2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■コンピュータ発!現代将棋新定跡

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > コンピュータ発!現代将棋新定跡
コンピュータ発!現代将棋新定跡
zoom
マイナビ将棋BOOKS
コンピュータ発!現代将棋新定跡
 

【著 者】 suimon
【出版社】 マイナビ出版
発行:2018年6月 ISBN:978-4-8399-6588-4
定価:1,663円(8%税込) 256ページ/19cm


【本の内容】
第1章  角換わり▲4五桂 第1節 △4二銀・△4一玉型
第2節 対居玉・▲4五桂
第3節 対△4二玉・▲4五桂
第4節 ▲4五桂のその他の形
 
第2章 角換わり▲4八金 第1節 ▲5八金対△6二金・△8一飛
第2節 ▲4八金・△6二金(▲2六歩型)
第3節 ▲4八金・△6二金(▲2五歩型)
 
第3章 雁木 第1節 矢倉対雁木
第2節 ▲6八銀型対雁木
第3節 4手目△4四歩からの雁木
第4節 先手雁木
 
第4章 相掛かり△7四歩取らせ 第1節 △7三銀〜△6四銀型
第2節 実戦の△7四歩取らせ
 

◆内容紹介
将棋が今、かつてないほどに進化しています。

まだ駒組みの段階かと思いきや、突然の速攻。飛車先の歩を一方的に交換させるに留まらず、さらに歩損をしてまで手得を主張。このような今までの常識では考えられない戦法が出現しています。

また、大昔には指されていたものの、最近まで見向きもされていなかった陣形・戦法にも光が当たっています。

これらの変化にはコンピュータ将棋が大きく影響しています。

本書は従来の将棋観を覆したコンピュータ発の新戦法を一挙に公開!

角換わりの戦いを一変させた「▲4五桂速攻」と「▲4八金型」。矢倉に代わり相居飛車の覇権を握った「雁木戦法」。後手番ながら積極的に仕掛ける「相掛かり△7四歩取らせ」。

いずれも現代将棋では避けては通れない戦法ばかりです。

著者はコンピュータ将棋研究の第一人者であるsuimon氏。運営する「
コンピュータ将棋研究Blog」の記事はアマチュアのみならず、プロ棋士にも注目されています。

本書を読んでいまだに旧時代の将棋から抜け出せない相手に圧倒的な差を付けましょう!


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
相居飛車総合
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
suimon
[発行年] 
2018年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > コンピュータ発!現代将棋新定跡


Copyright(C) 1999-2018 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved