2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■実戦に勝つ!詰め将棋

< | No.0611 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦に勝つ!詰め将棋
実戦に勝つ!詰め将棋
zoom
実戦に勝つ!詰め将棋
美濃囲い、矢倉囲い、穴熊囲いはこう破る!
詰めの極意がわかる!
[総合評価] B

難易度:★★〜★★★

見開き1問
内容:(質)B〜A(量)B
レイアウト:A(2色刷り)
解答の裏透け:A
解説:A
初級〜有段向き

【著 者】 飯野健二
【出版社】 池田書店
発行:1998年9月 ISBN:4-262-10124-X
定価:950円 190ページ/19cm


【本の内容】
※武市三郎/協力

・詰将棋=計88問
基本手筋編 3手詰=15問/5手詰=16問/7手詰=14問/9手詰=15問
美濃囲いの破り方 9問(美濃囲い)
矢倉囲いの破り方 10問(矢倉囲い)
穴熊・その他の囲いの破り方 9問(穴熊・金無双・ガンギ・木村美濃・舟囲い・銀冠)

◆内容紹介
本書では、実戦においても役立つ詰め将棋はないものか、と考え、実際に実戦にあらわれそうな詰め将棋を精選いたしました。3手〜9手詰めまでの充実した問題に加え、「囲い破りの詰め将棋」として「美濃囲い」、「矢倉囲い」、「穴熊」などの様々な囲いの破り方も詰め将棋を解くことによって理解できるようになっています。


【レビュー】
実戦型詰将棋問題集。

サブタイトルに「美濃囲い、矢倉囲い、穴熊囲いはこう破る!」とあるが、前半の「基本手筋編」は普通の詰将棋。桂香が自然な配置になっているものが多いが、前述の囲いとは特に関係がない。おおむね易しい問題が多いので、『5手詰ハンドブック』が解けるレベルなら本書の9手詰にも特に苦労はしないだろう。

後半は囲いが原形をとどめている形からの詰将棋。実戦詰めとはいえ「詰将棋」なので、不要駒はないし、妙手も出てくるし、駒も余らない。ただ、実戦的な追い筋はかなり参考になると思う。長いものもあるが(最長17手)、一部を除けばそれほど難しくはない。

レイアウトはこんな感じ。見開き1問1答で、解説の図面は3〜4枚使っているので変化手順も分かりやすい。また、問題部の棋力判定部分が解答の裏透けを防止するように配置されているのが良い。一方、盤面図も解説も楷書に近いフォントを使っているため最初は読みづらいが、慣れてしまえば問題ない。(一般的には明朝体が多い)

実戦的な詰め手筋を会得するにはまずまずの詰将棋本。最初の3手詰はちょっと易しすぎるかも。(2007Feb03)

※表紙の男塾塾長のようなたたずまいがまぶしい…



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
[著者] 
飯野健二
[発行年] 
1998年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦に勝つ!詰め将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved