2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■相振り革命

< | No.0195 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 相振り革命

zoom
相振り革命 [総合評価] S

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)S(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜有段向き

【著 者】 杉本昌隆
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1995年10月 ISBN:4-89563-640-2
定価:1,165円 238ページ/19cm
相振り革命(MYCOM将棋文庫) MYCOM将棋文庫(12)
相振り革命
相振り飛車の極意
[総合評価] S

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)S(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜有段向き

【著 者】 杉本昌隆
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2003年6月 ISBN:4-8399-1139-8
定価:700円 248ページ/16cm


【本の内容】
第1章 囲いの名称 囲いの紹介・特徴 6p
第2章 研究編 ・超急戦相振飛車
・基本の相振飛車(▲向飛車・金無双vs△三間飛車・金無双)
・矢倉vs金無双(▲向飛車・矢倉vs△三間飛車・金無双
・矢倉vs穴熊(▲向飛車・矢倉vs△三間飛車・穴熊)
・急戦穴熊崩し(▲向飛車・金無双vs△三間飛車・穴熊)
・後手矢倉対策(早い△7四歩に対して先手向飛車)
・四間飛車vs三間飛車(▲四間飛車・金無双vs△三間飛車・金無双)
・急戦四間飛車(早い▲6五歩)
・△5四歩型三間飛車(▲向飛車・金無双vs△三間飛車・金無双)
・最新序盤戦術(早い△7四歩に対して先手居飛車で対抗)
148p
第3章 実戦編 5局 58p
第4章 次の一手編 10問 21p

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
「相振り飛車」は、プロ棋界では少ない戦型だが、振り飛車党が多いアマチュア間では、振り飛車党同士なら相振り飛車になることが多い。近年はトッププロの採用例も増えており、ますます目が離せない戦型だ。本書は本格派振り飛車党で相振り飛車の実戦も数多い著者が、初めて世に送り出した相振り飛車専門の画期的書籍。冒頭で相振り飛車の代表的な囲いである金無双、矢倉、穴熊などを細かく分析しているのが大きな特徴。相振り飛車における基本定跡に加えて、相振り飛車独特の戦略をも学ぶことができる一冊だ。


【レビュー】
相振飛車の定跡書。

相振飛車は飛車の位置と囲いの組み合わせで256通りに分類できるといわれる。実際はバランスの悪い組み合わせも含まれるので、有力な形はそこまで多くないのだが、それでも定跡書を書きづらい戦型である。そんな中で、本書はプロの緻密な研究を惜しげもなく披露している感じで、好感が持てる。“相振り版『羽生の頭脳』”と言ってもいいかも。

第1章は囲いの紹介。組むまでの手数・上部の堅さ・側面の堅さ・進展性で囲いの特長を評価していて、これは級位者にも非常に分かりやすい。ここを読むだけでも、なんとなく金無双で指していた人には意識改革が起こるだろう。

第2章は定跡研究で、特に“超急戦相振飛車”は必ずマスターすべき(24の級位者でやってくる人が多い)。他は主に▲向飛車vs△三間飛車の解説だが、互いの囲い方で全く違う戦いになることを留意しながら読んでいくと良い。

純粋振飛車党は相振飛車を避けられないが、「相振りは手将棋だから」と、意外と漫然と指している人が多いように思う。また、相振り独特の感覚がよく分からなくて、相手が振ったときに自分が居飛車にしている人も多い。しかし、しっかりした構想と読みがあれば、相振りは十分に面白く指せる戦型である。ということを本書を読んで思えるようになった(←ここが高評価のポイント。ちなみに別の某相振り定跡書ではこのようには思えなかった)。(2003Jul12)



【関連書籍】
 5.『
相振りレボリューション』,2010
 4.『
相振り革命最先端』,2008
 3.『
相振り革命(3)』,2005
 2.『
新相振り革命』,2000
 1.『
相振り革命』,1995(本頁)
[ジャンル] 
相振飛車
[シリーズ] 
MYCOM将棋文庫
[著者] 
杉本昌隆
[発行年] 
1995年 2003年

< >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 相振り革命


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved