2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■終盤が強くなる1手・3手必至(マイナビ将棋文庫)

< | No.1102 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 終盤が強くなる1手・3手必至(マイナビ将棋文庫)
終盤が強くなる1手・3手必至(マイナビ将棋文庫)
zoom
マイナビ将棋文庫
終盤が強くなる1手・3手必至
[総合評価] A

難易度:★★☆
   〜★★★☆

見開き1問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:B-
解説:A
中級〜向き

【著 者】 武市三郎
【出版社】 マイナビ
発行:2015年1月 ISBN:978-4-8399-5435-2
定価:1,231円 392ージ/16cm


【本の内容】
序章 必至問題について=18p(例題20問)
第1章 1手必至パート1=45問
第2章 1手必至パート2=45問
第3章 3手必至パート1=45問
第4章 3手必至パート2=45問

◆内容紹介
本書は必至問題のスペシャリスト武市三郎七段による
書き下ろしです。初級・中級者向きの1手・3手必至問題計180問を収録しています。
まず序章では「玉の弱点」「詰めろ逃れ」「必至の種類」をパターン化して、必至問題の考え方を解説しています。変化の少ない考えやすい問題も多く、初めて必至に取り組む方に特にお勧めの一冊です。
本書で玉の急所を習得して、終盤力向上を実現してください。


【レビュー】
1手・3手の必至問題集。

本書は、武市の2冊目の必至問題集となる。前著『必至基本問題集』(2010.06)では1〜5手必至を扱ったが、やや難しめだった。本書は、「初級・中級者をターゲットに、必至になじめるような、変化の少ない考えやすい出題を心掛けた」(まえがきより抜粋)とのこと。


レイアウトは、オーソドックスな見開き一問一答。問題図のページには、1行ヒントと難易度表示がある。

また、問題図の右上に「正解」と「変化」のチェックボックスがある。これは、各章冒頭の棋力判定のために使う。正解なら3点、変化を読み切っていたら5点とし、各章の合計点で二段〜4級以下が判定できるようになっている(章によって棋力判定できる範囲は少し違う)。

なお、残念ながら解答の裏透け対策は施されていない。結構透けているので、気になる人は問題図の左上を見ないようにしよう。

解答の方は、図面が2枚で、正解図、失敗図、参考図など。解説は、正解の詳しい変化と、正解以外の候補手についても「なぜ必至がかからないか」の簡単な解説がある。



各章の内容を、ごく簡単に紹介していこう。

序章は、必至問題の考え方について。本書での特徴として、「玉の弱点を見極める」というフレーズが出てくる。これは、本編の解説でもたびたび出てくるので、一度は読んで意識しておこう。他には、「詰めろ逃れの3カ条」として、玉方のしのぎの考え方と、必至の4パターン(数の優位、複数の詰み筋、両王手、受け場なし)が解説されている。

第1章は、1手必至。難易度は☆1〜2。必死にある程度慣れている人ならひと目の問題が多い。

第2章も、1手必至。難易度は☆1〜3。解いてみた感じでは、難易度は第1章とさほど変わらない。☆3は、読み切りはやや難しくなっているが、正解手の発見は割と易しい。

第3章は、3手必至。難易度は☆2〜4だが、ほとんど☆3以上。3手必至になると、初手は王手か詰めろなので、1手必至よりもかなり変化が多くなるが、本章では3手必至の基本手筋モノも多いので、やはり慣れた人ならひと目の問題は多い。

第4章も、3手必至。難易度は☆3〜☆5だが、☆4〜5が多い。本章の☆3は、基本手筋モノというよりもやや実戦的。☆4〜5は、ややトリッキーな問題もあり、打歩詰め打開などが要求される。



ほとんどの問題は、駒数も少なくスッキリとしており、難問はなかった。☆5でも、必至問題に慣れていて、かつ、5手詰を普通に解ける人なら、1分以内に解けると思う。

参考までに、☆1〜5から各1問ずつ紹介しておこう。どこまで解けるかで、自分に合うかどうかを検討してください。

☆1の一例 ☆2の一例 ☆3の一例


☆4の一例


☆5の一例
 
 

☆4〜☆5は、ヒントを読めば難易度がやや下がるはずなので、☆3が分かるなら全問制覇も可能。☆1ならなんとか…という場合は、☆3までは頑張れるはず。


必至問題をまったくの未経験の方には『寄せの手筋200』(金子タカシ,浅川書房,2010)か、または『寄せが見える本【基礎編】』(森けい二,浅川書房,2004)などから入ることを推奨したいが、そのどちらか一冊の基本問題ができるレベルに達したら、次に本書にトライするとスムーズに実力アップできると思う。解説などの雰囲気も『寄せの手筋200』と似ているのでオススメ。



【関連書籍】

[ジャンル] 
必至問題集
[シリーズ] 
マイナビ将棋文庫
[著者] 
武市三郎
[発行年] 
2015年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 終盤が強くなる1手・3手必至(マイナビ将棋文庫)


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved