2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■棋士の才能 −河口俊彦・将棋観戦記集−

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 棋士の才能 −河口俊彦・将棋観戦記集−
棋士の才能 −河口俊彦・将棋観戦記集−
zoom
棋士の才能
−河口俊彦・将棋観戦記集−
 

【著 者】 河口俊彦
【出版社】 日本将棋連盟/発行 マイナビ出版/販売
発行:2017年2月 ISBN:978-4-8399-6236-4
定価:3,024円 384ページ/21cm


【本の内容】
◆内容紹介
本書は、自らも棋士でありながら、将棋ライターとして多くの素晴らしい観戦記を遺し、2015年に亡くなった
河口俊彦八段の観戦記を書籍化したものです。日経新聞紙上に掲載された王座戦の観戦記から51局を厳選して収録しています。

天才といわれる棋士たちの才能を愛し、彼らの指す一手一手を礼賛しながらも、一方でトップだけでなく、全ての棋士を優しい視線で描き続けた河口八段。

随所に大山、升田、中原、米長といった歴代の大棋士のエピソードを散りばめられているのも河口八段にしか書けない観戦記の特長です。

本書には2001年以降に書かれた観戦記から、タイトル戦を中心に51局を収録しています。渡辺明19歳の挑戦、久保、森内、中村太、豊島といった歴代挑戦者を次々に連破する羽生善治。そして、羽生-渡辺戦で現れた将棋史に残る名手△6六銀。

将棋の内容はもちろん、河口八段が名局、名場面をどう綴ったか、その描き方も含めてぜひ読んでいただきたい一冊です。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
その他の棋戦
[シリーズ] 
[著者] 
河口俊彦
[発行年] 
2017年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 棋士の才能 −河口俊彦・将棋観戦記集−


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved