2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■一九八九年の挑戦者

< | No.0524 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 一九八九年の挑戦者
一九八九年の挑戦者
zoom
一九八九年の挑戦者 [総合評価] D

難易度:★★★☆

図面:見開き0〜2枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:B
解説:B
読みやすさ:B
上級〜有段向き

【著 者】 井上光晴
【出版社】 筑摩書房
発行:1984年11月 ISBN:4-480-81181-8
0076-81181-4604
定価:980円 184ページ/20cm
ハードカバー


【本の内容】
名人戦 (1)第36期名人戦第6局 中原誠vs森けい二('78.6)
(2)第38期名人戦第3局 中原誠vs米長邦雄('80.5)
(3)第40期名人戦第2局 加藤一二三vs中原誠('83)
(4)第41期名人戦第1局 谷川浩司vs加藤一二三('83.5)
124p
王将戦 (1)第28期王将戦第2局 加藤一二三vs中原誠('79.1)
(2)第30期王将戦第5局 大山康晴vs米長邦雄('81.3)
(3)第33期王将戦第3局 森けい二vs米長邦雄('84.3)
20p
名将戦 (1)第3期名将戦第1局 有吉道夫vs大山康晴('76.12)
(2)第8期名将戦第2局 米長邦雄vs谷川浩司('82.1)
20p
一九八九年の挑戦者 17p


【レビュー】
小説家・井上光晴の観戦記集。

名人戦・王将戦の部はそれぞれ毎日新聞に掲載されたもの、名将戦の部は週刊文春に掲載されたもの。名人戦の観戦記は、『第三十六期名人戦』(毎日新聞社,1978)などに載っているものと同じ。ただ、オリジナルと違ってレイアウトが見開き完結型ではないため、やや読みづらくなっている。

名人戦の観戦記は、棋譜解説と情景描写のバランスが良く、非常に好感が持てた。級位者でも読んでいるだけで雰囲気がつかめるし、有段者の要求にも満足できる。また、対局者の表情もしっかり捉えているのが嬉しい。語彙も豊富で、観戦記としては良質だと思う。

一方で、王将戦と名将戦の観戦記は不満あり。文字数が名人戦の1/4程度に制限されている影響もあるが、リアルに忠実な描写よりも想像に偏った描写が多く、表現もまどろっこしい印象。本書の観戦記が書かれた時期はさほど離れてはいないので、なぜ作風が違うのか不思議。

「一九八九年の挑戦者」は書き下ろしの短編小説。本書の出版から5年後の1989年、名人戦の挑戦者になった蔦八段が、九州・雲仙対局の前夜、とある老人ホームを訪れ…というストーリー。尻切れトンボ気味に終わっているので、小説に疎いわたしは最初意味が分からなかったが、何度か読んでみると「ああ、蔦八段の○○が△△したんだな…」と推測される(←的外れかも)。本書のタイトルにもなっているのでメインぽいが、ポジション的には小説家としての余興のようなもの。

全体的にまずまず面白かったが、「他書に載ってる内容をわざわざ再編成して出版する必要あるのかなぁ…」という感じ。量も少なく、単行本化時の工夫もないので、やや不満な一冊。(2005Sep17)



【関連書籍】

[ジャンル] 
観戦記(その他の棋戦)
[シリーズ] 
[著者] 
井上光晴
[発行年] 
1984年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 一九八九年の挑戦者


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved