2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■詰め将棋必勝120題

< | No.0487 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 詰め将棋必勝120題
詰将棋必勝120題
zoom
詰め将棋必勝120題 [総合評価] B

難易度:★★★☆

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:C
解説:A
中級以上向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 村上明人
【出版社】 東栄堂
発行:1973年4月 0076-4041-5106
定価:350円 254ページ/19cm


【本の内容】
・詰将棋=計120問
三手詰め・五手詰め 3手詰=10問/5手詰=9問
七手詰め・九手詰め 7手詰=20問/9手詰=35問
十一手詰め・十三手詰め 11手詰=16問/13手詰=8問
十五手詰め 15手詰=22問

◆内容紹介(まえがきより抜粋)
終盤を乗り切るには「詰め手筋」の会得が急がれます。すなわち、普段から「詰め将棋」をやることです。詰め将棋の中には、あらゆる詰めの手筋が含まれており、絶好の教材となってくれます。


【レビュー】
詰将棋問題集。

3手・5手から始まるが、メインは7手〜15手。どちらかといえば易しめで、難度はLv.3〜6くらい。レイアウトは見開き1問で、盤面図の右側に手数表示、下側にヒントが200字程度(7〜9行)。解説はかなり詳しめで、変化手順の不詰めの理由などもしっかり書いてある。

問題数は120問であまり多くはないが、ヒントと解説の詳しさがうれしい。

ところで、表紙には「五段 村上明人 著」と書いてあるのだが、日本将棋連盟のHPには名前がない。駒落ちの本も書いているので、アマではないと思うが…どういう事情なんだろう?(2005May27)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
[著者] 
村上明人
[発行年] 
1973年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 詰め将棋必勝120題


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved