2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■高崎一生の最強向かい飛車

< | No.0873 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 高崎一生の最強向かい飛車
高崎一生の最強向かい飛車
zoom
マイコミ将棋BOOKS
高崎一生の最強向かい飛車
[総合評価] B

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 ア一生
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2010年3月 ISBN:978-4-8399-3496-5
定価:1,470円(5%税込) 224ページ/19cm


【本の内容】
序 章  先手向かい飛車の基礎知識   15p
第1章 急戦編 (1)基本図から△6二銀
(2)基本図から△4二玉
(3)基本図から△5二金右
(4)基本図から△3四歩─(1)▲6八銀
(5)基本図から△3四歩─(2)やまびこ飛車
(6)基本図から△3二銀
86p
第2章 持久戦編 (1)角道封鎖
(2)端歩交換
(3)急戦志向
(4)緩急自在
(5)角交換型
76p
第3章 実戦編 ・「自陣飛車を撃破」対村山慈明五段戦
・「追撃をかわす」対中村 修九段戦
・「突然の逆転」対行方尚史八段戦
44p

◆内容紹介
本書で解説するのは
先手番の向かい飛車です。中飛車模様の出だしから、居飛車が5筋の位取りを拒めば最強向かい飛車戦法の出番となります。
急戦編では基本図から後手の指し手について、飛車先逆襲の成否をそれぞれ詳しく述べています。また持久戦編では▲8六歩の仕掛け以外にも、飛車を4筋に転換して居飛車陣に襲い掛かる変化などを紹介しています。
本戦法は
角道を止めない振り飛車なので攻撃力は抜群、先手番の利を最大限に生かした作戦です。実戦で試して、ぜひ得意戦法の一つに加えてください。


【レビュー】
基本図A向飛車の定跡書。

本書の向飛車は、角道を止めないタイプの▲向飛車。初手から▲7六歩△8四歩▲5六歩△8五歩▲7七角△5四歩▲8八飛が基本図A(右図)で、升田流向飛車と呼ばれる形となる(狭義の升田流向飛車は基本図Aから△6二銀▲6八銀△3四歩▲4八玉)。初手の3手は▲中飛車志向の▲5六歩△8四歩▲7六歩でも同じ。

第1章は急戦編で、基本図Aから数手以内に▲8六歩と仕掛けていく将棋。部分的に似たような進行が何度も現れるが、わずかな形の違いで成否が入れ替わることが多く、先手は仕掛けのタイミングを計っていくことになる。これは『変幻自在!! 窪田流3三角戦法』(窪田義行,MYCOM,2008)の△2五桂ポンとイメージが似ている。

本書の内容(特に急戦編)は、『小倉流向かい飛車の極意』(小倉久史,MYCOM,2003)で扱われている戦型と同じである。しかし、この7年で角交換系振飛車の隆盛や△2五桂ポンの技術などが進歩した結果、本書の内容も『小倉流〜』から大きく進化しており、ほぼ上位互換となっている。また、第1章第6節は後手が△3二銀から引き角を狙う形になっており、新しい内容。

第1章チャート

第2章は持久戦編。第1章の急戦の結論は、「後手が少し駒組みのミスをすれば、▲8六歩と仕掛けて優勢だが、正しく組まれた場合はやや無理仕掛けになる」。よって、「駒組みを進めて(美濃に囲って)チャンスを狙う」というわけで、持久戦の解説になる。

持久戦といっても、第1節や第4節のように、チャンスと見れば▲8六歩とドンドン仕掛けていく場合もあるし、▲4八飛と転戦して藤井システムばりの玉頭攻めを見せる展開もある。また、第3節の対急戦では、四間飛車vs急戦の定跡に合流させず(合流させても一局)、8筋が固い向飛車ならではの手法で、銀冠に組む展開を解説。

第2章チャート
なお、第1章では各節末にまとめページがあるが、第2章ではまとめページがない。

第1章・第2章とも、基本的に視点は公平で、ヤラセ手順はあまり感じられない。それだけに難しいところもあるが、マスターすればアマでは相当に勝ちやすい戦法ではないだろうか。▲石田流か、▲5六歩からの▲中飛車が得意な人にとっては、2手目△8四歩対策として必修かと思う。逆に▲石田流がイヤで2手目△8四歩としている人にとっては、この向飛車は避けて通れないので、こちらも正しい手順を学ぶためには必修。

評価はBとしたが、Bの上端の方。『窪田流〜』が甘めAなので、本書もAでもいいかな…。(2010Sep20)

※本書の著者「たかざき いっせい」四段は、表紙などでは「高崎一生」と書かれているが、本来の表記は「ア一生」(高→(はしごだか)、崎→ア(たつさき))が正しい。MYCOMの棋書や週刊将棋では常用漢字に統一されているようだ。



【関連書籍】

[ジャンル] 
向飛車
[シリーズ] マイコミ将棋BOOKS
[著者] 
ア一生
[発行年] 
2010年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 高崎一生の最強向かい飛車


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved