2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■四間飛車破り【居飛車穴熊編】

< | No.0605 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車破り【居飛車穴熊編】
四間飛車破り【居飛車穴熊編】 最強将棋21
四間飛車破り【居飛車穴熊編】
[総合評価] S

難易度:★★★★☆

図面:見開き4〜5枚
内容:(質)S(量)S
レイアウト:A
解説:S
読みやすさ:A
有段〜高段者向き

【著 者】 渡辺明
【出版社】 浅川書房
発行:2005年6月 ISBN:4-86137-010-8
定価:1,470円(5%税込) 248ページ/19cm


【本の内容】
第1章 無敵の四枚穴熊 ●居飛車穴熊誕生の頃の指し方、序盤感覚の違い、飛角桂歩で攻める技術など
・渡辺明の結論
(1)最強穴熊 (2)ビッグ4へ (3)後手、銀を使う
/練習問題
26p
第2章 動く振り飛車 ●一目散に穴熊を目指す居飛車に対して振り飛車がさまざま動きを見せる。
双方の工夫によって《正しい駒組み》が次第にわかってきた
・渡辺明の結論
(4)四枚穴熊封じ (2)正しい穴熊への組み方 (6)先に▲6六歩 (7)別の作戦
(8)向かい飛車からの急戦
/練習問題
36p
第3章 力の4四銀型 ●力の4四銀型──ここからプロレベルの穴熊へ。
4四銀型には松尾流穴熊を中心に、大きく分けて3つの指し方がある
・渡辺明の結論
(9)プロの穴熊へ (10)松尾流の戦い (11)松尾流vs△5三銀 (12)松尾流vs△5五歩
(13)松尾流vs9筋突き越し型 (14)6八角型へ (15)素直に銀を取る (16)奇抜な手
(17)2六角型へ (18)一手早く備える
/練習問題
68p
第4章 技の3二銀型 ●振り飛車が左銀の動きを保留する最新流行形。
7九金型か7八金型か、端の関係はどうかなど、高度な戦いをわかりやすく講義
・渡辺明の結論
(19)流行の3二銀型 (20)△5四銀vs▲2六角 (21)3七角型 (22)松尾流を見せる
(23)本筋へ (24)銀の繰り替え (25)端歩の意味 (26)松尾流をめぐる戦い
/練習問題
72p
第5章 守りの5四銀型 ●現代では「松尾流だけはなんとしてでも阻止する」という意味合いが強い指し方。
居飛車にとって怖さはないが、センスが問われる
(27)5四銀型へ (28)玉の位置 (29)上部に厚い構え (30)持久戦の▲5九角
/練習問題
36p

 ⇒浅川書房HPの紹介ページ


【レビュー】
△四間飛車vs▲居飛車穴熊の定跡書。

居飛車穴熊が流行し始めてからおよそ25年。その間に、四間飛車側もさまざまな対策を打ち出し、「正しい居飛穴の組み方」は徐々に変わっていった。

手順だけでなく、囲いの形も変化。大雑把にいうと、下図のような感じで変化している。特に右図は「松尾流穴熊」と呼ばれ、ここ数年で現れた囲い方である。


本書では、第1章・第2章で「居飛穴の理想形」の変遷をたどり、第3章〜第5章で最新の居飛穴戦を解説。特に第3章以降は「松尾流穴熊」をめぐって、組みたい、組ませたくないの攻防が展開される。

姉妹書の『四間飛車破り【急戦編】』と同様、基本的に解説は1頁単位で区切られる(場合によっては2〜3頁)。頁の内容により、難度が[基本][上級][プロ級]と3段階で表示されている。

 [基本]:数多くの定跡書にも書かれている変化で、まさに“基本”。とはいえ、[基本]を全てマスターできているならアマ四段は確実。
 [上級]:古い定跡書には載っていないものの、ここ10年くらいで出てきた変化で、すでにプロ的には常識化しているもの。
 [プロ級]:最新の実戦で現れたものや、難解な変化を含んでいて研究課題となっているもの。


本書では[上級][プロ級]は少なめ。代わりに(?)各章末に「復習問題」が用意されている。基本的には本文中で一度解説した局面なので、答も本文を見直す形式を採っている。

わたしはあまり居飛穴を指さないので、居飛穴特有の細かい中盤の動きは難しく感じた。しかし渡辺の文章は確かに明快で分かりやすく、読んでるときは非常に頼もしく思えた。

対△四間飛車なら同一の局面になる可能性はかなり高いと思われるので、居飛車穴熊をメインの武器にしている人にはまさに“基本の一冊”だろう。(2007Jan04)


※誤字・誤植等:
p22, 26 △「ビック4」 ○「ビッグ4」 書籍内ではあらかた「ビッグ4」と記述されているが、2箇所だけ「ビック4」になっている。(第5刷,パルテノンさんご指摘thx!)


【他の方のレビュー】(外部リンク)
将棋レビュー2.0
桐蔭学園高校将棋部
遠山雄亮のブックスペース@wiki
遠山雄亮のブックスペース
棋書解説&評価委員会
白砂青松の将棋研究室
四間飛車党の備忘録
日常の事ブログ
すこっとのブログ
師匠のあんなこと、こんなこと。
まっきーのコラム
ガード下での停車
Amazon.co.jp: カスタマーレビュー




【関連書籍】
 『
四間飛車破り 【急戦編】
[ジャンル] 
四間飛車vs持久戦
[シリーズ] 
最強将棋21
[著者] 
渡辺明
[発行年] 
2005年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車破り【居飛車穴熊編】


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved