2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■藤井システム

< | No.0026 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 藤井システム

zoom
藤井システム [総合評価] A

難易度:★★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
有段〜高段向け

【著 者】 藤井猛
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1997年6月 ISBN:4-89563-683-6
定価:1,200円 207ページ/19cm
(文庫版)
藤井システム(MYCOM将棋文庫)
MYCOM将棋文庫(1)
藤井システム
升田幸三賞受賞戦法
[総合評価] A

難易度:★★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
有段〜高段向け

【著 者】 藤井猛
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2002年11月 ISBN:4-8399-0881-8
定価:700円 207ページ/16cm


【本の内容】
△四間飛車持久戦(四枚左美濃粉砕編) 75p
△四間飛車急戦(5七銀型袖飛車打倒編) 75p
▲四間飛車(怪傑!端飛車編) 13p
実戦編(3局) 35p

・コラム=3/システムチャート付き

◆内容紹介(オリジナル版)
完成された定跡とはこういうものだった。97年の将棋大賞升田幸三賞を受賞した「藤井システム」、その1手の差、1歩の違いをフルに活用する手順のすべてを公開する。

◆内容紹介(文庫版)
「藤井システム」の登場によって、劣勢だった振り飛車党は息を吹き返した。逆に、それまで猛威をふるっていた居飛車左美濃戦法は激減した。将棋定跡にかつてない規模の変革をもたらした「藤井システム」は、その後も進化を続け、とどまるところを知らない。その初期の記念碑的著作として、後世に残る一冊だ。


【レビュー】
四間飛車vs左美濃の定跡書。

従来、左美濃(天守閣美濃)は四間飛車に対して好成績を収めていた。互いに横から攻め合ったとき、8七玉型が一路遠く、寄せ合い勝ちをすることが多かったからだ。急戦で良し、四枚美濃で持久戦でも良しという左美濃は中庸派の居飛車党にかなり好まれてきた。

その左美濃に対し、四間飛車側の決定版ともいえる対策が本書の内容。
左美濃対策に限定して深く解説。いわゆる「対左美濃の藤井システム」である。基本的に、「△7一玉型で待機+△3二銀型で、玉頭の歩を早めに伸ばす」というもの。居飛車党としては、この態勢を取られそうなときは左美濃にしづらい。近年は居飛穴対策で△4三銀を早めに上がることもあり、そのカラミで左美濃が指されることもあるが、わたしも△7一玉型に対し左美濃に組んで良い思い出はない。逆に、四間党の人には必須知識。

本書では、細かいゆさぶりから手得を狙ったり、微妙な形の違いで成否がまったく異なる局面があったりと、かなり難しい。しかし解説は丁寧なので、繰り返し読めば理解できると思う。なお、後に出た『
居飛車穴熊撃破 必殺藤井システム』(藤井猛,日本将棋連盟,1997.08)を先に読んでおいた方が、理解が早まるだろう。

棋譜では「△7一玉型藤井システムの命運をかけた一局」が特に印象深かった。有段者なら必読の一冊。



【関連書籍】

[ジャンル] 
四間飛車vs持久戦系
[シリーズ] 
MYCOM将棋文庫
[著者] 
藤井猛
[発行年] 
1997年 2002年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 藤井システム


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved