2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■矢倉の基本 駒組みと考え方

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 矢倉の基本 駒組みと考え方
矢倉の基本 駒組みと考え方
zoom
マイナビ将棋BOOKS
矢倉の基本
駒組みと考え方
 

【著 者】 西尾明
【出版社】 マイナビ出版
発行:2017年8月 ISBN:978-4-8399-6171-8
定価:1,771 円 288ページ/19cm


【本の内容】
◆内容紹介
将棋の基本戦法といえば「矢倉」。駒組み、攻め方、守り方、その全てに将棋の基本的な考え方のエッセンスが含まれており、矢倉が無事に組めるようになれば初段の実力があると言われています。

古くは大山康晴十五世名人から中原誠十六世名人も加藤一二三九段も羽生善治三冠も大一番では若い頃は矢倉を主戦場にしていました。また、最近活躍中の藤井聡太四段も矢倉の戦術書を数多く購入して学んでいます。

本書は
矢倉の駒組みと基本的な考え方を懇切丁寧に解説したもので、これだけ覚えれば、矢倉はひと通り指せる、という一冊です。 また、これらの基礎知識は将棋の他の局面でも役立つものばかりです。

これから矢倉を指したいと思っているから、すでに指しているものの本格的に勉強したいと思っている方にぜひ読んでいただきたい一冊です。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
矢倉
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
西尾明
[発行年] 
2017年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 矢倉の基本 駒組みと考え方


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved