2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■小倉流向かい飛車の極意

< | No.0656 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 小倉流向かい飛車の極意
小倉流向かい飛車の極意
zoom
プロの将棋シリーズ(5)
小倉流向かい飛車の極意
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 小倉久史
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2003年9月 ISBN:4-8399-1235-1
定価:1,300円 224ページ/19cm


【本の内容】
第1章 基本図までの駒組み   12p
第2章 先手番向かい飛車 (1)基本図から△6二銀(鈴木スペシャル)=6p
(2)基本図から△3四歩=54p
(3)基本図から△4二玉=8p
(4)基本図から△5二金右(山ア流)=6p
(5)まとめ=11p
84p
第3章 三間飛車からの変化型   8p
第4章 実戦編 9局 110p

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
「小倉流向かい飛車」は、スキあらば8筋からの逆襲を狙う痛快な戦法だ。とくに居飛車の持久戦模様には威力を発揮する。急戦策に対しては穴熊に組んで対応する。
--私は奨励会の頃から振り飛車党ですが、得意戦法を聞かれたら迷わず向かい飛車と答えます。その理由としては、他の振り飛車はどちらかと言えば受け身な戦法ですが、向かい飛車は攻撃的で居飛車側は序盤から神経を使います。対居飛車穴熊にも強い戦いができるのも大きな理由の1つです。--本書まえがきより


【レビュー】
向飛車の定跡書。

基本図本書の向飛車は、初手から▲7六歩△8四歩▲5六歩△8五歩▲7七角△5四歩▲8八飛が基本図。2手目△3四歩のときは、基本的には向飛車にできない(第3章のような手法はある)。基本図以下△6二銀▲6八銀△3四歩▲4八玉と進むのが「升田流向飛車」。しかしいわゆる「鈴木スペシャル」で△6二銀の変化が消滅し、その後の展開が大きく変わることになった。

この向飛車は、△8六歩の反発から派手な変化を見せつつ、「後手に△6四歩を突いてもらう」(p17)のが真の狙い。△6四歩を突くと、居飛車は持久戦にしづらくなる。また、急戦に対しては振り穴から袖飛車を狙う。

第2章(1)は『島ノート』の「鈴木スペシャル」。指し手は同じところまでで終わっていて(優劣がはっきりしたところまで)、解説量も同程度。ただ、『島ノート』で疑問手として検討された△4二玉を、本書では当然の一手のごとく処理されている。

第2章(2)〜(4)は、本書のメイン。作戦勝ちと決戦の両方をにらんだ展開となるので、小倉流を指しこなすにはここをしっかり読む必要がある。

第3章は、2手目△3四歩に対して、どうしても向飛車にしたいときに有効な手法。先手三間飛車にして石田流本組を見せ、△8五歩を決めさせてから▲8八飛と向飛車に振り直す。飛車の動きで一手損するので、後手番向飛車と同じ形になる。なお、『島ノート』の「小倉流△2三飛」は本章と実戦編の対泉戦で述べられているが、残念ながらこれも『島ノート』の方が詳しい。(本書の方が10ヶ月後発なのにどういうことよ…)

全体的に概論っぽい解説で、「そこから先が知りたい」というところで解説が途切れている感じだった。肝心なところでことごとく『島ノート』の方が詳しい、というのはとても残念。ただ、向飛車は棋書も少ないし、対象棋力からすればこれくらい(基本重視で難解なところはサラリと流す)でちょうどいいのかもしれない。(2007Sep07)


【他の方のレビュー】(外部リンク)
棋書解説&評価委員会
白砂青松の将棋研究室
9x9=81
Amazon.co.jp: カスタマーレビュー




【関連書籍】

[ジャンル] 
向飛車
[シリーズ] 
プロの将棋シリーズ
[著者] 
小倉久史
[発行年] 
2003年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 小倉流向かい飛車の極意


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved