2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■相振り革命 3

< | No.0625 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 相振り革命 3
相振り革命 3 相振り革命 3 [総合評価] S

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 杉本昌隆
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2005年5月 ISBN:4-8399-1746-9
定価:1,449円(5%税込) 256ページ/19cm


【本の内容】
第1章 現代相振りの考え方   8p
第2章 速攻矢倉崩し後手△3三角戦法   26p
第3章 端歩の考え方   18p
第4章 △3三角戦法対先手矢倉 ・△3三角戦法対先手矢倉作戦の基礎知識
(1)△3三角戦法vs▲矢倉(△金無双編)
(2)△3三角戦法vs▲矢倉(△美濃編)
(3)△3三角戦法vs▲矢倉(△矢倉編)
(4)△3三角戦法vs▲矢倉(△穴熊編)
110p
第5章 対先手中飛車対策   24p
第6章 現代の相三間飛車   32p
第7章 山ア流銀冠   18p
第8章 相振り阻止作戦   14p

・【相振りワンポイント】左右逆の勧め/弟子との研究会より/棒金戦法/師弟関係とは/谷川九段との対戦

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
棋界を代表する本格振り飛車党の杉本昌隆六段による「相振り革命」「新相振り革命」に続くシリーズ第三弾。その名の通り進化し続ける相振り飛車の最新形を、わかりやすく解説してある。 中心となるのは△3三角戦法対先手矢倉の戦い。この戦型は後手の目指す囲いによって様々な変化が現れ、それぞれのポイントとなる筋を解説してある。またこの戦型はごく最近のタイトル戦にも現れ、プロ間でも注目度が高いことがうかがえる。 振り飛車党はもちろん、後手番に苦労している居飛車党にもぜひお薦めしたい。


【レビュー】
相振飛車の定跡書。

相矢倉や横歩取り△8五飛に閉塞感が漂い始め、まだまだ定跡が未整備の相振飛車がプロでも流行している。振飛車党の棋士だけでなく、居飛車党のA級棋士も相振りを積極的に指すようになり、タイトル戦でも現れ始めた。同時に研究が加速し、相振りそのものの考え方が進歩したり、さまざまな作戦が登場している。

本書の各章は大別すると4種類に分かれる。

第1章「現代相振りの考え方」、第3章「端歩の考え方」は、文字通り「考え方の解説」。相振飛車は自力で作戦を構築していく部分が大きいので、必ず読んでおきたい。特に第3章は、端歩の利点と欠点、囲いと端歩との相性、囲い側が端歩を突ける形などについて書かれている。これらは研究が進んでもほぼ普遍の考え方なので、必見だ。

第2章「速攻矢倉崩し△3三角戦法」、第7章「山ア流銀冠」、は、ユニークな作戦の紹介。本筋かどうかは怪しいが、実戦的に面白そうな感じがする。

第4章「△3三角戦法対▲矢倉」は本書のメインテーマ。△3三角〜向飛車の構想に対し、先手が飛車を振る前に▲3七銀型を作って矢倉に組もうというもので、相振りでいま最もアツい戦型の研究を披露。後手がどんな囲いを選ぶかで大きく全体の流れが変わる。この章だけは、他の章よりも少し難度が高く感じた。

最後に第5章・第6章・第8章は、知らないと相当苦戦しそうな作戦の紹介と対策。第5章は▲新ゴキゲン中飛車への対策、第8章は△3三角戦法に対し先手が矢倉を目指したとき(第4章)、先手を居飛車に限定させるか、または相振飛車になった場合は作戦勝ちを目指せるという作戦だ。また第6章は相石田流の変化で、前著『新相振り革命』の続き。前著では“相三間飛車は地味な相金無双になりがち”が結論だったが、「戸部流」が発見されて互いに高美濃に組めることが分かった。

全体的に相振り感覚を重視した解説が前著よりも多くなり、最初の『相振り革命』に似た印象を受けた。実戦譜がないのがちょっと残念だが、これだけのボリュームであれば十分満足だ。

相振飛車は、囲い・飛車の位置・端歩の関係で戦型そのものが多岐にわたるため、当分は研究し尽くされることはないだろう。頼りになるのは正しい大局観と、経験と、正確な読みである。本書で最新の相振り感覚を会得していただきたい。(2007May05)


【他の方のレビュー】(外部リンク)
将棋棋書ブログ
棋書解説&評価委員会
白砂青松の将棋研究室
四間飛車党の備忘録
Amazon.co.jp: カスタマーレビュー




【関連書籍】
 5.『
相振りレボリューション』,2010
 4.『
相振り革命最先端』,2008
 3.『
相振り革命(3)』,2005(本頁)
 2.『
新相振り革命』,2000
 1.『
相振り革命』,1995
[ジャンル] 
相振飛車
[シリーズ] 
[著者] 
杉本昌隆
[発行年] 
2005年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 相振り革命 3


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved