2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■谷川の21世紀定跡(1) 角換わり編

< | No.0025 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 谷川の21世紀定跡(1) 角換わり編

zoom
谷川の21世紀定跡(1)
角換わり編
[総合評価] B

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
読みやすさ:B
上級〜有段向け

【著 者】 谷川浩司
【出版社】 日本将棋連盟
発行:2000年11月 ISBN:4-8197-0364-1
定価:1,300円 214ページ/19cm


【本の内容】
・角換わり将棋の歴史を振り返る<前書きに代えて>=6p
第1章 すたれた先後同型 26p
第2章 角換わりの原理 26p
第3章 最新の△6五歩型 44p
第4章 後手棒銀の戦い 22p
第5章 実戦編(10局) 85p

◆内容紹介
最新定跡をマスターするための一冊。光速流・谷川浩司が、先後同型から角換わりの原理、最新の6五歩型、後手棒銀の戦いまで、伝家の宝刀・角換わり戦法の最新型を解説する。


【レビュー】
角換わりの定跡書。

定跡部は、ほとんどが角換わり腰掛銀。第4章で、すこし△棒銀を扱っている。羽生の頭脳とほぼ同じ構成で、各章の初めにテーマ局面に対する「光速の見解」が記されている。木村定跡から最新定跡に至るまで順に解説されている。

『羽生の頭脳 7』以来、さまざまな新手も現れたので、新・標準定跡書として活用するのが吉だ。



【関連書籍】

[ジャンル] 
角換わり
[シリーズ] 
谷川の21世紀定跡
[著者] 
谷川浩司
[発行年] 
2000年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 谷川の21世紀定跡(1) 角換わり編


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved