王位戦・羽生vs深浦/王座戦・羽生vs島/竜王戦・羽生vs谷川
 
第14章 1997年 ・プレイバック1997
王将戦・羽生vs谷川/棋王戦・羽生vs森下/名人戦・羽生vs谷川/棋聖戦・三浦vs屋敷/王位戦・羽生vs佐藤康/王座戦・羽生vs島/竜王戦・谷川vs真田
・総まとめ1997
 

・巻末資料

◆内容紹介
「時代が変わったなと思いましたよ(笑)。取り残されてしまうんじゃないかと不安になったりしてね」(巻頭・中原誠インタビューより)

谷川浩司が21歳で名人を獲得し、将棋界が史上空前の盛り上がりを見せた翌年(1984年)、週刊将棋が創刊されました。本書はそれから
30年の将棋界の歩みを、タイトル戦決着局を中心に振り返るものです。皆様にとっての思い出のタイトル戦は何でしょうか?
米長四冠達成、中原の2度の名人復位、高橋、南ら55年組の活躍、谷川―羽生のライバル対決、そして夢の七冠達成…。棋界の勢力地図が塗り替えられるたびに、歓喜と悲哀の人間ドラマと、数々の名局と名シーンが生まれました。
本書は当時の記事、写真を多数収録、時空を越えて読者を対局場に誘う、記念碑的一冊です。

元号は昭和から平成へ。将棋界の歩みと変わりゆく時代の空気を、本書で感じてください。

 


もう一度見たい!伝説の名勝負
zoom
別冊NHK将棋講座
NHK杯将棋トーナメント60周年記念
もう一度見たい!伝説の名勝負
個別ページへ

日本放送出版協会
ISBN:978-4-14-407175-1
2011年1月
\1,575(5%税込)
192p/cm
   
◆内容紹介
将棋NHK杯の59年の名勝負が詰まった保存版!
優勝最多8回の羽生善治NHK杯はじめ、歴代優勝者のインタビューでつづる「優勝へのキセキ」。プレイバック「記憶に残るあの一手・あの一局」では、決勝を中心に、50局以上棋譜を掲載。年末放送の「歴代優勝者が選ぶ名勝負十局」の対局も掲載。
 


盤上の攻防 将棋 王位戦五十年
zoom
盤上の攻防
将棋 王位戦五十年
個別ページへ
高林譲司
中日新聞社
ISBN:978-4-8062-0614-9
2010年8月
\1,600(5%税込)
198p/19cm/H.C.

[総合評価]
C

難易度:−
図面:ほとんどなし
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:ほとんどなし
読みやすさ:A
王位戦を懐古したい人向き
・口絵(カラー写真)
・プロローグ「祝賀会」
前史 幕府保護の「将棋所」/群雄割拠の将棋界/混迷から棋界統一へ/世襲から実力名人へ/東西棋界が和解へ/関西の阪田破れる/焦土からの復興/無敵木村が敗退/刺激的な棋戦を演出 22p
大山時代 戦後の機運の中で/黄白リーグの誕生/第一手は7六歩/乱戦制し四冠に/丸田、端歩突きに動揺/老齢の勝負師/「妖刀使い」の異名も/次世代の足音高く/まき割り大五郎/誕生日に角帯を贈る/新風吹き込む大内/薄らぐ王者の貫禄/ライバル、新旧交代へ/覇者交代、ついに無冠 36p
中原時代 駒飛び交う「空中戦」/新規約で九段昇進/流儀さまざま/将棋の日に土俵対局/カミソリ勝浦の凄み/嘆息する記録係/大山、不屈の挑戦/考慮一分、迷路に誘う/棋史に残る百番指し/巨星落つ 26p
戦国時代 波乱のタイトル戦/棋界も転換期に/小さな駒音ひたひたと/玄人好みの棋風/棋界の新人類たち/一陣の涼風とともに/悪役を買って出る/二十代は許せない/羽生世代の登場/対局の様式美に変化/青磁色の若武者 30p
羽生時代 逆転の“羽生マジック”/郷田のリベンジ/驚異的な短手数/震災後の開幕戦/前人未到の七冠制覇/白熱の接戦で五連覇/「緻密流」の読み/黄金の対局カード/「忍者屋敷」の悔い/王者、四冠に後退/十連覇阻む谷川/失冠から大逆襲へ/炎の十七番勝負/佐藤康光の“悲願”/野に伏し大輪の花を/名手に“幻の名手”/新たな年輪を重ねて 40p
わたしと王位戦 内藤国雄「一本の電話」
中原誠「旅の風情と対局」
米長邦雄「王位戦の思い出」
高橋道雄「育ててくれた王位戦」
加藤一二三「七局戦って王位獲得」
谷川浩司「過酷な戦いに充実感」
森けい二「クラゲの毒で快勝!?」
郷田真隆「二十一歳の夏」
羽生善治「季節とともに転戦」
深浦康市「忘れられぬ一手」
20p

・棋士系統図=4p
・王位戦一覧表=2p
・あとがき=2p/参考文献・編集協力・写真協力=1p

◆内容紹介
将棋七大タイトル戦の一つ、王位戦。半世紀を迎えたのを記念し、王位戦前の将棋の歴史から王位戦五十期の歴史を振り返り、「王位」を獲得した棋士たちの実像を追う。名局、名場面を再現しながら将棋界半世紀の歴史が分かる。中日新聞夕刊で今年(2010年)四月から七月までの連載を単行本化。

王位戦の歴史をたどった本。本編(p5〜p164)は、2010年4月〜7月に中日新聞夕刊の文化面に掲載された「盤上の攻防 将棋王位戦五十年」を加筆修正したもの。歴代王位が語る「わたしと王位戦」は書き下ろしとみられる。

王位戦は、現在の七大タイトル戦の中では4番目に歴史が長い棋戦である。主催紙は三社連合(北海道新聞社、中日新聞社(中日新聞・東京新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井)、西日本新聞社)で、現在は神戸新聞と徳島新聞も加わっている。なお、中日新聞は名古屋圏では圧倒的なシェア(わたしの住んでいた地域では8割ほど)があり、この地方の人には王位戦は馴染み深い棋戦である。毎年7月〜8月ごろの暑い盛りに七番勝負が開催される。

前身の「早指し王位戦」からタイトル戦に昇格したのが1960年。今年(2010年)で50周年の節目を迎えることになった。それを記念して発行されたのが本書であり、王位戦関連の書籍は初めての出版となる。(※DVDは2009年に発行されている。『王位戦七番勝負 −道新記録映像から−』)

あなたにとっての思い出深い「王位」は誰だろうか?わたしの場合、将棋に興味を持った中学〜高校のころ、高橋・谷川・森が中日新聞の観戦記に載っていた。森のヒネリ飛車を真似て指し、陣形が出来上がったところで「できた!ヒネリ飛車かっこいい」などと言っていた(もちろん後手を持っていた友人も、陣形が出来上がることが第一目的である(笑))。その後の指し方などはまるで分からないレベルだったが、もっとも純粋に将棋を楽しんでいた頃かもしれない。よって、わたしにとっての王位は「森王位」である。(森王位は一期だけなので、こういう人はかなりレアだと思う……)

というわけで、(知っている範囲で)ノスタルジーに浸れそうな期待を持ちながら、本書を開いたのだが……期待は裏切られた。悪い方に。……レビューの続きを読む(2010Sep17)


第59回NHK杯テレビ将棋トーナメント 勝敗を分けた次の一手
zoom
NHK将棋シリーズ
第59回NHK杯テレビ将棋トーナメント
勝敗を分けた次の一手
個別ページへ
羽生善治/監修
NHK出版/編
日本放送出版協会

ISBN:978-4-14-016181-4
2010年6月
\945(5%税込)
160p/19cm

[総合評価]
D

難易度:★★★
見開き1問
内容:(質)B(量)C
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:B
読みやすさ:B
中級〜有段向き
【執筆協力】 鈴木宏彦 【デザイン】 knoma
・次の一手=51問
・全対局詳細=49局

◆内容紹介
優勝した羽生善治NHK杯が出題し、解説!
2009年4月から2010年3月まで毎週放送されたNHK杯のなかから、優勝者が次の一手を出題し、解説する。1回戦から決勝戦まで、次々と繰り出されるプロの絶妙手を、あなたは何問正解できるか? 巻末には、全対局の総譜も掲載しており、大好きな棋士の棋譜を並べて鑑賞にもおすすめ。
第59回NHK杯(2009年度)から次の一手問題を出題した本。

NHK杯は、毎週日曜の午前にNHK教育テレビで放送されている早指し棋戦。50名参加のトーナメントで、年間49局放送される。タイトル保持者・A級棋士・B1棋士などは予選が免除されている。持時間は各15分、それを使い切ると1手30秒の秒読み、ただし持時間とは別に1分単位で10回の考慮時間が与えられているという、比較的複雑な持時間システムを採用している。

本書は、2009年度NHK杯本戦の全棋譜を掲載し、その中から厳選された局面を次の一手問題として出題した本である。

ページを開いた瞬間、ものすごい違和感が。……レビューの続きを読む(2010Jul01)



zoom
第45期王将戦七番勝負
付録:[第44期王将戦/全七局]
[王将戦物語]
個別ページへ
毎日新聞社/編
毎日新聞社
ISBN:4-620-31114-6
1996年4月
\1,262
187p/19cm

[総合評価]
C

難易度:★★★☆
図面:見開き1枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級以上向き
第45期:【王将】谷川浩司  【挑戦者】羽生善治六冠 (奪取)
 

先−後

戦型

観戦記  
第1局 ○羽生−谷川● 相矢倉△5五歩早交換 井口昭夫 22p
第2局 ●谷川−羽生○ △四間飛車▲棒銀 井口昭夫 22p
第3局 ○羽生−谷川● 相掛かり▲ヒネリ飛車 井口昭夫 22p
第4局 ●谷川−羽生○ 横歩取り△内藤流 井口昭夫 21p

・盤側の記(加古明光)9p

第44期:【王将】谷川浩司  【挑戦者】羽生善治六冠 (防衛)

 

先−後

戦型

解説

 
第1局 ●羽生−谷川○ 相掛かり▲ヒネリ飛車 淡路仁茂 10p
第2局 ○谷川−羽生● 相矢倉△5五歩早交換 前田祐司 10p
第3局 ○羽生−谷川● 相矢倉▲3七銀 小林健二 10p
第4局 ●谷川−羽生○ 相矢倉▲3七銀 田中寅彦 10p
第5局 ●羽生−谷川○ 相矢倉▲3七銀 中村修 10p
第6局 ●谷川−羽生○ 相矢倉▲3七銀 鈴木輝彦 10p
第7局
(千日手
指し直し)
○谷川−羽生● 相矢倉▲3七銀 富岡英作 10p

・王将戦物語(加古明光)=10p
・王将戦名局選(1)〜(5)=5p
・王将戦45期の全記録=2p

第45期王将戦の観戦記+第44期王将戦の棋譜解説の本。

王将戦は名人戦や竜王戦と違って、定期的な観戦記出版はしていない。しかしこの第45期では、羽生が谷川を破って史上初めて七冠を達成したので、特別に出版されている。羽生の七冠達成は大きく報じられたので、ご記憶の方も多いだろう。

しかもこの七冠達成劇は非常にドラマティックだった。第45期だけ見れば、羽生がすんなり達成したようだが、実は前年の第44期も羽生は六冠を持って王将戦に挑戦している。それを神戸・淡路島震災で被災した直後の谷川が4-3で退けたのだ。ここだけでも劇的だが、なんと羽生は、六冠すべてを防衛し、しかも再び王将戦の挑戦者となって戻ってきたのだから凄まじい。2度目はすんなりストレートで七冠達成。

本書では、七冠達成の第45期の4局を観戦記付きで紹介。さらに七冠達成の伏線となった第44期の7局を、プロ棋士の解説付きで紹介している。「第45期王将戦」の本であるにもかかわらず、オモテ表紙は羽生のアップ。谷川の写真はウラ表紙に、半分ほどの大きさで載せられている。この扱い、谷川の心中いかほどのものか。ちなみに名人戦の本では、対局者二人の扱いはほぼ同等である。

王将戦は毎日新聞系のスポニチの主催なので、観戦記者も名人戦でおなじみの井口氏が入っている。個人的には、井口氏は毎日の記者陣の中でも良質な観戦記を書く人だと思う。井口氏の観戦記の一節→「外は雨になった、と思うと薄日がさしてきた。そのとき、取材本部のモニターテレビの画面で不思議なことが起こった。上方の羽生の駒が金色に輝き、下方の谷川の駒が銀色に光っているのだ。対局室に入り込む光線の工合からのようだが、金銀の駒が対峙する神秘的な盤面に、しばし見とれてしまった。」(32p,第2局の第3図)わたしはオカルトは信じない派だが、結果を知っているだけにこの一節には引き込まれてしまった。

社会現象にまでなった“七冠達成”だが、本書の構成自体は名人戦観戦記の本と同じように比較的淡々としていて、特に七冠特集というわけではない。七冠関係の読み物としては普通の出来だが、しっかりした棋譜解説が読めるので、興味のある方はご一読を。(2004Feb06)



zoom
スリル満点、スピード将棋
JT将棋日本シリーズ熱局選
1980-1991
個別ページへ
日本将棋連盟出版部/編
日本将棋連盟
ISBN:4-8197-0300-5
1992年5月
\971
196p/19cm

[総合評価]
C

難易度:★★★☆
図面:見開き2〜3枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜有段者向き
◇決勝戦◇ 観戦記=12局
(第1回)米長-加藤/相矢倉▲3七銀
(第2回)中原-大山/△四間飛車▲左美濃
(第3回)大山-中原/▲三間飛車△5三銀左急戦
(第4回)加藤-米長/相掛かり 新旧対抗型
(第5回)米長-谷川/相矢倉▲3七銀
(第6回)森安-谷川/△四間飛車▲鷺宮定跡
(第7回)米長-谷川/相掛かり▲塚田スペシャル
(第8回)加藤-大山/▲四間飛車△棒銀
(第9回)高橋-加藤/△5筋位取り中飛車
(第10回)谷川-島/相矢倉△6四銀
(第11回)谷川-中原/相掛かり相腰掛銀
(第12回)羽生-有吉/相矢倉▲4六銀
92p
◇熱戦譜◇ 棋譜解説=5局
(第2回)中原-内藤 (第5回)谷川-田中 (第9回)内藤-真部
(第11回)中原-青野 (第12回)塚田-小林
10p
◇女流対局◇ 観戦記=3局
林葉-芝稔アマ/中井-河田誠治アマ/清水-永岡直アマ
17p
次の一手 次の一手問題=10問 20p

・JT将棋日本シリーズトーナメント表=6p
・【巻頭写真(カラー)】歴代優勝者の顔ぶれ=4p
・【写真(モノクロ)】JT将棋日本シリーズ'91 激闘・熱戦のドラマ=8p
・【座談会】若手棋士ワイワイ座談会(羽生善治・森内俊之・先崎学)=11p
・【エッセイ】「升田さんと煙草」(内藤國雄)/「新鮮な気分の公開対局」(羽生善治)/「JT杯が接点で大先生に親近感」(林葉直子)/「ワクワクさせる何かが」(清水市代)/「夏の日の盤上盤外」(鹿野圭生)=16p
・【コラム】詰将棋「煙詰め」/煙が目にしみる/棋士と煙草=3p
・【マンガ】杜の都にJT将棋日本シリーズを見る!(バトルロイヤル風間)=10p
・【クイズ】棋士の流儀当て=3p

JT日本シリーズの棋譜解説書。第1回〜第12回の決勝戦と、その他特選譜を解説。解説者は不明。また、エッセイや座談会など様々な内容で棋譜解説を彩っている。

本書の解説は、対局当時の観戦記ではなく、あとから俯瞰的に棋譜解説したものである。余計なことが書かれてなく、スッキリした解説で良い。ただし、対局者自身の表情や会場の雰囲気などは記述がなく、早指しならではの迫力は伝わりにくくなっている。「この着手は時間切れギリギリだった」とか、「ここで封じ手となった」とか書いてくれると面白かったのになー。量的には、可もなく不可もなくといった感じ。

ところで、コラムの「煙詰め」とか「棋士と煙草」とかが唐突に出てきて、最初は意味が分からなかった。よくよく考えてみれば、日本シリーズのスポンサーはJT(日本たばこ産業)。一種の宣伝だったのね(^-^; (2004Jan31)



zoom
第25期将棋十段戦
個別ページへ
木本書店/編
読売新聞社/監修
木本書店
ISBN:4-905689-11-2
1987年6月
\2,000
218p/22cm/H.C.

[総合評価]
B

難易度:★★★☆
図面:見開き2〜3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
中級以上向き
【十段】米長邦雄 【挑戦者】福崎文吾七段 (奪取)
 

先−後

戦型

観戦記

 
第1局 ●米長−福崎○ △袖飛車 陣太鼓 26p
第2局 ○福崎−米長● 相穴熊▲三間飛車 山帰来 24p
第3局 ○米長−福崎● △三間飛車▲3七桂戦法 山田史生 24p
第4局 ●福崎−米長○ 相掛かり▲変則ヒネリ飛車 陣太鼓 26p
第5局 ●米長−福崎○ △中飛車穴熊 平井輝章 24p
第6局 ○福崎−米長● ▲向飛車穴熊 陣太鼓 24p

・第25期十段戦リーグ戦 福崎文吾熱戦譜(10局)=60p
(1)○vs高橋道雄王位、相矢倉▲4七銀型△6四銀型(平井輝章)
(2)○vs谷川浩司棋王、△矢倉中飛車(半九郎)
(3)○vs中原誠名人、△三間飛車穴熊▲銀冠(山田史生)
(4)○vs桐山清澄九段、相矢倉模様乱戦(半九郎)
(5)○vs有森浩三四段、△中飛車穴熊▲銀冠(葵)
(6)●vs高橋道雄王位、相矢倉▲右四間飛車(陣太鼓)
(7)●vs谷川浩司棋王、相矢倉(木村義雄)
(8)○vs中原誠名人、▲中飛車穴熊(陣太鼓)
(9)○vs桐山清澄棋聖、▲中飛車穴熊(半九郎)
(10)●vs有森浩三四段、相矢倉▲4六銀(陣太鼓)

・「念願の十段位」(十段 福崎文吾)=2p
・第25期十段戦リーグ星取表=1p
・第25期十段戦予選トーナメント表=1p
・歴代十段(一覧)=1p

十段戦の観戦記。十段戦七番勝負の観戦記をまとめたものは、本書の第25期だけ。なぜ今期だけが出版されたのか、その事情は不明である。

25期の十段はご存知、米長。挑戦者は、“妖刀”福崎。振り穴を得意とし、意表の手順で相手を幻惑する“感覚破壊王”でもある。本書には七番勝負の6局と、福崎のリーグ戦での10局がすべて観戦記付きで収められていて、特に穴熊戦の終盤が見ごたえあり。強靭な粘りあり、Zを生かした寄せあり…。序盤戦術は現代とは比較にならないが、終盤は非常に参考になるので振り穴党は要チェック。

観戦記は名人戦や竜王戦などと同じ構成であるが、各局の最後に「ワンポイント自戦記」として、新十段・福崎の解説があるのが嬉しい。同じ将棋に対して、第三者(観戦記者)の記事と当事者(対局者)の考えが読めるというのは、非常に面白い試みだ。対局者には負担かもしれないが、この試みは成功しているので、できれば現代の観戦記集でも復活させてほしい。

また、読売の観戦記は、毎○に比べてとても読みやすい。対局当事者ではなく、観戦記者として一歩引いたスタンスが良いと思った。ただ、この辺は好みの問題だと思うので、あまり気にしなくていいかも。(2004Feb18)


一九八九年の挑戦者
zoom
一九八九年の挑戦者
個別ページへ
井上光晴
筑摩書房
ISBN:4-480-81181-8
0076-81181-4604
1984年11月
\980
184p/20cm/H.C.

[総合評価]
D

難易度:★★★☆
図面:見開き0〜2枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:B
解説:B
読みやすさ:B
上級〜有段向き
名人戦 (1)第36期名人戦第6局 中原誠vs森けい二('78.6)
(2)第38期名人戦第3局 中原誠vs米長邦雄('80.5)
(3)第40期名人戦第2局 加藤一二三vs中原誠('83)
(4)第41期名人戦第1局 谷川浩司vs加藤一二三('83.5)
124p
王将戦 (1)第28期王将戦第2局 加藤一二三vs中原誠('79.1)
(2)第30期王将戦第5局 大山康晴vs米長邦雄('81.3)
(3)第33期王将戦第3局 森けい二vs米長邦雄('84.3)
20p
名将戦 (1)第3期名将戦第1局 有吉道夫vs大山康晴('76.12)
(2)第8期名将戦第2局 米長邦雄vs谷川浩司('82.1)
20p
一九八九年の挑戦者 17p
小説家・井上光晴の観戦記集。

名人戦・王将戦の部はそれぞれ毎日新聞に掲載されたもの、名将戦の部は週刊文春に掲載されたもの。名人戦の観戦記は、『第三十六期名人戦』(毎日新聞社,1978)などに載っているものと同じ。ただ、オリジナルと違ってレイアウトが見開き完結型ではないため、やや読みづらくなっている。

名人戦の観戦記は、棋譜解説と情景描写のバランスが良く、非常に好感が持てた。級位者でも読んでいるだけで雰囲気がつかめるし、有段者の要求にも満足できる。また、対局者の表情もしっかり捉えているのが嬉しい。語彙も豊富で、観戦記としては良質だと思う。

一方で、王将戦と名将戦の観戦記は不満あり。文字数が名人戦の1/4程度に制限されている影響もあるが、リアルに忠実な描写よりも想像に偏った描写が多く、表現もまどろっこしい印象。本書の観戦記が書かれた時期はさほど離れてはいないので、なぜ作風が違うのか不思議。

「一九八九年の挑戦者」は書き下ろしの短編小説。本書の出版から5年後の1989年、名人戦の挑戦者になった蔦八段が、九州・雲仙対局の前夜、とある老人ホームを訪れ…というストーリー。尻切れトンボ気味に終わっているので、小説に疎いわたしは最初意味が分からなかったが、何度か読んでみると「ああ、蔦八段の○○が△△したんだな…」と推測される(←的外れかも)。本書のタイトルにもなっているのでメインぽいが、ポジション的には小説家としての余興のようなもの。

全体的にまずまず面白かったが、「他書に載ってる内容をわざわざ再編成して出版する必要あるのかなぁ…」という感じ。量も少なく、単行本化時の工夫もないので、やや不満な一冊。(2005Sep17)



zoom
将棋シリーズ(1)
前進できぬ駒はない!
棋士の強さとは何か
新人王戦熱血譜のドラマ
個別ページへ
奥山紅樹
晩聲社
ISBN:4-89188-037-6
1978年11月
\880
222p/19cm
   
太字は勝った棋士
1 盤側哀歓     14p
2 強さの秘密 第6期 1975.8.27 森安秀光vs前田祐司 16p
3 小学生が上達する法 第6期 1976.4.6 伊達康夫vs森安秀光 16p
4 夜来風雨ノ声 第5期 1974.8.31 吉田利勝vs青野照市 18p
5 棋士の心理 第7期 1976.8.31 田丸昇vs石田和雄 16p
6 棋士と人生 第9期 1977.12.7 菊地常夫vs永作芳也 14p
7 アマチュア下級者上達法 第8期 1977.6.14 中田章道vs淡路仁茂 16p
8 スランプの研究 第8期 1977.3.22 山口英夫vs松浦隆一 16p
9 深夜の青春 第8期 1977.9.9 淡路仁茂vs森安秀光 14p
10 万力とメス 第4期 1972.10.16 勝浦修vs石田和雄 20p
11 坂道の小石 第6期 1975.3.31 佐藤義則vs沼春雄 16p
12 盤側対談 第7期 佐藤義則vs石田和雄 22p
13 新手誕生の瞬間 記念対局 1972.9.29 石田和雄vs中原誠 18p
 


十段戦名局集(4)
zoom
積ん読二等兵さんthx!
十段戦名局集(4)
盤側観戦記
個別ページへ
山本武雄(陣太鼓)
弘文社
0276-30059-2270
1976年
\850
305p/18cm
   
第十一期 (1)中原の新趣向
(2)大山、意地のアナグマ
(3)大山の中飛車
74p
第十二期 (1)大山、緒戦を飾る
(2)中原の棒銀戦法
(3)四間飛車対位取り
(4)大胆な棒金戦法
(5)大山、四年ぶりの十段位
132p
第十三期 (1)どんでん返し
(2)自陣角の名手
(3)三十年考えた手
(4)中原、十段位を奪還
91p

◆内容紹介(序文より抜粋)
「十段戦名局集」の第四部は、第三部同様、中原−大山戦の特集としました。第11期の1,3,4局、、大山九段が四年ぶりでタイトルを奪還した第12期の1,3,4,6,7局、および中原名人が十段位に返り咲いた第13期の1,2,4,5局、計12局を集録しました。

 


十段戦名局集(3)
zoom
積ん読二等兵さんthx!

別バージョン
十段戦名局集(3)
盤側観戦記
個別ページへ
山本武雄(陣太鼓)
弘文社
0276-30058-2270
1976年
\850
285p/18cm
    Not found at Amazon.co.jp
第九期 (1)石田流と棒金
(2)中原、堂々の二連勝
(3)本格的な長期戦
(4)天下の絶品
(5)大山、二度目の穴熊
(6)中原新十段誕生
152p
第十期 (1)重大な緒戦
(2)大山の中飛車
(3)得意の四間飛車
(4)中原、決断の強襲
(5)中原自然流
(6)中原、初防衛
131p

◆内容紹介(序文より抜粋)
本書には、いまをときめく中原四冠王が初めて二日制のタイトル戦に臨み、ときの大山五冠王から十段位の一冠をダッシュして、中原時代へ向けて力強く第一歩を踏み出した第9期十段位決定戦の全6局、および、十段・棋聖の中原二冠王に名人・王将・王位の大山三冠王が雪辱戦を挑んだ第10期十段位決定戦の全6局、計12局の熱戦譜を収録しました。

 


十段戦名局集(2)
zoom
積ん読二等兵さんthx!
十段戦名局集(2)
盤側観戦記
個別ページへ
山本武雄
弘文社
0276-30057-2270
1976年
\850
303p/18cm
    Not found at Amazon.co.jp
十段戦名局集 第五期 大山十段vs二上八段 第1局、第4局
第六期 大山十段vs二上八段 第3局、第5局
第七期 大山十段vs加藤(一)八段 第1局、第6局、第7局
第八期 加藤(一)十段vs大山名人 第4局、第6局
229p
十段への道 第七期リーグ 西村五段vs山田八段
第七期リーグ 松田八段vs山田八段
第八期リーグ 中原八段vs升田九段
第八期リーグ 大山名人vs内藤九段
67p
 


十段戦名局集(1)
zoom
十段戦名局集(1)
盤側観戦記
個別ページへ
山本武雄(陣太鼓)
弘文社
0276-30056-2270
1975年
\780
297p/18cm

[総合評価]
B

難易度:★★★☆
図面:見開き2枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜有段向き
Not found at Amazon.co.jp


十段戦
名局集
(1)升田の棒銀(升田九段vs大山名人、角換わり▲棒銀、第1期十段戦第1局)
(2)升田の向飛車(大山名人vs升田九段、△陽動向飛車、第1期十段戦第2局)
(3)カド番の大決戦(大山十段vs升田九段、△陽動三間飛車、第2期十段戦第5局)
(4)新旧対抗(升田九段vs大山十段、角換わり新旧対抗形、第2期十段戦第6局)
(5)初の相振り飛車(升田九段vs大山十段、相振飛車▲中飛車△三間、第3期十段戦第3局)
(6)二上、会心の寄せ(大山十段vs二上八段、▲三間飛車△7三桂急戦、第4期十段戦第5局)
(7)大山、見事な攻め(二上八段vs大山十段、△向飛車持久戦、第4期十段戦第7局)
180p


十段への道
(十段リーグ)
(1)有吉の新機軸(有吉七段vs本間七段、相矢倉▲3七桂、第1期十段戦予選)
(2)臨機応変の中住まい玉(灘七段bvs塚田九段、角交換相向飛車、第1期十段戦リーグ)
(3)巧妙な変わり身(大野八段vs二上八段、▲向飛車5七銀型、第2期十段戦リーグ)
(4)決勝の大一番(塚田九段vs松田八段、相掛かり力戦、第4期十段戦予選)
(5)升田の快勝(升田九段vs山田八段、△四間飛車▲玉頭位取り、第4期十段戦リーグ)
(6)逆転また逆転(熊谷八段vs加藤八段、相矢倉▲四手角、第4期十段戦リーグ)
100p

・付録…十段戦成績表=15p
(第1期〜第13期の十段戦リーグと七番勝負の結果)

十段戦の観戦記。第1期〜第4期(1962〜1965)の七番勝負・リーグ・予選から、好局をピックアップ。当時の十段戦は、持ち時間は七番勝負10時間、予選7時間と多め。

対局規定も現在と違うことが本文から窺える。
・「千日手成立の場合、原則として中一日おいて指し直すものとす。」(47p) (現在は即日指し直し)
・「封じ手番を決める振り駒の時間となりました。」(50p) (現在は封じ手時刻に手番の側が封じる)

観戦記はすべて陣太鼓氏が担当。陣太鼓氏は読売新聞専属の観戦記者で、もともとはプロ棋士である(山本武雄九段)。

  山本武雄九段の紹介日本将棋連盟HP内)

現在で言えば、河口俊彦七段や鈴木輝彦七段に近い存在。現役時代から数多くの観戦記を書いていて、「ですます調」で軽妙な語り口には独特の読みやすさがある。

晩年の竜王戦の観戦記では、平易になりすぎて指し手の解説が少ないときもあったが、本書では言い回しも解説もかなり充実している。それでいて読みやすい。また、ほとんど他人の悪口は言わないので(誰のこと…?(笑))、どこを読んでも気分が良い。1ヶ所だけ気になったのは、「双方に誤算や見落ちがあって、正直なところ名局とは言えませんが…」(124p)ヾ(・_・;)オイオイ

また、観戦記の冒頭で、陣太鼓氏が自身のことを書いており、つなげて読んでいくとミニ自伝になる。

ちょっと残念なのは、やや本文や図面に誤記が多いところ。全部で10ヶ所以上あった。

全13局とやや物量不足ではあるが、内容の充実で十分カバーしている。(2004Aug18)


棋聖戦名局集(2)
盤側観戦記
原田泰夫
弘文社
ISBN:
1975年
\850
348p/18cm
    Not found at Amazon.co.jp
 
 


棋聖戦名局集(1)
盤側観戦記
加藤治郎
弘文社
ISBN:
1975年
\850
366p/18cm
    Not found at Amazon.co.jp
 
 


トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > その他の棋戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved