2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■カミソリ流ひねり飛車

< | No.0488 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > カミソリ流ひねり飛車
カミソリ流ひねり飛車
zoom
週将ブックスオレンジシリーズ(17)
極め付け先手必勝法
カミソリ流ひねり飛車
[総合評価] C

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:B
解説:B
読みやすさ:B
中級以上向き

【著 者】 勝浦修
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1988年12月 ISBN:4-89563-527-9
定価:883円 196ページ/18cm


【本の内容】
第1章 ひねり飛車の序盤 基本形までの手順/基本形までの変化手順
・ポイント極め付け<序盤編>
24p
第2章 戦う前の予備知識 仕掛けどころのポイント/7八金を美濃につける/9七角型と8五歩型
・ポイント極め付け<予備知識編>
18p
第3章 急戦型の実戦 4三銀・4五歩型/3三角・2二玉・7二金型(1)(2)(3)/思い出の対戦
・ポイント極め付け<急戦編>
70p
第4章 持久戦型の実戦 穴熊に対する指し方/左美濃に対する指し方(1)(2)(3)(4)
・ポイント極め付け<持久戦編>
48p
第5章 ポイント総チェック 復習次の一手問題=12問 26p

◆内容紹介(表紙より)
闇を切り裂く一閃の刃。カミソリ流勝浦が教えるひねり飛車を覚えれば、今日からあなたも鋭さ抜群、快刀乱麻で敵を斬る!


【レビュー】
カミソリ流ひねり飛車 基本図ひねり飛車の解説書。

従来のひねり飛車は、華々しく飛車をぶつけていったり、▲9七角型から▲6五歩の仕掛けを狙っていくものが多かった。これもひねり飛車の狙いではあるが、後手の対策が少しずつ上手くなってきたため、なかなか単純には上手くいかなくなってきた。

本書で解説されている“カミソリ流(勝浦流)ひねり飛車”は、最初から持久戦志向で駒組み勝ちを狙っていこうというもの。主な特徴は、以下の4つ。

(1)▲9七角と上がらず、早めに▲8五歩と押さえる。手持ちの歩が一枚減るが、△8四歩と打たせないことで、将来△8五歩と伸びてくる手を防止するため。
(2)玉は早めに2八まで入城する。
(3)左銀は▲5六歩〜▲5七銀と活用する。4六銀とも6六銀ともできる柔軟な構え。
(4)△5四銀には▲8六飛と回り、△8三歩を強要する。


持久戦志向なので、序盤から緻密に定跡化することは難しい。そのため、本書では考え方重視の解説が多くなっている。

各章にまとめとして「ポイント極め付け」があるが、本文の内容をほぼ繰り返し書いてあって、かなり重複している。たとえば第1章は本文15pにまとめが7p。これでは「まとめ」ているといえない。さらに章が違っても同じことが述べられていたりする。そのため、説明は詳しくて分かりやすいものの、内容はやや薄い。知識解説部で書くことが少ないのならば、参考棋譜を増やしてくれればよかったのだが…

それにしても、表紙は『ノックアウト四間飛車』に匹敵する素晴らしさ(笑)。(2005May28)



【関連書籍】

[ジャンル] 
相掛かり・ひねり飛車
[シリーズ] 
週将ブックスオレンジシリーズ
[著者] 
勝浦修
[発行年] 
1988年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > カミソリ流ひねり飛車


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved