2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■5手詰ハンドブック/【新版】5手詰ハンドブック

< | No.0346 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 5手詰ハンドブック/【新版】5手詰ハンドブック
(オリジナル版)

zoom
5手詰ハンドブック [総合評価] A

難易度:★★★

見開き4問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:A
解説:B
中級〜向き

【著 者】 浦野真彦
【出版社】 日本将棋連盟
発行:2004年2月 ISBN:4-8197-0166-5
定価:1,000円 207ページ/18cm
(浅川書房版)
【新版】5手詰ハンドブック
zoom
【新版】5手詰ハンドブック  

【著 者】 浦野真彦
【出版社】 浅川書房
発行:2012年3月 ISBN:978-4-86137-035-9
定価:1,260円(5%税込) ページ/18cm


【本の内容】
・詰将棋のルールについて=3p
・5手詰=200問

◆内容紹介(日本将棋連盟HPより)
詰将棋作家としても名高い著者による5手詰め作品集。初級者の棋力養成から上級者のトレーニングまで、あらゆる棋力の人にお勧めできる。すべての問題を盤上・持駒あわせて駒数が10枚以内にするなど、見た目にも工夫がなされています。

◆内容紹介(新版)
詰みの基本となる「3手一組」を覚えたら、次は応用へ進もう。
詰将棋の基本は3手一組。『
【新版】3手詰ハンドブック』ではこの詰手筋をたくさん取り上げました。今回は5手詰ですから、「3手一組にプラスアルファ」が基本の構成です。言い換えれば、「いかに詰手筋を応用するか」がテーマとも言えます。
将棋がだんだん上達してくると、お互いに詰み筋を警戒するため、突然3手詰が現れることはそうそうありません。そこで、「どの詰手筋を使うか」「詰手筋を使うためにどう誘導するか」という考え方が重要になってきます。基本の「3手の読み」から、より実戦的・本格的なレベルへ進んでいきます。本書はこうした考え方を養うための入門編として最適の一冊です。

本書は『
5手詰ハンドブック』(日本将棋連盟刊、2004年)を大幅に修正したものです。修正箇所は次の通りです。
・半数近くの問題を差し替えまたは修正
・200題の解説はすべて書き下ろし


【レビュー】
〔※オリジナル版のレビューです〕
5手詰限定の詰将棋問題集。「将棋世界」誌の付録に収録されたものを中心に、200題を撰集。

まずは著者の浦野七段のインタビューをご覧いただこう。

 ・「5手詰ハンドブック」発売記念 浦野真彦七段インタビュー

ちょっと長いので読むのが大変だったと思う(笑)。インタビューから感じられるのは、「丁寧に作りこんだ」ということ。実際に解いてみて、それは大いに感じた。

特に良かったのは問題と解答のレイアウト。見開き2pに4問を配置し、次の見開きに解答が載っているので、詰将棋本にありがちな「裏透け」が気にならない(裏透け自体はある)。

また、5手詰200問も「丁寧に作っているなぁ」と思う。駒の総数は10枚以内でこじんまりとしていて、いかにも解きたくなる。しかし、実際にトライしてみると、王手の候補が結構多いので、しっかり読み切る必要がある。もちろん5手と短いので、筋が見えてしまえば一瞬で解けるが、見えないときは結構考えさせられる。この辺のバランスが絶妙で、「短い手数をきっちり読み切る気持ち良さ」を堪能できる。

5手詰の難度を10段階に分けるとすると、本書の詰将棋はLv.3〜Lv.8くらい。ヒント文は全くないが、手数が分かっているのでそれがヒントになる。易しすぎず、難しすぎず。ちょうど良い加減で、骨のある問題が揃っている。金がソッポに行ったり、飛車をブン回すような筋は少なく、ほとんどがオーソドックスな手筋で構成されていて、『なめたらあかん三手五手』(2003)とは対極に位置する詰将棋問題集である。

構成・バランスともに申し分なかったが、一つだけ残念なことが。解説は思ったよりも詳しくない。王手の候補が多いのに解説が少ないので、解けなかった人にはちょっと厳しいと思う。スペースはあるので、倍くらいの解説がほしかった。次回作ではぜひご検討を。(2004Jun19)



【関連書籍】
 『
3手詰ハンドブック
 『
5手詰ハンドブック(2)
[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
[著者] 
浦野真彦
[発行年] 
2004年 2012年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 5手詰ハンドブック/【新版】5手詰ハンドブック


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved