2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■凌ぎの手筋186

< | No.0050 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 凌ぎの手筋186

zoom
塚田泰明の速攻将棋
凌ぎの手筋186
[総合評価] A

難易度:★★★★

見開き2問(図面4枚)
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
構成:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 金子タカシ 【監 修】 塚田泰明
【出版社】 高橋書店
発行:1990年5月 ISBN:4-471-13298-9
定価:1,000円 207ページ/19cm


【本の内容】
プロローグ=9p
第1章 詰みを逃れる合い駒テクニック=72p(70問)
第2章 攻撃を考えた合い駒テクニック=18p(16問)
第3章 必死を逃れるしのぎテクニック=82p(80問)
第4章 攻撃を考えたしのぎテクニック=22p(20問)


【レビュー】
寄せの手筋168』の姉妹書で、最終盤での受けをテーマとした本。

前半86問では、王手のかかった状態から自玉が詰まない合い駒を考え、後半100問では、詰めろのかかった状態から詰めろを続かせないシノギ方を考える。また、「攻撃を考える」問題では、盤上に相手玉もいるので、「詰めろ逃れの詰めろ」などを考える。

『寄せの手筋〜』よりも難易度が高く、実戦での応用度も少なめだが、有段者には必要な内容だ。

なお、『寄せの手筋〜』とは違って実戦譜は載っていない。(2002May27)



【関連書籍】

[ジャンル] 
受けの手筋
[シリーズ] 
塚田泰明の速攻将棋
[著者] 
金子タカシ
[発行年] 
1990年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 凌ぎの手筋186


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved