2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■終盤の定跡(1) 基本編

< | No.0153 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 終盤の定跡(1) 基本編
表紙:8.7KB
zoom
終盤の定跡(1)基本編 [総合評価] A

難易度:★☆〜★★★

見開き2問(図面5枚)
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
初級〜上級向き

【編 者】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1989年9月 ISBN:4-89563-533-3
定価:873円 214ページ/18cm
(文庫版)
終盤の定跡(1) 基本編(MYCOM将棋文庫)
MYCOM将棋文庫(7)
終盤の定跡 基本編
寄せとしのぎ自由自在
 

【著 者】 小川明久
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2003年3月 ISBN:4-8399-1009-X
定価:700円 224ページ/15cm


【本の内容】
(↓オリジナル版の構成です)
第1章 詰みの定跡30 60問 62p
第2章 即詰み逃れの定跡10 20問 22p
第3章 必死の定跡35 70問 72p
第4章 詰めろ逃れの定跡15 30問 32p
第5章 攻防の定跡10 20問 22p


【レビュー】
終盤の寄せ手筋・受け手筋を集めた問題集。『寄せの手筋168』など、多くの初中級者向け問題集を参考文献としている。

第1章は簡単な詰将棋。第2章と第4章は受けの手筋の問題で、『凌ぎの手筋186』風。第3章は基本的な必死問題で、『寄せの手筋168』風。第5章は週刊将棋などでおなじみの"実戦次の一手問題"で、最高で四段クラスの問題が収録されている。

各問題は、難易度を3段階に分けてイラストで表示してある。ただし、後ろの方ほど問題が難しい傾向がある。難易度Aの第1問は初心者でも解けるが、同じ難易度Aの第157問は中級者クラスの力が必要だと思う。また、問題の右側に格言風の言葉が書いてあって、これがヒントになっている。逆に、ヒントを見てしまうと急に簡単になってしまう問題もあるので、2回目からはヒントを隠した方がいいかも?

わたしが解いたのはオリジナル版の方だが、180問目(第3章)までは「良問がコンパクトにまとめられていて、初級者にオススメだな」と思った。しかし、最後の20問は有段者クラスの問題で、「これが"基本編"?」と思ってしまう難しさ。評価Aは、180問目までの評価だと思ってください。(2003Apr3)

(注:文庫版の方は難易度のイラスト表示が削除されている。(…と思います。後日ちゃんと確認します))



【関連書籍】

[ジャンル] 
寄せの手筋
[シリーズ] 終盤の定跡 
MYCOM将棋文庫
[著者] 
週刊将棋
[発行年] 
1989年 2003年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 終盤の定跡(1) 基本編


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved