2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■新5手7手詰めパラダイス

< | No.0758 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新5手7手詰めパラダイス
新5手7手詰めパラダイス(マイコミ将棋文庫SP)
zoom
マイコミ将棋文庫SP
新5手7手詰めパラダイス
[総合評価] B

難易度:★★☆
  〜★★★☆

見開き1問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:C
解説:A
初級〜上級向き

【編】 詰将棋パラダイス 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2009年1月 ISBN:978-4-8399-3116-2
定価:1,050円(5%税込) 384ページ/16cm


【本の内容】
・詰将棋=計184問
解ければハッピー 3手詰め編(第1問〜第15問)
詰ませばパラダイス 5手詰め編(第16問〜第99問)
分かればラッキー 7手詰め編(第100問〜第184問)

【コラム】短編のエース/趣向作の魅力/駒の配置と手順/順列七種着手/生桂が成桂に

◆内容紹介
本書は2001年に刊行された『
新5手詰めパラダイス』と『新7手詰めパラダイス』を1冊にまとめたものです。詰将棋の専門誌『詰将棋パラダイス』に掲載された作品から、3手詰めを15問、5手詰めを84問、7手詰を85問、合計184問を収録しています。短編ながらも魅力十分の名作ぞろいなので、ぜひチャレンジしてみてください。


【レビュー】
詰将棋問題集。「詰将棋パラダイス」誌に掲載された作品から、3手〜7手の短編を撰集したもの。

本書は、内容紹介にもあるとおり『新5手詰めパラダイス』と『新7手詰めパラダイス』の合本である。(個々のレビューは各リンク先を参照してください)

…ということになっているが、正確には合本ではない。合本であれば、コラムを除いて210問掲載されているはずだが、『新7手〜』の最後の方に掲載されていた9手詰25問はばっさりカットされている。また、5手詰は併せて85問になるはずだが、本書には84問しか載っておらず、1問削除されている(どの問題が削除されたかまでは調べてません、ごめんなさい)。

とはいえ、「ほぼ合本」が安価で手に入るのはお得。詰パラなのでそれなりに手ごたえのある問題ばかりだが、難問は1割もないので、果敢にチャレンジしてほしい。『5手詰ハンドブック』(浦野真彦,日本将棋連盟,2004)が解ける人なら、本書もいけると思う。(2009Apr02)


【他の方のレビュー】(外部リンク)
いまのところ見つけていません。




【関連書籍】
 『
新5手詰めパラダイス』,『新7手詰めパラダイス
[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
マイコミ将棋文庫SP
[著者] 
詰将棋パラダイス 週刊将棋
[発行年] 
2009年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新5手7手詰めパラダイス


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved