2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■横歩取り道場 第三巻 4五角戦法

< | No.0909 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 横歩取り道場 第三巻 4五角戦法

zoom
東大将棋ブックス
横歩取り道場 第三巻
4五角戦法
[総合評価] A

難易度:★★★★☆

図面:見開き6枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:B
有段向き

【著 者】 所司和晴
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2002年11月 ISBN:4-8399-0866-4
定価:1,200円 224ページ/19cm


【本の内容】
第1章 基本図までの駒組み   10p
第2章 △2三歩に▲7七角型 ・▲1一角成に△3三桂
・▲1一角成に△8七銀
130p
第3章 △2三歩に▲8七歩型   10p
第4章 △4五角に▲7七角型   16p
第5章 △4五角に▲8七歩型   6p
第6章 △4五角に▲3五飛型   14p
第7章 △2八歩に▲7七角 ・▲7七角に△8八飛成
・▲7七角に△7六飛
30p

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
横歩取りマニアの方には朗報。遂に横歩取り戦法の花形「4五角戦法」の登場となった。プロ間では一応先手有利の結論は出ているものの、アマチュア間では依然猛威を振るっている。この戦法は研究が生きやすく、後手番でも積極的に攻勢を取れるところが、アマチュアでの人気の秘密であろう。また研究通りに進んで勝った時の喜びは、筆舌に尽くしがたいと想像できる。今回も定跡伝道師こと所司和晴六段が、定跡のその先の詰むや詰まざるやの局面までを徹底的に調べ上げた。本書が「4五角戦法」の決定版になることを願ってやまない。本書を読まずに横歩取りは語れない。


【レビュー】
横歩取り△4五角戦法の定跡書。

横歩取り△4五角戦法は、プロ的には「研究が終わった」戦法である。1980年代にプロアマ入り乱れて研究が進み、公式戦だけでなく、雑誌の指定局面戦などでも盛んに研究が行われたが、「後手無理筋」の結論が出され、以降プロの公式戦で指されることはなくなった。

しかしその後も△4五角は、アマ将棋で猛威を振るい続けている。たとえば、発足直後の将棋倶楽部24で行われていた指定局面戦では、有段者が入れ替わりながら戦っていたが、いい勝負だった(注:当時わたしはまだ有段者ではなく、参加資格はありませんでした…)。結論が出ていても、それをまとめきった本がなかったのである。

本書は、横歩取り△4五角戦法の研究を一冊にまとめた、集大成の一冊である。

各章の内容をチャートを交えながら簡単に紹介していこう。

第1章は、△4五角戦法基本図からの変化の概要。チャート(下図)にあるように、個別に章や節が立っている変化は本章では紹介のみにとどめ、それ以外の変化については少し詳しく書かれている。なお、第7章は「若島・佐々木流」と呼ばれる変化で、△4五角という手自体が出てこないが、これも△4五角戦法の一部として扱っている。



メイン変化である第2章は、「△4五角に▲2四飛△2三歩の交換を入れて▲7七角」。双方ともに最善を尽くしたとされる変化だ。内容は『横歩取りガイド』(週刊将棋/編,所司和晴/協力,MYCOM,1988)をベースに書かれている。結論自体に変更はないが、難解な部分の奥の方まで書かれていたり、候補手が数多く追加されていたりする。(※p222編集後記より抜粋「(著者の所司七段は)自分の著書『横歩取りガイド』を読み返し、細部にいたるまで変化をチェックし直したそうだが、調べてみるとまだまだ厄介な変化が多く、いくつも最善手を変更されたようだ。」)

チャートを見れば分かるが、めまいがするほど長く、分岐も大量だ。将棋のある局面での合法手は平均80手などと言われるが、戦いのさなかに有力な手が12通りもあるというのは、この定跡くらいしか知らない。



第3章〜第5章の変化は、第2章に比べて、先手としては劣るとされる変化。『横歩取りガイド』には一切書かれていない。とは言っても、これらの変化もまったくダメという訳ではなく、研究の初期にはかなり踏み込んで検討された。『横歩取りは生きている』、『続 横歩取りは生きている 上巻』、『羽生の頭脳 10 最新の横歩取り戦法』には載っているので、チャートではこれらの本と比較しておく。





第6章は、△4五角に▲3五飛で、『定跡外伝2』(週刊将棋編,MYCOM,2002.07)のp220〜223で紹介された新手。「定跡外しの手」という位置づけだったが、本章ではもっと先まで詳しく書かれている。



第7章は、△2八歩を取らずに▲7七角と打つ「若島・佐々木流」。これもかなり有力なので、「△4五角はとにかく苦手だが、ごくたまにしか遭遇しない△4五角のために膨大な量の暗記をするのは嫌だ」という人は、この変化だけを覚えておいてもいいかもしれない。乱戦・激戦にはなるが、少なくとも「一方的に攻め込まれる」という展開にはならない。



本書は、変化の検討がほとんど完全に行われ、本当の意味での「決定版」となりうる珍しい例である。また、1手の予断も許さない厳しい分岐は、「東大将棋ブックス」が最も得意とするところであり、シリーズの中でも出色の出来といえると思う。出版から8年半が経過しても、本書の価値はほとんど下がっていない。

今後、△4五角戦法の新刊が出るとは考えにくいので、少なくとも横歩取り党の人は「保存版」として持っておくべき一冊である。(2011Mar19)

〔横歩取り△4五角戦法の主要な本〕: 2011年3月現在
1981-02
横歩取りは生きている,沢田多喜男,将棋天国社
1988-07
横歩取りガイド,週刊将棋/編,所司和晴/協力,MYCOM
1988-10
続 横歩取りは生きている 上巻,沢田多喜男,将棋天国社
1990-09
横歩取りガイドII,所司和晴,週刊将棋/編,MYCOM
1994-12
羽生の頭脳 10 最新の横歩取り戦法,羽生善治,日本将棋連盟
2002-09
横歩取り道場 第三巻 4五角戦法,所司和晴,MYCOM (本書)



【関連書籍】

[ジャンル] 
横歩取り
[シリーズ] 
東大将棋ブックス
[著者] 
所司和晴
[発行年] 
2002年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 横歩取り道場 第三巻 4五角戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved