2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■二上の名局

< | No.0489 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 二上の名局
二上の名局
zoom
一手精読☆現代将棋(10)
二上の名局
スピード感あふれる攻め
──二上美学の精華!
[総合評価] C

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級以上向き

【著 者】 二上達也
【出版社】 筑摩書房
発行:1985年2月 ISBN:4-480-69910-4
0376-69910-4604
定価:880円 206ページ/18cm


【本の内容】
第1局 vs田中寅彦 相掛かり 新旧対抗型 52p
第2局 vs内藤国雄 △三間飛車▲左美濃 持久戦 48p
第3局 vs中原誠 △ツノ銀中飛車▲引き角 46p
第4局 vs加藤一二三 相掛かり▲タテ歩棒銀 50p
コラム 勝利を決めた幸運の一手 4p

◆内容紹介(表紙より)
機敏に仕掛ける居飛車速攻。感動をよぶ美しい寄せ。繰り出せ、銀!跳び出せ、桂!いくか守るか、一手決断。ここは棋風が攻めさせる。


【レビュー】
二上達也九段の自戦記集。

この「一手精読☆現代将棋」シリーズは、難しいプロ将棋を級位者でも理解できるように解説したもの。一局あたりの解説が約50pというのは突出している。その代わり、4局しか収録されていない。

二上はタイトル戦登場が数十回の超一流棋士。大山にだけはなかなか勝てなかったため、やや影が薄い印象がある。それでも本書出版の少し前、1980〜81には棋聖三連覇(9連勝!)をし、通算五期のタイトル保持経験あり。棋風は居飛車党の攻め将棋で、鮮やかな終盤から「寄せの二上」とも呼ばれた。また詰将棋作家としても有名。表紙に書いてある「ここは棋風が攻めさせる」がすごくカッコイイ。

本書には、相掛かりの難解な将棋や、対振飛車の構想を問われる将棋などを収録。解説するのが難しかったと思うが、見事にまとめている。

このシリーズは局数が少ないのでCとしているが、プロ将棋入門としてはなかなか良い出来だと思う。(2005Jun02)



【関連書籍】

[ジャンル] 
自戦記
[シリーズ] 
一手精読☆現代将棋
[著者] 
二上達也
[発行年] 
1985年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 二上の名局


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved