2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■相振飛車戦法の基本

< | No.0630 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 相振飛車戦法の基本
(ポケット版)
相振飛車戦法の基本(ポケット版)
zoom
王将ブックス ポケット版
─実戦振飛車シリーズV
相振飛車戦法の基本
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 北村昌男
【出版社】 北辰堂
発行:1975年10月 0376-72027-7731
定価:380円 158ページ/16cm
(DELUXE版)
相振飛車戦法の基本
王将ブックス・DELUXE版
実戦振飛車シリーズ(3)
相振飛車戦法の基本
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 北村昌男
【出版社】 北辰堂
発行:1988年8月 ISBN:4-89287-082-X
定価:800円 158ページ/19cm


【本の内容】
第1章 相石田流の闘い △7三歩の対策/▲2八銀の変化/
△8二銀の対策/△3六歩の対策
36p
第2章 金無双・対・美濃囲い ・▲向飛車+金無双 vs △三間飛車+美濃
△2三銀の対策/△1四歩の変化
46p
第3章 相金無双の闘い ・▲四間飛車+金無双 vs △三間飛車+金無双
△1二香の変化/先手の積極策
34p
第4章 逆矢倉・対・金無双 ・▲四間飛車+矢倉 vs △三間飛車+金無双
後手の持久戦策/後手の矢倉対策(1)/
・▲向飛車+金無双 vs △三間飛車+金無双
後手の矢倉対策(2)
38p

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
振飛車ブームといわれてすでに久しく、プロは四割程度の採用率ですが、アマの間では八割とも九割ともいわれています。ところが、相振飛車が少ないというのはどうしたことでしょうか。自分の得意が振飛車なのに、相手が振れば居飛車にしてしまう。そして相手が幸い居飛車党ですと、安心して飛車を振る傾向があるようです。(中略)そこで本書をお読みくださいと奨める次第です。


【レビュー】
相振飛車の定跡書。

第1章の相石田流は、初手から▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △3五歩 ▲7八飛 △3二飛 ▲3八金 △7二金と進む展開。▲3八金は角交換から△6五角などの筋を避けた手。ここから▲7四歩と歩交換を狙うとどうなるか…を詳しく解説している。この形は意外と他書に載っていない。美濃は放棄することになるが、金美濃から手に乗じて矢倉を目指す戦い方もありそうだ。なお、▲3八金で▲2八銀ならよくある相金無双に進む形で、▲5八金左なら『相振り革命(3)』にあるような最新型だ。

第2章以降は代表的な相振飛車の解説で、ここからが本当の基本。金無双をベースに、美濃ならどうなるか、矢倉なら…と解説していく。

いくつか役に立ちそうなメッセージがあるので、例によってメモ。

・「(相振りでは)金無双>美濃」(p41) ※現代ではチャンスがあれば美濃に組むのが半ば常識化しているが、相振りの基本陣形はやはり金無双だと思う。囲いとしては最低ランクだが、スキのなさや進展性は意外と評価できる。
・「(金無双で)△4四角がある局面では▲1七銀はない」(p51)
・「相手が美濃囲いに組んだ場合は、つねに飛車のぶっつけに注意を払うことが大切」(p54)
・「先手なら▲7五銀、後手なら△3五銀の形を得ることが一つの目安」(p58)
・「(金無双で)角交換を挑むには▲2八銀と上がるか▲5六銀と出てから」(p113)
・「後手が(三間飛車から)3筋の歩交換にきた場合、先手の最善の応接は逆矢倉に組むこと」(p121)


本書の基本スタンスは、「矢倉>金無双>美濃」。穴熊は解説なし。現代では「矢倉>美濃>金無双」が一般常識化しているので、第2章・第3章の序盤は違和感があるかもしれない。隙あらば矢倉を狙う…というのは現代も同じなので、第4章はかなり参考になると思う。

端歩にもやや甘い点があり、さすがに現代感覚ではちょっと古いなぁ…と感じたのでCとしたが、相振りをある程度指している人ならむしろ読んでみると良い。現代との違いに注意しながら読んでいけば、何か気づきがあると思う。(2007May24)



【関連書籍】

[ジャンル] 
相振飛車
[シリーズ] 
王将ブックス
[著者] 
北村昌男
[発行年] 
1975年 1988年

< >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 相振飛車戦法の基本


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved