2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋・ひと目の定跡

< | No.0703 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋・ひと目の定跡
将棋・ひと目の定跡
zoom
マイコミ将棋文庫SP
将棋・ひと目の定跡
[総合評価] B

難易度:★☆
   〜★★☆

見開き1問
内容:(質)B(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:C
解説:B
初級〜中級向き

【編】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2007年7月 ISBN:978-4-8399-2511-6
定価:1,050円(5%税込) 416ページ/16cm


【本の内容】
第1章 相居飛車 ・相掛かり
(序盤の基本=8問/棒銀=7問/腰掛け銀=3問/
 中原流=2問/ひねり飛車=3問)
・横歩取り
(序盤の基本=4問/相横歩取り=4問/4五角戦法=1問/
 2三歩型=1問/8五飛戦法=4問
・角換わり
(序盤の基本=6問/棒銀=6問/腰掛け銀=4問)
・矢倉
(序盤の基本=6問/棒銀=3問/雀刺し=4問/
 3七銀戦法=12問/森下システム=2問/脇システム=2問/
 急戦棒銀=3問/右四間飛車=2問)
・居飛車その他
(筋違い角=2問/鬼殺し=1問/乱戦=1問)
91問
第2章 居飛車対振り飛車 ・振り飛車
(序盤の基本=4問)
・三間飛車
(序盤の基本=2問/早石田=4問/石田流急戦=3問/
 新早石田=4問/石田流本組み=3問/対居飛車超急戦=2問/
 対居飛車急戦=3問/コーヤン流=4問)
・中飛車
(序盤の基本=1問/ゴキゲン中飛車=11問)
・向かい飛車
(序盤の基本=8問)
・四間飛車
(対居飛車急戦=1問/対右銀急戦=6問/山田定跡=6問/
 四間飛車急戦対策=1問/対鷺宮定跡=1問/
 対4五歩早仕掛け=5問/対左4六銀=2問/対棒銀=5問/
 対右四間飛車=6問/対左美濃=3問/対玉頭位取り=3問/
 藤井システム=4問/藤井システム・対急戦=2問/
 四間飛車4四銀型対穴熊=2問)
96問
第3章 相振り飛車 序盤の基本=13問 13問

◆内容紹介
将棋の定跡はよい手の連続で成り立っており、いろいろな戦型の定跡を覚えることで序盤の力が身につきます。本書は
居飛車振り飛車すべての定跡から、特に重要な指し手を集め、次の一手形式の問題集にしました。級位者の方にとって、長い定跡手順を覚えることは難しいことですが、問題形式で取り組むことにより、自然と理解が得られるようになっています。問題は全部で200問あり、ヒントと5段階の難易度がついています。
あなたもこの一冊で、ひと目で急所に手が伸びる!


【レビュー】
定跡習得系の次の一手問題集。

相居飛車、対抗形、相振飛車まで含めたほぼ全戦型から、本格的な将棋を指すために必要な定跡手を次の一手問題として出題。問題として選ばれている手はそれほど難しいものはなく、頻出手がほとんどだ。読む深さも、3手〜5手で十分(ごく一部の問題を除く)。

★の数は難易度を示しているが、手そのものの難易度というよりは「定跡の高度さ」という感じ。

★1つ=序盤の超基本的な一手。
 (「相掛かりを目指しましょう」に対して初手▲2六歩、「振飛車を目指しましょう」に角道を止める▲6六歩など)
★5つ=知らなければ高段者でもなかなか指せないような定跡手。ただし初段〜二段くらいなら全員知っていそう。
 (ひねり飛車の▲9七角、相横歩取りの△2八歩など)

また、各問題には一行ヒントがついている。「四間飛車を指すならこの手」のように、局面での絶対手ではない場合もあるので、ヒントは必ず見ておくべし。

同じようなコンセプトの本に、『基本定跡マスター』(週刊将棋/編,MYCOM,1992)があるが、これは問題数は50問と少ないながら、各問3pの詳しい解説をつけ、「定跡手の意味をしっかりと理解しましょう」というものだった。

一方、本書は解説はあまり詳しくなく、必要最低限のことのみ。「ひと目の定跡」というタイトルが示すように、「この手は全部頭に入れちゃいましょう、詳しい内容は他の定跡書で補完しましょう」という感じだ。

初級者にとってどちらがいいかは、好みの問題だと思う。暗記が得意な人なら、本書の方が即効性が高いだろう。わたし個人の意見としては、「手筋は覚えてしまった方が良いが、定跡はしっかり意味を理解したほうが良い」と思っている。そういう意味では、ほぼ同じ構成の姉妹書『将棋・ひと目の端攻め』(2008)などに比べて、やや評価を抑えた。(2008May08)



【関連書籍】
 『
将棋・ひと目の手筋』,『将棋・ひと目の端攻め
[ジャンル] 
次の一手問題集(定跡習得系)
[シリーズ] 
マイコミ将棋文庫SP
[著者] 
週刊将棋
[発行年] 
2007年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋・ひと目の定跡


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved