2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■おジャ魔女どれみ Vol.8

< | No.0878 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > おジャ魔女どれみ Vol.8
おジャ魔女どれみ Vol.8
zoom
おジャ魔女どれみ Vol.8
(アニメDVD)

[総合評価] 
第41話だけなら
C

【著 者】 
【出版社】 東映ビデオ
発行:2001年5月 ISBN:
定価:7,000円 118min.


【DVDの内容】
◆内容紹介
どれみのクラスメート・谷山君は将棋が強いのに、「将棋なんか嫌いだ」って、どうして? 何か事情があるみたい…


【レビュー】
「おジャ魔女どれみ」は、2000年〜2004年にかけて放送されたバンダイ・テレ朝・東映系の女児向けアニメである。

●【物語の設定】
・主人公どれみは小学3年生。(※学年が上がるとシリーズ名も変わり、主要キャラも増える)
  3年生「おジャ魔女どれみ(無印)」(どれみ・はづき・あいこ+ぽっぷ)
  4年生「おジャ魔女どれみ♯(しゃーぷっ)」(+おんぷ)
  5年生「も〜っと!おジャ魔女どれみ」(+ももこ)
  6年生「おジャ魔女どれみドッカ〜ン!」(+ハナちゃん)
・人間界とは別に、魔女界・魔法使い界という世界がある。
・魔女は人間に正体を見破られると、魔女ガエルになってしまう。元の姿に戻るには、正体を見破った人間が「魔女見習い」になって、進級試験に合格して魔女にならなければならない。
・どれみは「あなた…もしかして…魔女?」と魔女・マジョリカの正体を見破ってしまい、魔女ガエルにしてしまった。
・それでどれみは魔女見習いになっている。
・どれみの親友、はづき・あいこもついでに魔女見習いになった。

●【魔法の設定】
・魔法を使うには魔法玉が必要。魔法玉は誰かからもらうか、魔法グッズを売ったお金などで購入できる。
・そのため、3人は「MAHO堂」というマジョリカの店で放課後に働いている。
・魔法でケガを治したり、人を生き返らせたり、人の心をコントロールしてはいけない。もし使えば、何か悪いことが起きる。
・3人以上いれば、「マジカルステージ」という少し強力な合体魔法を使うことができる。

●【その他の設定】
無印シリーズ後半は、以下の2つが二大テーマ。
・町中に散らばる「バッドアイテム」を探し出して浄化する。
・おんぷが人の心を操る魔法を濫用しているのを止める。

毎回、家族や友人などといろいろなトラブルや出来事が発生し、それを何とかしていく。魔法ですべてを解決することは少なく、解決のきっかけを与えてくれる場合が多い。笑いあり、涙ありで、実際にわたしも各シリーズ終盤で何度も泣かされました。

学校生活で実際にありそうな問題にも踏み込んでいることがあり、子どもの情操教育にも最適だと思う。個人的には「一休○ん」以上。5歳〜8歳くらいのお子さまには超オススメ!惜しむらくは、バンダイアニメである(=基本的にバンダイのおもちゃを売るのが目的)ため、地上波では再放送もされないのがとても残念。


さて、(ようやく)将棋の話。無印の第41話「父と子・勝利への一手!」が一話まるまる将棋の話になっている。

●【あらすじ】
どれみの同級生・谷山君は地味で存在感の薄い子だったが、ひょんなことから将棋が強いことが判明。しかし谷山君は「将棋なんか好きじゃない!」と言う。事情を調べてみると、谷山君の両親は将棋に反対していた。どれみ達が谷山君の本心を確かめると、本当は将棋が好きだという。
谷山君・関先生・どれみが両親を説得し、「将棋大会で優勝したら将棋を続けてよい」という約束を取り付ける。谷山君は見事決勝まで勝ち上がるが、持ち駒の角に悪いイメージを感じて調子が上がらない。どれみ達がこっそり調べてみると、その角は「バッドアイテム」だった。どれみ達が角をマジカルステージで浄化すると、谷山君は見事な角打ちを決めて勝利し、父に認めてもらうことができた。

●【チェックポイント】
・あいこから坂田三吉のエピソード紹介あり。「大阪では誰でも知っとるでぇ〜」
・谷山君の父親は元奨励会でプロになれなかった。
・谷山君が出場した将棋大会は「みそら市ちびっこ将棋大会」であるが、決勝はテレビ中継もされ、小学生名人戦クラスの扱い。
・決勝は角換わりの矢倉。ちらっと見えた盤面では、序盤は△一手損角換わり風だった。(※2000年当時、プロでは一手損角換わりはまだ存在しないが、時代を先取り?)

●【総評】
ピンボケでごめんなさいこの話単発では、割と平凡なストーリーだし、全体の筋への影響もほとんどない。ただ、女児向けアニメで丸々1話を将棋の話にしてくれたことにすごく感動してしまった(笑)。元奨が将棋に嫌悪感を持ち、子どもには同じ思いをさせたくないという切り口、そして子どもはそれを乗り越えるという展開も悪くない。残念ながら、谷山君はこの後の話ではあまり目立つことがないのだが…。

なお、無印シリーズ前半(DVD Vol.5くらいまで)のオープニングでは、谷山君が宮本君(のちの学級委員)を将棋で負かしているシーンが一瞬映っている。(ジャングルジムに男子が集合している絵の右下)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋関連のDVD
[シリーズ] 
[著者] 
[発行年] 
2001年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > おジャ魔女どれみ Vol.8


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved