2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■新スーパー四間飛車U

< | No.0612 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新スーパー四間飛車U
新スーパー四間飛車U
zoom
新スーパー四間飛車U [総合評価] A

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 小林健二
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1995年4月 ISBN:4-89563-628-3
定価:1,456円 285ページ/19cm


【本の内容】
第1章 4五歩早仕掛け編 イントロダクション/▲6八金保留型/玉頭銀/△5四歩型
/▲6八金型/実戦の攻防/△7三桂/二枚銀急戦
78p
第2章 山田定跡編 イントロダクション/△5四歩保留型/△5四歩型/▲7九角
/△4三銀/先手四間対山田定跡
54p
第3章 鷺宮定跡編 イントロダクション/先手の鷺宮定跡/後手の対策
/最新の攻防/後手の鷺宮定跡
64p
第4章 立石流編 イントロダクション/後手から角交換型/4手目△4二飛型
/立石流対策/実戦の立石流
66p
  実戦解説編 自戦記=2局(△6五歩早仕掛けvs▲8六同角型、立石流) 17p

・【巻末付録】スーパーチャート(参照ページ、形勢判断つき)

◆内容紹介(まえがきより抜粋)
(『新スーパー四間飛車T』の)続編である本書では、4五歩早仕掛け、山田定跡、鷺宮定跡が研究の対象である。また今回は新しい四間飛車・立石流を加えた。アマ強豪の立石勝巳さん創案によるこの戦法は一見破天荒だが、研究してみると実に優秀で奥が深く、プロ間でも立派に通用する戦法であることが分かった。(中略)本書でじっくり研究し、幅広い指し方を身につければ勝率アップに必ずや役に立つものと自負している。


【レビュー】
四間飛車vs居飛車急戦の定跡書。4五歩早仕掛け(+玉頭銀)・山田定跡・鷺宮定跡と、立石流四間飛車を詳しく解説。

基本的な構成は(1)定跡/研究解説、(2)章のまとめ(「スーパーエッセンス」)、(3)実戦解説、というように『新スーパー四間飛車T』と同じだが、本書では第1章・第2章に「研究コーナー」がある。これは当時最新のプロの実戦を紹介したもので、まだ実戦例が少なく定跡化されてない変化の解説。『T』に比べると「最新の変化」をメインにしている感じで、本全体の統一感は少なめ。

また、実戦解説は『T』では各章末にあったが、本書では巻末に2局のみ。「スーパー四間飛車」では居飛穴警戒で▲6七銀(△4三銀)と早く上がることが多いため、▲7八銀(△3二銀)待機型への作戦(山田定跡・鷺宮定跡)の実戦例が少なかったのだろう。

異彩を放っているのが第4章の立石流。『T』『U』でずっと舟囲い急戦を扱ってきて、いきなり力戦系振飛車である。それはさておき、わたしが知る限りでは、立石流が単行本でしっかり解説されたのは本書が初めて。立石流にはさまざまなパターンがあるため、本書では基本的な変化とパターンの紹介にとどまっているが、本書以降も立石流を基本から解説した棋書が少ないため、希少な資料となる。

ただ、小林は立石流の連採で早指し選手権を制した(1994)のだから、立石流の棋譜をもっと載せてほしかった。(のちの『実戦!スーパー四間飛車』(1997)には4局収録されている)(2007Feb07)

※それにしても、表紙写真が『T』と同じ(色違い)というのはいかんでしょう(笑)。



【関連書籍】
 『
新スーパー四間飛車T
[ジャンル] 
四間飛車vs居飛車急戦
[シリーズ] 
スーパー四間飛車
[著者] 
小林健二
[発行年] 
1995年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新スーパー四間飛車U


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved