2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■あっという間の3手詰

< | No.0877 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > あっという間の3手詰
あっという間の3手詰
zoom
将棋連盟文庫オリジナル
あっという間の3手詰
[総合評価] B

難易度:★★
   〜★★★

見開き1問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:C
解説:B
中級〜向き

【著 者】 森信雄
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2010年9月 ISBN:978-4-8399-3699-0
定価:1,050円(5%税込) 384ページ/16cm


【本の内容】
【構成】 角建逸

・本書を解くにあたってのルール=10p
第1章 直球編(第1問〜第60問)
第2章 変化球編(第61問〜第120問)
第3章 魔球編(第121問〜第180問)
・解説
・【コラム】(1)ミニ盤駒 (2)動物に好かれる? (3)初ドライブ

◆内容紹介
王手→応手→王手。
このたった3手で終わる3手詰ですが、本書には多岐に及ぶ変化、予想だにしない手順、解けたときの痛快感などあらゆるものが凝縮されています。
これこそが3手詰の鬼才、森信雄七段が仕掛けた迷宮です。将棋世界の人気連載「あっという間の3手詰」から、痛快にして巧妙な森七段らしい問題180問を厳選し、解説を大幅に加筆して収録してあります。
森ワールドを楽しんで旅しながら、是非棋力アップの一助としてください。


【レビュー】
難しめの3手詰専門の詰将棋問題集。「将棋世界」誌に連載されている「あっという間の3手詰」から撰集したもの。

本書の内容は、巻末の「解説」に書かれている言葉に集約されている。

本書は、その中で比較的初期のものから180題を選びました。オーソドックスな捨て駒をするタイプから、開き王手や両王手を切り札にして、空間を意識させるもの、変化や紛れを深く読ませるもの、お笑いの考え落ちのような、とぼけた味わいのものなど、3手詰とはいえ幅広い種類の作品が集まっています。」 ─p381「解説」より抜粋

基本的には以前出版された『あっと驚く三手詰』(森信雄,講談社,2000)と同様に、3手詰の中ではかなり難しめの問題が大半を占めている。難易度は☆1〜☆5の5段階で表示されており、☆1はオーソドックスな捨て駒モノだが、☆2以上は線駒(飛角香)を駆使した複雑な詰め上がりのものが多い。なお、☆の数は目安に過ぎず、☆5でもさほど難しく感じないものもあった。

第1章〜第3章は平均難易度が違うくらいで(一応、だんだん難しくなる)、あまり違いはない。第1章の直球編でさえ、素直なストレートは数問で、ほとんどがクセ球。第55問くらいから『あっと〜』っぽい問題が増えてくる。

よく見られるパターンは、
 ・両王手2連発
 ・大駒の細かい限定移動
 ・守りの線駒の利きを遮断
 ・二枚角の利きを最大限に使った詰め上がり
など。

レイアウトは前作『あっと〜』から変わっていて、一問一答のオーソドックスなタイプ。

詰将棋のルールについては、普通の詰将棋本よりも詳しく、たっぷり10ページ。本書の詰将棋は王手をした駒が離れた状態(密着していない)での詰め上がりが多いため、「無駄合い禁止」については特に丁寧に解説されている。

これだけルール説明が丁寧なら、本編の解説が多くなっているかも…と期待したが、実際はほとんど増量はなかったのが残念。それどころか、「詰みがありますのでご確認ください。」(第83問解説)、「ギリギリの手順ですので興味のある方はご研究ください。」(第109問解説)などは、思わず「そこを書くのが解説でしょ!!」と突っ込みたくなる。

また、問題図の下部に一行ヒントが添付されているが、基本的には見ないほうがいい。「初手は金を動かします」「角を2回動かします」というのを見てしまうと、難易度が下がりすぎてしまうし、変化を考える楽しさも失われる。

サクサク解ける人なら解説は要らないくらいなので、有段者は結構楽しめるし、級位者でも詰将棋が好きな人なら楽しめると思う。ただし、まだ詰将棋に不慣れな人は、他の3手詰をたくさん解くのが先決。(2010Oct15)

※誤字・誤植(第1版第1冊で確認)+ツッコミ
p16の「ヨウム」は間違いではなく、インコの一種。
第25問ヒントの「秘孔を突いてください」って、今の若い世代に通じるのかな…
p260 ×「五十歳の手直りで」 ○「五十歳の手習いで」



【関連書籍】
 『
逆転の3手詰(将棋連盟文庫)
 『
あっと驚く三手詰

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
将棋連盟文庫オリジナル
[著者] 
森信雄
[発行年] 
2010年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > あっという間の3手詰


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved