2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■第25期将棋十段戦

< | No.0293 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第25期将棋十段戦

zoom
第25期将棋十段戦 [総合評価] B

難易度:★★★☆

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
中級以上向き

【編 者】 木本書店 【監 修】 読売新聞社
【出版社】 木本書店
発行:1987年6月 ISBN:4-905689-11-2
定価:2,000円 218ページ/22cm/H.C.


【本の内容】
【十段】米長邦雄 【挑戦者】福崎文吾七段 (奪取)
 

先−後

戦型

観戦記

 
第1局 ●米長−福崎○ △袖飛車 陣太鼓 26p
第2局 ○福崎−米長● 相穴熊▲三間飛車 山帰来 24p
第3局 ○米長−福崎● △三間飛車▲3七桂戦法 山田史生 24p
第4局 ●福崎−米長○ 相掛かり▲変則ヒネリ飛車 陣太鼓 26p
第5局 ●米長−福崎○ △中飛車穴熊 平井輝章 24p
第6局 ○福崎−米長● ▲向飛車穴熊 陣太鼓 24p

・第25期十段戦リーグ戦 福崎文吾熱戦譜(10局)=60p
(1)○vs高橋道雄王位、相矢倉▲4七銀型△6四銀型(平井輝章)
(2)○vs谷川浩司棋王、△矢倉中飛車(半九郎)
(3)○vs中原誠名人、△三間飛車穴熊▲銀冠(山田史生)
(4)○vs桐山清澄九段、相矢倉模様乱戦(半九郎)
(5)○vs有森浩三四段、△中飛車穴熊▲銀冠(葵)
(6)●vs高橋道雄王位、相矢倉▲右四間飛車(陣太鼓)
(7)●vs谷川浩司棋王、相矢倉(木村義雄)
(8)○vs中原誠名人、▲中飛車穴熊(陣太鼓)
(9)○vs桐山清澄棋聖、▲中飛車穴熊(半九郎)
(10)●vs有森浩三四段、相矢倉▲4六銀(陣太鼓)

・「念願の十段位」(十段 福崎文吾)=2p
・第25期十段戦リーグ星取表=1p
・第25期十段戦予選トーナメント表=1p
・歴代十段(一覧)=1p

◆内容紹介
新時代の若き十段誕生!福崎流振り飛車・穴熊が米長・泥沼流に挑戦、全力を尽くした十段獲得への記録!


【レビュー】
十段戦の観戦記。十段戦七番勝負の観戦記をまとめたものは、本書の第25期だけ。なぜ今期だけが出版されたのか、その事情は不明である。

25期の十段はご存知、米長。挑戦者は、“妖刀”福崎。振り穴を得意とし、意表の手順で相手を幻惑する“感覚破壊王”でもある。本書には七番勝負の6局と、福崎のリーグ戦での10局がすべて観戦記付きで収められていて、特に穴熊戦の終盤が見ごたえあり。強靭な粘りあり、Zを生かした寄せあり…。序盤戦術は現代とは比較にならないが、終盤は非常に参考になるので振り穴党は要チェック。

観戦記は名人戦や竜王戦などと同じ構成であるが、各局の最後に「ワンポイント自戦記」として、新十段・福崎の解説があるのが嬉しい。同じ将棋に対して、第三者(観戦記者)の記事と当事者(対局者)の考えが読めるというのは、非常に面白い試みだ。対局者には負担かもしれないが、この試みは成功しているので、できれば現代の観戦記集でも復活させてほしい。

また、読売の観戦記は、毎○に比べてとても読みやすい。対局当事者ではなく、観戦記者として一歩引いたスタンスが良いと思った。ただ、この辺は好みの問題だと思うので、あまり気にしなくていいかも。(2004Feb18)



【関連書籍】

[ジャンル] 
観戦記(その他の棋戦)
[シリーズ] 
[著者] 
木本書店 読売新聞社
[発行年] 
1987年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第25期将棋十段戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved